金 八 先生 第 5 シリーズ キャスト。 第6シリーズ昔と今を比較 3年B組金八先生の平成13年度卒業生徒の画像とは

金八通−金八データベース 金八シリーズ3年B組座席表

金 八 先生 第 5 シリーズ キャスト

詳細データ• (23)はタイトルバックカット。 桜中学職員• 役名(補足) 出演者名 出演表記話数 坂本 金八 (国語、3年B組担任) 武田 鉄矢 (1-23) 岩崎先生(英語) 児島 未散 (1-23) 野村校長 早崎 文司 (1-3,5-9,11-14,16,17,19-23) 国井先生(理科) (3年A組担任) 茅島 成美 (1-23) 乾先生(数学) (学年主任) 森田 順平 (1-23) 北先生(社会) (3年C組担任) 金田 明夫 (1-23) 阿部先生(数学T. T) 前田 淳 (1-23) 三宅先生(体育) 平山 陽祐 (1-23) 本田先生(養護) 高畑 淳子 (1-3,7-10,12-23) 石川教頭 李 麗仙 (1-3,5-23) 八木先生(音楽) 城之内ミサ (6,23) 3年B組生徒• (1,2,5-23)全員出演。 (3,4)は小野寺行哉のみ出演せず。 個別の出演表記はタイトルバックでクレジットされた話数を示す(クレジットされた生徒はその回の中心人物)。 ただし、(20,22)は生徒クレジットなし、(23)はタイトルバックカットのため割愛。 クレジット順は男女混合で役名のあいうえお順。 3年B組金八先生 (第4シリーズ) 1996年再放送分•

次の

金八通−金八データベース 3年B組金八先生・第4シリーズ キャスト

金 八 先生 第 5 シリーズ キャスト

詳細データ• (23)はタイトルバックカット。 桜中学職員• 役名(補足) 出演者名 出演表記話数 坂本 金八(国語) (生徒指導主任、3年B組臨時担任) 武田 鉄矢 (1-23) 渡辺 花子(家庭科) 小西 美帆 (1-23) 遠藤 達也(理科) 山崎銀之丞 (1-23) 小田切 誠(英語) 深江 卓次 (1-23) 国井教頭 茅島 成美 (1-23) 北 尚明(社会) (3年C組担任) 金田 明夫 (1-23) 乾 友彦(数学) (3年A組担任) 森田 順平 (1-23) 中野先生(国語) (3年B組担任) ラサール石井 (1,8,10,16,21-23) 本田 知美(養護) 高畑 淳子 (1-7,9-15,17,19-23) 和田校長 長谷川哲夫 (1-9,11-23) 八木 宏美(音楽) 城之内ミサ (23) 3年B組生徒• (1-23)全員出演。 今作よりタイトルバックでの生徒クレジット廃止。 再放送でクレジット削除。 再放送でクレジット追加。 刑事 (健次郎の事件で兼末家にいた刑事?) 日向 勉 (20) 医師 (健次郎の母を診察した?) 金井 節 (20) 杉本刑事 (健次郎の事件) 矢崎 滋 (20,21) 留置場の警官 (健次郎の事件) 小松 正一 (21) 町の警官 (アスミを預かった) 平尾 仁 (21) 若い男 (アスミと一緒にいた) 水澤 慎二 (21) 田辺弁護士 (健次郎を担当した弁護士) 高林由紀子 (21-23) プロダクション 芸プロ (1-23) 劇団ひまわり (1-23) 劇団いろは (1-23) 稲川素子事務所 (1) 宝映テレビ (6) キットハウス (9) コピー (9) テアトルアカデミー (9) FCプラン (20) データベース参考資料• 3年B組金八先生 (第5シリーズ) (1-10) 2000年再放送、(11-23) 本放送分•

