風 に 立つ ライオン。 映画「風に立つライオン」ネタバレあらすじと結末

風に立つライオン

風 に 立つ ライオン

風に立つライオンの紹介:アフリカ・ケニアで国際医療活動に従事した実在の医師を描いた、さだまさしの原作を三池崇史監督、大沢たかお主演で映画化。 1987年、医師である航一郎は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される…。 風に立つライオン あらすじ 映画「 風に立つライオン」の あらすじです。 三池崇史監督、大沢たかお主演で、アフリカ・ケニアで国際医療活動に従事した実在の医師を描いた、さだまさしの原作を映画化。 1987年、医師である航一郎は、大学病院からケニアの研究施設に派遣されます。 航一郎にとってアフリカでの仕事は、アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーに感銘を受け医師となったこともあって、願ってもないチャンスでした。 航一郎は、父の後を継いで離島医療に従事していた恋人・貴子を残し、ケニアに赴きます。 ケニアの地で航一郎は理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送ります。 半年後、現地の赤十字病院から1カ月の派遣要請を受け、それに応じます。 そこで航一郎が目にしたのは、重傷を負って次々と運ばれてくる少年兵でした。 彼らは皆、麻薬を打たれ、戦場に立たされていました。 航一郎はその事実に愕然としながらも、病院への転籍を志願します。 過酷な状況下においても航一郎は生き生きと働き、医療団の厚い信頼を得ていました。 病院には、看護師として和歌子が派遣されてきて、航一郎とぶつかり合いながらも互いに認め合っていきます。 そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれます。 彼は深刻な心の傷を抱えていました…。 風に立つライオン 作品概要 映画「風に立つライオン」の概要を ネタバレなしで説明します。 本作の監督は、「DEAD OR ALIVE」シリーズ、「オーディション」、「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」などを手掛けた三池崇史です。 Vシネマの監督からキャリアをスタートさせ、コメディからバイオレンスまで何でも手掛ける多作の作家です。 特に暴力描写は定評があり、海外の監督にも影響を与えるなど、今や、日本を代表する監督の一人となっています。 1996年「極道戦国志 不動」でポルト国際映画祭審査員特別賞、2000年「オーディション」でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞を受賞しています。 本作は、さだまさしが1987年に発表したシングル曲「風に立つライオン」がもとになっています。 さだまさしは、フォークデュオ「グレープ」でデビューし、ソロとなってからも「関白宣言」「北の国から~遥かなる大地より~」など多くのヒット曲を生み出しています。 「風に立つライオン」は、さだのアマチュア時代からの知り合いである、医師柴田紘一郎 元長崎大学熱帯医学研究所 のエピソードにさだまさしがインスパイアされて作った曲です。 本作の主演を務めた大沢たかおが、この楽曲の小説化をさだに依頼し、2013年に幻冬舎から小説が出版されました。 東日本大震災など楽曲制作時とは違う状況を織り込み、登場人物の名前なども架空の人物となっています。 風に立つライオン ネタバレ結末ラスト 映画「風に立つライオン」の 結末ラストの予想です。 航一郎は生き延びるために銃を手に取って戦おうとしますが、かえって重傷を負ってしまいます。 瀕死の状態で救助される航一郎。 しかし医師である航一郎以外、誰も助けることはできません。 和歌子も何とか手を尽くそうとしますが、何もできず途方に暮れ、ついに航一郎は命を落としてしまいます。 彼の死は遠く日本に遺してきた恋人・貴子に伝わります。 悲しみに打ちひしがれる貴子のもとに航一郎が生前出した手紙が遅れて届きます。 航一郎のナレーションをバックに、貴子は手紙を読み、泣き崩れてしまいます。 こんな感傷的な展開はいかがでしょうか。 予告編動画 風に立つライオン 感想 映画「風に立つライオン」の 感想です。 本作は、緊急医療もの、アフリカものの、海外で活躍する日本人を描いた作品が好きな方にとっては注目の一本です。 バイオレンス色の強いアクション作品が有名な三池監督ですが、本作をどのようにディレクションしたのでしょうか。 また新しい三池監督の魅力が花開いた作品かもしれません。 主演の大沢たかおのヒット作として、現代から幕末にタイムスリップした医師を演じたテレビドラマ「JIN-仁-」がありますが、医師役がとても似合う俳優です。 その誠実な雰囲気が合うのでしょう。 「JIN-仁-」では大沢たかおを演じる主人公を支える看護師役として、綾瀬はるかが出演していましたが、本作では綾瀬に代わって同じホリプロ所属の石原さとみがその役を務めているのも興味深いところです。 主人公と衝突しながら信頼を深めていくストーリーなので、大沢たかおと石原さとみがどのような掛け合いをしているか、非常に注目されます。 本作の原点となっている、さだまさしの主題歌も注目です。 さだの主題歌のセルフカバーにあたり、オリジナルと同じく盟友・渡辺俊幸がアレンジを担当しています。 49人編成のフルオーケストラとともにレコーディングが行われ、オリジナルを超える9分37秒の大作となっています。 聞きごたえ十分に出来上がっていると思われます。

