作り置きレシピ 一週間。 63分で8品!全部レンジで作り置きレシピ一週間と簡単常備菜レポート(2018年7月22日)

一週間の作り置きレシピ!一人暮らしの味方になる節約・時短お料理

作り置きレシピ 一週間

一週間の作り置きは、副菜6〜10品、メイン3〜5品作ります。 必要な品数は都度変わりますが、10〜15品あれば、作り置きおかずだけで過ごせたり、簡単なサラダを作り足すだけで一週間ラクに過ごせます。 前提条件• 私の場合、一週間作り置きレシピは、平日5日分と考えています。 一週間のうち、フルタイム勤務時には私も夫もお弁当を持って行ってます。 お弁当には、メイン1品と副菜2品に、プチトマト、レタスまたはブロッコリーを入れています。 一週間のうち、育児休業中には私も夫もお昼はほとんど家で作り置きを食べます。 私の夕食は、豆腐や納豆と作り置きおかずを2〜3品、お米を食べます。 夫の夕食は、私と同じ作り置きおかずを食べます。 メインは肉ものなら100gくらい、魚なら半身程度食べ、お米はほとんど食べません。 平日5日間の夕食を、家できちんと食べる頻度は、2人とも平均6日。 一週間に炊く米は、5〜10合です。 私たち夫婦はそんなにたくさんの量を食べる訳ではないので、作り置きしたおかずだけで平日を過ごせるのかもしれません。 1人暮らしの頃は副菜の作り置きだけ90分程度でやってたときもあり、その頃のコツなどは別の記事にまとめています。

次の

【おいしい7daysレシピ】微凍結パーシャル×ウィークックナビ

作り置きレシピ 一週間

一週間の献立を考えるコツ 一週間の献立を考えるポイントは、品数、考える順番、冷蔵庫の状況の3つ。 それぞれコツを紹介します。 献立の基本は一汁二菜で考えてみよう 1日の献立は「主菜、副菜、汁物」の一汁二菜を基本に考えましょう。 和食の基本は一汁三菜ですが、まずはチャレンジしやすくイメージしやすい一汁二菜からスタートするのがおすすめです。 ごはんと一汁二菜がそろえば、それだけでも栄養バランスが整った健康的な献立になります。 副菜に使う食材の種類を増やし、副菜2品分の栄養を1品で取ることもできます。 慣れてきたら、余った食材で副菜をもう一品プラスして一汁三菜にするといいでしょう。 主菜を決めてから副菜を考える 主菜を先に決めると、副菜を考えやすくなります。 主菜と色が被らないように副菜の食材を意識すると、彩りのよい食事になります。 冷蔵庫の在庫をチェックしてムダの少ない買い物をする 買い出しに行く前に一週間の献立をイメージし、冷蔵庫の在庫をチェックして足りない食材だけを購入すると食材ロスがなくなります。 また、冷蔵庫の在庫から賞味期限が短い順に献立に取り入れるのも食材ロスを減らすポイントです。 賞味期限をチェックして、古いものから優先的に使いましょう。 一週間の献立シミュレーション【2人分】 一週間分のまとめ買いリストと献立表をご紹介します。 一週間の献立表 月曜日~日曜日までの主菜と副菜の献立表を紹介します。 主菜 副菜 汁物 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 なし 日曜日 一週間の献立のまとめ買いリスト 食材 食材 分量 さんま 2尾 白身魚 2切れ(160g) むきえび 50g シーフードミックス 100g 牛こま切れ肉 80g 鶏もも肉 2枚(500g) 豚バラ薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 200g 豚バラ肉 80g 豚ひき肉 100g ベーコン 1枚 卵 7個 キャベツ 400g たまねぎ 2個 にんじん 2. 5本 じゃがいも 3個 長ねぎ 1. その大きなメリットを3つ紹介します。 毎日の調理を時短できる 一週間分の献立で作り置きすると、時間がない平日も作り置きした料理をサッと取り出すだけで食事の準備ができます。 汁物など作り置きができない分だけ作ればいいので、調理時間短縮につながるでしょう。 また、食材の下ごしらえや下味調理をまとめて行うだけでも時短になります。 なるべくまとめて調理して、効率的に作り置きしましょう。 食材のまとめ買いで食費を節約 計画的な食材のまとめ買いで、無駄な出費も抑えられます。 時間と合わせてコストも削減できるように、あらかじめ購入する食材のリストを作ってまとめ買いしましょう。 食材をまとめ買いするには、複数の献立で同じ食材を活用するのがポイントです。 同じ食材を使うレシピを探して、味付けを変えるなど工夫しながら献立を考えると良いでしょう。 一週間単位で栄養のバランスを調整できる 一週間に必要な栄養素を計算しながら献立を考えれば、栄養バランスの整った食事ができます。 主菜と副菜を基本に、バランスの良い食事を組み立て、おいしく健康的な食生活を送れるように心がけましょう。 国が策定する「食生活指針」では、ごはんなどの穀物をしっかり取りながら、食塩や脂肪の過度な摂取を控え、野菜・果実、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせた食事を推奨しています。 一週間分の作り置きを効率的に行うコツ 効率的に作り置きするポイントは、調理する順番と冷蔵庫への収納です。 それぞれのコツを紹介します。 調理する順番は副菜から主菜へ 作り置きに慣れていない場合、調理する順番は、まず副菜を作ってから、次に主菜に取り掛かるのがおすすめです。 副菜は主菜に比べ、シンプルな作り方の場合が多く、複数の料理を同時に調理しやすい傾向があります。 先に副菜を仕上げておくことで、主菜を作るときに楽な気持ちで取り掛かりやすくなります。 調理器具を汚しにくいものから調理するのが効率化するポイント。 ゆでる・煮る場合は、レンジを活用すると簡単で、かつ並行調理もしやすいです。 炒める場合は、を使ってフライパンが汚れないようにするといいでしょう。 主菜 作り置きするメインのおかずは、下ごしらえをまとめて行うのが効率化のポイントです。 種類は違っても、肉を切る、下味をつける、など似た作業が多いため、まとめて行える場合があります。 この順番で作ると途中で片付けなどの手間が生まれず、サクサク作れます。 作り置き料理を冷蔵庫へ収納するときのポイント 「作り置きすると冷蔵庫の収納、整理が大変そう」と不安になりますが、収納のポイントを押さえればすっきり整理できます。 保存容器は同じサイズのものをそろえる 同じサイズの保存容器で統一すれば、冷蔵庫・冷凍庫の中で重ねたり並べたりしやすく、スペースを有効活用できます。 また、中身が確認しやすい透明な保存容器を選びましょう。 おかずの種類によってサイズやふたの色を決めて自分ルールを設定しておくと、パッと見てすぐ把握できます。 はサイズやふたの色にバリエーションがあるので、おかずの種類を分けるのに便利です。 定番の常備菜は置き場所を決めておく いつも用意している定番の常備菜は、決まった場所に置きましょう。 どれくらい残っているかすぐに確認でき、うっかり切らしてしまうといったミスを防げます。 置き場所が決まっていれば自分以外の家族が見たときもすぐに場所がわかり、冷蔵庫の中を探す手間も省けます。 冷凍庫への収納はフリーザーバッグが便利 冷凍庫は冷蔵庫より狭いので、保存容器を入れるとパンパンになってしまうかもしれません。 そんなときは、冷凍庫で立てて並べることができるを活用してください。 スペースを効率良く使えるのでたくさん作り置きしたときもキッチリ収納できます。

