サーガ っ て どういう 意味。 ストロベリーナイトサーガの意味!タイトルから知れば面白くなる

「サーガ」って何?

サーガ っ て どういう 意味

『ストロベリーナイト・サーガ』前作とのキャスト比較! キャスター、キャラクターの紹介と、 前作と今回のキャストを比較してみたいと思います。 『ストロベリーナイト・サーガ』警視庁捜査一課刑事「姫川玲子」役 前作の『ストロベリーナイト』(2010年から2013年)で 姫川玲子役を演じたのは 竹内結子さんで、 当時の年齢は(大体)30~33歳でした。 竹内結子さんは、孤独を抱えながらも、 クールでタフ女刑事である姫川玲子役を見事に演じました。 そして、 今回の『ストロベリーナイト・サーガ』では、 二階堂ふみさんで年齢は24歳が務めいます。 この役を務めるにあたり、 二階堂ふみさんは 「初めての刑事役にドキドキしている」と、 緊張感を匂わせながらも、 「原作ファンの方々にも楽しんで頂けるような作品にできたらと思っています!」 と、意気込みを心強く語りました。 竹内結子さんの姫川玲子の年齢設定30歳だったのに対して、 二階堂ふみさんは若い設定となっていて、 そういう点からも 「若すぎる」という声もあがりました。 『ストロベリーナイト・サーガ』巡査部長「菊田和夫」役 実直で寡黙な性格設定となっている菊田和夫は、 姫川玲子の班に所属する巡査部長です。 初めての年下女性でありながら上司という立場の姫川玲子に 複雑な想いや戸惑いを覚えながらも、 徐々に上司としての姫川玲子に厚い信頼を寄せるようになります。 前作で菊田を演じたのは 西島秀俊さんで、 班長である姫川玲子に絶大な信頼を寄せると同時に 恋心を抱きながらもそれを伏せるという役柄を演じました。 今回の菊田役を務めているのは、 アイドルグループ KAT-TUNのメンバーである 亀梨和也さんです。 西島秀俊さんよりかなり若い 亀梨和也さんですので、 役柄のイメージや雰囲気も大きく変わっています。 亀梨和也さんは、今回『ストロベリーナイト・サーガ』への出演について 「原作・前作ともに人気のあるその重みを良い形で作品に反映できるよう、 僕自身も良いプレッシャーの中、作品に良い影響を与えられるよう スタッフさん・共演者の方々と心を一つに作っていきたいと思います」 とコメントをしています。 『ストロベリーナイト・サーガ』警部補・「勝俣健作 ガンテツ 」役 捜査一課のベテラン警部補、勝俣健作は、 姫川玲子にとって天敵な役です。 一匹狼で、 通称 「ガンテツ」と呼ばれ、犯人検挙率はダントツトップを維持する敏腕刑事で 警察内外の情報戦に長け、上司からも恐れられている存在です。 前回の『ストロベリーナイトシリーズ』(2010年から2013年)では、 三年B組 金八先生シリーズなどで俳優としても活躍する 武田鉄矢さんが勝俣役を務めました。 姫川玲子の強敵として、アクが強くてクセのある勝俣役を見事に演じ、 その圧倒的な存在感を私達に見せつけました。 一方、『ストロベリーナイト・サーガ』では、 江口洋介さんが勝俣役を演じます。 「事件の深層、人間の闇を深く掘り下げる様は、 フジテレビ連続ドラマ史上、もっともエッジの効いた作品だと思います」 とコメントをした 江口洋介さん。 更に、 「この世界観に携われることをうれしく思っています」 とも語っていましたが、 原作のガンテツは、昆虫のように小さな目で、 ずんぐりしていて、髪に白いものが目立つキャラで、 どちらかというと失礼ながら、 武田鉄矢さんの方がマッチしているように 感じます。 世間からも、 江口洋介さんのガンテツ役は 「ミスキャスト」という声があがっています。 その理由として、やはり 江口洋介さんでは美しすぎる! というものらしいのです。 まとめ 全体的に若いキャストの為に、辛口の意見もあるようですが、 新たなキャスト陣によって、キャラクターとしての人物描写も 違ってくるかと思いますので注目していきたいと思います。

次の

これどういう意味?って英語でなんて言うの?

