シャープマスク当選確認サイト。 マスクの販売に関するお知らせ:株式会社SHARP COCORO LIFE

シャープのマスク抽選|当選結果の確認方法は?次回抽選販売はいつ?

シャープマスク当選確認サイト

なりすまし詐欺の見分け方と対策 シャープの不織布マスク 第1回抽選販売が2020年4月27日23:59に終了 シャープのマスク抽選販売の申し込みが2020年4月27日23:59に終了した。 抽選日は4月28日。 当選者には4月29日までに順次メールが送られるという。 第1回抽選販売では、30,000箱のご提供を予定しておりましたが、多数のご応募をいただいたことから、さらに増産を図り、40,000箱のご提供に増量させていただきます。 何卒ご了承のほどお願いいたします。 本日4月28日 火 に厳正なる抽選を行い、当選者の方には4月29日 水 までに当選通知メールを送信いたします。 (出所:シャープ) 抽選販売に470万人がエントリーし、117倍の倍率 応募総数:4,706,385人 当選者数:40,000人 40,000箱 だが、当選通知メールを受け取ってもうかつに信用することなく落ち着いて確認してほしい。 詐欺師にとってはこの状況は願ってもない大きなチャンスとなる。 偽の当選メールや偽のマスク購入サイトは間違いなく出現するはず。 抽選販売に470万人がエントリーし、117倍の倍率である。 アクセス殺到で申し込めなかったとか、応募が完了しているのか分からないという人も多いだろう。 懸念されるのは便乗詐欺だ。 アクセス集中による販売サイトのダウンなどあったため、シャープは抽選方式にして対応した。 申し込みサイトで表示された案内(出所:シャープ) 詐欺師にとっては好機 第1回抽選販売では、4月28日 火 に抽選を行い、当選者には4月29日 水 までに当選通知メールを送信される。 首尾良く申し込めた人は、後は当選メールが送られてくるのを期待して待っているいるはずだ。 だが注意してほしい。 このマスク販売は、過去に例を見ないほど詐欺師(攻撃者)にとって好条件がそろっている。 今回のマスク販売をかたったフィッシング詐欺が出現する可能性が高い。 フィッシング詐欺は、偽のメールなどを一般の利用者に送って偽サイトに誘導し、ログインパスワードやクレジットカード番号などを入力させるネット詐欺である。 この種の詐欺の手口としてよくあるパターンは、「シャープのマスクに当選しました」などといったタイトルを付け、あたかもシャープが送信した当選メールであるかのように装うもの。 または、「マスク販売の敗者復活抽選について」などといったタイトルにより、抽選の結果、残念ながら落選したものの、特別に先着1000名の優先エントリーを受け付けるといった手口もあり得るだろう。 今回のマスク販売の特徴は、応募者がとてつもなく多いということだ。 いつもはネット販売を利用していなくても、今回ばかりは申し込んだという人は多いはずだ。 エントリーできた人だけでも470万人。 受付日の4月27日に何度となくアクセスしたもののサイトに入れなかったとか、運良く受付ページまでいけたものの申込みがエラーで跳ね返された人をも加えると、潜在的な購入希望者はもっと多いだろう。 このため詐欺師が不特定多数に偽メールを送っても、そのメールに思い当たる人に届く可能性が高い。 これが、詐欺師にとっての好条件の1つだ。 フィッシング詐欺師の集団が無差別にシャープになりすました当選メールや敗者復活メールを送りつけると、「心当たりあり」という人にヒットし、思わず開いてしまい、記載されているリンクをクリックしてしまう可能性が高いというわけだ。 