百瀬 直也 ツイッター。 地震研究者【百瀬直也】

百瀬直也の自己紹介|百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー|note

百瀬 直也 ツイッター

TOCANAの記事 今日は頭痛でダウンの後で、しかもこれから急ぎで原稿の執筆が入ってきたので、この記事は手短に書く。 昨日15時頃に掲載されたようだが、頭痛で早く寝たりしたために気が付かず、今朝11時まで寝て目が覚めた後で気づいた。 トカナの記事の内容は、だいたい今までこのブログで書いた内容のまとめで、一人だけが予言しているだけでなく、また前述の日食・月食のダブルパンチもあり、今月は大きな地震に要注意だ。 TOCANAの記事は、『【地震予知速報】7月中に千葉を震源とする巨大地震で関東壊滅か!? ヤバすぎる天体配置、予言者たちも一斉に警告する超異常事態!』と題したもの。 いつもの通り、編集者が付けるタイトルはあまり気にしないで、まず下記の記事を読んでみてください。 すでに皆既日食の影響で大地震が この記事、今朝すでに人気記事ランキングのトップに躍り出ていた。 こちらでお願いすべきだった。 現時点で、皆既日食の前後に以下のような地震(M6. 0超)が起きていた。 】の行を加えておいた。 また、そろそろ今度は部分月食の影響も考慮しなければならない。 日食・月食に挟まれた期間は厳重注意 前述の、日食・月食に挟まれたという意味では、トカナ記事でも書いたが、1923年の関東地震(関東大震災)を思い出す。 今月のケースとは逆だが、部分月食と皆既日食とに挟まれた期間中に、大震災が起きてしまった。 他にも、以下のような大地震が起きていた。 4 この時も部分月食直後にカリフォルニア湾でM6. 5の地震が起きていてギクッとするが、たまたまそういう巡りだったのかもしれない。 このように、日食・月食に挟まれた期間は要注意なのだ。 前述の皆既日食の影響期間中に、一巡して日本あたりで大きく揺れてもおかしくないだろう。

次の

次はいつ? 信頼できる「地震予知サイト」11選

百瀬 直也 ツイッター

名前:ミシェルキャンディ(本名不明) 出身:大分県 職業:自営業 ミシェルキャンディですが幼少のころから不思議な体験をし 多くの霊体験をしてきたようです その後、予知夢や霊などを見るようなったそうです ミシェルキャンディの予知方法は ・手のひらダウジング 地図に手をかざし自身が起きる場所を特定 ・オーラ 背中から出てる人のオーラの色や守護霊が見えます ・走馬灯の色 死期が迫った人などのオーラを見ることができる ・地震体感 地震が起きる前兆として耳鳴りや体調が急激に 悪くなりその後高確率で災害が起きます ・未来を知らせる時計 夢で実際に起こる景色を予知夢を見た後災害や震災を知らせる 時計で購入して25年以上のもののようです ミシェルキャンディの2020の地震予知まとめ M5後半体感反応あります。 先日の千葉東方沖後まだM5前後でしたが、先程から上がりました?? 耳鳴り爆音中です。 — キャンディ loversky7211 耳鳴りが、す凄い(泣) — キャンディ loversky7211 おはようございます。 昨日の耳鳴りは爆弾低気圧の可能性がありますね、ただ昨夜睡魔でダウン前に火山噴火系か海外M7前後か国内M6前後のいつもの特殊体感反応がありました。 体感反応は感知したかわかりませんが、一応3日間注意してて下さい。 — キャンディ loversky7211 M5半体感反応あります。 様子見てまた報告します。 — キャンディ loversky7211 おはようございます。 体感反応があります。 今のところ強震系オルゴールが鳴る反応はありませんが、先日の茨城南部くらいの規模の可能性があります。 最近体験談を話していますが体験談は沢山あり今後別サイトに移動させたほうがいいか検討してみます??? 今日も一日よろしくお願いします。 — キャンディ loversky7211 昨夜睡魔後耳圧あり、千葉茨城が揺れる時の反応か強震系反応ですので報告しておきます。 — キャンディ loversky7211 昨夜睡魔後耳圧あり、千葉茨城が揺れる時の反応か強震系反応ですので報告しておきます。 — キャンディ loversky7211 2020年1月前半から千葉・茨城に地震予知を体感反応があるとの ツイートが連発していました 実際に千葉県では頻繁に地震が起きています 南海トラフ2020は震度8級 東京オリンピックが・・・ 高確率で起こるといわれている南海トラフ地震 震度8以上にもなるといわれています 南海トラフは過去1400年の間に100年~200年間隔で大地震を 発生させていて前回は1946年に起きた昭和東南海地震でした 日本でも最近やたら地震発生率が多く毎日のように地震速報を 見る毎日 現在、新型コロナウイルスが発生した日本では東京オリンピックの 開催が中止になるかもとの報道もあるようですが、それに加え 南海トラフ地震が発生してしてしまったらと思うと背筋が凍るほどの 恐怖を覚えてしまいます 今のところミシェルキャンディの南海トラフの予知はありませんが 未来人Yの予言ではとんでもない内容が 未来人Yの予言 南海トラフ地震を ミシェルキャンディと違い未来人Yは未来から来た 人物です 私たちが江戸時代や戦後の日本を知っているように 未来人は今の日本で何が起こるか知っています 未来人Yが予言している2020年~2022年の内容は 2020年 アメリカとイランが武力衝突 2021年 中東戦争が起こる【第三次世界大戦ではない。 小規模な戦争】 2021年 日本の仲介で戦争が終わる 2022年 静岡でメガマウスが発見される【南海トラフ地震の前兆と言われる】 2022年 各地で小規模な地震が続く 未来人曰く南海トラフ地震が発生する時期はすぐそことのことです まとめ 今回は、地震予知2020年について調べてきました ミシェルキャンディは予知夢や体感で今までも多くの災害を あててきた人物です 実際何も起こらなかったというときもありますが他の予言者といわれる 人も南海トラフ地震に関してはかなりリアルな予知をしています 2020年は東京オリンピックが開催されます 何もないことを心から祈りたいものです.