サーガ っ て どういう 意味

ストロベリーナイトの ストーリーでの設定では、アングラサイトの名称で、毎回1人が犠牲となるナイトショーを開催する主催者を中心に毎回命をかけて参加するナイトショーです。 かなり恐ろしいようなネーミングですね! このストロベリーナイトという 甘いネーミングの裏にある恐ろしい人間の意図にこのドラマの人気の秘密があるようです。 ストロベリーという 果物の赤い色が血の色と似ているということもこのネーミングの名前の出所だといわれています。 主人公の 姫川警部補は、幼い頃に家族を失った刑事で、その際に家族が亡くなる際に血を見て、それ以来怖いものに関心に似た感情を抱く女性になったようです。 「インビジブルレイン」で、組織の幹部に対して、その正体が分かった後もついていき、自身の命が危ない場面でも恋心を抱いて向かっていく場面が印象的です。 今回は、 サーガという名称が付いていますが、これは どういう意味なんでしょう? サーガとは、 元々はアイルランド語で、「物語」という意味ですが、転じて英雄伝説・武勇伝・冒険譚などの意味があります。 今回のサーガという意味は、 伝説などという意味合いで使われているようです。 キャストやスタッフがまるごと代わって、 これからの新作という意味も込めて、伝説という言葉を入れて、前作との違いを明確にしているようです。 かなり前作とは変わった構成となっていますので、 もしかしたら、新しい展開で、姫川警部補にも恋人ができるかもしれません。 最終話の予測もしてますので、参考までにしてみてください。 今回のジャンルとしては、 シリアスジャンルなので、かなり本格的な事件の重さを感じさせるような雰囲気を醸し出してくると思われます。 警察組織で、 隠蔽というところは、冤罪や脅迫による自供の強要が挙げられます。 このような警察自体の問題を隠そうとするところに 事件の謎は深まることが多いので、今回のドラマでは、このような事件を解決するということがメインとなってくると思います。 姫川警部補は、 事件の解決に鋭い視点で先を見越すような有能な警察官なので、上からの指示をそのまま信じるということは無く、 部下をより良く導いて、全ての手段を使ってでも解決の情報を引き出してくるようなやり方で何とか真犯人を見つけようとします。 前作では、ストロベリーナイトで、 キャストが姫川玲子が竹内結子さんと菊田和男が西島秀俊さんのキャストで展開されたドラマでは、「インビジブルレイン」迄のドラマが公開されていますので、今回「ブルーマーダー」は新しい展開となります。 この新しいドラマ展開は、今までと違い、 菊田和男が姫川以外の女性と結婚した後の展開で始まります。 今までは、 姫川と菊田それぞれが互いを気にして、男女関係に発展しそうでしない展開でしたが、今回は、既に結婚している場面から始まりますので、展開が変わる部分がこの点にあります。 主にドラマとしては、 作品原作とは異なる展開も予想されますが、前作ではこの違いはあまり無かったので、今回も原作との大きな変更は無いのではないかと思います。 正直なところでは、 姫川と菊田がお互いにどうなるのかはまだ不明ですが、ドラマの中で進展があり次第、連絡していきたいと思います。 今後の展開に期待して観ていきましょう! まとめ まであと2日!! 渋谷駅にずらーっと並ぶPR🍓をみつけて思わずパシャリ📸左上は第1話に登場するロケ地です。 今後原作や 前作のストーリー展開を元にドラマの内容が変わってくると考えられますので、是非原作や前作もチェックしてみるといいかもしれません。 そうすれば、 これからのドラマの展開がどんどん楽しくなってくると思います。 ドラマに注目して、 今後の展開を楽しんでいきましょう! 1話のネタバレ感想も記事にしてますので、参考までにしてみてください。 カテゴリー• 116• 121• 179• 115• 161• 8 Twitter:よろしければフォローお願いします お問い合わせ.

次の

『ストロベリーナイト・ サーガ』とはどういう意味?

サーガ っ て どういう 意味

『ストロベリーナイト』の意味 ストロベリーナイトシリーズは、累計発行部数400万部を突破し、 増刷が続く大ベストセラー、 誉田哲也さんの人気小説 『姫川玲子シリーズ』が原作になっていて、 警視庁捜査一課殺人犯捜査十係主任である 姫川玲子を中心に物語が次々に展開していきます。 ストロベリーナイトとは、 犯人がつけた殺人ショーに繋がるサイトの名称です。 この殺人ショーは、招待された人の中から1人が選ばれて生贄となり 他の招待客の前で殺されるというその名称からは想像がし難い なんとも恐ろしいショーとなっているのです。 ストロベリーは飛び散った血が、ストロベリーのようだった。 というオドロオドロした理由からきているようで、 そのショーを毎月夜に開催するので 『ストロベリーナイト』となったのです。 ストロベリーナイトサーガの意味 サーガは、元々はアイルランド語で 「物語」という意味だそうですが、 英語での意味では 英雄伝・ 冒険談・ 武勇伝となる様です。 これらをまとめると・・・ 今回のドラマ 『ストロベリーナイト サーガ』は、 姫川の伝記と言う意味ととらえる事が出来ます。 第3話 後編、いかがでしたでしょうか。 今回は特に さんがよかったと思います。 もっとよくなっていくんだろうな、という期待が膨らむ回でした。 さんも、新しい「ガンテツ」を出し始めましたね。 発言はあくまでもクズですが。

次の