街 コン 1 人。 街コン1人参加の感想・行ってみて分かった参加しているのはこんな人

オタク街コンに1人で参加した男性のリアルレポ!アラサーに奇跡が⁉︎

街 コン 1 人

こんちには、サイト管理人のヒロシです。 街コンに興味があるけど1人で参加はちょっと怖い、1人で参加は浮いちゃうかな?と街コンに1人で参加を検討している方は気になる事だと思います。 1人で街コンに行ってみようと思っても中々参加に踏み切れないのは私もそうでしたし、参加するだけと言っても申し込むまでは非常に勇気のいる事だと思います。 そこで今回は私が1人で街コンに参加した中で分かったデメリットやメリット、体験談などを紹介して行くので、1人で街コンに行ってみようかな?と思っている方は是非参考にしてみてください 1人参加して分かったデメリット 街コン1人参加で分かったデメリットから紹介していきます。 1人で街コン参加する場合のデメリットとして挙げられる事は以下です。 申し込む勇気が必要• 孤立する可能性• 1人だと本気で相手探しをしに来ていると思われる 1人参加のデメリットになる可能性がある事は上記3つです。 申し込む勇気が必要 1人参加を考えている人が乗り越えなければいけない事でもありますが、申し込む勇気が必ず必要です。 最初にも言いましたが、街コンに初めて参加する場合、しかも1人で参加をしようとする場合は申し込む勇気が必要です。 気になるイベントに申し込みをするだけではありますが、その一歩が中々踏み出せないと思います。 友達や会社の同僚と一緒に参加を考えている場合であれば、チケット申し込みはそれ程怖い事ではないと思いますが、1人で申し込む場合は躊躇してしまう方は沢山いるはずです。 1人参加をする場合、乗り越えなければ行けないのがチケット申し込みです。 気になるイベントを探して申し込むだけの事ですが、かなり勇気がいる事だと思います。 私も最初はイベントを調べて、これが良いかなとチェックはしていましたが、申し込むまで2週間かかりました。 勢いに任せて申し込むのも必要な事だと思います。 行動を起こす事で出会いは作れるので、最初の第一歩となる申し込みを乗り越えてください 参加街コンを探す場合は街コンジャパンがオススメです。 1人参加可能、参加しやすいイベント多数、出会いたいと思う女性の年齢から選ぶなど、自分が希望する条件でイベント探しが出来るので、最もオススメなイベント主催社です。 【街コンジャパン公式サイト】 孤立する可能性が高い 街コン1人参加で最も多いデメリットは、やっぱりなと思う人もいると思いますが孤立する可能性が高い事です。 2人組で参加が街コンの基本スタイルになっているので、1人で参加はどうしても孤立しやすいです。 立食型の街コンに1人参加すると孤立する可能性は格段に上がります。 1人で参加している人も中にはいますが、1人参加同士なら話しかけやすく、 「1人?一緒に回らない?」といったように話かければ孤立も防げますが、結局2人になってしまうので、1人で街コンに行く時は孤立するデメリットを防ぐ為にも着席型の街コンに参加した方が良いです。 立食型は 「ぼっち」になりやすいですが、1人でもあまり周りは気にしないと言う人なら問題無いかもしれません 1人参加で孤立しないようにするには 街コン1人参加を検討中の方が孤立しないようにするには、選ぶ街コンの種類が最も大切なポイントになります。 街コンイベントは、着席型と立食型の2つのパターンがあります。 選ぶイベントを1人参加の場合、着席型にすればスタッフに言われた場所に座るだけになるので、1人で孤立する事は無くなります。 立食型にしてしまうと自由に話す相手が選べますが、1人の場合だと誰に話せば良いのか分からなくなってしまう可能性が高くなってしまうので、1人参加の場合は着席型のイベントを選ぶ事が重要です。 着席型のイベントはこういったように、しっかり内容に着席スタイルと明記されているので、孤立する事だけは避けたい!! と思う場合は必ず内容を確認して着席型のイベントになっている物を選ぶようにすれば良いと思います。 