アイセイ クリニック。 アイセイ薬局の薬剤師の年収は?不正請求の事実あり?評判は?ボーナスは?

アイセイ薬局の薬剤師の年収は?不正請求の事実あり?評判は?ボーナスは?

アイセイ クリニック

Contents• アイセイ薬局の転職入社時のモデル年収 【年収】380万円~500万円程度 【昇給】年1回 【賞与】年2回(7月、12月) 【ボーナス】60万円~80万円程度 アイセイ薬局の転職入社時の年収の目安は380万円~500万円程度となります。 アイセイ薬局の薬剤師の転職入社時のボーナス アイセイ薬局の転職入社時のボーナスの目安は60万円~80万円程度となります。 また薬剤師全体で平均するとボーナス額は80万円程度となります。 (2015年度IR情報より、以降は非公表) 薬剤師の平均年収は20代で413万円、30代で557万円、40代で624万円、となっています。 (平成29年賃金構造基本統計調査) アイセイ薬局の平均年齢が35歳となりますので、 薬剤師の平均年収と比較すると、アイセイ薬局の薬剤師の年収は若干安めと言えるかと思います。 平均勤続年数:アイセイ薬局の薬剤師の評判や口コミ アイセイ薬局の社員の平均勤続年数は4. 1年、となっています。 (2015年度IR情報より、以降は非公表) また薬剤師の平均勤続年数は20代後半の男性で約2. 8年、30代後半の男性は約6. 8年という結果となっています。 (平成24年賃金構造基本統計調査) アイセイ薬局の薬剤師の新卒初任給 アイセイ薬局の薬剤師の新卒初任給は250,000円~450,000円となります。 初任給に関しては下記の通り、勤務範囲によって待遇が大きく異なります。 全国勤務社員 全国の店舗への異動あり 初任給:300,000円~450,000円 エリア勤務社員 希望する地域にある店舗への配属となり、その地域内で異動がある 初任給:280,000円~430,000円 地域勤務社員 自宅から通勤可能な店舗での勤務 初任給:250,000円 アルバイトの時給:アイセイ薬局の薬剤師の評判や口コミ アイセイ薬局の薬剤師のパート・アルバイトの時給の目安は1800円~2200円程になります。 これは調剤薬局の薬剤師のパート・アルバイトの時給としては平均的な部類になります。 アイセイ薬局の企業情報 【設立】1,984年 【社員数】3,348名 【薬局数】368店舗 【売上】642億 (グループ全体の2019年度実績) アイセイ薬局は社員数3,000名以上をほこる大手調剤薬局チェーンです。 本社は東京都になり、関東を中心として300店舗以上の調剤薬局を展開しています。 売上高でみると、ここ数年では調剤薬局チェーンの中で、8~10位ほどにランキングされる企業です。 関東で自宅近くの調剤薬局の勤務を希望している方にとっては相性の良い調剤薬局でしょう また関東だけではなく全国的に店舗拡大を行っており、他の地域の店舗も年々増加しています。 (全体の30%ほど) その為、処方科目はある程度絞られる事になりますので、 様々な処方科目を経験したい薬剤師にとっては相性が悪い薬局となります。 逆に専門性を高め、医師との連携が密な薬局で働きたい方にとっては適した薬局と言えると思います。 勤務時間:アイセイ薬局の薬剤師の評判や口コミ アイセイ薬局では対応する病院の診察日時により、営業時間はまちまちです。 よって勤務時間や休暇日は各店舗によってかなり差があるようです。 勤務形態は週40時間勤務の変形労働シフト制となり、基本的に週休2日となります。 勤務時間の一例 月~金:09時00分~18時00分 月~金:09時00分~19時00分、土:09時00分~16時00分 月火木金:09時00分~19時00分、土日:09時00分~13時00分 アイセイ薬局の薬剤師の求人情報 では実際の求人情報を見てみましょう。 こちらはリクナビ薬剤師に掲載されていたアイセイ薬局の薬剤師の求人情報です。 東京、世田谷区の千歳烏山のアイセイ薬局の求人情報です。 駅から徒歩3分と通勤に便利な薬局になります。 