次の

【地震予言】7月中に千葉を震源とする巨大地震で関東に大被害か?皆既日食→部分月食のダブルパンチで能力者たちも予感が一致

百瀬 直也 ツイッター

もくじ• 天体の配置から地震の前兆を見る 百瀬氏は、地震の発生と天体の配置に関連があると仮説を立て、ブログでも解説しています。 例えば2019年に入り、アリューシャン列島、ブラジル、そして小笠原諸島で次々とマグニチュード5~6を記録する地震がありましたが、1月6日には部分日食が起きています。 部分日食時の天体配置を見ると 「惑星集合」となっていました。 ここに地震を発生させる「力」のようなものがあるのではと考え「新月」「惑星集合」「部分日食」は大きな地震が発生する可能性が高いと指摘していた通り、地震が複数発生しました。 天体の配置から前兆を予知するというのはユニークな試みですが、全くアテが外れているわけでもないことがわかります。 月の位相、天体の配置、そして日食や月食の関係から地震発生の可能性を探るというのは、超常現象研究家として活躍されてきた下地があるからだと思います。 地震予測の方法は無数にありますが、その中のいくつかの予測方法と照らし合わせながら、百瀬氏の視点も取り入れると納得の行く答えが出てきそうです。 動物の動きも地震予知の参考にしている 地震が発生する前兆として 動物の異常行動があると言われています。 その根拠は科学的にははっきりしていませんが、動物の行動について研究が行われています。 百瀬氏も、動物の行動と大地の揺れとの関連性を見ていて、彼のブログには「ちび子」というジャンガリアンハムスターが登場します。 ちび子は揺れが近づくと 運動量が変わるというのです。 実際1月8日に、千葉南部でマグニチュード4.2の地震がありましたが、発生の2日前ほどから急に運動量が増加。 動物は何か危険を察知する能力を持っていると言われていますが、やはり地震発生を本能的に察知している部分はあるのでしょうか。 動物の異常行動については、まだまだ研究の余地がありますが、動物の行動と地上の異変との関連性はまったくないとは言い切れません。 百瀬氏は、関東で起きた地震と、その時期のちび子の運動量の増減に一定のパターンを見ていますが、もしそれが本当に地震予知につながっているとしたら、地震前兆研究家でなくても 「もしかしたら来るかも」と、知ることができそうです。 ダウジングを用いて地震予知を試みている ダウジングは、棒や振り子を使って地下に眠る鉱脈や地下水を探し当てることですが、百瀬氏は 「マップダウジング」という独自の手法を使って、地震と噴火発生の予知を試みています。 百瀬氏は、このマップダウジングを行うために、日本各地の聖地などを巡って地震発生を予測しているのです。 ダウジングは超常現象とも言われていますが、こういった手法を地震予測に取り入れるのは、やはり 超常現象研究家ならではとしか言いようがありません。 百瀬氏のダウジングは科学的ではないものの、導き出された地震予知が当たったということはしばしばブログで報告されています。 誰もが使える方法ではないにしろ、熟達したものや直感、言葉では言い表せない、危険を予知する目に見えない「何か」をダウジングは捉えているのかもしれません。 地震予知は言葉でいうほど簡単ではなく、現代の科学技術を以ってしてもなかなか予測が難しいです。 なので科学的に分析され導き出された地震予知と、百瀬氏のようにユニークな視点を持ったもの両方を参考にしたくなります。

次の