ガチ感が出る 2人参加の場合は、友達に誘われた、興味本位で参加していると言った様に、軽い気持ちで出会いもあったら良いな~と言う人も多く、参加している人もそんな感じの雰囲気も出ています。 恋人いないし物は試しにと街コン参加している方も沢山いますが、1人参加の場合は真剣に参加している感が出ます。 恋人を作りに来ました。 先ずは友達作りからと思っていても1人で参加すると周りからは本気だなと見られますし、1人参加だと雰囲気もガチ感がどうしても出てしまいます。 街コンに参加している人は全員恋人作りの為に参加しているので、真剣に相手探しをしに来ていると好意的に捉えてくれる女性も沢山います。 友達と一緒に来た、付き添いで来たと言う人よりも、真剣に恋人を作りに街コンに来たと言う人の方が好感度は上ります。 開催場所など地元に近い場所で参加する場合は、知り合いに会う可能性がゼロでは無いので気をつけたい所です。 もし知っている人に会ってしまったら言い訳にも困りますね。 1人参加のデメリットで多い事 私が初めて1人参加したのは1人参加歓迎となっているイベントでしたが、1人参加限定のイベントの場合は、参加者全員1人参加者なので、ガチ感が他の参加者よりも出る事も殆どのイベントが完全着席となるので、誰と話せば良いのか分からないといった、孤立する可能性も無いので、1人で参加は不安と感じる人は 1人参加限定のイベントに絞って検索してみるのがオススメです。 1人参加可能だけでイベントを絞ると全国で開催される1人参加可能なイベントが出てきますが、どんなイベントが全国的に開催されているのか?チェックしながら参加出来そうなイベントを探せるので先ずはこういった絞込み方で良いと思います。 多すぎて分かり難い場合は、開催地で絞り込めるので「 街コンこだわり検索」を上手く使って検索してみてください 【街コンジャパン公式サイト】 1人参加は慣れも必要 街コン1人参加する場合、最初はどうしても周りが気になってしまいます。 1人参加歓迎となっていても1人で参加している人は多いのか?• 初めて街コン参加でも平気なのか?• 誰とも仲良くなれなかったらどうしよう こんな風に最初はどうしても思ってしまう人の方が多いと思います。 私も初めて参加の時は緊張もあり、ドキドキしていましたが会場に着いてしまえば後は流れに乗るのみです。 1人で街コン行って恋人作ろう!! と決意して行動に起こす事は物凄く勇気がいる事ですが、大半の人が最初は不安を抱く事が多いと思います。 会場に行ってしまえば合コンの時と同じように、最初のドキドキ感だけで後は女性との出会い、会話を楽しめると思いますが 「1人で街コンに行く」 この一歩を踏み出すまでが大変な事だと思います。 恋人を作る為には、出会いを作るしか無いですし、出会いを作る為には行動を起こす事が必要になります。 1人で街コンに参加してみると分かりますが、実際に参加している方の大半が初めて街コンに参加している方です。 街コンで恋人を作ろうと私みたいなリピーターもいますが、全体の3割程度だと思います。 殆どの人が街コンに初めて参加している方なので、1人参加であったとしても、気負いする必要は無いです。 1人参加歓迎、1人参加限定のイベントは基本的に1店舗開催のプチ街コンと言われる街コンの種類になっています。 提携店舗を移動してお店を知る楽しみも出来るのが街コンの楽しみ方の1つでもありますが、プチ街コンでは1店舗開催の為、店移動が無く、店内の席替えのみで話す相手を代えるので、話し相手は必ずいます。 話し相手がいないボッチになる心配も、初めて参加でも大丈夫なのか?といった事を心配する必要もありません。 1人で街コン参加は勇気がいる事ですが、出会いは確実に作れるので、恋人が欲しい、新たな出会いが欲しいと思っている方は1度行ってみると良いと思います。 1人で街コンに参加してみようと言う方は、コチラの記事も参考にしてみてください 街コンってどんな感じ?と気になる方は下の動画を確認してみてください 1人参加限定イベントの多いルーターズが1人参加する時にオススメの運営会社です。 出会いを作る事が出来る• 友達同士で奪い合う事も無し• 新しい交友関係を築く事も出来る• 自分都合でイベント参加が可能 上記が街コン1人参加する事で得られるメリットです。 