ミョウバン 結晶 作り方。 100均!ミョウバン水の作り方|消臭スプレー・臭い消し以外の使い方も

ミョウバンの結晶を手軽につくる 3つの方法 温度降下法 溶媒蒸発法 密度拡散法 焼きミョウバン 生ミョウバン 溶解度曲線が大切

ミョウバン 結晶 作り方

楽しい結晶作り 産業技術総合研究所 エレクトロニクス研究部門 低温物理グループ 岡邦彦、永崎洋 ミョウバンの結晶を作ってみよう! このホームページの内容は、2003年度産総研一般公開展示「楽しい結晶」を元にしています。 2年間成長させたミョウバンの結晶です。 重さは約4キログラムで、現在も成長中です。 結晶作りの手順 1. お湯にミョウバンを溶かします。 目安は、水100ccに対しみょうばん12gぐらいです。 下の写真では、ホットプレートの上で水を温めています。 ミョウバンが充分溶けると、水がとろりとした感じになります。 2.ミョウバンが溶けた水を、容器に移し、発泡スチロール容器の中に入れ、ふたをします。 3.発泡スチロール容器の中で、水は冷えていきます。 冷えていく途中で結晶ができはじめます。 ゆっくり冷やすほどきれいで大きな結晶ができます。 4.翌朝に大きくてきれいな結晶を選んで取り出します。 5.今まで使った過飽和になった溶液をロートとコーヒー用フィルターを使って濾し、きれいにします。 (ほこりがあると小さい結晶がたくさん出来てしまいます。 ) 種になりそうな結晶〔2〜3個〕を等間隔においてください。 1日1日と結晶が大きくなってきますが、時々取り出して面積の小さい部分を底にするようひっくり返すと、きれいな8面体の結晶ができます。 また、3日おきぐらいにロートとコーヒー用フィルターを使って溶液をきれいにしてください。 蒸発して溶液が少なくなってきたら、母液をつぎ足して、常に結晶が液面より1センチ以上は下にあるよう気を付けましょう。