開局時間は9時~19時、日曜日は定休日ですがアイセイ薬局は基本的に週休2日ですので、もう1日、平日も休みとなるのではないでしょうか 年収は400~650万円とかなり幅がありますが、実際は400~500万円程度が妥当な金額ではないでしょうか。 各店舗の年収の詳細、処方箋科目の詳細に関しては、リクナビ薬剤師に登録してキャリアコンサルタントに確認を行いましょう。 アイセイ薬局のマイナビ薬剤師の求人情報 こちらはマイナビ薬剤師に掲載されていた、大阪市の都島区のアイセイ薬局の薬剤師の求人情報です。 月収は25万円以上、年収は400万円~650万円とかなり幅がありますが、実際は400~500万円程度が妥当な金額ではないでしょうか。 各店舗の年収の詳細、処方箋科目の詳細に関しては、マイナビ薬剤師に登録してキャリアコンサルタントに確認を行いましょう。 アイセイ薬局の薬剤師はブラック? アイセイ薬局の制度自体がブラックという事はないと思いますが、実情として社員の方から勤務に関しての不満の声や評判はあります。 またアイセイ薬局は過去に不正を行った事実があり、その事がブラックであるという話につながっているという事だと思われます。 残業・有給消化:アイセイ薬局の薬剤師はブラック? 残業に関しては全体的な傾向があるというよりも、配属される店舗によってまちまちなようです。 全く残業の無い店舗もあるようですが、繁忙店、または人員が少ない店舗では残業があり、店舗によってかなり差があるようです。 また有給取得のしやすさに関しても同様で、店舗及び薬局長の方針によってかなり差があるようです。 このあたりの条件に関しては転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントに各店舗の詳細情報を確認してもらう方が良いでしょう。 企業の採用担当者には直接言いづらい事もありますが、転職サイトを利用すれば条件交渉を代行してくれますので、気兼ねなく自分の希望を伝える事ができます。 転勤:アイセイ薬局の薬剤師はブラック? 転勤自体はありますが、自宅通勤の方は自宅勤務範囲外の強制的な転勤は無いようです。 処方箋付け替え不正:アイセイ薬局の薬剤師はブラック? 2017年8月、アイセイ薬局が処方箋付け替え不正を行っていた事がアイセイ薬局の自社調査の発表で明らかになりました。 処方箋付け替え不正は、虚偽の申告を行う事で調剤基本料を操作し、収益を確保する違法行為です。 アイセイ薬局は上記の発表で行政機関への報告を行った事、再発防止策を徹底する事を併せて発表しています。 不正会計処理:アイセイ薬局の薬剤師はブラック? 2014年、当時の社長で創業者の岡村幸彦氏が不適切な会計処理を行っていた事が発覚、2015年2月に岡村幸彦氏が責任を取り辞任をしました。 これは自身の利益の為に、不動産売買、土地賃貸、工事請負などに関して不正な会計処理を行ったものです。 アイセイ薬局 上場廃止の理由 アイセイ薬局は2016年3月に上場廃止をしました。 上場廃止の理由には主に2点の事が関連していると思われます。 上記の通りアイセイ薬局の創業者の岡村幸彦氏が不正会計の責任を取って2015年2月に辞任しました。 辞任し経営から退いたものの、岡村幸彦氏はアイセイ薬局の筆頭株主であり、 経営陣は筆頭株主の影響力を排除したい意向があったものと思われます。 その為、TOB(株式公開買付け)を実施し岡村氏もこれに同意した為、岡村氏が所有していた株をアイセイ薬局が取得する事となりました。 もう1点に関しては、今後の経営に関する意向です。 今後は少子高齢化の煽りを受け、医療費を削減するような法律が適宜改定される事も見込まれます。 調剤薬局もスピーディな経営判断が求められますので、株主の意見に左右されず経営判断を行っていきたいという経営者の意向がみてとれます。 アイセイ薬局の薬剤師 独立支援制度 独立支援制度:アイセイ薬局の薬剤師の評判や口コミ アイセイ薬局は独立支援の制度を設けています。 大手の調剤薬局で独立支援制度を設けている会社は非常に稀です。 