街コンに1人参加する事は勇気も必要ですが、その分得られるメリットは沢山あります。 出会いが全く無い現状だったとしても、街コンに参加する事で沢山の出会いを作る事が出来るので、参加する事が出来れば突然恋人が出来ると言う事も不思議な事では無くなります。 出会いを作る事が出来る 街コン1番のメリットでもありますが、 出会いを確実に作る事が出来る事が最大のメリットです。 周りの友達は恋人がいる、結婚してしまっていると言う人も沢山いると思います。 そういった人が多いと合コンも開けない、紹介もしてもらう事が出来ないなど新たな出会いを作る機会自体減ってしまいます。 婚活パーティーよりも参加しやすい• 1度の参加で沢山の出会いを作れる• 参加条件は年齢だけが多いので参加可能なイベントが豊富 上記の様に街コン参加は参加条件が厳しくなく、出会いを沢山作れる点からもオススメ出来ます。 婚活パーティーに行く程、結婚までは考えていない、先ずは良い人と出会いを作りたい、女性と交友関係を広げたいと考えている人は街コンに参加がオススメだと思います。 周りに気兼ねなく動ける 1人参加の最大のメリットが自分の思ったように動ける事です。 友達と参加の場合だと、 「あの人良いね」・ 「俺も思った」、といったように、良いと思った人がかぶってしまい、遠慮する必要も無いですが動きにくくなります。 1人の場合ならそういった気遣いも必要なく、積極的に動けるので、人が良い人は1人参加の方がやりやすいかもしれません。 友達と恋のライバルになってしまうと関係もギクシャクしてしまうので、女性の場合は特に1人の方が良いかもしれないです。 同性の友達も出来る 恋人が出来た方が当然良いですが、同性の友達が作りやすいです。 1人同士では話しやすく、どうでした?など聞きやすいですし、聞かれやすいと思います。 男性の場合は1人で参加したら最後まで1人と言う人は多いですが、女性の場合1人参加でも一緒に回りません?と2人になる事が多いようで、女性の1人参加は早い段階で見つけないと分かりにくくなっています。 自分の都合で参加出来る 1人参加最大のメリットと言っても良い位大きな部分は自分の都合のみで参加出来ると言う点です。 友達を誘って街コンに参加は自分の都合と友達の都合の良い日程が必須条件となってしまいます。 このイベント行ってみたいなと思ってもお互い都合の合う日に開催されていないと参加できませんが、自分1人で参加の場合は、自分が参加出来る日、暇な日で参加出来るので週末暇だし街コン行ってみようかな位の感じで参加できます。 1人参加は意外と多い 実際に参加してみると分かりますが、1人参加で街コンに行ってみると予想よりも全然1人で参加している人は多いです。 行って見ないと分からない事なので、参加してみないと確認は出来ないので不安と感じると思いますが、1人参加している人は多く、イベントに参加してみると1人で参加している事もイベント中は気にならないです。 話し相手は案内される席にいる女性と話せば良いだけですし、1人ボッチになる事も無いです。 申し込みまで行き着くのが大変だと十分私も分かりますが、行ってみると全く問題なく楽しめます。 1人参加限定イベントの多いルーターズが1人参加する時にオススメの運営会社です。 1人で街コンに参加してみて率直な感想は、結構1人でも平気だった、楽しめるな、と言うのが率直な感想です。 私が最初に行った1人参加イベントは1人参加歓迎イベントだったので、2人組で来ている男女の方が多かったと思います。 最初の席は男性2人、女性2人の席に案内されて3対2になって、これちょっと大丈夫なのかな・・・と完全に不安に負けそうにもなりましたが、考えてみれば男性側は女性とは初対面、女性側はこちら全員初対面になる訳で、私は全員初対面になりますが、そこまで大きな差も無く、全員自己紹介するので、全員が「初めまして」でも特に気にする事も無いなと安心出来ました。 1人で参加ですか? と質問される事は多いですが、街コン参加の目的は1人で参加も2人で参加も恋人を作りたいと思っての参加は同じなので、出会いを求めて参加してみました。 