次の

金八通−金八データベース 3年B組金八先生・第4シリーズ キャスト

金 八 先生 第 5 シリーズ キャスト

第1シリーズ(1979年10月26日〜1980年3月28日/全23回) 原作:小山内美江子、 脚本:小山内美江子・重森孝子、 演出:竹之下寛次・佐藤虔一・高畠豊・生野慈朗、 音楽:瀬尾一三、 主題歌:海援隊『贈る言葉』 世田谷の中学から桜中学に転勤になった国語教師・坂本金八。 非行・不登校・いじめ・親子の絶縁など、学校が抱える様々な問題を真っ正面から受け止め、生徒と一緒に涙を流しながら奮闘する。 生徒の非行、親子の断絶、内申書など学校が抱える問題を真っ正面から取り上げ、当時話題を集めた。 なかでも、6話にわたった「十五歳の母」では生徒の妊娠、出産を描き、また、東大をめざす高校生の自殺を取り上げ、反響を呼んだ。 《3年B組生徒》 安藤卓:岩谷健司、池野国広:田島理司、梅原明:芹沢安比沙、岡村一男:高橋幸喜、梶浦裕二:野村義男、沢村正治:田原俊彦、志岐誠:土屋到、鈴木良夫:羽沢匠、高倉勇:館川喜年、田中康一:新井つねひろ、九十九弥市:大堀英樹、中尾友行:米村知晃、平山英吉:茂木昌則、星野清:近藤真彦、宮沢保:鶴見辰吾、吉村孝:小山渚 浅井雪乃:杉田かおる、阿部トシエ:つちやかおり、江崎花代:小室和代、大野正枝:金久保美幸、越智はるみ:藤島ジュリー景子、笠原ユカリ:石川よし子、神保文子:山口仁子、瀬戸克江:長谷川純代、園田エミ子:荒井恵美子、東條絹子:平山裕美、畑中マミ:大網めぐみ、福田茂子:志茂由佳、屋島みゆき:一番ヶ瀬容子、安恵美智子:小林聡美、山田麗子:三原じゅん子、横山敏子:深野いずみ 第2シリーズ(1980年10月3日〜1981年3月27日/全25回) 原作・脚本:小山内美江子、 演出:竹之下寛次・和田旭・生野慈朗・大岡進、 音楽:瀬尾一三、 主題歌:海援隊『人として』 「非行」「校内暴力」に真正面からぶつかり、「腐ったミカンの方程式」は社会に大きな衝撃を与えた。 3年B組に転校してきた手のつけられない不良少年・加藤優 直江喜一 の登場から新たな展開をみせる。 加藤が警察に連行され、それを救うため、教師や保護者の前で金八が涙ながらに訴える「われわれは、ミカンや機械を作っているんじゃないんです、われわれは人間を作っているんです! 」という名台詞や、金八先生に助けられた加藤が、卒業式で感動の卒業生代表の挨拶をするシーンなど、涙なくしては見られない感動シーンが満載。 金八は3Bの生徒を高校に送り出した3年後、養護の天路里美と結婚し、里美は妊娠8か月に入っていた。 ある日、一昨年卒業した3年B組の生徒の間で、同窓会を開こうと言う話が持ち上がる。 ところが、大学受験で忙しい者、社会人として働いている者など、元3Bの意見はなかなか揃わない。 そんななか、雪乃と保の仲がうまくいっていないと言うウワサが流れる。 麗子は、ウワサを流した張本人、清を問い詰める。 スペシャル2『イレ墨をした教え子』(1983年10月7日) 原作・脚本:小山内美江子・横田与志、 演出:大岡進、 主題歌:海援隊『人として』 金八の長女・乙女が緊急手術を受けることになったが、乙女の血液型は特殊なRHマイナスのAB型だった。 卒業生の岩沼幸一郎が同じ血液型だとわかるが、幸一郎の身体には刺青が入れられていた。 極道の世界へ足を踏み入れてしまった教え子と、それを止めることができなかった金八のやるせない悲しみと怒りが描かれる。 金八は教え子の人生を救うため、単身で組に乗り込んでいく。 そして、幸一郎によって乙女の手術は無事終了、生まれた息子に、幸一郎の「幸」を取り、「幸作」と名づけたことを告げる。 