ものもらい 原因。 ものもらいの原因は?上まぶたと下まぶたで何か違うの?

ものもらいの原因は!?疲れやストレスも?まぶたのどこにできる?

ものもらい 原因

まぶたの一部が赤くはれて、まばたきをしたり指で押したりすると痛い!ものもらいは、日常生活で最も起こりがちな目の病気かもしれません。 地域によっては「めばちこ」「めいぼ」とも呼ばれるこの病気は、特に疲れがたまったりして免疫力が低下している時によく起こります。 気になるのが、ものもらいの症状がある時に、コンタクトレンズをつけていてもいいのかどうか。 今回は 「ものもらい」ができる原因と対処法、そしてコンタクトレンズ装用における注意点をまとめてみました。 ものもらい、めばちこ、めいぼ?結膜炎とはどう違う? 「ものもらい」とは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことを言います。 この呼び方は、主に東日本で呼ばれる通称で、関西では「めばちこ」や「めいぼ」と呼ばれることもあります。 医学的には、 まぶたが菌に感染して膿がたまる「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、まぶたに脂肪がたまる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」などに分類されますが、いずれも原因は細菌です。 麦粒腫は細菌がまぶたの皮脂腺やまつげの根元に入り込むことで化膿性の炎症が起こり、まぶたが赤く腫れたり、まばたきの時に痛んだりします。 霰粒腫は、まぶたのマイボーム腺が詰まることで起こり、まぶたが腫れたり白いできものやしこりができたりします。 これに対して、ウイルス性結膜炎は、その名の通りウイルスに感染して起こります。 炎症を起こすのは目の中の結膜で、目が充血してめやにが増え、かゆみが出たり目がゴロゴロしたりします。 ものもらいが起こりやすい人の特徴ってあるの? ものもらいの原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌など誰の皮膚にもいるありふれた細菌(雑菌)ですが、発症しやすい人としにくい人がいます。 ・お年寄りや子供など、もともと免疫力が弱い人 ・不規則な生活で、疲れやストレスがたまって免疫力が弱くなっている人 ・目をさわったり、こすったりする癖がある人 ・コンタクトレンズの使い方が正しくない人 ・前髪が目にかかっている人 こうした、免疫力が弱くなっている人や、細菌が繁殖しやすい状態の人ほど、ものもらいにかかりやすい傾向にあります。 ものもらいの原因は、常在菌によるものと、外部から侵入した細菌によるものがありますが、 汚れた手で目をこすったりすると雑菌が侵入し、すぐにものもらいができてしまいます。 ものもらいができた!コンタクトレンズはどうするべき? 「コンタクトレンズを使いはじめたら、ものもらいができた!」という方がいるかもしれませんが、正確にはコンタクトレンズ自体に原因はありません。 コンタクトレンズの取り扱いに問題があり、雑菌に感染した結果です。 雑菌の付いた手でコンタクトレンズを扱ってしまうと雑菌が目の中に入り込み、ものもらいの引き金になります。 では、すでにものもらいになっている場合、コンタクトレンズはつけても良いのかどうか。 結論としては、よくもあり、悪くもあります。 ただし、下記のような症状がある場合の使用はおすすめしません。 ・化膿している場合 ・痛みがある場合 ・異物感がある場合 ・腫れがひどい場合 ・まぶたの内側に炎症がある場合 また、これらの症状がなくても、コンタクトレンズを装用した途端に 痛みやかゆみ、異物感を感じた場合はただちに使用を中止するようにしましょう。 痛みにたえながら無理してコンタクトレンズを装用していると、ものもらいの症状を長引かせることにもなってしまします。 とはいえ、コンタクトレンズをつけて出かけたい!という場合は ものもらいの治療中は、患部を休ませるためにもメガネに切り替えた方がいいのは言うまでもありません。 ただし、治療中でも工夫次第でコンタクトレンズを使うことはできます。 初期の段階なら、ものもらい用の目薬を点眼してからコンタクトレンズを装用することをおすすめします。 目薬をさすと薬の成分が涙と一緒に目の上に充満し、ある程度の時間がたてば組織中に吸収されていきます。 薬によって吸収される時間に違いがあるので注意は必要ですが、まず清潔にして目薬をさしてから外出の支度をはじめ、なるべく出かける直前にコンタクトレンズを装用しましょう。 ただし、市販の目薬にはいくつかの種類があり、症状によって正しい目薬を選ばなければいけません。 とくに、ものもらいの場合は抗菌成分が入ったものでなければほとんど効果はありません。 また、1本1本が使い切りになっているタイプの目薬のほうが、衛生的にも保存の点からも安心して使えるのでおすすめです。 ものもらい対策で注意すべき5つのポイント ものもらいは目の病気ですが、栄養がかたよったり、睡眠不足などによる体調不良にも大きく影響されます。 ・目が乾燥すると症状が悪化するので、加湿器などで湿度を高めにする ・冷房を使う場合は湿度を高めに設定し、直接風があたらないようにする ・アルコールは控え、休養と睡眠を十分にとる ・甘いものや辛いものなどの刺激物をひかえる ・ストレスは症状を悪化させるのでストレス解消を心がける 要は、バランスの良い食事と十分な睡眠が対策の基本なのです。 【まとめ】日々の生活を見直すことが、悩み解決の最短ルート 一度治ったと思ったものもらいが、すぐにまたできてしまうこともあります。 そんな時は、疲れがたまっている証拠です。 慢性的な疲労は免疫力を下げ、常在菌を暴走させてしまいます。 ものもらいを繰り返す時は、自己免疫力の向上につながるように、 十分な睡眠を取る、手洗いと洗顔を欠かさず清潔に保つように心がけましょう。