と正直に話しても別に引かれる事は無いです。 イベント形式は着席型にしたので、スタッフにコチラの席にと案内されてスタートしたので良かったですが、立食型だったら違った展開になって、 「ぼっち」になっていただろうなとは思います。 不安と感じるのは最初だけ 最初の不安さえ乗り越えてしまえば楽しいです。 不安を感じるのは最初だけです。 開催店舗に着いて、席に着いてスタートするまではかなり緊張しますが、始まってしまうと緊張もいつの間にか無くなって出会いを楽しめるようになってきます。 全員が初めましてなので、スタートを除いた2回席替えと1回店移動で、4回初対面の方と挨拶をしたので、男性6人・女性8人と会話をしたので疲れましたが色んな人と出会える事が出来ましたし、街コンに1人参加は行くまでは不安もありますが、行ってしまえば周りも気にならないので楽しめるというのが一番の感想です。 女性が1人で参加していた場合は1対1の席になる事もあるようですが、私が行った時は男性の1人参加っぽい人はいましたが、女性でそれらしき人は見かけられませんでした、正直始まってしまうと1人で参加なのかな?と言うのは私みたく3人席になっていればパッと見で分かりますが、席の都合上2対2にする事が多く、1人同士でペアになって2対2になっている事もあるので分からないです。 参加してみて分かった1人参加のポイント 1人参加してみて、参加前に気になっていた事、1人参加限定と1人参加歓迎のどっちが良いのか?などを簡単に説明していきます。 1人参加は浮いてしまうのか?• 1人参加限定の方が良いのか?• 1人参加の注意点 1人参加する時、特に気になる事だと思う上記3点について説明していきます。 1人で街コンに参加したら浮いてしまうのか? 私の参加した感想から答えを言いますと、浮いてしまうと言う事は無いです。 どうしても1人で参加しようと考えた時に思うのは浮いてしまうのか?ボッチになってしまうのか? この2点だと思いますが、積極的に話しかける事を苦にしない人は立食形式でも問題無いと思いますが、そうでは無い人の場合でも着席型のイベントにすれば話相手も必ずいますし、座る席も決められていて、しっかり席に案内されるので1人になる時間はまず無いので安心して参加出来ると思います。 イベント種類さえ間違えなければ浮いてしまう事は無いと考えて大丈夫です。 1人で参加の場合、ドキドキするのは最初だけです。 何でも初めての事だとドキドキすると思いますし、それに近い感覚です。 イベントスタートしてしまえば会話する女性はいますし、1人ボッチになってしまう事もないです。 あと参加してみて分かる事ですが、1人で街コンに参加している人の数は自分が予想しているよりも全然多いと思います。 1人参加するなら1人限定の方が良い 1人で街コンに参加する場合は 1人参加大歓迎と1人参加限定がありますが、初めて行く場合は1人限定の方が断然オススメです。 1人参加歓迎となっている場合でも1人参加している人の割合はイベント内容にもよると思いますが、多くても3割程度になっているのでは?と思います。 私は最初1人参加歓迎のイベントに参加しましたが、1人参加限定の方が間違い無く良いと思います。 女性と出会いが作れれば何でも良いとハートの強い方はそれ程気にしなくても良い事だと思いますが私のオススメする1人参加の選び方を3つ紹介します。 街コンorプチ街コン• 1人参加限定• 参加人数40名程 この3つが1人で参加を考えている場合オススメするポイントです。 理由を説明していきます。 1人参加で立食型は危険 街コンには種類があります。 大きく分けて3つあり、 【恋活パーティー・街コン・プチ街コン】この3種類になります。 恋活パーティーは立食型となっていて、自由に立ち回れるメリットもありますが、正直慣れていないと浮いてしまいます。 誰に話しかければ良いのか?• どうしたら良いのか? この2つが、1人で行く場合不安と感じる事だと思いますが、これが起こる可能性が高くなります。 勿論そうならないようにスタッフの方がいますが、全てのイベントで安心出来るとは限らないので選ばない方が良いです。 