次の

活動実績

風 に 立つ ライオン

解説 さだまさしによる同名曲のファンである大沢たかおが、小説化と映画化を熱望し、自身の主演、三池崇史のメガホンにより映画化が実現。 アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。 日本に恋人を残しながらも、ケニアの地で充実した日々を送っていた航一郎は、現地の赤十字病院から1カ月の派遣要請を受ける。 そこで彼が目にしたのは、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵であるという事実だった。 そんな中、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれた。 目の前で両親を惨殺され、麻薬でかき消されたという深刻な心の傷を抱えたンドゥングに、航一郎は真正面から向かっていくが……。 2015年製作/139分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 実話を土台にしてるからだろうか、どことなく物語がギクシャクしている。 もっと完成度の高い物を予想していたので意外だったが 本物の人生なんてそうそう見る側に親切ではないのだ。 大沢たかお演じる医師は、実在の方だそうで この物語のようにアフリカでお亡くなりになってるわけではなく今もご健在の様子。 この生き方こそに敬意を表したい アフリカに限らず、内戦の悲惨さは対外戦争の比ではない。 ほとんどが地上戦だし 住んでいた家が瓦礫の山になる。 アフリカにおける内戦はさらに容赦ない。 命の重みを忘れてしまう。 さっきまで隣に居た者が次の瞬間 血塗れになって息絶えている。 そういう彼らには 人を殺さねば我が身が生きられぬ日々がある。 彼らの思想には、残念ながら介入できない。 彼らの血を黙ってぬぐい、救える命を救い、痛みを和らげてあげる事。 これが先進国と言われる国の医師がしてあげられる唯一の事ではないだろうか。 そう思って見ると この映画が 浅く見えてくる。 中村医師でさえ亡くしてしまった今 この映画には重心が無いように見えてくる。 この主人公が、幸福にも平和ぼけ とても良い意味で 出来る国に生まれた1人の医師の無茶な行動に見える。 大丈夫 大丈夫 そう言って 現地人すら危険に巻き込んでいる。 設定年度を数十年現代に近づけ 東日本大震災と絡めたのは欲深過ぎなのでは? 演技にもぎこちなさが見え しょっぱなのお医者さん? 演技は未経験だろうか。 逆にみなさんに不評の長崎の五島のみなさん とても演技が自然で上手で驚いた。 見事なものだ。 棒読みって言うけど、ああいうイントネーションが本物なのですよ九州弁は。 違和感のない方言 当たり前 で、俳優陣の方が下手に見える。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

風に立つライオン

風 に 立つ ライオン

さだまさしさんの本というだけで手に取った一冊の本、久々に心にジンジンと熱い感動を頂きました。 アフリカでの僻地医療、巡回医療に青春を懸けられた青年医師、そう実在される柴田紘一郎医師の物語。 恋人との別れと内戦で傷ついたンドゥングを手当保護がきっかけで医師となり東日本大震災で活躍されるという心のバトンに涙させられた。 「ガンバレ」は人に言う言葉でなく「自分を叱咤するときの言葉なのだ」との航一郎の言葉がずっと残ってるし泣く泣く恋人との別れで「お願いだから、しあわせになってください」の一行の手紙がさださんの同タイトルの音楽聞いて思いが伝わり涙誘われた。 流れるようなさださんの綺麗な文体が心地よくさらりと読了。 また素敵な一冊に巡り会え感謝でした。 いゃ〜!面白かった。 感動小説。 読みながら、先日アフガンで銃撃されて、亡くなった中村哲医師を思い出した。 東日本大地震の前に曲ができて、東日本大地震あとに小説ができている。 物語は震災後の石巻市を訪れるケニヤ人医師の独白から始まる。 感動のヒューマンヒストリー! 映画にもドラマにもなっていた。 機会があれば見てみたい。 希望なんだ。

次の