次の

ミョウバンの溶ける量は温度によって違うのはなぜでしょう

ミョウバン 結晶 作り方

「静電気の実験や、塩の結晶作りかな」 などと答えているうちに、 「あ、そう、ミョウバンの結晶なら更に大きいですよ。 」 と言いました。 が!? 「ミョウバンの結晶」、小学校の時の科学部で、何週間か放置して、 白くて汚いのができた記憶だけ。 家で作ったことがない。 そもそも、ミョウバンが、そのへんで売ってることも知らんかった。 そういえば、あの時、先生は、「うまくいけば親指ぐらいになるんだよ。 」 って言ってたなぁ。 そんなもんは一般人にはできない、と思っていた。 でも今回、自由研究の話題に出したからには、 まずは自分が先にやってみようと思った。 ちなみに、前述の塩の結晶は、やったことがあり、綺麗な4mm〜汚い10mmがある。 その要領でやれば、ミョウバンもできると考えた。 それは、髪の毛に運よく付いた塩の結晶を放置して、飽和水溶液の蒸発で育てるもの。 しかし、今回のミョウバンは、試行錯誤しながら、まったく別のやり方になってきた。 蒸発では、時間がかかりすぎるし、ミョウバンは、特性がかなり違うのだ。 それをここに詳しく書いてみようと思う。 水の量に比例して多く溶け、また、水の温度が上ると、溶ける量が多くなる。 限界まで溶かした液を、「 飽和水溶液」 と言って、結晶作りには欠かせません! (塩の場合は、温度が上ってもあまり変わりませんが、ミョウバンは極端に溶けるので注意!) この 飽和水溶液を蒸発させると、水の量が減るので、解けていられないよと言って、結晶が出る。 (1) 海水が蒸発すると、塩が出るのと同じ。 温度が高い状態で 飽和水溶液を作って、冷ますと、これも、溶けていられる量が減り、結晶が出る。 (2) インターネットによると、液に漬けて結晶を育てる方法は、3種類あるらしい。 1.蒸発によるもの 2.温度差によるもの 3.液の上と下の濃度差によるもの(難しい) 1、2は、塩でも利用した。 3は、液の温度を上を温かく、下を冷たくして、上では溶かして供給しながら、下で結晶を育てる循環サイクルみたいな? 一行で説明は。。。 本人も分かってないなこりゃ。 やったことないけど一番綺麗な結晶を作れる方法…とか。 とにかくゆっくりと結晶が育つようにすると綺麗にできると思う。 今回のミョウバンでは、ほとんど温度差を使って育てた。 これはスーパーの調味料のところにあった。 ドラッグストアにもあった。 できれば100gのがほしい…。 焼ミョウバンの場合は、まず100mlの水に10gぐらい溶かす。 ( 夏は多く、冬は少なめに溶かした方がいい ) 400ml作る場合は40gぐらい。 水は浄水がよい。 今回の写真は、220mlに20gのミョウバンを溶かした例。 鍋に水とミョウバンを入れて、とろ火で溶かす。 泡立ちながら溶けて、白い液になった後、さらに混ぜていると、透明な液になる。 ここで火を止める。 注いですぐ 一日後(飽和水溶液) 冷めたら、コップに注いでサランラップをする。 一日ぐらい経つと、コップの下に結晶ができる。 できない場合は、その液を振るなどして刺激を与えると、その後、できることがある。 ミョウバンの液を少し取って蒸発させて粉を作り、その粉を液に入れるのが最も効果的。 それでもできない場合は、ミョウバンを溶かし足りなかったかもしれないので、 その液を再び加熱して、少量のミョウバンを溶かす。 この結晶ができた上澄み液が、今の温度での飽和水溶液!! 2.結晶をゆっくり成長させるための液を作る 1.で作った飽和水溶液を、とろ火で暖めて、 沸騰寸前で火を止める。 ( 液を少し蒸発させて、濃度を上げるのが目的。 ) ( 沸騰させると、濃度が上がりすぎて、よい液になりません。 ) 常温まで冷めない内にコップに注ぎ、サランラップをして、そっとしておく。 液が冷めても、コップの下に結晶ができなければOK。 この液を、説明の都合上、今後(2の液)と呼びます。 3.結晶の素を作って2の液で成長させる 上の写真のように、割り箸に髪の毛を固定したものを作る。 (1.の手順と同じ ) 1.よりも濃度が濃いのがポイント。 コップに注ぎ、サランラップをする。 冷めたら、右上写真のように、2の液と、今作った濃度の濃い液を並べる。 写真のように、今作った液に髪の毛を入れる。 最後に一瞬髪の毛を水に漬け、乾かないうちに素早く2の液に入れる。 2の液は必ず常温まで冷めていること。 熱いと髪の小さな結晶は溶けてなくなる。 微粒子が付いていると、2の液に入れた後、それも成長して、結晶と重なり、綺麗な形にはなりません。 形が綺麗な結晶を選ばないと、後々の成長時にも影響する。 この液で2mm以上に成長させると、形や透明度が低下してしまうので、小さい内に取り出す。 小さいので、虫眼鏡などで確認して、特に、本当に一個の結晶かどうかは念入りに確かめる。 もしも複数個の結晶の塊だった場合、成長させてから気付き、がっかりも大きい。 気に入った結晶が髪の毛に付かない場合は、何度も髪の毛を水道で洗っては、やり直す。 経験では、結晶の尖った部分が真上を向いていて、透明で、 成長時は、コップの真ん中より下の位置にするのがよいと思う。 (これは、まだまだ試行錯誤中) 2の液に移した写真 結晶拡大写真(成長中) 上向きモヤあり。 髪に結晶を付けた液のその後 2の液に、結晶が一個だけついた髪の毛を入れたら、サランラップをして、 直射日光が当たらず、昼夜の温度差が少ない場所に、そっと持って行く。 置いておくと、次の日には、2mmから5mm-10mmに大きくなる。 よく観察すると、結晶から上向きにモヤが上っているのが分かる。 これが見える時は、成長中である。 まるで、液からエネルギーを得ているようだ。 髪に結晶を付けた濃い液は、コップの下に落ちた結晶から、激しく上向きにモヤを上げている。 継続して成長する。 ( 漬け替えをすることで、結晶の形や透明度が低下する可能性が高いので、 小さくても綺麗な結晶がいい場合は、お好みで、完成もよし ) 漬け替えを繰り返すことで、どんどん大きくなる。 お好みの状態で取り出し完成!! 髪の毛を結晶から抜いて、水分をよくふき取り、密閉容器に入れて保管。 濁るので、綺麗にできた結晶は、手で直接触らないほうが無難。 Point: 髪の毛を使用した理由は、ごく細く、完成後に吊るした痕跡を残さないため。 成長中に温度が上ると、今度は溶けに転じることがあるので注意。 取り出す時は、溶けがない方が鋭角と輝きが鋭くベスト。 同じ液に3日以上漬けていると、昼夜の温度変化で、成長と溶けを繰り返し、面,辺,角の鋭さが低下。 成長中の終わりかけぐらいに取り出すと、よく輝いた鋭い結晶となる。 左は、沈殿結晶も全てそのまま溶かし直せば、濃度の濃い液に。 濃くなりすぎたら水を足す。 中央、右、は再び加熱で、2の液になる。

次の

目指せ!大きくきれいなミョウバン結晶!その1自由研究にもぴったり!