なのでイベント種類としては【 街コンorプチ街コン】となっているイベントを選ぶようにした方が良いです。 着席型の街コンが安全 街コンとプチ街コンは完全着席となっています。 上記でも説明しましたが、着席型の街コンの方が話す相手が必ず出来るので、孤立する可能性も無く安心出来ます。 この2つの違いを詳しく説明すると 数件の店と提携してイベントをしているのが街コン、1店舗での開催がプチ街コンとゆうのが大きな違いです。 どちらも1人で参加して必ず女性のいる席に案内されるので話せなかった、出会えなかったと言う事にはならないので安心です。 店舗を移動するのが嫌だ、面倒と言う方はプチ街コンを選べば良いです。 1人参加限定がオススメの理由 私が初めて1人参加したのは1人参加歓迎の街コンです。 その時に2対2になっている席に案内される事があったので、次回参加は1人参加限定にしようと思いました。 友達同士で参加している所に、1人だけ無関係な自分が入るので、最初の自己紹介など若干気まずいです。 私の事は誰も知らない、男性2人は友人関係、女性2人も友人関係なので、最初だけ若干気まずいです。 自己紹介後は普通に色々な話を出来て、聞いてるだけの時間もあったり楽ではありましたが、参加経験から言うと1人参加限定の方がオススメと言えます。 1人参加限定イベントの方が楽 1人参加限定イベントは開催規模が最大で30人程の開催が多いです。 30人程の規模のイベントとなっているので、開催スタイルはプチ街コン 1店舗開催 が多く、店の移動も無く、移動による疲れもありません。 参加人数が最大で30人しかいないと出会える人数も少ない?こう疑問を持つ方もいると思いますが、実際に街コンに参加して出会える方 話せる人数 は10人程です。 100人規模でも200人規模でも出会える人数に差は無いので、1人参加限定の30人規模のイベントでも出会える人数は同じ、人が多すぎてうるさくて会話にならない事も無い、丁度良い人数での開催が1人参加限定には多いです。 1人参加限定の方が良いと言える点をまとめると以下のようになります。 1人参加歓迎と1人参加限定の出会える人数 話せる人数 に差は無い• 参加者全員1人と予め分かっている方が気持ち的に楽• 1店舗開催で席替えのみなので、移動による疲れも無い 簡単にまとめると 1人参加限定のイベントは全員が1人で参加しているので気まずい雰囲気になる事がなく、出会いを純粋に楽しめるとゆう事です。 参加人数がある程度見込めるイベント 1人参加限定でも開催規模が最大40名イベントなども多くあります。 街コンポータルサイトとなっている街コンジャパンも1人参加イベントを探す時に便利です。 参加したい場所、イベント内容など自分が行きたいと思うイベントを絞って検索する事が出来ます。 現在何人程集まっているのか?など気になる情報も随時更新しているので狙い目のイベントなども分かりやすくなっています。 valuecommerce. valuecommerce. 2人で話し合って参加するイベントを決めるのでは無い為、イベント内容が自分にピッタリな物や出会えそうなイベントとなっているのかなどしっかり選ぶ事が出来ます。 2人の場合は、友達との会話もあるので、ある程度参加人数の見込めるイベントであれば問題ないですが、1人の場合は参加人数が多いイベントよりも参加しやすいイベント、楽しめそうなイベントを選ぶ事が大切です。 1人参加限定では無いイベントや立食形式のイベントなど、立ち回りも難しく、何回か街コンに参加している方でも狙った女性と会話する事は正直難しいです。 選ぶイベントを失敗してしまうと、参加しただけのイベントとなってしまいます。 そういったイベント参加にならない為に、彼女を作る可能性のある街コン参加にする為には自分の優先順位をしっかり決めて参加するイベントを決める事が必要です。 1人で参加する時オススメな街コンサイト 上記でも挙げた3つのポイントに当てはまる街コンを1人での参加を考えている場合は選ぶのが間違いない選び方です。 何回も1人で参加していますが、上記3つのポイントが重要と感じましたので、条件に当てはまる街コンサイトを紹介します。 