約束のネバーランド 考察。 アニメ放送前に予習!『約束のネバーランド』の考察ポイント

約束のネバーランドが面白い!謎だらけの展開と伏線を徹底考察!

約束のネバーランド 考察

約束のネバーランド 最新173話 ネタバレ! 幼き日のピーター ピーターの回想シーン。 子供時代のピーターは、「世界を守る」というラートリー家の使命を誇りに思っていた。 そして当主である兄ジェイムズのことをl英雄として尊敬していたピーター。 しかしある日、ジェイムズはラートリー家の書庫で、初代ユリウス=ラートリーの遺した懺悔が記された文書を見つけてしまう。 食用児の祖先は「和平に反対した戦争派の悪党」だと教えられてきたジェイムズだったが、実際はユリウスの戦友であり、逃げ遅れた民たちまでも無理やり食用にされたのだった。 真実を知った兄ジェイムズ 真実を知ったジェイムズは、 「なんということだ…!」と激しく動揺し、迷いと罪悪感を抱き始める。 しかし、同じ文書を見たピーターは、 「大切な戦友を守ってまで世界を守った!すばらしい!僕らもこうでなければ!」と、兄とは真逆の反応。 ジェイムズ「崇高の使命…そう思っていた。 でも違った。 これは罰であり、呪いだ」 ジェイムズはその日から、食用児達を救うために、ピーターの制止も振り切って動き始める。 兄を粛正するピーター 本へのフクロウの刻印、ボールペン、ゴールディ・ポンドの建設など、着々に行動していくジェイムズ。 ピーター(僕は…どうする?…世界を守る!ユリウスのように!兄は裏切り者だ!) ピーターは兄の行動を告発。 ジェイムズはピーターの部下から撃たれながらも川へ飛び込んで逃げるが、まもなく死亡。 最後の言葉は、弟であるピーターへの 「すまない」という謝罪の言葉だった。 発見されたジェイムズの死体と、最後の言葉を知らされて見て泣き崩れるピーター。 ピーターは兄の分まで、たとえどんなに歪んでいようとも、世界を守ることを誓うのだった。 ピーターの選択 そして現在、エマと向き合うピーター。 「ピーターもまた一族という運命に囚われている」、「自由になろう。 1000年の苦しみを終わらせよう」と、手のを伸ばされるピーター。 ピーター(囚われている?違う!崇高な使命だ、栄誉ある一族なんだ!これは罰でも呪いでもない!) ピーター(僕は正しい!大好きな兄さんを殺してまで世界を守ったんだ…!呪い?罰?違う!) エマから説得されながら、ピーターは、兄のことを想う。 ピーター(兄さんは運命に抗おうとしていた?自由になりたかった?僕を…自由にしたかったの?) 自害するピーター ピーターはつきものが落ちたような顔でエマ達を見る。 ピーター「殺せばいいのに、共に生きようなど、バカな奴らだ。 そんなだから食い物にされる」 鬼が食用児にしたことなど、人間同士でもはるか昔からやってきたこと。 人間は人間を食わないのに。 ピーター「覚えておけ。 人間の世界も同じだ。 鬼は人間の鏡だからな」 ピーターはエマに、 「コードSolid」と叔父に伝えろ、と何かの暗号を教えてくれる。 ピーター「やれるならやってみろ。 人間の世界でどこまでやれるか。 悪いが僕はいけない新しい世界とやらは地獄から楽しませてもらう」 ピーターは隠し持っていたナイフを取り出し、自らの喉に突き立てるのだった。 約束のネバーランド 最新173話 感想と考察レビュー! 捕らわれ方も捉えよう、というか…。 事実は一緒でも自分がどう捉えるか、が大事ですよね。 ピーターがエマのさそいに乗ることは、自分たちの1000年を、そして大好きな兄を犠牲にしてまで世界を守ってきたことを…「呪い」であり「罰」だと認めるにふさわしいこと。 ある意味ピーターにとっては、今更そんなことを認めることの方が、よほど辛い罰になってしまうように思いました。 ピーターがエマ達と一緒に生きる道を選ばず、かといってエマを殺して食用児達の未来を奪うようなことをやめたのは…やはり前回のエマの言葉がピーターの心を動かしたのだと思いました。 今回ラストでピーターが本当に死んだかどうかまではわかりませんでしたが、良い引き際というか、これまで約ネバを読んできて、一番ピーターがかっこよく、潔く見えました。 また、今回「鬼は人の鏡」「鬼がやって来たことなんて人は人を食べないのに昔からやっている」というのも、確かにその通りで、考えさせるものがありました。

次の

約束のネバーランドが面白い!謎だらけの展開と伏線を徹底考察!