中には、エントリーした覚えがないのに、安易にメールを開くという人もいるだろう。 当選通知メールの送信元を確認 偽サイトに誘導されると、クレジットカード番号や氏名、メールアドレス、電話番号などの入力を求められる。 クレジットカードの番号、IDおよびパスワードなどが不正に盗み出されてしまうと、誰かが自分になりすまして買物をしたり、勝手に現金を引き落としたりされてしまうような深刻な被害にあうことになる。 個人情報を吸い取られて悪用されたら手遅れなので、シャープを名乗る当選メールなどが来ても、本当にシャープからのものなのか、よく確認しなければなららない。 シャープも偽メールを懸念して、「当選されなかった方にはメールはお送りしません。 」「メールの発信元は、cocorostore-info sharp. jpとなります。 詐称(なりすまし)メールにご注意ください」と注意を呼びかけている。 だがメールの送信元の欄には、メールの送信者が任意に設定できる文字列が表示される。 通常は名前や会社名などを表示させるが、「cocorostore-info sharp. jp」という文字列を表示させることも可能だ。 実際には「hogehoge example. com」から送られているにもかかわらず、名前として「cocorostore-info sharp. jp」を表示させるのだ。 最近はあまり目にしないが、以前はフィッシング詐欺の常とう手段の1つとして知られていた。 メールソフトやメールサービスによって異なるが、多くのソフトやサービスでは表示されている名前をクリックなどすれば、実際の送信元アドレスが表示される。 「cocorostore-info sharp. jp」と表示されていても、その箇所をクリックするなどして送信元アドレスを確認してほしい。 URL偽装との手口と対策 ギリシャ文字などアルファベットと似通った文字が多く、文字変換することで本物に似せた偽URLを作りユーザーを誘導するURL偽装という手法がある。 最近ではURLを偽装する手口もより巧妙になっており、一見しただけではわからないそっくりのURLや、短縮URLを利用し巧みにアクセスを誘導している。 hell0…」というようにアルファベットのoを数字の0にすることで、閲覧者が本物のURLと見間違え、そのURLをクリックしてしまうように仕組まれていたりする。 ブックマークや直接入力を利用する 個人情報など重要情報を入力する場合には、偽サイトの可能性があるURLをクリックしてそのページに移動するのではなく、アドレスバーにURLを直接自分で入力するか、もしくはあらかじめ登録しておいたブックマークから間違いなく正規のサイトに移動するようにしよう。 SSLが使われているか確認 クレジットカードの番号やID、暗証番号といった大切な情報をインターネット上で入力する場合、通常は「SSL」という暗号化技術が使われている。 WebブラウザのURLが表示される部分に鍵マークが表示、もしくはURLの運営組織名が緑色で表示されれば、SSLが使用されているということになる。 重要な情報を入力するのにこのSSLが使用されていない場合は、フィッシング詐欺を疑うべきだ。 まとめ 政府による10万円の給付制度については、すでに総務省や厚生労働省、市役所などを語って個人情報を引き出そうとする便乗詐欺のメールや電話が横行している。 シャープ以外のインターネットショッピングサイトで注文したマスクについても、「ご注文いただいたマスクの発送について」などといったパターンのフィッシングメール詐欺が報告されている。 絶対に引っかからないように、家族、同居していない親元などにも、よく注意をよびかけておきたい。