《3年B組生徒》 東正広:浅野忠信、石川克彦:町出淳一、柿野啓太郎:菊池健一郎、加藤敏治:田賀平、河合久芳:田中直樹、倉橋和幸:岩国誠、畔柳吉人:金杉太朗、沢田政希:市川純太、柴田至則:原田幸一、高峰英和:倉田照三、田中一義:萩原聖人、谷口健治:森且行、鶴田竜一:平良健、成瀬浩二:長野博、三浦泰久:宝田慎一 阿部智香子:市丸和代、稲垣久枝:堀実夏、梅田恵美:飯塚園子、大竹明美:真下琴絵、織田真紀:長瀬潮美、榊原知美:池内心、杉浦かよ:藤重麻奈美、田口和代:石井歌織、辻村美奈:宮島依里、西村千里:佐川和歌子、野本今日子:林佳子、水野君江:岸みやび、山田裕子:浦明子、渡辺郁恵:浅見奈生、和田晴美:太田晴恵 第4シリーズ(1995年10月12日〜1996年3月28日/全23回) 原作・脚本:小山内美江子、 演出:生野慈朗・竹之下寛次・大岡進・鈴木早苗・福澤克雄、 音楽:城之内ミサ、 主題歌:海援隊『スタートライン』 金八は妻の里美に先立たれ教壇を遠ざかっていたが、前任校の桜中学から、戻ってきてほしいと要請が入る。 そして3年B組には、かつての教え子、雪乃(杉田かおる)の子ども・歩もいた。 一見平和に見える学校生活に潜むいじめ・不登校の問題や、現在は廃止となっている偏差値と受験の問題を、金八が生徒たちと対話し、高く数多いハードルを乗り越えていく。 金八は生徒をいじめる子、いじめられる子に割り振り、いじめのロールプレーを行い、いじめがいかに無意識に行われるのかをわからせる。 《3年B組生徒》 石田智樹:古屋暢一、大畑享大:榎本雄太、北郷哲也:坂口剛、日下信二:小野寺行哉、後藤隆:宮崎徳明、坂田拓也:渡辺卓、桜木伸也:小池直樹、佐藤賢治:反田孝幸、杉山修一:佐々木卓馬、高橋宗和:酒井寿、高畑優:久我未来、豊川康:若菜大輔、鳥谷真一:中江太、能登剛:服部圭介、宮沢歩:橋本光成 石築朋子:小野寺菜央、伊藤美文:宮本ゆか、伊丸岡ルミ:松下恵、植田浩子:井村翔子、樫木真穂:幸早恵子、佐藤由紀子:土屋恵美子、菅久美子:米澤モモ、菅原東子:神保良美、鈴木芙美子:小村さち子、高鳥よし江:水間ちづる、田上容子:渡部はるか、種田ひろみ:植村さやか、広島美香:小嶺麗奈、藤岡美智子:重光絵美、蓑田紀美:藤田瞳子 スペシャル9『子供を救え!大人達よ立ち上がれ』(1998年4月2日) 原作・脚本:小山内美江子、 演出:柳井満、 音楽:城之内ミサ、 主題歌:海援隊『贈る言葉』 第4シリーズから2年後、金八は桜中学2年B組の担任をしている。 中学1年生となった長男の幸作も桜中学に通っているが、ここ何日か金八に内緒で早退を続け、職員室でも話題になっていた。 ある日、金八が数人の中学生に襲われ、大森巡査は、金八の危機に慌て、ピストルを取り出して空へ向かって発砲した。 金八は頭と腕に大怪我を負い、入院するハメになる。 翌日、学校にマスコミが押しかけ大混乱となる。 そんな中、週刊誌が「金八の息子は不登校児で、教師の資格などまったくない」と書きたて、追い討ちをかけた。 青少年の犯罪を織り込みながら、教育のあるべき姿を示していく。 子供から大人への重要な15歳という多感な世代を相手に、50歳になった金八は何を思い、何を語りかけるのか。 坂本金八 武田鉄矢 と1年前に卒業した3年B組の生徒たちが、元校長・大西の一周忌法要で再び集まった。 久々の再会を喜びつつも、3B全員集合とはいかず、何人かのクラスメートは姿を見せなかった。 そのことがどうしても許せない入船力也は、塩沢好太たちを連れて法要を欠席した同級生の家々を訪ねて回る。 しかし、そこから一騒動が起こってしまう…。 中学時代とは異なる環境に身をおく中で、開きかけた同級生同士の心の距離に苦しむ3Bの卒業生たち。 そんな教え子たちに、金八先生は何を語りかけるのか? 