具体的には5年以上勤務をすると独立する事が可能になり、条件が合致すれば既存店舗を譲り受け、アイセイ薬局の支援を受けながら独立する事になります。 安定した基盤の元で独立をしたい方にとってアイセイ薬局は相性の良い薬局になります。 キャリアパス:アイセイ薬局の薬剤師の評判や口コミ 入社3,4年程度で薬局長になり、その後は地域を統括するエリアマネージャーになる、というようなキャリアが具体的なキャリアパスになるようです。 また薬局長になると600万円以上の年収が期待できます。 アイセイ薬局は医療モール開発事業、医院の開業支援、薬剤師の転職支援など、様々な事業を展開しています。 希望する事で調剤業務以外の業務にチャレンジする事が可能です。 アイセイ薬局の薬剤師、子育てサポート制度 アイセイ薬局では下記のような子育てサポート制度が利用可能です。 ・産前産後休業(産前6週間・産後8週間) ・育児休業(3歳まで) ・時短勤務制度(小学校入学まで) また時短勤務制度に関しては、マツモトキヨシやスギ薬局が中学校入学までと、ドラッグストア業界の方が手厚い傾向があります。 研修制度:アイセイ薬局の薬剤師の評判や口コミ アイセイ薬局では在宅医療研修、漢方薬研修、eラーニング研修など様々な研修を利用してスキルアップする事が可能です。 まとめ ・関東を中心に全国に300店舗以上展開 ・マンツーマン薬局、医療モール出店が特徴 ・転職入社時のモデル年収は380万円~500万円程度 ・平均勤続年数4. 1年、平均年齢35歳、平均年収528万 ・残業は配属される店舗によってまちまち ・独立支援制度を設けている ・付け替え不正、不正会計の過去がある 転職サイト選びのコツ 薬剤師の転職を成功させるコツ、それは 転職サイト選びです。 転職サイトにはそれぞれ特徴があります。 調剤薬局に転職をしたいのなら 調剤薬局に強い転職サイトを、ドラッグストアに転職をしたいのならに、病院に転職をしたいのならに登録をする必要があります。 在職中の転職であれば転職サイト3つほど、離職中の転職であれば5つ以上の転職サイトに登録して、効率的に転職活動を成功させましょう! 調剤薬局への転職に強い 転職サイト ファルマスタッフ 調剤薬局案件 40,000件以上 ・大手調剤チェーン 日本調剤グループが運営 ・拠点数国内最大、全国10支店以上 ・薬剤師転職支援20年以上の実績 ・厚生労働省認定、職業紹介優良事業者 リクナビ薬剤師 調剤薬局案件 30,000件以上 ・スケールメリットを活かした30,000件以上の調剤薬局案件を取扱い ・薬剤師専門のキャリアアドバイザーが万全サポート ・最短3日で転職可能 マイナビ薬剤師 調剤薬局案件 26,000件以上 ・ネットワークを活かした26,000件以上の調剤薬局案件を取扱い ・利用者満足度 5年連続ナンバーワン ・平均ご紹介求人数約20件 転職の際の注意点 キャリアコンサルタントの善し悪しは転職の質に大きく影響します。 上記のような大手のサイトであれば、キャリアコンサルタントの質はある程度は保証されています。 しかしながら、キャリアコンサルタントの質に差があるのは事実ですし、またその人その人でキャリアコンサルタントとの相性もあります。 質の高いキャリアコンサルタントは、 レスポンスが早い。 意図を理解し意図に合った転職先を紹介してくれる。 メリットもデメリットも開示してくれる。 といった特徴があります。 逆に意図しない転職先をゴリ押ししてくるようなキャリアコンサルタントは要注意です。 その際ですが転職サイトに掛け合い、キャリアコンサルタントを別の担当に変えてもらいましょう。 気が引けるようであれば別の薬剤師転職サイトを利用しましょう。 そのような意味でも 薬剤師転職サイトを複数登録する事には意味があります。 複数登録する事で質の比較ができますし、3つの転職サイトに登録し、質が良さそうな2サイトをメインとして利用し、もうひとつは予備として利用するというような使い分けが可能です。 この記事を見た人はこちらの記事も読んでいます ・ ・ ・ ・ ・ ・ オススメ記事 ・ ・ ・ ・ ・ カテゴリ ・ ・ ・ ・.

