シリアスギャグ。 小説で笑えるギャグを作る方法・ライトノベル作法研究所

小説で笑えるギャグを作る方法・ライトノベル作法研究所

シリアスギャグ

ギャグ補正とは、・などでよくある、に対するである。 概要 ならなら、運が良くても重傷を負うようなにおいて、作品では決まったクションをとるだけで済んだり、数すば傷の状態でいられたりすることが多い。 こういった描写について「ギャグ補正」と表現されることがある。 作品ではほとんどの表現がこれに準じるが、作中に明確な死を描写している作品においてはの攻撃だけはギャグ補正で他はに即するという事もある(例:のt)。 また逆に作品では、強な防御を持っていてめったな事では傷つかないはずのも、ギャグ補正においてはにされるという展開もある。 ギャグ補正は作品では全体に補正が及ぶことが多いが、の行動のみに作用する、だけ存在するなど部分的にも使われることがある。 ギャグ補正自体がとも呼べる。 氷が融ければ元通りになる。 もしくは頭の上でが回っている。 ギャグ補正がある代表キャラ ・・・いわずとしてたギャグ補正。 例え他作品に出演してもそのギャグ補正でなら即死の攻撃を気で受ける。 ・・・どこに隠してあるのかわからない香のtで何回も殴られる。 よけないはわざとだが、地面までくぼむほどの衝撃をくらっても傷である。 この作品はの描写がよく見られるのでこれがかなり立つ。 ・・・設定上覇気しの打撃は傷、覇気があっても生半可な威ではびくともしないがの攻撃でにされることがある。 対義語、シリアス補正について に作品で使われる普段をやっている登場人物がが通用しない展開になった時に使われる表現である。 に普段は役に立たない人物が急に頼もしくなったり、逆に普段は明るい人物が思い悩んだり、急にが出てくる事あって作品の雰囲気が大きく変わる状態になる。 関連項目•

次の

シリアスな笑い (しりあすなわらい)とは【ピクシブ百科事典】

シリアスギャグ

ギャグ補正とは、・などでよくある、に対するである。 概要 ならなら、運が良くても重傷を負うようなにおいて、作品では決まったクションをとるだけで済んだり、数すば傷の状態でいられたりすることが多い。 こういった描写について「ギャグ補正」と表現されることがある。 作品ではほとんどの表現がこれに準じるが、作中に明確な死を描写している作品においてはの攻撃だけはギャグ補正で他はに即するという事もある(例:のt)。 また逆に作品では、強な防御を持っていてめったな事では傷つかないはずのも、ギャグ補正においてはにされるという展開もある。 ギャグ補正は作品では全体に補正が及ぶことが多いが、の行動のみに作用する、だけ存在するなど部分的にも使われることがある。 ギャグ補正自体がとも呼べる。 氷が融ければ元通りになる。 もしくは頭の上でが回っている。 ギャグ補正がある代表キャラ ・・・いわずとしてたギャグ補正。 例え他作品に出演してもそのギャグ補正でなら即死の攻撃を気で受ける。 ・・・どこに隠してあるのかわからない香のtで何回も殴られる。 よけないはわざとだが、地面までくぼむほどの衝撃をくらっても傷である。 この作品はの描写がよく見られるのでこれがかなり立つ。 ・・・設定上覇気しの打撃は傷、覇気があっても生半可な威ではびくともしないがの攻撃でにされることがある。 対義語、シリアス補正について に作品で使われる普段をやっている登場人物がが通用しない展開になった時に使われる表現である。 に普段は役に立たない人物が急に頼もしくなったり、逆に普段は明るい人物が思い悩んだり、急にが出てくる事あって作品の雰囲気が大きく変わる状態になる。 関連項目•

次の

「ギャグ」と「シリアス」と「日常」の比率を考える

シリアスギャグ

-目次-• キャラクター作りではギャップが重要 ただ完璧なキャラクターほど見てて飽きるものはないんじゃないでしょうか。 そこでギャップを作るためにシリアスさとギャグを組み込みます。 これは、もはや 黄金の方程式といっても過言ではないでしょう。 当てはまる主人公はたくさんいる 思い浮かべてみるとシリアス&ギャグという黄金の方程式に当てはまる主人公は非常に多いです。 ワンピースのルフィはいつもコミカルで頭が悪いムードメーカーですが、仲間の命がかかると豹変し恐るべき力を発揮します。 普段は仲間から叱られたりしていますが、こういった一面があるために全員が絶対的な信頼を置いています。 銀魂の銀さんも、まさにこの黄金の方程式に当てはまります。 普段はやる気がなく何事ものらりくらりと逃げてしまうダメなやつですが、いざとなると信念を貫き仲間を守ります。 昼行灯だからこそ事件で輝く 事件が起きてからは、それに対する態度は誰よりも真剣である必要があります。 その ギャップを見せつけるために最も簡単な方法が普段はフザケた奴にするのが効果的なんです。 普段何も出来ない昼行灯だからこそ、事が起こってからの豹変っぷりが読者の目に止まり魅力的に見えるわけです。 昼行灯といえばGANTZの玄野計がそれですね。 勉強もスポーツもダメでやる気もない、ただ誰よりも生き残るための力が高いため宇宙人との戦いで死闘を繰り広げ勝利するので非常にカッコいいです。 普段のダメっぷりを読者に見せ「何だコイツ本当にダメ人間だな〜」と思わせておいて、事件に対する圧倒的な集中力を発揮するからこそカッコよく映ります。 日常でも無愛想だと思ってた人が急に優しくしてきたらドキッとしてしまいますよね。

次の