次の

【みんなが作ってる】 作り置き 1週間のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

作り置きレシピ 一週間

週末にまとめて!一人暮らしの作り置きおかずレシピ 食事のたびに料理するのは面倒くさいし、一人分だけ作るのも大変。 冷蔵庫の残り物でちゃっちゃと作れるような腕もない、そんな一人暮らしの食事の悩みは節約にもなる、週末に数種類、一週間分を作り置きして解決しましょう! 1-1. 作り置きの注意点 作り置きする前に、保存の仕方の注意点を確認しておきましょう! 一週間もたせるには、細かい点に気をつけなければいけません。 清潔なタッパーやジッパー付き袋を使用する。 余分な水気は腐りやすさの素。 容器や蓋の水気はしっかり拭きましょう。 湯気や温度差による水滴も同様に!• 冷ましてから冷蔵 冷凍 すること。 保存の目安は、冷蔵庫で料理により3日から1週間、冷凍で2週間から1カ月です。 変な匂いがしないか、変な酸味などが出ていないか食べる前に確認しましょう。 このようなポイントを踏まえて保存に長けているおすすめのレシピを6つ紹介します! 2. 一人暮らしの作り置き料理6選 2-1.. 不足しがちな野菜も手軽に!野菜の作り置きレシピ 野菜の常備菜は冷蔵庫にストックしておくと嬉しいですよね。 疲れて帰った日のご飯のおかずにも、ちょっと飲みたい時の晩酌のおつまみにも、給料日前のお弁当のおかずにもなります。 人参1本をスライサーで太めの千切りにスライスする。 なければ千切りにする。 フライパンに油を大さじ1入れ、軽く人参を炒めたら、ツナ缶1缶を入れて炒め、塩、ほんだしをひとつまみずつ入れて蓋をして弱火にして蒸し焼きにする。 5分くらい蒸し焼きにしたら、玉子一個を溶いて入れ、玉子が固まるまで箸でかき混ぜながら炒め合わせ、しょうゆ小さじ1で香り付けする。 小松菜などの青菜1束を洗って2センチぐらいに切り分ける。 さっとゆでるか、500wの電子レンジで2分チンして火を通す。

次の