次の

【駅近】アイセイ薬局 船橋本町店

アイセイ クリニック

第2回のテーマは、薬局店舗の空間づくり。 「患者さんの体感する待ち時間を減らしたい」、「地域の人の憩いの場をつくりたい」という思いから、アイセイ薬局下総中山クリニックファームにはライブラリースペース(通称「健康図書館」)がつくられています。 代官山 蔦屋書店とコラボレーションし、蔵書は400冊以上。 子ども向けのフリースペースも設け、幅広い年齢の人が心地よく過ごせる工夫がされています。 関東最大級の医療モール内に、ユニバーサルデザインの空間をつくった理由と効果について、同薬局の管理薬剤師、伊藤誠一さんとコーポレート・コミュニケーション部の部長、飯村誠一郎さんに聞きました。 取材・文/竹中孝行(薬局支援協会理事) 編集・構成/メディカルサポネット編集部 撮影/さいじまゆうき 竹中:エレベーターからフロアに出た瞬間に、「きれい!」「おしゃれ!」と驚きました。 この幅広い年代の方に居心地の良さを感じてもらえるようなユニバーサルデザインのアイデアは、どこから生まれたのでしょうか? 蔵書約400冊のライブラリースペースは代官山 蔦屋書店がプロデュース 飯村誠一郎さん(以下、飯村):ここは開設から14年経った2015年、居心地がいい空間を目指してリニューアルオープンしました。 改装前も利便性の高い医療モールとして地域の人々に親しまれていましたが、さらに進化させるためにどうしたらいいか考えた結果、 ユニバーサルデザインの店舗設計という結論に至りました。 薬局は単に便利な立地にあるだけでなく、 選んでもらえる場所にならないといけないと思っています。 親しみやすい空間デザインに居心地のよさを感じてもらう、そういう 感覚的な部分も大切にしています。 アイセイ薬局はデザインに非常にこだわりがあります。 店舗内で目にするさまざまなデザインから、「アイセイ薬局ってなんだかいいよね」と思ってもらいたいですね。 グリーンを配したり木製の机やいすを並べたり、自然を感じさせる要素を取り入れたことで、年配の方から、身体の不自由な方やお子さんまで幅広い方から好評を得ています。 「ここに来ると気持ちがいいな」と思ってもらえていたらうれしいですね。 「選ばれる薬局になるには心地よい空間づくりが大切」と話す飯村誠一郎部長 案内板はクリニックエリアを5色で表し、天井の色付き導線をたどると目的エリアに着ける 竹中:この医療モールには、デイサービスや居宅支援事業所など、介護関連の施設もあるんですね。 一般的な医療モールとは違う点だと思います。 飯村:そうですね。 実は、この下総中山クリニックファームは、アイセイ薬局が関わっている医療モールの中でも先進的なタイプです。 改装した2015年当時、薬局が介護系の事業所と連携できたのも地域に貢献できる意欲的な取り組みだったと思います。 最近、弊社は 「地域のコミュニティーをつくる」ということを非常に意識しています。 コミュニティーを活発にするため、地域の人向けにさまざまなイベントも行なっています。 例えば、薬局の仕事を子どもたちに体験してもらう「こども薬局」というプログラムは、この薬局の設備を実際に使ってしばしば開催しています。 地域の人が集まるためのイベントを開くことも含めて、空間づくりだと考えています。 「こども薬局」の様子。 大勢の子どもたちが参加している(アイセイ薬局提供) 竹中:このライブラリースペースはカフェのようにおしゃれですが、実際の反響はいかがですか? 子どもが遊べる専用スペースも 伊藤誠一さん(以下、伊藤):季節や診療科によっては、待ち時間がものすごく長くなってしまうことがあります。 そういうときに、ここで本を読んで待ち時間を過ごされている方はとても多いですね。 混雑時でも広いスペースで過ごせるので、お子さんを連れている方や年配の方から特に 「落ち着いて待てるのがいい」と好評です。 本は健康関連のものから趣味嗜好に関するものまでいろんなものをそろえているので、診察がなくても、買い物ついでにふらっと立ち寄られる人も結構いますよ。 「薬のことを幅広く学べるのが医療モール内薬局の特長です」と話す薬剤師の伊藤さん 竹中:確かに、近くにこんな場所があったら通いたいです。 お子さんが遊べるスペース(通称「こどもガレリア」)もあって、長居したくなる子どももいそうですね(笑) 伊藤:「もっと遊びたい!」と泣いてしまうお子さんもいらっしゃいますね(笑)。 お薬を受け取った後にまた戻って遊んでいるお子さんもいます。 遊びに夢中でなかなかお薬を取りに来られない場合には、部屋内の放送で番号の呼び出しを行なったり、直接声をかけに行ったりすることもあります。 部屋の中では、お子さんが声を上げたり走り回ったりしても大丈夫なので、親御さんは安心ですよね。 小児科を受診されるほとんどの方がこちらのスペースを利用されています。 子ども向けの絵本やアニメーションなどが充実している「こどもガレリア」 竹中:さまざまな科の処方箋を扱い、多様な薬に触れられるのは薬剤師としてやりがいがありそうですね。 