次の

目の病気

ものもらい 原因

基本的な予防法• こまめに手を洗う 麦粒腫は手指を介して細菌に感染するので、こまめに手を洗い、汚れた手で目を触らないことが大切です。 コンタクトレンズをつけるときや外すときは必ず手を洗いましょう。 免疫機能を低下させない 健康で免疫機能が正常に機能していれば、たとえ目に細菌が触れても感染することはありません。 しかし、免疫機能が未熟な子供や免疫機能が低下している高齢者、病中病後の人などは感染しやすいので注意が必要です。 睡眠や食事に注意して免疫機能を低下させないことが大切です。 マイボーム腺をマッサージする 朝晩の洗顔時、目を閉じた状態でまつ毛の生え際に指先を揃えて当て、1~2ミリ左右に揺さぶり、マイボーム腺をマッサージしましょう。 習慣にするとマイボーム腺がつまりにくくなります。 まつ毛の内側までアイメイクをすることを避ける アイメイクでマイボーム腺を塞ぐと麦粒腫や霰粒腫の原因になるので、まつ毛の内側までアイメイクをすることは避けましょう。 また、まつ毛のエクステンションはマイボーム腺を塞ぎ、また目の周りを清潔に保ちにくくなるためおすすめできません。 でき始めになるべく早く抗菌剤が配合された目薬を使うと効果的です。 霰粒腫は細菌感染を伴いませんが、炎症予防のために抗菌剤が配合された目薬を使うことは有効です。 しかし、少しでも症状が悪化してくる場合は眼科を受診しましょう。 眼科では抗生物質の点眼や内服を行います。 化膿が進んでいる場合は、切開して膿を出すこともあります。 炎症による腫れがひどくなると、すぐには切開できないため治療が長引きます。 症状がひどくなる前に、なるべく早く眼科を受診しましょう。 霰粒腫は小さければ自然に吸収されることもありますが、大きい場合は副腎皮質ステロイド薬をできものに注射したり、手術で摘出したりします。 急性霰粒腫の場合、抗生物質で炎症を鎮めます。 ものもらいが治るまでには一般的に期間はどのくらいかかりますか? ものもらいの種類によって違います。 麦粒腫はでき始めに適切な抗菌剤入り目薬を使うと1週間程度で治ります。 霰粒腫もでき始めに抗菌剤入り目薬を使い、炎症を予防することができれば早く治りますが、しこりができてしまうと薬が炎症部分に届かなくなり、治るまでに何ヶ月もかかる場合もあります。 ものもらいになりやすい季節はありますか? 諸説ありますが、季節を問わず起こります。 咽頭性結膜炎(プール熱)のように夏に多いものもありますが、ウイルス性結膜炎は冬に起こりやすいものもあります。 原因が様々なので一年中起こる可能性があるでしょう。 四季を通じて注意が必要です。

次の

ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)の原因と治し方!自然治癒できる?

