クロームブック デメリット。 【カンタン解説】サクサク軽快Chromebook(クロームブック)のメリット・デメリット

WindowsとMacとChromebook(OS)それぞれのメリットデメリットまとめ!おすすめ・人気機種も紹介します

クロームブック デメリット

by 私は日々Chromebookを絶賛しているわけですが、熱心な読者様においてはこんな疑問を持たれることでしょう。 Chromebookが良いものなのはわかったけど、不便な点もあるんじゃないの? たしかにメリットばかりをお伝えするのは少し卑怯かもしれませんね。 正直なところ、Chromebookを2年使ってみて、ここはデメリットかもしれないと感じる点もいくつかございます。 デメリットは?Chromebook歴2年の私が感じる5つのマイナス点 Web上に情報が少ない Chromebook使用者の一番の悩みは、Web上の情報が少ないことでしょう。 まだ登場して10年も経っていない非常に新しいパソコンなので、操作方法で困ったときにググってもすぐには情報が出てきません。 ときにはメーカーに問い合わせたり、海外の英語サイトで質問をしてみたり、何かと調べるのに時間が掛かったりします。 私にとってはそれが楽しくもあるのですが、面倒くさく感じてしまう人も多いかもしれませんね。 アプリを探したり慣れるまでに時間がかかる Chromebookでは、文書作成はWordではなくGoogleドキュメント、表計算はExcelではなくGoogleスプレッドシートなど、WindowsやMacbookとは異なるアプリケーションを使って作業をします。 そのため、はじめてChromebookを使う人は、独自のアプリに慣れるまでに少し時間が掛かるかもしれません。 GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートはWord・Excelとほとんど同じ操作で使うことができますし、アプリの対応もどんどん進んでいます。 ただし、たとえば画像編集ではPhotoshopの代わりにPixelr Editorというアプリを使ったり、EvertoteがWeb版のアプリにしか対応していなかったり、現状はほかのPCとまったく同じように使うというのは難しいですね。 ほとんどのアプリケーションはインターネットに繋がっていない環境でも動きますし、データは一時的にローカル(本体)に保存されます。 だから決してオフラインで使えないということはありませんが、やはりオンラインに比べるとできることは制限されます。 私に言わせれば「Chromebookはオンラインで使うためのパソコンなんだから当たり前じゃないか!」と思うわけですが、「オレはインターネットなんか使わないんじゃ!」という硬派なあなたにはChromebookは向かないかもしれませんね。 3Dゲームや長時間の動画編集には向かない Chromebookというのは、軽量級のスプリンターなんです。 とにかく身軽なので、通常の作業であれば高速でサクサク動きます。 でもパワーを必要とする種目はちょっと苦手。 たとえば3Dゲームだったり、長時間の動画編集のような作業には向いていません。 逆にいえば、Chromebookが進化して重たい作業もこなせるようになれば、穴のない最強のパソコンになることでしょう。 実機を置いている店舗が少ない Chromebookを購入する前に実機を触ってみたいというのは当然の悩みでしょう。 Amazonや楽天などのオンラインショップでは手軽に買うことができますが、Chromebookは実店舗ではなかなかお目にかかれません。 都内であればビックカメラ池袋本店のパソコン館などはChromebookやChromeboxも充実しているのですが、地方だと実機を置いている店舗を見つけるのはなかなか大変かもしれませんね。 というわけで、Chromebook歴2年の私が感じるChromebookのデメリットを5つご紹介いたしました。 どんなモノにでもデメリットはつきものですが、そんなデメリットをはるかに上回るだけの魅力がChromebookには詰まっています。 一度手にとっていただければ、きっとあなたにもその魅力が伝わるはず。 最後までお読み頂きありがとうございました。 またのお越しをお待ちしております。