病院の薬剤部のようなイメージに近いのですが、先生からの問い合わせも多いのではないでしょうか? 伊藤:問い合わせは多いですね。 薬の服用の回数や年齢の制限といったことから、個別の薬剤の特性のことまでいろいろあります。 製薬メーカーに問い合わせても分からないようなものは、ある程度こちらで調べ、判断をしてから医師に伝える場合もあります。 診療科が多いと重複処方もありうるので、あらかじめコンピュータに登録しておき、注意しています。 医師とは、電話だけだとなかなか詳しい話が聞けないので定期的に面会しています。 そこで、薬の処方意図や最近の治療トレンドなど先生の考えを聞き、そこで得られた情報をスタッフ間で共有しています。 そうすると、疑義照会の問い合わせ件数は減ってくるので、薬局にとっても医療機関にとってもいいですよね。 病院薬剤師から転職した社員がいるんですが、「さまざまな科の薬を扱えることが魅力的。 とても勉強になる」と話しています。 大学病院など医療モール以外の医療機関からの処方もあるので、薬について学ぶ機会は多いですね。 広く学びたいという薬剤師にとっていい職場だと思います。 医療モール内の薬局のため取り扱う薬の数は多い 竹中:調剤についてお聞きしたいんですが、機械の導入など調剤を効率化させるためのシステムや工夫はありますか? 伊藤:小児科があるので、水剤、散剤の調剤が多いですね。 散剤の分包機は3台あって、短い服用期間専用が2台、長い期間専用が1台と使い分けています。 自動水剤の分注機も置いています。 コンピュータで登録するとデータが流れ、容器をセットすると自動で調剤してくれます。 うちは使用頻度がかなり高く、最近ますます稼働率が高まっています。 あと、皮膚科もあるので、軟膏ミックスの機械も置いていますね。 今期はさらに効率を上げるために、監査システムも稼働予定です。 また、自動調剤機械の導入も予定してます。 小児科があるため大活躍だという自動水剤の分注機 デジタルサイネージの内容も充実 竹中:待合室のデジタルサイネージで、漫才の動画を見たのですが、最後まで見入ってしまうとても面白い内容でした。 デジタルサイネージはどのような目的で設置しているのですか? 飯村:弊社のほとんどの店舗で、デジタルサイネージを導入しています。 内容は医療やヘルスケア情報からアイセイ薬局からのお知らせ、そして、楽しんでもらえるような医療系エンタメコンテンツまで含めたもので、毎月1回番組構成を更新しています。 店舗ごとに一部のコンテンツを変えています。 先ほどご覧いただいた動画は、「薬局あるある漫才」というオリジナル漫才のシリーズです。 お笑い芸人の「三拍子」さんにお願いして、かかりつけ薬剤師や薬局の機能を面白く分かりやすく紹介しています。 デジタルサイネージの内容をきっかけに会話をすることもあるという 竹中:ちょっと話が戻りますが、居宅支援事業所もあるということは在宅もやられているのですか? 伊藤:やっています。 直接ケアマネージャの方がお見えになるので、連携しやすいです。 デイサービスもあるので、通われている方のスケジュールに合わせてお薬を管理することもあります。 竹中:地域サービスの充実度が非常に高いですよね。 医療介護モールという印象です。 医療の一つの理想を実現されているように思うのですが、今後目指される姿はどのようなものですか? 飯村:やはり 「コミュニティ」は一つのキーワードですかね。 日常からかけ離れたところに医療や薬剤による治療があるのは、ちょっと違うなと思っています。 社会の中に生活があって、生活の中に医療と介護がある。 そして、必要であれば自然に治療やサービスが受けられるイメージです。 サービスをする方もされる方も日常の中に自然に存在しているのが理想ですね。 その中で 薬剤師が一番身近な相談相手であってほしい。 そういう意味でコミュニティを作り出したり、地域に入っていったりするのを意識しています。 アイセイ薬局の季刊誌「ヘルス・グラフィックマガジン」との連動コーナーも 竹中:伊藤先生、飯村さん、お忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました。 住所:千葉県船橋市本中山2丁目10-1 URL: TEL:047-302-3821 1984年創業、全国に362店舗を展開。 調剤薬局経営を中心に、医療モール開発、医師の医院開業・医療経営支援、介護福祉事業、調剤薬局の経営連携事業継承などを通して、地域のヘルスケアの形をデザインしている。 下総中山クリニックファームは2015年にリニューアルオープンした。 ライター/竹中孝行(たけなか・たかゆき) 薬剤師。 薬局事業、介護事業、美容事業を手掛ける「株式会社バンブー」代表。 「みんなが選ぶ薬局アワード」を主催する薬局支援協会の代表理事。 薬剤師、経営者をしながらライターとしても長年活動している。 メディカルサポネット編集部 (取材日/2019年4月18日).

