ペット 一緒に泊まれるホテル。 ペットと泊まれるホテル・宿・温泉旅館│近畿日本ツーリスト

猫と泊まれるホテル地域別のおすすめ14選!

ペット 一緒に泊まれるホテル

いつもそばにいて心を癒してくれるペットは、大切な家族の一員。 旅先で一緒に過ごしたいと思っても、連れて行くことができず諦めてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。 今回は、ペットと一緒に泊まれる全国の宿を、厳選してご紹介します。 15,000坪もの広大な庭園の奥には、小型犬専用を含む2つのドッグランと本格的なアジリティーも。 緑豊かな環境の中で、愛犬とのコミュニケーションを楽しみましょう。 「ドッグフレンドリールーム」の宿泊者専用の駐車場に車を止めたら、そのままお部屋でのチェックインが可能。 専用エントランスには愛犬用の足洗い場があるので、外で遊び回った後でも安心です。 愛犬の足に配慮し、客室の床材には滑りにくい特殊タイル素材を使用しています。 愛犬に嬉しいサービスが豊富な隠れ家ホテル ペットと泊まる宿 玉響の風(静岡県/伊豆高原) 伊豆高原の小高い丘に建つ「ペットと泊まる宿 玉響の風」は、全8室に温泉露天風呂を備えた離れのホテルです。 フロント棟から森の小道を通って各棟へ。 隠れ家のようなお部屋に到着すると、客室デッキからは大パノラマで相模湾が望めます。 愛犬とバルコニーに出て、青海原からの海風を感じたら、爽快な気持ちになることでしょう。 すべてのお部屋が70平米を超える広々とした造りで、温泉露天風呂と内風呂が付いています。 お食事は個室ダイニングまたはお部屋にて、地場の食材を見た目も鮮やかにアレンジしたフレンチ会席を。 愛犬用のメニューはセットだけでなく、お好みに応じて単品でのオーダーも可能です。 充実のサービスで「愛犬と一緒に」が叶う犬連れ宿 レジーナリゾート軽井沢御影用水(長野県/軽井沢) ペット同伴可能なレストランやカフェが多いことで、愛犬家から注目を集めている軽井沢西部の御影用水エリア。 その散策路沿いに佇むのが、「レジーナリゾート軽井沢御影用水」です。 客室からは御影用水のゆったりと流れる水面と深い森が望め、まるでヨーロッパの運河にいるような優雅な気分に。 お誕生日には、無添加手作りバースデーケーキのプレゼントに加え、記念写真の撮影で特別な一日を演出。 アニバーサリー旅行として、ぜひ足を運んでみてはいかが。 バトラーサービスで愛犬も喜ぶ贅沢な滞在を ペットと泊まる宿 Class The Wolf(山梨県/富士五湖 山中湖) 山中湖に位置する「ペットと泊まる宿 Class The Wolf」は、全2室のみのスーパースイート。 ヴィラタイプの客室には玄関ポーチとプライベートドッグラン付き、寝室が独立した2LDのお部屋です。 この宿の最大の特徴は、何といってもバトラーサービス。 きめ細やかなサービスで至れり尽くせりな滞在が叶います。 ダイニングでは、愛犬用のフルコースディナーをご用意。 もちろん私たちにも素敵なディナータイムが待っています。 専属シェフによって目の前で調理されるブランド牛は、芳醇な香りを漂わせ、五感で愉しめる至福の時間を演出してくれます。 愛犬を大切にしてくれる贅沢空間で、非日常体験をしてみませんか。 愛犬が自由に室内を動ける開放的な空間 ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ(神奈川県/箱根) 東京から電車で2時間ほどの距離にある「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」。 名門ホテルならではのラグジュアリーな空間で、リゾートステイが体験できます。 愛犬と一緒に過ごせる「ドッグフレンドリールーム」は全6室。 専用の洗い場とケージを備え、愛犬が自由に室内を動けるように床は石張り、ソファには水洗いできる素材が使用されています。 愛犬用のアメニティも豊富。 トイレシーツ、シャンプーのほかに犬用おやつや防ダニ・防ノミスプレーまで。 9時から19時までドッグルームサービスもあり、ここだけでしか味わえないお食事がいただけます。 明るく開放的な空間で、愛犬とゆっくり時を過ごしませんか。 2つのプールでリゾート気分を満喫 カフー リゾート フチャク コンド・ホテル(沖縄県/恩納) ホテルとコンドミニアムの魅力が融合した「カフー リゾート フチャク コンド・ホテル」。 屋外プールが2箇所あり、ジャグジーを併設するプールも最上階にあるインフィニティプールも、眼下には海が広がりリゾート気分を盛り上げてくれます。 愛犬と一緒に宿泊できる「ドッグフレンドリールーム」には、ペット用ドライヤーやケージなども完備。 最小限の荷物で旅行を楽しめるのも嬉しいポイントです。 お部屋やバルコニーでのびのびと、愛犬とのくつろぎの時間を過ごしてみませんか。 お部屋のドッグガーデンで澄んだ空気の中愛犬と戯れる 定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌(北海道/定山渓) 札幌市内から車で40分ほどの距離にある「定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌」。 大木をイメージしたオブジェに草や大地を表した緑のカーペットなど、明るく開放的な空間が魅力です。 「DXツイン」には、愛犬同伴可能なお部屋も完備。 床のフローリングには、滑りにくい特殊なワックス加工が施され、愛犬用のアメニティも複数用意されています。 温泉の泉質は、ナトリウム塩化物泉。 大浴場は、森のオアシスをイメージした設え。 鳥たちの鳴き声や木々のざわめきに包まれ、森林浴も一緒に愉しめます。 お部屋に備わるドッグガーデンで、愛犬とめいっぱい遊んだ後の湯浴みは格別でしょう。 大切なペットと過ごすひとときは、家族にとってかけがえのない時間です。 日常から離れ、充実した施設とサービスが揃った宿で、愛犬と快適な旅を楽しみましょう。 詳細は、各施設にお問い合わせの上でご利用ください。 各航空会社の注意事項を確認し、検討された上でご利用ください。

