イージー ノッカー。 【楽天市場】イージーノッカー 野球 ザナックス XANAX ノック専用 ラケット 硬式対応可能 簡単ノック 人気 練習 BNB6200 あす楽:MOVE select

BNB6200 イージーノッカー (ノック専用ラケット)|ザナックス公式オンラインショップ

イージー ノッカー

アルペンやスポーツデポでお目当の売場へ行き商品を探していると、とても詳しいスタッフからアドバイスを受け、満足いくアイテムを購入できた…なんて経験はありませんか? それもそのはず、店頭で接客しているスタッフは、元プロ野球選手や高校・大学までガッツリと野球にのめり込んでいた選手たち。 ハイレベルな野球経験があるだけでなく、お客様のどんな要望や相談に応じられるよう新商品情報が出ると自ら試し、実体験のデータをもとにお客様に商品についてご案内しているからです。 試打会にあわせて、新しいアイテムも試せるよう各メーカーさんの前に新商品も並び始めました。 すると、発売以来爆発的な人気で、現在も品薄であるアシックスさんのトレーニングバット「カウンタースイング」に興味津々の試打会メンバーが、さっそく説明を受けています。 「カウンタースイング」は、カラダの使い方を意識したスイングを習得するために開発されたトレーニングバットで、音の違いによってスイングチェックをサポートしてくれる商品。 しっかりカラダ全体をひねるような動作を使って打てると、ボールのインパクトまでの距離がすごく長くなるので大きな力を出せるようになるだけでなく、低めのボールになっていく変化球などをしっかり残って見極めができるようになるということで、音を聞き分けながら実際に振り比べていました。 場所を変えて様子を伺いに行くと、次はラケットのようなアイテムでノックをしている試打会メンバーを発見。 バットでのノックと、ラケットでのノックを振り比べていました。 ラケットは、ザナックスの「イージーノッカー」。 ちなみに今回は、試打会のサポートに来ている野球経験未経験者のスタッフに、ラケットを振ってもらって検証している様子。 ラケットから飛び出すボールの速さとコントロールの秀逸さに、みんな驚きです。 力が要らない。 狙ったところに行くし、強弱つけやすくて非常に楽なので、バットを振ったことのないお母さんでもこのラケットがあれば気軽にノックできると思います。 ただし、打てる面は広いけれど、ラケットの中央にきちんとボールを当てないと、手にビリビリきますね。 「野球経験のない僕が、これだけ同じ打球を打ち続けることができているので(笑) お父さんお母さんがイージーノッカーを使うことで、休日に子供の相手もできますし、チームでの練習もコーチがいなくてもできてしまう。 試してみたい新モデルのスパイクシューズやグローブに履き替え、準備万端のメンバーたち。

次の

【楽天市場】イージーノッカー 野球 ザナックス XANAX ノック専用 ラケット 硬式対応可能 簡単ノック 人気 練習 BNB6200 あす楽:MOVE select