約束のネバーランド 考察

約束のネバーランド149話「証明する義務」ネタバレと伏線考察 ノーマン達による爆発が王都に響く。 『はじまった。 始まってしまった。 』 エマの表情に険しいものに変わる。 『急げ、間に合え。 ノーマンの元へ!! 』 エマとレイは、必死に行き止まりではない城門を捜すが、どこも塞がれてしまっていた。 「あの道は?」 戻って別も道から行こうと提案するレイに、エマは柵で閉ざされた出入り口の上にある、小さな窓を指さします。 「いける!」 レイは瞬時に準備し、エマの踏み台になるべく手のひらを重ねて構える。 「とべ!!」 助走をつけたエマがレイの手のひらめがけて飛び乗り、そのままレイはエマを持ち上げる。 絶望の向こうへ。 下賤な出だが、純粋な武力的な実力は女王に次いでナンバー2だったドッザがあっさり殺されてしまった。 しかも、ギーラン本人ではなく、その臣下に。 「でも、おかしい」 精鋭を伴い現れたギーラン一派の力に、脅威に感じる反面、イヴェルク卿はその違和感にも気が付きます。 なのに、野良に近い姿で王都にあらわれたこと。 『この襲撃、いや。 件の盗難自体がら黒幕は別にいる』 これだけの手際、手段にイヴェルク卿は黒幕の存在を確信はしますが、まだ見当もつかないでいます。 「よい」 その時、女王がイヴェルク卿を下がらせ、自らが相手になると前に出る。 それは、イヴェルク卿が実質の政治の実務を担い、まとめているから。 彼に死なれたら女王も困るからだとギーランの副官も納得します。 『それでいい。 』 ギーランの部下たちサイドとしてもそれで想定内だった。 イヴェルク卿は王座を奪ってから殺せばいいと。 女王を食い、ノーマンを食い、全てを食らったギーランを王にしたい。 臣下たちの思いも結束も堅かった。 「さあ、次は貴様の首だ。 女王レグラヴァリマ!!」 臣下が一斉に女王にとびかかった。 「愚かな」 女王の一声。 軽くかざしたその両の爪で一気に臣下たちの頭部は引き裂かれる。 長く伸びたその爪で、軽やかに舞い女王は部下たちをあっさりと葬っていく。 圧倒的な女王の力の前に次々に、簡単に減力をそがれてしまうギーラン一派でしたが、彼らにも死よりも譲れない信念がありました。 無実の罪で投獄され、野良落ちの刑にされたギーランを心配する臣下たちに、彼は最後まで立派な主だった。 彼らにも罪が及ばないよう、ギーランを擁護する言葉を撤回するように言いましたが、臣下は皆首を縦に振ることはなかった。 「ギーラン様は無実。 我ら主君のありもせぬ罪を認めるわけにはまいりませぬ」 義に準じる阿呆どもめ、とドッザに嗤われながらも、彼らはギーランとともにあった。 ギーランの奥様も、ほかのご家族もみな野良落ちの過程で苦しんで亡くなった。 ギーランも、副官はじめその忠臣達も、完璧に野良へと帰ろうとしたそのときに、自らを差し出してきたのは元領民たちでした。 このまま落ちたままではなりませぬ。 生き延びてください。 我らを食ろうて下さいと。 その尊い犠牲の上で、今のギーラン一派は生かされていた。 元領民たちの犠牲の上で、彼らは今まで生き延びてきたのだと。 『生かされたのだ。 我らは正しさを証明する義務がある』 そんな理由が、ギーラン一派を奮い立たせる原動力となる。 劣勢でしかないのに、倒れても倒れても女王に立ち向かっていく。 「無益。 避けるだけ、立ち上がるだけ己が苦痛が長引くだけ」 涼しい顔で女王は言い捨て、次々に切り裂いていく。 『我らが落ちたは』 『彼らが食われたは』 『貴様たちが笑い肥え太るためではない』 『正義(われら)の勝利まで終わりはない』 「くどい」 いい加減うんざりしてきた女王は言い捨てる。 『この復讐は絶対だ』 ここで、ようやく副官が動き出す。 女王の背後から振りかぶるが… ドスッ 女王は間一髪で身をかわし、その長い爪で副官の頭部を切り裂き、その核に爪を立てる。 「惜しかったの。 だが届かぬ」 つまらなそうに刈り取った頭部に話しかける女王に、本体の副官はニイ、と笑みを浮かべる。 『いくら我らとて、王族に敵うとは端から思うておらぬ』 女王が副官たちのたくらみに気が付いた時にはもう遅く。 忠臣たちが、体に爆薬を巻き付けた状態で女王を取り囲む。 『お仕えできて幸せでした。 後は頼みます。 ギーラン様』 「ギーラン王に栄光あれ!!」 