公務員 ボーナス 2019 夏。 【2019夏】公務員の6月ボーナスの支給日はいつ?賞与の基準日も解説!

夏と冬ではボーナスはどちらが多い?合計や差、支給日も紹介します!

公務員 ボーナス 2019 夏

こんにちは、元政令市人事のりょうたです。 当ブログをご覧くださりありがとうございます。 今回は 地方公務員の 2019年度(令和元年度)の夏のボーナスを公開します! 公務員を目指す方やそうでない方も公務員ってどれくらいボーナスがもらえるのか気になると思います。 この記事を読めば ・2019年 夏のボーナス支給日 ・夏のボーナスの平均支給額と年齢別平均額 ・都道府県庁・特別区・指定都市・市・町村ごとの平均額 ・夏のボーナスは2018夏に比べてどれくらい増えるか(減るか) ・国家公務員や民間と比べて高いのか(低いのか) が分かるようになっています。 あと、興味ないかもですが、僕の公務員時代のボーナスもどこかで公開するので、気になる方は探してみてくださいね。 これらの数値は全てをもとに計算していますが、実際の金額とは誤差が生じるかもしれませんので、ご了承ください。 もくじ• 地方公務員の夏のボーナス支給日はいつ? 地方公務員の2019年夏のボーナス支給日は 6月28日(金)の予定です。 例年ならは6月30日が支給日ですが、今年は日曜日なので直前の平日である6月28日になる予定です。 ただし、自治体によっては直近の平日である7月1日になる場合もあります。 支給日は各自治体が決めれるのですが、 6月28日前後なのは確実です。 地方公務員の夏のボーナス平均額 では、本題の 夏のボーナスの支給額を発表します! 地方公務員の夏のボーナス平均額 地方公務員全体の夏のボーナス平均額 750,958円 (平均年齢42. 40ヶ月分でした。 2019年は 4. 45ヶ月分へ、つまり 年間で0. 05ヶ月分上がりました。 額で言うと 約2万円増えています。 国家公務員や民間との比較 最後に 国家公務員や 民間の夏のボーナスと比較してみます。 ・地方公務員(一般行政職)平均:750,958円(平均年齢42. 3歳) ・国家公務員(行政職)平均:831,175円(平均年齢43. 2019夏は、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3. ・民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41. 7歳) ・民間全産業計(企業規模1000人未満):310,300円(平均年齢42. 国家公務員や東証一部の大手企業に比べると低いですが、民間、特に中小企業に比べるとかなりいい額ですよね。 まとめ ・ 地方公務員の2019年夏のボーナス支給日: 6月28日(金) ・ 地方公務員全体の夏のボーナス平均支給額: 750,958円(平均年齢42. 3歳) ・ 都道府県庁職員の夏のボーナス平均支給額: 771,568円(平均年齢43. 1歳) ・ 特別区職員の夏のボーナス平均支給額: 829,055円(平均年齢 41. 6歳) ・ 市役所 職員の夏のボーナス平均支給額: 680,149円(平均年齢 41. 9歳) ・ 政令指定都市 職員の夏のボーナス平均支給額: 788,472円(平均年齢 41. 8歳) ・ 町村役場職員の夏のボーナス平均支給額: 685,531円(平均年齢 41. 4歳) ・2018年に比べて 約2万円アップ! ボーナスの額は 特別区>政令市>県庁>市役所>町村役場 の順です。 同じ地方公務員でも特別区と町村では約15万円も違います。 これには地域手当(物価が高いほど増える)が影響してますが、かなりの差ですよね。

次の

公務員のボーナスの計算方法と仕組みを解説〜期末手当と勤勉手当の意味|元公務員が経験した職場環境の実態と生き抜くための資産運用と転職。

公務員 ボーナス 2019 夏

【2019】教員の夏のボーナス支給日 まず、ボーナス支給日は以下の通りです。 教員の2019年夏のボーナス支給日: 6月28日(金) 本来の支給日である6月30日が日曜のため若干早い支給となります。 厳密に言うと、地方公務員は条例で自由に決められるため(国家公務員はこの日付で確定)、自治体によって若干ズレがある可能性があります。 ただ、 ほとんどのところはこの日に支給されます。 【2019】教員の夏のボーナスはどれくらい増えるのか? 2018年夏に比べて4万円程度増える見込み 2018年8月に人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。 (年間支給月数が4. 4月から4. 45月へと0. 05月分増) ほとんどの地方もこれに追随しています。 具体的に言うと 、2018年夏は2. 125月分の支給だったものが、2019年夏は2. 225月分の支給になります。 金額で言えば概ね4万円程度の増額です。 【2019】教員の夏のボーナス支給額 具体的なボーナス額を、 小中学校教員と高校教員のそれぞれで算出していきます。 小中学校教員の2019年夏のボーナス額 小中学校教員の夏のボーナス平均支給額: 852,738円(平均年齢42. 以下同じ。 小中学校教員平均:852,738円(平均年齢42. 8歳)• 高校教員平均:888,540円(平均年齢44. 8歳)• 地方公務員(一般行政職)平均:753,320円(平均年齢42. 3歳)• 2019夏については、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3. 民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41. 7歳)• 3歳)• 大手優良企業に比べると劣るものの、行政公務員に比べるとかなり高く、また、多くの民間企業に比べかなり恵まれていると言えるでしょう。 まとめ.

次の

地方公務員「2019年 夏のボーナス」を公開します!

公務員 ボーナス 2019 夏

スポンサードリンク ここで、新卒の方の夏ボーナスは、 2ヶ月分全額は支給されません。 それは、「査定期間」というものが関係しています。 ボーナスには「査定期間」というものがあります。 この期間中の仕事を考慮してボーナスの金額が決めらる仕組みになっています。 査定期間は 夏:昨年12月2日から6月1日の約6ヶ月間 冬:6月2日から12月1日の約6ヶ月間 です。 新卒の方は4月入社なので、夏ボーナスの査定期間は2ヶ月くらいしか仕事をしていないのです。 そのため、本来もらえる「月給の2ヶ月分」の全額は支給されないことになっています。 新卒公務員の夏と冬のボーナスの差や割合は? 冬のボーナスは新卒の方も査定期間中ずっと仕事をしています。 そのため全額が支給されます。 つまり夏と冬の差としては 夏:約10万円 冬:約34万円 という感じだと思っておくと良いと思います。 新卒の方の夏ボーナスは始まって間もない頃にもらえるので、まずはボーナスを体験する感覚でとらえておくと良いかもしれないですね。 冬からは本格的に支給してもらえますよ。 夏のボーナスをお楽しみに! 以上、新卒一年目の公務員の夏ボーナスについてご紹介してきました。

次の