次の

ペット(犬・猫)と一緒に泊まれるホテル・温泉旅館を探す!│旅行の格安ガイド

ペット 一緒に泊まれるホテル

ペットのノミ・ダニ対策と予防接種を忘れずに! ペットを守るためにも予防接種は忘れずに。 また宿から予防接種証明書の提示を求められる場合もあります。 人間用のベッドやソファには乗せないで! 宿は他の人も泊まる施設です。 シートやマットなどでペットの居場所を確保しましょう。 お部屋のバスルームも立ち入り禁止! 人が使うバスルームは、ペット好きでも知らないペットが使用していたら決して気持ちのいいものではありません。 お部屋を出るときは必ずリードを付けて! 共有施設を利用する際は必ずリードをつけてください。 他のペットを見て興奮しトラブルを起こす事もあります。 (ケージ等の体が自由に動かせないところが車酔い防止にも最適で、ペットも落ち着けます。 ペットが客室に泊まれるプランは掲載施設の一部のお部屋のみのご利用となります。 全てのお部屋では対応はできませんので ご了承ください。

次の

ペットと泊まれる宿|犬・猫などペット可の宿泊・旅行予約は【JTB】

ペット 一緒に泊まれるホテル

ワクチンとは?なんで打つの? 「ワクチン接種」とは言っていますが、ワクチンとは一体なんなのでしょう。 体の中に病気の抗体をつくるには、まずその病気の原因となるものを身体に入れる必要があります。 一度、病気の原因となるものを身体に取り込むことで抗体免役が作られます。 ワクチンとはこの病気の原因となるものを、発病しないくらいに弱くし接種すること。 そして体の中で抗体を作らせます。 これが、ワクチン接種の仕組みです。 ワクチン接種を行なう前に… ワクチンを打つ際は必ず、体調の良い日を選びましょう。 ただでさえ、異物を身体に入れるのですから犬にも負担はかかります。 犬に体調不良の徴候が見られた際には、別の日に受けるようにしましょう。 例えば、いつもと比べて元気がない、お散歩のときの様子が違った、少し熱い気がするなど、気になることがあればとにかく動物病院に相談すること! 「多分大丈夫だろう」では守れる命も守れません。 また、シニア犬に関しては必ずかかりつけの獣医師に相談しましょう。 ワクチン接種の副作用 身体に異物を入れるわけですから、もちろん副作用が出る場合もあります。 接種後は、いつも以上に愛犬の体調変化に気をつけてあげましょう。 副作用は、早い場合は接種から一時間後に出る場合や、半日以上後に出るものもありますので、少なくとも1日、2日は犬の様子を見ながら静かに過ごさせるようにしましょう。 接種した日から、数日は犬にとってストレスになる事は禁止です。 シャンプーやトリミング、長時間の移動、慣れていない場所に出かける、興奮しやすい場所、例えばドッグランなどに出かけるなども厳禁です。 短時間のお散歩は大丈夫ですが、興奮しやすい子は注射を受けた日は控えると良いでしょう。 翌日以降は愛犬の体調を見て判断して下さい。 一言で副作用と言っても目に見えないものもあります。 少しでも様子が違う場合はご自分で判断せずかかりつけの動物病院へ連絡しましょう。 そして、「いつもと違う」に気付くためにはまずなにより、愛犬の健康な状態を把握しておく必要があります。 旅先でのアロマやマッサージ 愛犬との旅行はとても楽しいことですが、慣れない旅行先のお部屋では、愛犬の緊張がなかなかほぐれずに落ちつかない場合もあります。 早めにお宿について夜までにお部屋で落ち着く場所を探させてあげるのはもちろんですが、マッサージやアロマを取り入れて早めにリラックスさせてあげましょう! 旅先でマッサージやアロマを取り入れる前に マッサージやアロマを行った時の反応はその子によってさまざまです。 