サーフェス go キーボード。 サーフェスgo タッチキーボードの最初の表示

Surface Go 2の実機レビュー!本当に使い勝手はよいのか?細かい部分も徹底的にチェックしてみました

サーフェス go キーボード

surface go おすすめポイント ・軽さ その軽さにびっくり、なんと522g。 ・手頃なサイズ感 10インチで持ち運びに便利ですね。 ・オフィスソフト搭載 Microsoft Officeが標準搭載されているのは安心できます。 (Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote) ・マウスがおすすめ サーフェスモバイルマウスが使いやすい! 純正マウスとしては値段もリーズナブル・ワイヤレス接続で使いやすいです。 残念ポイント ・接続端子が一つだけ USB type-cのみ。 ・とにかくアクセサリが高い 純正のタイプカバー+キーボードが1. 2〜1. 6万円します。 サーフェスのペンも高い。 ・メイン機にするのは難しい、あくまでもサブ機に 128GBの容量メモリ8Gなら通常使用で問題ないですが、CPUがi3以下のというのはハードワークをこなすPCとしては致命的。 タブレット以上、パソコン以下のPC と考えておかないと購入してからのショックが大きいです。 本格的に使いたい方は surface laptopなども視野に入れてみてはいかがでしょうか。 surface laptop surface pro 動画での紹介 動画でもサーフェスゴーの紹介をしています。 サメシのPC・サーフェス活用法 ぼくは 「PCなどのガジェットを使いこなすことができれば時間を生み出せる」 そう思っているので、これまでいくつもガジェットを試してきました。 最近、編集をiMovieからFinal Cut Pro Xに変えました。 USBもついていて便利です。 SNSをiPadで見ることも増えました。 1万5千円で買えたことに幸せを感じます。 講師として仕事をしているので主に仕事用で使用しています。 surface goをおすすめしたい人 ・軽くてどこにでも持ち運べるWindowsPC ・2台目、3台目のPCを検討している ・普段Macを使っていてWindowsも使う必要がある ・タブレットとしても使いたい そんな人にはsurface goおすすめです。 ぼくもこのsurface goを買ってよかった1人です。 スペック面やわかったうえで購入すれば、その力を十分に発揮してくれるPCだと思います。 何より持ち運んでいて元気をくれるPCです。 surface goのレビュー記事、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

Surface Goタイプカバー(キーボード)レビュー

サーフェス go キーボード

岡光 淳 さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿ありがとうございます。 タッチ キーボードが自動で表示されなくなったのですね。 タイル表示の時は自動で出てくるとのことですが、デスクトップ画面の場合には出てこない、ということでしょうか。 まずは一般的なトラブルシューティングとして、以下のようなことを確認してみてはいかがでしょう。 ・「」下部の「注意」欄にある「タッチ キーボードのトラブルシューティング ツール」を実行してみる ・PC を最小構成の「」で起動した場合も同様か ・セーフ モードで問題なければ、常駐プログラムなどを読み込まずに起動する「」起動の場合はどうか 試された結果など、ご返信をおまちしています。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 こんにちは。 タッチ対応のWindows 8. 1をお使いですね。 「右下のキーボードのマークをタッチしないと、出なくなった」とのことですが、デスクトップのタスク バー右にある「タッチ キーボード」のマークですね。 Microsoft の標準的なWindows 8 やWindows 8. 1では、デスクトップアプリケーションを使う際にタッチキーボードが自動的に起動するということはありませんでした。 私もWindows 8 の際に下記のスレッドで似たようなことをお答えしています。 参考: また、近藤 茂 さんが紹介している「」でも「タッチ キーボードを使うには」に タッチ キーボードを使うには、画面のテキストを入力できる場所をタップすると、キーボードが表示されます。 デスクトップでは、タスク バーのタッチ キーボード アイコン をタップしてタッチ キーボードを開きます。 とあります。 ストアアプリでは自動的に表示されますが、デスクトップではタッチキーボードアイコンを押さないと表示されません。 もし、本当に以前は、デスクトップアプリケーションでも自動的に出ていたとなりますと、そのメーカー特有の機能だったのかと思います。 その場合は、メーカーのサポートで聞いてみるといいと思います。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。 Windows 8 での質問なのですが、過去にこんな質問があります。 「Word2013をタッチモードで操作中に、不意にタッチキーボードがにゅっと出てきて邪魔で仕方」という質問でした。 これも再現できるパソコンは少なく、メーカーによる仕様となりました。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。 Surface Pro2でいろいろ確認してみています。 Office はあいにくと2010ではないのですが、Word 2013でこんな風にすると、自動的にタッチキーボードが立ち上がるのを確認できました。 キーボードを外す• デスクトップ版のInternet Explorer で や のページでもタッチキーボードは起動しませんでした。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。 あれから、いろいろ確認してみています。 私は、タッチ対応機として、Surface2 と Surface Pro2、そして、HP ENVY で確認してみています。 あいにくと Office 2013しか持っていないので、Office 2010は確認できません。 あれから、自動的にタッチキーボードが起動してくるデスクトップアプリケーションは下記の通りでした。 Word 2013(マウスモード)• PowerPoint 2013(マウスモード)• Outlook 2013(マウスモード)• Google Chrome(画面をタップすると起動するが、入力できるのはアドレスバー内のみ) 「Microsoft の正しい仕様」というのは、どうなっているのかわかりませんでした。 以前は、Excel 2010やInternet Explorer でも、タッチキーボードが自動的に立ち上がっていたとなりますと、お使いのメーカーさんのタッチ画面のドライバーの仕様なのではないかと思われます。 メーカーさんに質問してみるのが、一番確実かと思います。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。 Microsoft 内で情報を見つけられないので、Windows 8. 1のタッチ操作に詳しい開発系の人に聞いてみました。 そうしたところ「Windows 8. 1のデスクトップ内では、タッチキーボードが自動的に起動しないのが仕様」とのことでした。 そして、メーカーサイドでも、Windows 8. 1のデスクトップ内で自動的にタッチキーボードが起動するような機能を付けることはできない、ということでした。 ただし、お気づきのように一部のデスクトップアプリケーションでは、タッチキーボードが自動的に起動するものもあります。 これは、OSの仕様ではなく、そのアプリケーションの機能とのことでした。 以前のWord2010やExcel2010で、自動的にタッチキーボードが出てきていたのに、最近はでなくなったということは、何らかのOffice系の更新プログラムによって、仕様が変更されたものだと思われます。 一番引っかかっているのは、デスクトップ版 Internet Explorer の検索画面で、タッチキーボードが出てきたということです。 これも、デスクトップ版 Internet Explorerでは、タッチキーボードが自動的に出てこないのが仕様です。 しかし、そのWebページの作りによっては、タッチキーボードが自動的に出るような仕組みを組み込んでいるのかもしれないとのことでした。 ---以下署名--- 質問者は、問題が解決できたコメントの「この回答で問題は解決しましたか? 」で「はい」を押してください。 なお、解決していない場合は、「この回答で問題は解決しましたか? 」を押さず、返信でコメントをお寄せください。 間違ってつけた「回答」マークには、「返信」ボタンの右にある「回答としてマークしない」を押して解除してください。