《主な出演》 坂本金八(国語):武田鉄矢、遠藤達也(理科):山崎銀之丞、小田切誠(英語)深江卓次、北尚明(社会):金田明夫、乾智彦(数学):森田順平、渡辺花子(家庭科):小西美帆、本田知美(養護):高畑淳子、小林昌義(数学):黒川恭佑、ジュリア・ローソン(A.E.T):サリマタ・ビビ・バ、和田政信校長:長谷川哲夫、千田喜朗新校長:木場勝巳、国井教頭:芽島成美、大森巡査:鈴木正幸、道政利行:山木正義、道政明子:大川明子、成迫正之:佐戸井けん太、鶴本成美:りりィ、彰憲和尚:大門伍朗、吉田地域協議会会長:内山彰夫、乾英子(主任):原日出子、高橋良雄(介護士):山田アキラ、沢野洋造、守田比呂也、安井院長:柴俊夫、池内友子:吉行和子、坂本乙女:星野真里、坂本幸作:佐野泰臣、安井ちはる:岡あゆみ、関恵美:木舘雪恵、米田真規子:倉沢桃子、比留間和憲:小川一樹、山岡修三:古川和彦 《3年B組生徒》 今井儀:斉藤祥太、嘉代正臣:佐々木和徳、北村充宏:川嶋義一、小堀健介:佐藤貴広、近藤悦史:杉田光、菅俊大:途中慎吾、長澤一寿:増田貴久、成迫政則:東新良和、信太宏文:辻本祐樹、長谷川賢:加藤成亮、前多平八郎:田中琢磨、安原弘城:竹沢正希、山越崇行:中尾明慶、山本健富:高橋竜大、山田哲郎:太田佑一 青沼美保:本仮屋ユイカ、赤嶺繭子:佐藤めぐみ、江藤直美:鈴田林沙、笠井美由紀:高松いく、風見陽子:中分舞、木村美紀:森田このみ、笹岡あかね:平愛梨、下田江里子:須堯麻衣、榛葉里佳:住吉玲奈、鶴本直:上戸彩、長谷川奈美:中村友美、馬場恭子:金沢美波、星野雪絵:花田亜由美、本田奈津美:谷口響子、森田香織:松本真衣香 《主な出演》 坂本金八(国語):武田鉄矢、千田善朗(校長):木場勝己、国井美代子(教頭):茅島成美、北尚明(社会):金田明夫、遠藤達也(理科):山崎銀之丞、小林花子(家庭科):小西美帆、小田切誠(英語):深江卓次、乾友彦(数学):森田順平、本田知美(養護):高畑淳子、長谷川教育委員長:和田政信、シルビア=マンデラ(AET):マリエム・マサリ、青木圭吾:加藤隆之、大森巡査:鈴木正幸、小林昌義:黒川恭佑、坂本乙女:星野真里、坂本幸作:佐野泰臣、兼末健次郎:風間俊介、安井ちはる:岡あゆみ、道政利行:山木正義、道政明子:大川明子、道政太郎:田中雅土、笠井美由紀:高松いく、前多平八郎:田中琢磨、丸山光代:萩尾みどり、飯島昌恵:五十嵐めぐみ、星野雪絵:花田亜由美 《3年B組生徒》 江口哲史:竹下恭平、小野孝太郎:竹内友哉、笠井淳:上森寛元、金丸博明:府金重哉、狩野伸太郎:濱田岳、倉田直明:今福俊介、小塚崇史:鮎川太陽、島健一郎:筒井万央、鈴木康二郎:藪宏太、園上征幸:平慶翔、高木隼人:結城洋平、富山量太:千代将太、中村真佐人:冨浦智嗣、長坂和晃:村上雄太、丸山しゅう:八乙女光 麻田玲子:福田沙紀、安生有希:五十嵐奈生、飯島弥生:岩田さゆり、稲葉舞子:黒川智花、大胡あすか:清浦夏実、小川比呂:末広ゆい、小村飛鳥:杉林沙織、清水信子:寺島咲、杉田祥恵:渡辺有菜、田中奈穂佳:石田未来、坪井典子:上脇結友、中木原智美:白石知世、中澤雄子:笹山都築、西尾浩美:郡司あやの、姫野麻子:加藤みづき 第8シリーズ(2007年10月11日〜2008年3月20日/全22回) 原作:小山内美江子、 脚本:清水有生、 演出:今井夏木・生野慈朗・大岡進・加藤新、 音楽:城之内ミサ、 主題歌:海援隊『いつか見た青い空』 受験と進学、家族、教師、友人といった人間関係への期待と失望に揺れ動く中学3年生を取り巻く社会環境は、時代と共に大きく変わってきている。 シリーズを通じて大きな一つのテーマを追うのではなく、一人ひとりの生徒を取り上げていくことにより、現代の15歳を取り巻く問題、悩みを描き出していく。 インターネットの普及から「学校裏サイト」という存在を知った金八は、「私」というタイトルで「心のHP」への書き込みノートの提出を試みる。 生徒と喜怒哀楽を共にし、親には堂々と説教をする金八が「学校とは何のためにあるのか」を問う。

次の