次の

アイセイ薬局の医院開業サポート

アイセイ クリニック

株式会社アイセイ薬局(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井江美)は、6月15日、自社で編集・発行する予防医療啓発情報誌 ヘルス・グラフィックマガジン Vol. 38「足の悩み」号を発行しました。 ヘルス・グラフィックマガジン(HGM)は毎号ひとつの症状にフォーカスし、専門医や各分野の専門家による症状や改善方法などの情報を、グラフィックスを効果的に活用することでわかりやすくお届けする季刊フリーペーパーです。 無意識のうちに酷使している足には、痛み、しびれ、ニオイ、水虫、爪の悩みなど意外と多くのトラブルが発生しています。 その一方で、「大したことない」「病院に行くほどではない」と、トラブルや違和感をそのままにしている人も多いのではないでしょうか…。 そこで、今回の「足の悩み」号では、専門医監修のもと、様々な足のトラブルの原因や、トラブルを防いだり軽減したりする対策法など役立つ情報を掲載しています。 高温多湿な日本の夏に増加する足トラブルを防ぐ! 「足の悩み」といわれて思い浮かべる人も多い水虫。 水虫の原因となる白癬菌は、高温多湿の日本の夏に活発になります。 また、足のニオイも汗をかく季節に特に気になってきます。 今号では、そんな悩みの原因と対策方法も多彩なビジュアル表現とともにしっかり解説。 その他、足にやさしい靴とインソールの選び方、実はよく知らない正しい足爪の切り方など、足のトラブルに悩む方に役立つ情報をぎゅっと詰め込みました。 18-P. 1984年の創業以来、開業医との医薬連携を大切にした地域医療への貢献を行っており、薬局店舗の9割を「クリニックとのマンツーマン型」と「医療モール型」が占めているのが特徴です。 2019年より新規事業として、薬剤師の意見をもとにした商品を展開するプライベートブランド「KuSu(クス)」を立ち上げ、2020年6月1日にKuSuオンラインストア()を開設しました。 また、グループ企業として、「はなまる」ブランドで高齢者介護施設を運営する株式会社愛誠会 )、薬剤師の転職・派遣のお仕事紹介サービス「お仕事ラボ()」を運営する株式会社AXISなどを展開しています。 アイセイ薬局グループは、医療福祉の受益者から従事者に至るまで質の高いサービスを提供します。 【ヘルス・グラフィックマガジンの設置・配布希望に関するお問い合わせ先】 株式会社アイセイ薬局 ストアプロモーション事業 [担当] 堀(ほり) [TEL] 03-3240-0250 [FAX] 03-6212-4193 [Email] hgm aisei.

次の