イージー ノッカー

高校野球の名門、済美高校(愛媛県)出身の同級生お笑いコンビ「ティモンディ(グレープカンパニー所属)」。 高岸宏行(27歳)の独特な口調から繰り出す大胆なギャグに対して、冷静沈着な突っ込みで返す相方の前田裕太(27歳)。 2人が出演するYouTube「ティモンディ ベースボールTV」の人気は凄まじく、野球芸人として大注目を浴びている。 今回、ティモンディの2人に、高校野球部時代の話を中心に語っていただいた。 高岸:僕が0歳の時に、グローブと一緒に寝ている写真があります。 父親が野球を大好きで、小さい頃から草むらで兄弟と野球を始めたのを覚えています。 前田:高岸は利き腕が左なのですけど、家に右利き用のグローブしかなかったので、右利きになったということです。 前田さんは、なぜ野球を始めたのですか? 前田:僕は小学3年生の時でしたね。 友達に野球を誘われてやってみると、凄く褒められたのが楽しくなって、のめり込んでいきました。 指導者と保護者のお陰で、楽しく伸び伸びと野球をできました。 野球を通じて、友達との絆を深めることができましたよね。 前田:僕は、ピッチャーと外野をやっていました。 ホームランを打つとメダルを貰うことができて、家にメダルが沢山ありました。 バッティングに自信が付きましたよね。 野球で自信なんてなかったので、周りの仲間たちが「一緒に成長しよう」とやってくれたので楽しかったですよね。 新しい仲間も増えて絆ができたのが、宝物となりましたね。 前田:中学時代の監督が厳しかったのでしょ? 高岸:はい。 監督が平安高校のご出身で、いわゆるスパルタ教育でしたね。 練習で毎日200球投げて、バッティング練習はやらずに試合で打席に立つという3年間でしたよね。 3年生と体格の差がかなりあったので、「試合でどうやって戦うか」ということを常に考えながらプレーしていましたね。 その時の考え方が、今の仕事にも役立っています。 例えば、仕事ですごく実力がある先輩の芸人さんとご一緒した時に、「僕らがどうやれば良いのか」と考えるようになっています。 地元の愛媛県にある済美さんからご縁があったので、迷わず行きましたね。 前田:当時の済美は、全国で1、2番目に練習が厳しいと言われていました。 それに対して何も思わなかったの? 高岸:当時練習をすればする程、量をこなせば上手くなると思っていたので、ワクワクしながら済美に飛び込みましたね。 済美が選抜初出場で初優勝をして、夏に準優勝したのを見ていました。 「済美で甲子園に出て活躍したい」というのを考えて進学しましたね。 前田:入寮した初日に仲良くなりましたね。 覚えているよね? 高岸:新しいチャレンジ。 皆ギラギラしている中で、初めて目が合ったのが、前田でした(笑)。 前田:高岸は、ニワトリみたいな目をしていましたね(笑)。 高岸:それで一緒にキャッチボールをして仲良くなりました(笑)。 前田:1年生の時が1番しんどかったですよね。 やったことがない、よく分からないことが多かったですから。 高岸:最初、監督さんと先輩が話す言葉を理解できなかったですからね。 前田:野球の発声や監督の方言の意味が分からなく、外国に来たような感覚がありました。 よく分からない状態が続いたので辛かったですが、発声などを1ヶ月練習すると、徐々に慣れていきましたね。 その年は、これに勝てば甲子園という試合で大敗しました。 高岸は先輩たちの試合に出ていたよね? 高岸:その試合で、2対13で負けました。 最終回で僕が投げて4失点をしてしまいました。 試合後、先輩から「お前らの代は甲子園にいけよ」と言っていただき、「僕もこういう先輩になりたい」と思わせてくれる良い経験になりましたね。 甲子園出場を果たせましたか? 前田:辛い時期を他のメンバーと一緒に頑張ることができたので、ある意味家族となったような感じがありました。 高岸:高3は集大成でもありますし、苦しみを一緒に乗り越えて、勝利をするという喜びを分かち合いました。 残念ながらあと一歩で甲子園に出場することができませんでしたが、これからもずっと野球部の皆が家族であり仲間であると思います。 前田:僕と高岸は背番号をもらっていましたが、もらえない同級生達がスタンドから応援してくれていました。 今思うと、彼らは精神的にすごく大人でしたし、これからも恩返しをしていきたいと思います。 高岸:これまで、皆さんから応援によるパワーをいただいてきました。 芸人をやることで恩返しをしたいですね。 僕らが皆さんを、世界中を応援していきたいと思いますよね。 高校3年間で、1番思い出に残ることは何でしたか? 前田:僕自身は2年生の時に背番号をもらえると思っていたのに、もらえなくて辛い時期を過ごしたことがありました。 悔しかったですが、それを乗り越えて3年春の県大会に出場した時に、「報われて良かった」と思いましたね。 高岸:僕はどの練習も試合も、全部が1番の宝石となりますね。 鉄の棒、剣道の小手など色々な道具を使って練習していました。 守備で飛び込んでボールをキャッチする練習の際に、小手を使っていました。 グラブや軍手で飛び込むと突き指をしてしまう危険性があるのですが、頑丈な小手が指を守ってくれたので、思いっきり飛び込むことができました。 他には、ラグビーボールを使って練習したよね? 高岸:ラグビーボールを叩きつけて、イレギュラーしたボールを捕る練習をやりましたね。 前田:「野球に関係ない道具でも、野球に繋がるかもしれない」と思って取り組んでいました。 道具はペットと同じですから、これと決めたものは全て愛着を持って使っていましたね。 僕が触れたものが、僕のポケモンだと思って使い続けましたね。

次の

【楽天市場】イージーノッカー 野球 ザナックス XANAX ノック専用 ラケット 硬式対応可能 簡単ノック 人気 練習 BNB6200 あす楽:MOVE select

イージー ノッカー

イージーノッカーとは?その特徴は?ノック専用ラケット? イージーノッカーとは野球用品の総合メーカーのザナックスから発売されているラケットのような形をしたものです。 サイズは長さが59センチで重さが約460グラムとなっています。 テニスラケットのグリップ部分の先に長方形の枠があって、そこにネットが貼ってあるような感じです。 素材は、本体がナイロンとカーボンファイバーとなっていて、ネットの部分がポリエステルとなっています。 この製品の大きな特徴として、テニスボール等の軟らかいボールだけでなく、硬球や軟球それにソフトボールなども打てることです。 テニスラケットでも、テニスボールを使ってノックをすることはできますが、それでは打球の質や勢いなどが本物のボールとは違ってきます。 当然、バウンドの合わせ方や速さに対する対応等捕球する時の感覚も違ってきますし、送球の時にも試合で使うボールのようなわけにはいきません。 ですが、このイージーノッカーならば試合と同じボールを使うことが可能なのです。 使い方はとても簡単で、テニスで下から軽くボールを打つ感覚でトスしたボールを打っていきます。 あくまでも下から軟らかく打つことが必要なようで、テニスで言えばスマッシュやサーブのように上から力一杯打ってはいけないようです。 それでは、勢いのあるボールを打つことができないのではないかと思われるかもしれませんが、実際にはこれでも結構な勢いのノックをすることができます。 少年野球等では外野へのノックのできるようですし、あの難易度の高いキャッチャーフライも打つことができるのが嬉しいですよね。 普通はノックというと、長くて細いノックバットを使います。 これは力を入れなくても外野まで打球を打てるようにということで使われているわけですが、これは結構使いこなすのが難しいものです。 また、通常のバットを使うにしても、野球経験者でなければ、満足がいくノックを打つことはできません。 特に少年野球などでは、野球経験のないお父さんが練習の手伝いをすることもあるかと思います。 そんな時に頭が痛いのがノックです。 このイージーノッカーならばそんなお父さんの悩みを解決してくれるだけでなく、お母さんでもノックを打つことができてしまいます。 なんせ、 テニスのラケットと同じ使い方をすればいいわけですから。

次の