日頃からマッサージ等を愛犬とのスキンシップに取り入れ、慣れさせておくことが大切。 また、日頃からマッサージやアロマを行うときによく使うタオルやブランケットを用意しておきましょう。 使い慣れたものを旅先に持っていく事で愛犬もリラックスできることでしょう。 マッサージやアロマの利点 マッサージにより筋肉のコリやハリがとれるのと同時に、飼い主さんとの信頼関係も深まります。 また、血行が良くなり体の動きを滑らかにするので、毛並み・毛艶が良くなり、ケガの予防にもつながります。 アロマは人間の1億倍ともいわれる犬の嗅覚に植物の持つ自然の癒しの力で働きかけ、ストレス緩和、免疫力アップなどの効果をもたらします。 マッサージやアロマを行う前に気をつけること 持病がある場合、妊娠中・発情中は獣医師に相談してください。 出血、発熱がある場合や食事の前後、愛犬が嫌がったり飼い主さんが心身ともに疲れているときに行うのは避けましょう。 犬の嗅覚はきわめて強力で鋭いため、精油の希釈が絶対に必要ですのでご注意ください。 体質によって精油の成分が合わない場合もありますので、10倍以上に希釈して手のひらにのばし犬に嗅がせ、香りを嫌がらないか様子をみてください。 嫌がったり異常があった場合はすぐに中止してください。 旅先でおすすめのマッサージ マッサージには、「なでる」「もむ」「指先で円を描く」「皮膚を引っ張る」などのテクニックがあります。 旅先ではリラックス効果が高いとされている「なでる」マッサージがおすすめです。 【愛犬とリラックスする「なでる」マッサージのやり方】 なでる まず最初に深呼吸をして飼い主さん自身がリラックスしましょう。 マッサージをしているときは出来るかぎりゆったりとした呼吸を心がけます。 始める前に落ち着いた声で「マッサージをはじめるね。 」と声をかけましょう。 家でマッサージするときは「マッサージをしてもいい?」とマッサージを今してもよいかどうかを愛犬に聞くという意味合いもあります。 愛犬の頭に優しく手のひらをのせ、愛犬の体温を感じながら出来るかぎり一定のリズムで、頭、首、背中とやさしく手を動かします。 【愛犬を落ち着かせる首・肩を「もむ」マッサージのやり方】 もむ 1. 「なでる」マッサージで気持ち良さそうにしている事を確認します。 首の付け根から肩まで両手を使って、やや筋肉を圧搾するくらいの力加減で2秒に1回の静かなゆっくりとしたリズムで行います。 【マッサージのグッドサイン】 マッサージのグッドサイン マッサージをされて気持ちがいいと、つぎのような反応がみられます。 口をくちゃくちゃする あくびをする ため息をつく 目がトローンと細くなりり、しばしばさせる 力が抜ける 眠ってしまう 【マッサージのバッドサイン】 マッサージを受ける気分ではなかったり、力が強すぎるときにはつぎのような反応がみられます。 柑橘系の精油は皮膚に塗ったあとに紫外線を浴びると皮膚の炎症を起こしたり、シミになる可能性があります(光毒性)。 また、持病により使用できないアロマもあります。 ブラシの通りを良くするだけでなく、毛並みをよりサラサラに整え、肌も健康に保つ事ができます。 ブロー以外でも日常のブラッシングの際にも使える便利なスプレーです。 愛犬の心身をまるごとケア アロママッサージイメージ 人と同じように、動物たちもストレスや環境の変化により心身の不調に陥ります。 マッサージやアロマセラピーは動物が何を必要としているか見極め、彼らの心と身体を知るための癒しのコミュニケーションツール。 目的・お悩み・好みに応じて香り(精油)を使い分け、マッサージで触れ合うことで、愛犬の健康管理・免疫力UPに役立てられます。 獣医さん頼りではなく自身で愛犬の心身を日頃からケアしてあげましょう。

次の