1人参加でオススメな街コンサイトはルーターズです。 ルーターズは1人参加限定の街コンが多く開催されているので、自分の都合に合わせて参加する事が可能です。 ルーターズは1人参加限定特集などもしていて、1人でも参加出来るイベントが多く、日程・開催時間以外の大切な年齢制限もしっかり選ぶ事が出来ます。 自分の参加出来るイベント選びにもなりますが、恋愛対象となる年齢を選ぶ事も重要なポイントになってくるので、その点も安心です。 ルーターズのイベントは 【プチ街コン・1人参加限定・開催規模最大40名】この3つ全て当てはまるイベントが多いのでオススメです。 1人参加出来るイベントはどんな物があるのか? 気になった方は公式サイトからイベント内容チェックしてみてください 【公式サイト】 1人で参加する場合のイベントの選び方 1人で街コンに参加しようと思っている場合のイベントの選び方、私なりの選び方を紹介します。 参加日時を決める まず最初に参加する日時を決める事からです。 参加できそうな日にちをクリックすれば開催予定のイベントが表示されるので、その中で良いのがあるかチェックします。 日程で検索で自分が参加できそうな場所が出て来ない場合はエリアで絞って検索でもOKです。 開催規模を確認 気になるイベントがあった場合は、そのイベントの開催規模をチェックします。 男性・女性にオススメはあまり気にしなくて良いと思いますが、規模が小規模なのか中規模なのかをしっかりチェックして20人以上の参加が見込める中規模がベストです。 小規模でも男女10人ずつ集まっていれば問題無いですが、少なかった場合を考えて中規模がオススメです。 上記でも説明しましたが、フリースタイルは慣れていないと話し相手が見つからず、1人で食事やお酒を楽しむだけで終わってしまう可能性があるので、完全着席で指定された席に座るだけで出会いが作れる完全着席がオススメです。 オススメから検索 1人参加限定、アラサー、年の差、趣味コンなど、人気のイベントに絞って検索する事も出来ます。 自分の参加出来る日程から気になるイベント詳細を確認、良さそうだなと思ったら申し込みで良いですが、なかなか自分に合いそうなイベントが見つからない場合は、こういったオススメから検索してみるのも良いと思います。 街コンジャパンでもルーターズでも上記のようにイベント検索で参加してみようかなと思えるイベントを探して、良さそうなのがあれば参加申し込みするだけです。 参加するだけで出会いは必ず作れるので、出会いが無いと嘆いている方は1度試しに参加してみるのも良いと思います。 街コン公式サイト• オススメの街コン主催社からチェックしてみてください.

次の

街コンの感想・レポート・体験談まとめ。20回以上も一人参加したガチ勢が暴露する

街 コン 1 人

例えば、友人と参加して、お目当ての男性が被ってしまった時。 ついつい遠慮しちゃったり、アプローチしづらかったりしますよね。 一人参加なら、みんなが知らない人なので、気後れもしないです。 一人参加の方の方が、確実に声をかけやすいです。 お友達同士でめちゃめちゃ仲良く話していたら、異性は一人では話しかけにくいし、相当コミュニケーション能力が高くないと辛い。 自分から攻めなくても、攻め入られやすいということですね。 誰にも言ったことがないけど、実は太っている人が好き。 気になる男性と、密に話す機会を作りやすいです。 2対2で話すよりも、1対1で話す方が、しっかりと話すことができます。 2対2で盛り上がると、次回のデートもダブルでいかがですか?なんて流れになったりして、めんどくさい上に実りにくくなります。 同性の一人参加同士で仲良くなれたりします。 グループ分けや、座席分けで一人参加同士の同性とペアになったりします。 そこから話しているうちに意気投合して、仲良くなったりすることも。 婚活友達ができれば、婚活の幅も広がります。 街コンは男性と出会うためだけでなく、 同性とも出会うことができる のです。 一人参加をする場合、街コンの企画そのものに向き不向きがあります。 大型街コンや、ツアー街コンにいきなり一人で参加するのはハードルが高い。 