ものもらい 原因

なんとなく目に違和感があり鏡を見てみれば、ものもらいがいつの間にかにできていることがあります。 ものもらいの初期のときは痛みもなく、意外と気づかないことが多いですよね。 ものもらいと聞いてイメージ的に「汚い手で目を擦ってしまったかな」と思うことが多いと思いますが、「ものもらい」は1つだけじゃなく種類があるのです。 ものもらいは自然治癒すると思って放置したら、大変なことになるかも・・・。 ものもらいの原因って? 一般的なものもらいとは、汗や皮脂を分泌する箇所で炎症が起きます。 初期の症状は、蚊に刺されたような痒み、多少の痛さを感じて違和感をおぼえます。 そもそも、まぶたは汗や皮脂を出す「分泌腺」が3種類存在していると言われます。 分泌される汗や皮脂が涙の蒸発や乾燥から守ってくれる大切な役割をしています。 ですが、分泌腺に雑菌入ることで流れを悪くすると、炎症が起きます。 それこそが「ものもらい」です。 ものもらいは、簡単に分けて、「麦粒腫」と「霰粒腫」があります。 麦粒腫 麦粒腫とは、「ばくりゅうしゅ」と言って、まぶたの分泌腺に雑菌が入り込み炎症が起きます。 原因は、免疫力低下や、汚い手で目を触ってしまったことが多いです。 分泌腺に雑菌に入り込んだ細菌(ブドウ球菌)は、皮脂、指、髪の毛とあらゆるところに生息している菌です。 このブドウ球菌は、本来は力が弱い細菌で、害はありません。 しかし、免疫力低下していると、細菌感染を起こしてしまうことがあります。 麦粒腫は、内麦粒腫と外麦粒腫があり、ものもらいができる場所が違います。 どちらも症状としては同じで、まぶたに赤み、腫れ、充血し、膿、痒み、目ヤニなどがでます。 霰粒腫 霰粒腫は「さんりゅうしゅ」と読み、分泌腺の中にあるマイボーム線が詰まってしまう状態です。 場所は、まぶたの内側にあるマイボーム腺です。 原因は、化粧の中でも、特にアイラインやアイシャドーなどアイメイク。 マイボーム腺をふさいでしまうことで皮脂分泌ができなくなります。 そして、マイボーム腺に皮脂が溜まることで、まぶたの内側にしこりを感じ、腫れてしまいます。 麦粒腫と違うところは、赤くならない、痛みも特にないところです。 霰粒腫は、基本的に自然治癒で完治することが多いです。 ですが、細菌感染の「急性化膿性霰粒腫」になると別問題。 急性化膿性霰粒腫は放置して症状が悪化すると、手術することになるかも知れません。 ものもらいの治し方 ものもらいは、初期の場合でも、眼科に行き診察することが一番安心です。 ものもらいは、頻繁にできることで、違う病気を併発していることがあります。 例えば、糖尿病や悪性腫瘍があることで「ものもらい」はできやすくなりますし、安易に市販の目薬を差すことで状況を悪化させることがあります。 麦粒腫であれば、抗菌薬の目薬や塗り薬を出してくれます。 悪化して膿が溜まっている場合は、針を刺して膿の排出、または切開手術をすることになります。 眼科で診察してもらっても免疫力アップしなければ同じことの繰り返しで、激務な仕事が続くと免疫力が低下し、ものもらいになりやすくなります。 栄養バランスの整った食事、たっぷりの睡眠、休息が必要です。 また、アイライン、アイシャドーなどは毎回洗浄するものではありません。 やはり、細菌は想像以上に附着していると考えられます。 アイメイクから「ものもらい」を防ぐ方法は、必要以上に目の際までメイクをしないことです。 なかなか眼科に行くことができない場合は、ものもらい専用の目薬をさして症状を落ち着かせます。 目を清潔に保ち、睡眠をたっぷりとりましょう。 まとめ 目にできる「ものもらい」も自然と起こるものではなく、ものもらいを起こしやすい状況になっているのです。 ものもらいができることは健康面の免疫力低下のサイン。 免疫力低下は体調を崩し、細菌感染しやすくなっているので、たかがものもらいと思わずに健康面を見直すチャンスです。 ものもらいができたら、目と体を休めることを先決にしましょう。

次の