ミョウバン 結晶 作り方

みなさんが小学生や中学生の頃、理科の授業でミョウバンの結晶を作る実験をしたことは結構あると思います。 しかし、授業の中での実験ということもあり、小さな結晶しか作れなかったという人は多いのではないのでしょうか? そこで今回は、巨大なミョウバンの結晶を作りたいという方のために少しまとめてみました。 そもそもミョウバンってどんなもの?• ミョウバンの結晶の作り方• ミョウバンの結晶を巨大なものにする方法• ミョウバンの結晶に色を付ける方法 となっています。 それでは発送開始! 広告 そもそもミョウバンってどんなもの? そもそもミョウバンについてよく知らないという方にミョウバンの特徴などをまとめてみようと思います。 一般にはカリウムミョウバン(化学式 AlK(SO4)2・12H2O)をさす。 出典先:三省堂大辞林 第三版 こういったものです。 他にも、• クロムミョウバン• 鉄ミョウバン といったような種類があります。 また、カリウムミョウバンを加熱すれば、白色粉末の焼きミョウバンとなります。 ミョウバンの使い方 ミョウバンの使い方はとても多くあります。 お風呂などのカビ除去、予防• 部屋干し、生乾き臭の匂い消し• 台所の垢取り• 鍋の焦げ取り• 足の消臭• 制汗剤• 体臭予防• ペットの尿、独特の匂いの消臭 といったようなものがあります。 広告 ほんとに多くの用途がありますよね。 臭い取りに有効ということは知っている人も少なくないのではないでしょうか。 また、ミョウバンは食品添加物としても使われており、• ベーキングパウダー、ふくらし粉等の膨張剤• 品質安定剤• 型崩れ防止• 色の安定剤 ナスの漬物など といった用途で使われます。 このように食品添加物としてもミョウバンは多く使われているのですが、健康被害があるとされています。 具体的には、• 腎臓、肝臓の機能障害• 食欲不振• アルツハイマー病との関連• けいれん• 認知症• 筋肉痛 などの症状が起こる可能性があると言われているのだとか。 特に小さな子供はまだ消化器官などが未発達なので、消化しきれずに体の中で蓄積してしまう恐れがあります。 なので、排泄機能が未発達の時点ではミョウバンが使われている食品を食べるのはほどほどにし多量の摂取は控えた方がいいでしょう。 広告 ミョウバンの結晶の作り方 ミョウバンの結晶の基本的な作り方を紹介します。 まず用意するものは、• 水 100ml• 焼きミョウバン 約15g• コーヒーフィルター ろ紙 1枚• 小鍋 1個• プラスチック容器 1個(底が平らなもの)• ペットボトル容器 1個(半分に切り、上側をホコリ除け用のカバーに使用) です。 まず、焼ミョウバンと水を鍋に入れて、弱火にかけ、ミョウバンを溶かします。 この時、水が蒸発しないように、沸騰しないようにしましょう。 ミョウバンの塊が溶けて、水が透明になったら、火を止めてコーヒーフィルター ろ紙 でろ過します。 ろ過後、プラスチック容器に移し、ペットボトルの上半分を被せて、風通しのいい所に放置します。 数時間後に結晶が出来始めます。 もし、数時間経っても変化が見られない場合はミョウバンを加えて濃度を高くしてもう一度やり直してみてください。 結晶が出来てきたのが確認できたらそのまま数日放置していると小さな結晶が出来てきます。 それを取り出して水気を拭き取れば完了です。 ミョウバンの結晶を巨大なものにする方法 ミョウバンの作り方は先程の説明でわかってもらえたかと思います。 作るからには大きな結晶を作りたいですよね。 続いてはこの結晶を大きくするにはどうすればいいのかということをまとめてみたいと思います。 広告 まず、用意するものは、• 水 100ml• 焼きミョウバン• 小鍋 1個• コーヒーフィルター ろ紙 1枚• プラスチック容器 1個(プリンカップ等)• ペットボトル容器 1個(先程使った物を使用)• 割り箸 1膳• テグス 釣り糸、髪の毛、銅線等で代用可能 銅線をテグス代わりに使う時には結びつけるようにして使うのではなく、銅線の先を熱してそれを結晶に刺すという形で使います。 しかし、これは火を使うので必ず安全に配慮した上でするのようにしてください。 焼ミョウバンですが、大きくする時には季節で少し量が変わるみたいで、• 夏 室温30度 の時は9g• 冬 室温10度 の時は6g が大体の目安だそうです。 まず、先程の手順で小さな結晶を作ります。 小さな結晶をテグス等で結んで、割り箸の真ん中に結びつけます。 ミョウバン水溶液を作ります。 作り方は先程と同じで、ミョウバンと水を鍋で溶かします。 ここで使うミョウバンの量が夏と冬で変化するので注意が必要です• できたミョウバン水溶液に2で作ったものを入れて放置します。 ミョウバン水溶液は冷めてから使いましょう。 その後はできるだけ動かさず、ゆっくりと時間をかけつつ、ホコリなどが入らないようにすれば、綺麗で大きな結晶が出来上がります。 何度も繰り返せば、巨大な結晶が出来上がります。 ミョウバンの結晶に色を付ける方法 ミョウバンの作り方が分かれば次は色を付けたりしたいななんて思いますよね。 結晶に色を付けるには有色のミョウバンを使うのが1番簡単だそうです。 例えば、クロムミョウバンというものを使うとアメジストみたいな結晶ができたりします。 有色のミョウバンが手に入れられない時はミョウバンを溶かしている時に食紅などを入れれば色は付けれるみたいです。 もうすでにミョウバンを持っているという人はこちらのやり方がいいでしょうね。 まとめ 今回はミョウバンについて色々とまとめてみました。 ミョウバンの結晶を作るのはとても簡単でおもしろいので夏の自由研究などの課題にぴったりかと思います。 ぜひやってみてください。 今回はここまで、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の