次の

Surfaceで「_」アンダーバーや「@」アットマークなどの記号が入力できない。英語キー→日本語キーへ変更|パソコンヤシステム

サーフェス go キーボード

個人モデル。 構成や価格は変更される場合があります とにかく小さい! 実物を目の前にするとわかるのですが、Surface Goは本当にコンパクトです。 大きさとしてはB5サイズ相当。 一般的なノートを少し小さくしたくらいの大きさと言えば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。 電源アダプターは実測で136g 高品質すぎるデザイン 個人的な話で恐縮ですが、筆者はSurfaceシリーズのデザインが大好きです。 エッジのたった角の部分や、破綻なく湾曲している自然な曲線、マグネシウムボディの高い質感など、どこを見てもほれぼれするほどの完成度です。 Surface Goでも、その高品質なデザインが踏襲されています。 造形と質感に関しては、ほぼSurface Proと同じ。 ただフォルムが全体的にやや丸みを帯びており、シャープというよりもカワイイ感じになりました。 キーストロークは1mm強と浅め。 ちなみにSurface Pro用のタイプカバーのキーストロークは標準的な1. 5mmです ただしタイプ感は悪くありません。 ストロークは浅いのですがキーを押した瞬間にやや固めのクリック感があり、手応えはしっかり感じられます。 クリック感はSurface Pro用のタイプカバーよりも固め。 若干プチプチとした感触があり、MacBookのキーボードのストロークを少し深くしたような印象です。 タイプカバーはキーボードの上部を本体側にくっつけることによって、キーボード全体を傾斜させることができます。 キーボードが斜めになっているほうが手首を自然な角度にキープできるのですが、この状態だとタイプ音とたわみが大きくなってしまいます。 付属の電源アダプター コンパクトで高品質、さらに使いやすい! ということで、今回はSurface Goのファーストインプレッションをフォトレビューという形でお送りしました。 今後ペン入力やそのほかのアクセサリーを試したり、各種アプリを使って実際に作業を行なうなど、より詳細な検証を行なう予定です。 検証結果は別の記事で公開するので、いましばらくお待ちください。 更新情報は当サイトのでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。 ひととおり触ってみて感じたのは、小さくても意外に使いやすいという点です。 画面はやや小さいものの映像はキレイでハッキリと見えますし、キーボードのサイズや打鍵感、配列も実用的に使えるレベル。 自宅や外出先で手軽に使うには、ちょうどいい仕上がりだと思います。 記事カテゴリー• 279• 133• 615• 364• 144• 120•

次の