頭部が半分なくなった状態で副官は叫ぶ。 そして。 女王を巻き込み自爆し、その忠義のために命を散らしたところで第149話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 イヴェルク卿が政治の中心。 彼が死んでしまったら約束のこともあるからいろいろ不利益が起こるのでしょうかね。 そこらへんも気になります。 とりあえず今の王政はいろいろな面から脅かされるから女王が自ら立ったといったかんじですかね。 イヴェルクも切れ者だから、黒幕の存在に気が付きはしたが、まだノーマンの存在には結びついてはいないのでしょうか。 高級食用児たちの失踪は当然耳に入っているだろうから、その線も気が付いていそうな気もしますが… ここ数週のギーランとその忠臣達の絆が厚く、思わず涙してしまうシーンが多くありました。 正義を証明したい。 でも、その正義も憎しみで濁らされてしまって、どっちもどっちな感じになっているところが救えない。 ドラマチックに戦ってきましたが、それもしっかり散ってしまうフラグにしか見えない… 女王相手にどこまでギーランが戦えるのか。 — 紫鈴 shirinraka ギーラン様慕われてるな〜ドッザのようなものだけでなく、本当に慕ってくれてるものたちがたくさんいて良かったと思うと同時に、自らを犠牲にしてでもという忠誠は怖くもある でもこうでもしないと女王は倒せなかっただろうしな… ノーマンの計画がどんどん進んでいくな… — やっほー iDuXys9qk10EjEG 週刊少年ジャンプ2019年41号の掲載順をご紹介 41号はこのような掲載順になっていました。 上から ・ハイキュー!! 巻頭カラー ・鬼滅の刃 ・僕のヒーローアカデミア ・Dr. 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は6番目です。 ここ5週の掲載順番は『6番、9番、5番、1番、3番(最新号から)』ですので、平均は変わらず4番です。 コミックス15巻が2019年8月9日 金 発売になりました。 125話「噓吐きの同盟」から133話「あそぼ」までの9話分収録です。 本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。 みんなの日常や鬼側のオフショットが描かれているのも楽しいです。 15巻巻末にありましたが、すでに16巻の発売日も決定しているようで、 約束のネバーランドコミックス16巻は2019年10月4日 金 発売予定です!! 「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね! 2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。 アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。 公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 公式Twitterピックアップツイート! 2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ! 【WJ41号 裏・目次コメント】 今週は白井カイウ先生! 「たまに突然、幼稚園の時の給食の味を思い出す。 何にでもグリーンピースが入ってた。 給食室の匂いも思い出す。 脳すごい。 ところで今日アホほど暑いです。 皆様猛暑どうかご自愛ください。 今の子の給食ではあまり出てこないと聞きますね… まとめ 前話で気になるところはいったん持ち越しの149話でした。 鬼サイドに戻り、ギーラン領の絆の強さが描かれ、鬼のすべてが悪いわけではないと考えさせられる話でした。 己の信念のために戦うのが戦争なんですね… ギーランは女王の圧倒的な強さを表現するためのかませ役なフラグはバキバキ立ってますが…どこまで太刀打ちできるのかはしっかり最後まで見守りたいですね。 ギーランが戦う理由が領民のため、そんな正義を見せられたからか、そんな彼を手のひらの上で転がすノーマンの方がよっぽど鬼畜にも思えてしまうところもあり。 鬼になりゆく彼を親友二人はしっかり止められるのか。 これからも目が離せませんね。