次の

Chromebookのメリットとデメリット

クロームブック デメリット

この記事の目次• まずはChromeだけで1日過ごしてみよう Chromebookが気になっている方は、まずWindowsでもMacでも、1日Chromeだけで過ごしてみるといいと思います。 テキストエディタや画像処理やオフィスなどを使う、というケースでも、Webアプリに置き換え可能ですので、それを使って1日過ごしてみると判断つくかと思います。 まったく問題なければ、Chromebook、ほんと買いですよ。 ・画像処理 ・オフィス ・テキストエディタ 参考ページ: 普段から、G-Mail、Dropbox、Googleドライブ、他Webサービスで事足りている方は、まったく問題無いと思います。 Chromebookのデメリット Chromebookに興味がある方のほとんどは、 現在の環境とどれくらい変わるのか、という1点につきると思います。 デメリットというか、何を捨てなくてはいけないのか、という割り切りというか。 ・ 印刷はWindowsなど母艦、もしくはクラウド印刷で対応 印刷業務が多い方は、さすがにここがデメリットかもしれません。 公式ページにも書いてありますが、クラウドプリント対応のプリンタに出力することになります。 つまり、そもそも印刷業務がほとんど無い方は、Chromebookはまったく問題がないと言って良いでしょう。 使用頻度によっては、セブンイレブンなどのネットプリントでもいいかもしれません。 >> ・ 画像のクリップボード処理がアプリ次第 テキストのコピー&貼り付けはなんら問題ありません。 ただ、画像処理などクリエイティブ系アプリでコピー&貼り付けをするときですね。 ブラウザアプリで画像処理することになりますが、そのクリップボードの扱いが、アプリによってじつはバラバラなのです。 cacooでも、Pixlr Editorでも、画像データのコピー&貼り付けは、別途アプリを組み込んで行うことになります。 おそらく思われます。 保存などは、DropboxでもGoogleドライブでもいけるので、問題ないんですけどね。 ただ たったこれだけです。 あと、以下はデメリットではないのですが、覚えておいたほうが良い仕組み的なことです。 WindowsやMacなどパソコンと決定的に違うところになります。 上記がまったく問題なければ、いかに普段の作業がブラウザベースになっていたかと気付かされるはずです。 ・ 内臓ハードディスクは16GBバイトのものがほとんど。 これはデメリットではなく、 そもそもテンポラリとしてしか使うことを想定していませんので、ぜんぜん十分です。 心配な場合はSDカードなど外部メモリ利用で良いかと。 ・ ファイルの扱いはファイルアプリというアプリを使う 直感的には意識することはないのですが、そういうアプリを使っているんだ、と認識しているだけでつまづきの回避ができるでしょう。 一時的な保存はネットが使えなくても大丈夫。 ローカルストレージや上記テンポラリのSSDがあります。 ・ ネットが前提 これはChromeOSの仕組みですので、仕方ありません。 ゆえに、データはすべてクラウド上にあるため、機種の買い替えなどでも、物凄く楽です。 Chromebookのメリット オフィス系作業がメインの方は、メリットのほうが大きいのではないでしょうかね。 ・ PCと違い、必要なときだけしか通信しない Dropboxなど同期系が背後でつねに動いている、といったことがありませんので、テザリングなども気にする必要はないでしょう。 ・ 紛失時もアカウント対応だけでOK パソコンの場合は、HDDを読まれてしまえばアウトですが、Chromebookの場合はそもそもGoogleアカウントにログインできなければ何も出来ません。 紛失や盗難後にすぐにアカウントのパスワードを変えるなど、対応すれば大切なデータも安心です。 ・ 起動がとにかく早い デルのChromebookは、シャットダウンしても、蓋を開けるとすぐに電源がはいり、数秒で起動します。 スマホのスリープ解除なみに早いです。 ・ 操作系はほぼ問題なし ショートカットやファンクションキーなどもほとんど網羅されています。 通常使うぶんにはまったく問題なく移行できるはずです。 ・ どうしても心配ならリモートでPCが使える 母艦のWindowsやMacに、Chromeのリモートデスクトップアプリを起動させ共有しておけば、ChromebookでWindowsが普通に使えます。 ブラウザ内で遠隔操作できちゃうんです。 遠隔で母艦を使うので、ファイルの保存などはそのPC側になりますが、保存先をDOROPBOXやONEドライブなど共有ディスクにしておけば、まったく問題なしです。 ほんと、凄い時代になりましたよね。 ・ 価格が安い これが圧倒的メリットかと思います。 縛りがありながらも端末代金0円に慣れた世代であれば、それ以外のデバイスは安ければ安いほど良いと思います。 Chromebookはたいていが5万円以下で買えます。 また、そもそもChromeOS自体が無料なので、昔のPCを引っ張り出してきてインストールできます。 <参考ページ> >> >> >> >> Webマーケティング界隈の方々は、ほとんど問題無いかと思われます。 ご興味ある方は、Amazonのレビューなども参考にされると良いでしょう。 デルChromebook・CB1C13の同梱物。 これと薄い保証書のような取説のような紙が含まれます。 厚みは薄型ノートブックの標準的なものと同等です。 画像は無印の名刺入れと比較しています。 HDMIとUSBとイヤホン端子。 ACアダプタはモバイルバッテリーくらいの大きさ。 ジャックがぼんやりと光るデザインがおしゃれ。 デルChromebook・CB1C13は、日本語キーボードなので、まったく違和感なく操作できます。 ファンクションキーがなくてもショートカットで代用できますので、問題ありません。 SSDなのでキーボードが熱くならないのもいいです。 タッチパッドは、指2本タップで右クリック、指2本スワイプでスクロールなど、軽快に扱えます。 前面カメラもありハングアウトも快適です。 いわゆる、 所有する喜びを感じられるようなデザインで、とても気に入ってます。 ちなみに、フォントなのですが、なんとあのフォトショップで有名なです。 美しいタイプフェイスで惚れ惚れします。 というわけで、気になっている方はほんとオススメです。 ・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。 よろしければLINE をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。 記事を気に入ったというかたはぜひ。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