次の

シャープマスク当選結果確認!当たったか調べる方法(メールなし)を紹介!

シャープマスク当選確認サイト

新型コロナウイルスの影響で、マスクの需要は爆発的に高まり、現在も多くの人がマスクを買い求め、騒動は続きそうだ。 最近では、手作りの布マスクを使用している人も少なくないだろう。 筆者もまた、花粉対策に購入していた30枚入りの不織布マスクが底を突き、布マスクを使用している。 ちなみに、アベノマスクは5月上旬になっても我が家には届いていない。 そんな折、不織布マスクが手に入るチャンスが舞い込んできた。 家電メーカーのシャープが個人向け販売を開始した50枚入り税抜き2980円の「不織布マスク(MA-1050)」に当選、宅配便で届くまでを紹介する。 人の目に見えない塵やホコリを取り除いたクリーンルームは、マスクの製造に適した環境だという。 1人1箱限定の早いもの勝ちだ。 この販売方法を聞いて、日頃コンサートやライブのチケット争奪戦を経験している筆者は、一抹の不安を覚えた。 ライブチケットの一般販売でも、一部のアーティストのファンが一斉にチケットサイトにアクセスして回線が混み合うのに、今や日本国民のアイドルと化しているマスクの購入権を先着順にして大丈夫なのか……。 King Gnuのチケットよりも入手が困難かもしれない。 不安のなかで迎えた4月21日午前10時。 定刻の少し前からページを開いてみたが、マスク販売ページにはすでにアクセスが集中し、うんともすんとも言わない状況だった。 終わった。 おそらく、誰もマスクの購入画面には進めずに1日を終えただろう、と思った。 その日、「シャープのマスクを購入できた」という声はSNSにも見当たらなかった。 先着順から抽選販売に変更 悲劇のサーバー落ちから2日後、シャープから新たな販売方法が発表された。 大きな変更点は、先着順から抽選販売になったこと。 指定期間内に公式サイトで応募し、当選者のみにマスクの購入権利が与えられるという。 抽選受付は4月27日の0時~23時59分の24時間。 なるべく早くマスクを人々に届けるための措置だとしても、応募期間が短すぎるのでは……昼休みや就業後など応募のタイミングが重なると思うと、悲劇を繰り返しかねない。 その予感は的中し4月27日も応募ページは大混乱。 筆者は目が覚めた瞬間にスマホを手に取り、シャープのECサイト「COCORO STORE」にアクセス。 案内に従って個人情報を記入し、応募ボタンを押すと、アクセス集中を陳謝する画面が表示された。 朝7時の時点で、回線はすでにパンクしていたのだ。 その後、時間を空けて何度か日中にアクセスしてもつながらず、シャープの公式画面ですらない「502 Bad Gateway」というエラーが表示されるばかり。 Wikipediaによると、このエラーは「不正なゲートウェイ。 ゲートウェイ・プロキシサーバは不正な要求を受け取り、これを拒否した」とある。 なるほど、拒否されたことだけはわかった。 まさか、応募すらできないとは、人々のマスク欲を侮っていた(自分を含めて)。 まさかの「応募を受け付けました」 同日23時、半ばあきらめの気持ちで応募ページにアクセスしてみたところ、まさかの「応募を受け付けました」という表示が。 応募が完了したのだ。 マスクの抽選に応募しただけなので、マスクは手に入っていない。 まだ戦いは続くのか……。 後に公開された情報では、4月27日の第1回抽選販売への応募総数は470万6385件。 470万人が4万箱のマスクを買い求めたため、当選倍率は約117倍だったという。 当選から3日後に到着したシャープのマスク 筆者はもともとくじ運がないので、おそらく今回も当たらないだろう、と予想していた。 しかし、4月29日16時、マスクの当選者だけに送られるという運命のメールが届いたのだ。 確率1%のマスクが当たってしまった。 うれしい反面、今年の運をすべて使い果たしてしまったような気がする。 シャープのマスクに便乗した詐欺が横行していたようだったので、送信メールアドレスを確認したり、SNSで詐欺メールを確認したりしながら、専用サイトで購入手続きに進んだ。 もしも詐欺だった場合、マスク50枚入りで税込み3278円(1枚あたり約65円)、送料の660円を加えると3938円の損失だ。 手痛い出費なので、当然だが騙されたくない……。 購入までの道のりはハードだったが、すぐに手に入るのはありがたい。 最大の特徴は「SHARP」のロゴ 箱を開けるとマスクが25枚ずつに分けられて袋に入っていた。 個包装はされておらず、一般的な不織布マスクと大きな違いはない。 シャープ製マスクの最大の特徴は「SHARP」のロゴが記載されている点。 もしも濃い文字でロゴが印字されていたら「我はシャープのマスクに当選した者なり」という強めの主張になってしまう。 しかし実物は、光に透かすと文字が読める仕様になっており、あまり目立つものではなかった。 ちなみに「SHARP」のロゴは、当選を主張するためのものではない。 しかも、不織布マスクの正しい装着法はメーカーによって異なるので、マスクをする前に説明書きを確認しなければならない。 「SHARP」のロゴは、表裏がわかるようにするためのものだったのだ。 ちなみに、正面から見て「SHARP」と読めるのが正しい装着方法。 実際にマスクをつけてみると、女性である筆者には少々大きめの印象だった。 イメージ的には、小池百合子都知事が会見時に使用している手作り布マスクと同じくらいの比率。 小顔効果は期待できるが、側面にやや隙間ができた。 また、SHARPのロゴは、プリーツを伸ばしてアゴまで覆うと、正面からはほとんど見えなくなった。 自己申告しないかぎりシャープ製がバレる可能性は低そうだ。 今回のシャープのマスク争奪戦に参加して感じたのは、まだまだマスクの需要はおさまりそうにない、ということ。 購入の目的はさまざまなのだろうが、抽選のページにすらつながらないのは驚きだった。 同社の公式ツイッターは5月3日に「家電メーカーのシャープ、107年の歴史で最大のヒット商品がマスクになってしまいそうな感じ、複雑な気持ち。 」と投稿している。 現在、週に1度のペースでシャープはマスクの抽選販売を実施している。 1度外れてしまっても、応募さえしていれば2回目、3回目とスライドで抽選に申し込まれる仕組みだという。 初回に比べれば当選する確率は上がっているはずなので、ぜひ挑戦してみてほしい。 (清談社).