しかも友達同士での参加者が増えると、一人参加の自分が浮いているような気持ちになります。 初めて一人で街コンに参加するなら、一 人参加限定の街コンがおすすめ。 その中でも参加者が全体で20人を超えないぐらいの 小型パーティー形式の街コンに参加するのが良いでしょう。 シンデレラは12時というタイムリミットの中、舞踏会へ出かけていきました。 シンデレラは時計を気にする余り、何度も何度も壁の時計を確認する。 王子様を目の前に、照れて俯きがちな他の女性たちよりも、何度も顔をあげるシンデレラは王子様の目に留まった。 ……なんてあったり、なかったり! 笑 しかし、ずっとうつむいている人には話しかけづらいですよね。 自分に対するのハードルを下げて、 話しかけられやすくすることで、出会いも増えます。 恥ずかしかったり、自信がない中、うつむいてしまう気持ちもわかります。 でも街コンは出会いの場ですから、ちょっとだけ前を向いて、顔をあげてみましょう。 笑 これもまたハードルを下げることに繋がってきます。 街コンにくるような人は、ぐいぐいくるタイプではありません。 あまり尖ったファッションで行くと相手は引いてしまいます。 もちろん本当の自分をさらけ出すことも大切。 しかし女性らしさを感じさせることも、とても大切なことです。 これを機に一度女性らしい服装にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか? 一人参加におすすめの街コン 参加してみようと思ったものの、街コンっていろいろあり過ぎる…。 ちょっとハードル高いな…と思っている方のために、 初めての参加におススメの、一人でも参加しやすい街コンをご紹介します。 365日、毎日パーティーを開催していますので、思い立ったらいつでも参加できます。 ルーターズは一人参加の強い味方である、 というのを開催しています。 当然、参加者全員、一人参加。 ボッチになったらどうしよう…なんて心配もまったく必要ありません。 初めてでしたら、一 人参加限定のパーティーに参加して、肩慣らしをしてみるのもあり。 なんといっても、種類が豊富。 動物園街コン• 水族館街コン• アニメ好き限定の街コン• お散歩街コン 普通のパーティー形式の街コン以外のイベント性の高い街コンが勢ぞろい。 イベント系の街コンは、意外と一人参加も多い。 しかも会話だけの着席型と違って、レクリエーションがあるおかげで会話のきっかけが多い。 話が特別うまくなくても、盛り上がれるのが、イベント街コンの最大の特徴です。 会話に自信のない方は特に、街コンジャパンで 趣味コンを探してみてはいかがでしょうか? 最後に 街コンに一人で行くのは勇気がいるかもしれません。 しかし婚活は、誰かと会わないことには始まりません。 街コンは会話の特訓にも最適だと思います。 「人見知りで話すのが難しい…どうしたらいいかわからない…。 」 そう感じている方は、会話の練習のつもりで利用するのもありです。 いろいろな人に会うことで、自分を知ることもできます。

次の

街コン攻略!成功率を高めてカップルになる秘訣

街 コン 1 人

サポートがしっかりしていた 日本大学4年 S. Iさん 席替えを頻繁にしたり、話せていない人はスタッフがフォローしたりなど、サポート体制がしっかりしていました。 私は東京で数々のイベントに参加してきましたが、サク街の学生コンはクオリティが高いと感じました。 よくあるご質問 Q. 人見知りで初めて学生街コンや恋活パーティーに参加しますが、大丈夫ですか? A. ほとんどの人が初参加なので、心配しなくて大丈夫です。 人見知りで話すのが苦手な方でも、スタッフがきちんとサポートするので安心して下さい。 学生コンは一人でも参加出来ますか? A. 1人参加可能の学生コンとなっております。 女性は3名様以上の参加でお1人様あたり500円引きになる、お得な割引もあります。 どのような人が学生コンに参加していますか? A. 街コンには大学生や大学院生、専門学生など、様々な方が参加しています。 学年も1年生から4年生まで幅広いです。 大学生コラム.

次の