デメリットは?Chromebook歴2年の私が感じる5つのマイナス点 | cafe.jenkster.com

クロームブック デメリット

東急ハンズが、Windowsを止めて、Chromebookを採用するようです。 Chromebookを選択する理由は「安いから」(長谷川執行役員)。 同社の要件に合うWindows 10搭載のノートPCは10万円台前半なのに対し、Chromebookならその半額ほどで済む。 安いからという理由で、Chromebookを選択するのは、正直どうかと思います。 数年後に「Windowsに戻しました」なんてことになってるかもしれません。 Chromebookは、「安い」「速い」「セキュリティが高い」の三拍子が揃っておりますが、いかんせんITリテラシーが高くないと、使いこなせません。 IT系のSOHO、スタートアップで使うのなら何の問題もありませんが、東急ハンズのような大企業で導入すると、様々な問題が出てくる可能性が高いです。 社内のPCの9割をChromebookに入れ替えるって、かなり冒険してる感じがします。 今までWindowsで当たり前に出来たことが、Chromebookだとできませんので。 この記事では、Chromebookのメリットとデメリットについてお伝えします。 Chromebookのメリット まずはChromebookのメリットから見ていきます。 本体価格が安い• 起動が爆速• Chrome OSは、スペックが低くてもサクサク動く• クラウドで仕事を共有• 2段階認証をかければ、データ流出の可能性が低い• ウィルスにかかる心配がない• G Suiteに加入すればGoogleの電話サポートが付く 本体価格が安い 2万円くらいでそこそこのスペックのChromebookが購入可能です。 3万円も出せば、かなりスペックの高いものをゲットできます。 起動が爆速 起動はものすごく高速です。 パスワード入力まで入れても7秒くらいで起動します。 Chrome OSは、スペックが低くてもサクサク動く Chrome OSはブラウザだけなので、CPUのスペックが低くてもサクサク動きます。 CPUのスペックは低くても、メモリが4GBあれば快適に動作します。 メモリの増設はできないので、間違ってもメモリ2GBモデルを選ばないでください。 クラウドで仕事を共有 作成したデータは、Chromebook本体に保存せず、クラウドのGoogleドライブへ保存します。 なので、上司はアクセス権を設定しておけば、部下の仕事をチェックすることができます。 また、社員が退職したときも、ファイルはGoogleドライブに保存されているので安心です。 2段階認証をかければ、データ流出の可能性が低い ChromebookはGoogleアカウントでログインして使います。 Gogoleアカウントに2段階認証をかけておけば、Chromebookが盗まれたとしても、データ流出の可能性はほとんどありません。 Chromebookのデメリット Chromebookのデメリットを見ていきます。 ネットに繋がってないと使えない• Microsoft Officeが使えない• データをデスクトップに保存できない• インストールできるアプリケーションは、「Chrome拡張機能」と「Chromeアプリ」だけ• IPアドレスを指定してプリンターを接続 ネットに繋がってないと使えない Chromebookは、ネットに繋がってないと何もできません。 外出先はテザリングで使うことになります。 Microsoft Officeが使えない Microsoft Officeが使えません。 Word・Excelのファイルを社外とやり取りする場合は、かなり面倒。 Googleドキュメントを使って、共有すればいいだけの話なんだけど、社外の人と、Googleドキュメントで共有するって、敷居が高いですよね? データをデスクトップに保存できない データの保存先はGoogleドライブになります。 データをデスクトップに保存するという仕組みにはなっていません。 Googleドライブに保存するということは、ネットに繋がってないと使えないということなのです。 一応、ネットに繋がっていない場合には、ダウンロードフォルダ・microSDに、データを保存することが可能です。 でもね、現実的に使うことは全くありません。 だって、Googleドライブにアクセス出来ないと、元のデータを参照できないですからね。 インストールできるアプリケーションは、「Chrome拡張機能」と「Chromeアプリ」だけ インストールできるアプリケーションは、「Chrome拡張機能」と「Chromeアプリ」だけです。 Check! Chromebookの機種によっては、Androidアプリをインストールすることも可能です。 Check! IPアドレスを指定してプリンターを接続 Chromebookは同じWi-Fiもしくは有線ネットワークに接続しているプリンタで印刷できます。 WindowsやMacのようにプリンタドライバをインストールしてプリンタに接続するわけではないので、この辺の仕組みが分からないと、デメリットになると思います。 まとめ Chromebookのメリットとデメリットについてお伝えしました。 Chromebookは、Windows・Macと基本的なシステムが異なります。 WindowsやMacとの最大の違いは、「デスクトップにファイルを保存できない」「アプリケーションがインストールできない」ことだろうね。 このシステムの違いが分からない人が、Chromebookを使うとストレス溜まるかも。 あとね、さくっとネットで調べられるユーザーならば、Chromebookのメリットの恩恵を受けられますが、そうでないユーザーにとってはChromebookのデメリットの方が大きいかもしれません。

次の