次の

マスクの販売に関するお知らせ:株式会社SHARP COCORO LIFE

シャープマスク当選確認サイト

まず専用の応募ページへアクセス• 応募フォームへ「名前」「メールアドレス」「電話番号」を入力• 応募する 抽選申し込みだけであればたったこれだけです。 当選した場合 メールにて当選通知が届きます。 必ずメールアドレスに間違いがないか確認してくださいね! 当選しているのにメールが届かないと残念なのでしっかり見直してください。 また、当選発表日にメールを見落とさないように気を付けましょう! 特に気を付けたいのが 「迷惑メールフォルダ」です。 うっかり振り分けられていないか、確認するようにしましょう。 【2020年4月27日0時06分追記】 やはり申し込み開始と同時はサイトが混雑しているようです! 抽選申し込みで途中まで進んだのが以下のようにエラー画面となってしまいました…。 当選した方は全員マスクが購入できます。 なので焦らず購入まで進めていただけたらと思います。 今回の抽選日は4月28日なので当選した方は、 29日までに当選通知が申し込んだ際に記入したアドレスに届きます。 当選者以外にはメールの配信はありません。 当選された方は届いたメールに記載されている案内に従って進めていきます。 本人確認のために応募する際に使用した 「名前」「メールアドレス」「電話番号」を入力します。 サイト上で当選の確認ができれば販売サイトに移動します。 ここでマスクをカートにいれて購入手続きに進みます。 このときに初めてCOCORO MENBER会員登録が必要になります。 会員登録が終わり次第購入手続きを進めていきましょう。 お住まいの場所にもよりますが、 購入手続き完了後2〜7日で手元に届くとのことです! シャープマスクの当選確率はあげられるか? 抽選応募になったけど、できれば 当選確率をあげて必ずゲットしたいですよね? 私もそう思ったので調べてみました。 誰でも応募できるので複数のメールアカウントを作って 複数回応募すれば当選確率は高まるのではないかと思いました。 』 と記載がありました。 応募が無効になってしまえば元も子もありません。 ですの でルールを守って買うのが一番だと思います。 初日は、かなり当選倍率は高いですが 一度購入した方は再度購入ができないので 販売期間の後になれば倍率は低くなると思います。 第2回、第3回の抽選を待って、毎回しっかり応募するようにしましょう! 抽選に外れて買えなかったときは… 当選確率は平等ですので、 どうしてもマスクが必要なのに抽選に外れてしまった! という事も起こってしまうと思います。 そんな時はシャープ製にこだわらず、他社製造のマスクで代用していきましょう。 国産にこだわってマスクをつけないよりも、マスクをつけたほうが飛沫感染の防止には絶対的に有効です。 楽天市場であればので1箱確保しておきましょう! まとめ 今回は、シャープマスクの応募方法と当選確率をあげる方法について お話しさせていただきました。 まとめると• 専用の応募ページから名前・メールアドレス・電話番号を入力して応募する。 当選通知がメールで届き、メールに記載されている案内に従って購入ページにすすむ。 同一人物が複数応募しているとシャープに判断されると今後購入が困難になるのでルールを守って購入する。 になります。 販売が抽選になったことでマスクが買えるチャンスは平等になりました。 ネット購入なので外出することなくマスクを手に入れることができるので マスクの販売に関わってくれている方々に感謝して購入したいですね。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 最近の投稿• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-14• 2020-07-09• 2020-07-08• 2020-07-08• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 188•

次の