次の

約束のネバーランド149話ネタバレ考察と感想「証明する義務」(17巻収録)

約束のネバーランド 考察

初めてあの方が会話に出てきた第1巻 ティファリで用いる、最上級のエマたちは、あの方の御膳と表記され、ヴィダとともに、あの方に祈りをと鬼の一体が言っています。 祈りを捧げる相手は神 私たちは日常生活で誰に祈りを捧げるでしょうか。 仏や神と言った宗教的な観念の最上位者もしくは、自分よりも上位の人間ではないでしょうか?つまり、この鬼たちは、あの方の存在を自分たちよりも、宗教的観念で上に捉えているということが推測されます。 ヴィダって確か・・・ ソンジュがエマに教えてくれたグプナ。 神に勝てを捧げる。 神が受けとった花が開き、そうすればその肉を食べていいと言っています。 つまり、神へのお供え物の意味を持っています。 あの方とソンジュのいう神は別 あの方はとうに食用児の敵だ。 とソンジュは言っています。 つまり、ソンジュの言う神はあの方ではないということ。 ソンジュの信仰は原初信仰。 原初信仰上での神は、別に存在している、もしくは存在していたことになります。 でも、多くの鬼たちはいまだにグプナを行っています。 彼らはあの方を崇めているのです。 約束により鬼は変わった ソンジュは約束により、信仰を歪め社会を歪めた。 そして、その約束は鬼では壊すことができず、人間でしか壊せない。 そして、この約束を忌々しく思っているのは、今のところ鬼では原初信仰者のソンジュしか出てきていません。 つまり、原初信仰者は神を崇め、約束により変わってしまった社会での鬼は、あの方を崇めていることになります。 言い換えると、約束によりあの方が崇拝されることとなったと解釈することができます。 あの方に関してのヒント ミネルヴァの残した情報 ミネルヴァの残したヒントから、あの方はすべての鬼の頂点に立つ存在であると表されています。 このラートリー家の情報は、約束が締結された以降のものですね。 つまり、約束以降、あの方が絶対的に崇められていることを裏付けてくれています。 あの方と初めて出会ったのはクヴィディダラの遺跡 竜の目を探して訪れたクヴィディダラの遺跡。 今はすでに参拝する者もありませんでした。 そこで出会ったのが、あの方。 小さな鬼?と表現されています。 クヴィディダラの遺跡は、かつては望む者、何かが見える特別な場所だったと言っています。 しかし、今は見えなくなった。 そして、エマのみた過去の光景から、ここで約束が締結され、それがラートリー家であったことがわかっています。 逆説的に言えば、約束が締結される以前から、竜という生き物は神聖化された存在であったことがわかります。 6つの塔のあの方らしき像 6つの塔の天井絵を見たことにより、あの方がいるとされている入り口へとたどり着きました。 では、ここに祀られていたのはあの方なのか?似ているとエマは言っています。 そこには、顔のない像。 竜の目も持っていません。 6つの塔でヴィダが備えられた像 あの方に似ているとされている像を見る前に、レイは、子供を抱えた像を見ており、そこにはヴィダが供えられています。 あの方らしき像にはヴィダは備えられていませんでした。 目もどちらかというと鬼のような作りをしています。 エマたちはあの方の御膳 エマ、レイ、ノーマンはあの方の御膳と王すらも食べることができないとされています。 神とは?あの方とは何者か? ヒントから推測 約束される以前の神とされるものは、まさしくソンジュの言う神であったと考えられます。 しかし、何らかの約束により神からあの方へと崇拝は向けられることになり、そしてあの方は現在、食用児の敵。 その約束により歪められているのが今の鬼の社会。 そして、今までのシーンにてグプナを行ってきた、行うことのできている鬼というのは人型のみ。 そして、6つの塔では、あの方に似ている像と、鬼に似ている像があり、ヴィダが備えられていたのは鬼に似ている像のみ。 その像をエマは見ていません。 そこから考えていくと、かつて神とされていた者があの方になったのではないでしょうか。 あの方が食用児の敵と描かれていることから、約束時に人間を食べたもしくは人間と同化したのではないでしょうか?そのために、あの方に似ている像は顔に何も描かれていませんが、人間を食べた、もしくは同化したあの方の像は、より鬼のように描かれており、そこに神への捧げ物を意味するヴィダが置かれているのです。 なぜ人間を食べたもしくは、同化したか。 それは別の考察記事に書いてみます。 ちなみに私は、神が鬼を作り出したと考えています。 その考察は、下の記事を参照ください。 あの方の定義を考える 一つ目の約束は、鬼と人間の世界を分かつものとなりました。 そしてもう一つの約束は謎のまま。 あの方の定義を私は"約束を紡ぐ者"と考えています。 つまり、約束を新たに締結したならば、新たな"約束を紡ぐ者"が出てくる。 かつて、ソンジュのいう、神だったものが、約束により人間を食べた、もしくは同化した結果が、あの方となり、今現在の鬼たちに崇拝されている。 もし今後、エマたちが約束を新たに結ぶと、新たな"約束を紡ぐ者"が出来上がり、そして、再び新たな約束をするまで、七つの扉の向こうで存在し続けると考えています。 約束を紡ぐ者と考える理由 あの方の表記。 多くの方が多くの考察を書いていますが、私は象形文字だと考えています。 約束を紡ぐ者が新たに約束を結ぶための条件と言えばいいでしょうか?上の棒は入り口を示し、入ってしまうと出ることができないことを表しています。 そして、玉は幾度となく出てきた竜の目。 もしくは、入り口から入ったGF農園で登場した目。 残りは、現在のあの方とエマ、レイ、ノーマンではないででしょうか。 この4人が七つの扉を超えることで、新たな約束を結ぶことができる。 そして、その4人は同化することで、次回の約束まで新たな"約束を紡ぐ者"として存在し続けるのではないでしょうか?約束のネバーランドは、約束により大人になることができない世界ではなく、約束が永遠に終わらない世界と考えることができるかもしれません。 七つの扉に関しての考察記事は下を参照ください。 まだわからないもう一つの約束 わからないのはもう一つの約束。 新たな約束をするためには、神と同化しないといけない、って感じかなと安易に考えています。 まだまだ、ヒントが足りないですね。

次の