ちゃお デラックス 試し 読み。 ちゃお連載作品の一覧

まんが王国 『ちゃおデラックス』 ちゃお編集部 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

ちゃお デラックス 試し 読み

片想いミステイク3話ネタバレ 今日は体育祭。 士郎が走ると女子たちから黄色声援がとんだ。 つばさも、がんばってと声をかけたが、それを見た女子たちが士郎目当てで生徒会に入ったのではとつばさを目の敵にしている。 閑也は慌ててつばさの手を引っ張った。 借りもの競争で、「かのじょ」と書かれていたのでつばさを連れて走ることにしたのだ。 おかげで女子たちは、あの二人つき合ってるんだったねと、安心していた。 士郎もさすがだねと二人を見て拍手をしている。 けれどニセカップルを演じるのに疲れたつばさは、こんなことやめて士郎に告白しようかなと言い出した。 ちゃんと受け止めてくれるかもとつばさは思ったのだ。 そうこうしていると、士郎が別の女の子から告白されていた。 「私とハチマキ交換してください」と言われた士郎だったが無言でその場を去っていった。 体育祭では、好きな人とハチマキを交換するのが流行っているのだが、全く相手にされていないと他の女子たちは笑っていた。 その様子を目の当たりにしたつばさは青ざめる。 「あいつを攻略するのはそんな簡単じゃねぇよ」と閑也は言うのだった。 つばさがとぼとぼ歩いていると、士郎をみつけた。 さっきの告白をみてなんだかギクシャクしてしまうつばさ。 つばさはぐっと拳を握りしめ、さっきのはちょっとひどいんじゃないかと士郎に言った。 さっきの女の子と自分を重ねてしまったつばさ。 勇気がいることなのに、せめて話を聞いてあげてもいいのではと。 すると「わざわざ大勢の前で言ってくるなんて迷惑だ」と士郎は言う。 つばさは、士郎がひねくれてると呆れる。 士郎は、つばさこそなんでもいい風にとらえていると言ったのだ。 ひどいことばかり言う士郎に、「私が思っていたしろくんは・・・」といいかけた。 オレの何を知ってるのかという士郎は、そういうのも迷惑だと冷たく言い放った。 本当は冷たい人なのかもとつばさが落ち込んでいると、閑也はいつものつばさはどうしたんだと気合いを入れようとする。 これからリレーだからオレが1位になるところ見てろよと閑也は行ってしまった。 士郎が、準備を手伝いにこないつばさを呼びに来た。 つばさは、士郎と顔を合わせたくなくて、一人でやると倉庫へ逃げてしまった。 倉庫で転んでしまい、足を怪我したつばさ。 追いかけてきた士郎が「本当何やってんの」と自分のハチマキをつばさの足に巻いた。 ついドキッとしてしまったつばさ。 いじわるなのかそうじゃないのか、士郎の事がわからなくなる。 しっかり1位をとった閑也は、リレーを見てなかったつばさに怒っていた。 女子たちが、士郎がハチマキをしていないのを見つけ、誰かにあげたのかとざわざわしている。 つばさは、まだ告白しない、もっとしろくんのことを知りたいと思うのだった。 5年間も信じてきた恋をなめるなよとつばさは気合いを入れ直すのだった。 片想いミステイク3話感想とまとめ 士郎の考えてること、考え方、まだまだわからないことが沢山ですね。 つばさのことをどう思ってるのか気になりますが、嫌ってはいないんだろうなと思って期待しちゃいますよね。 ハチマキ、、、足にですがつばさに巻いたことに何か士郎の気持ちがこもっているんじゃないかなぁと。 閑也、つばさ、士郎と三角関係の予感もしますね。 次回のつばさの頑張りも楽しみです。 ちゃおや片想いミステイクは配信されていないのですが、下記サービスではちゃお連載中の他の漫画やちゃおデラックス、ちゃおホラーなどが読めます。 600円分無料で漫画が読めちゃうのでぜひお試しください。 ちゃお連載中の漫画が読める!.

次の

ちゃお連載作品の一覧

ちゃお デラックス 試し 読み

あつまれ どうぶつの森 加藤みのり• 大人はわかってくれない。 まいた菜穂• 片想いミステイク! 森田ゆき• ガル学。 ~聖ガールズスクエア学院~ おりとかほり• 今日からパパは神様です。 寺本実月• キョーダイなんかじゃいられない! 辻󠄀永ひつじ• げっし~ず 鮎ヒナタ• こっちむいて!みい子 おのえりこ• JKおやじ! 加藤みのり• そらいろメモリアル やぶうち優• 溺愛ロワイヤル 八神千歳• 同級生と恋する方法 大木真白• ねこ、はじめました 環方このみ• はろー! マイベイビー かわだ志乃• ヒーローくんに恋してるっ! 如月ゆきの• ブラックアリス なかむらさとみ• 名探偵は三姉妹!? あずき友里• メロと恋の魔法 篠塚ひろむ•

次の

片想いミステイク【最新話】3話ネタバレ!しろくんがハチマキを渡したのは…│シロカミエンタ

ちゃお デラックス 試し 読み

片想いミステイク3話ネタバレ 今日は体育祭。 士郎が走ると女子たちから黄色声援がとんだ。 つばさも、がんばってと声をかけたが、それを見た女子たちが士郎目当てで生徒会に入ったのではとつばさを目の敵にしている。 閑也は慌ててつばさの手を引っ張った。 借りもの競争で、「かのじょ」と書かれていたのでつばさを連れて走ることにしたのだ。 おかげで女子たちは、あの二人つき合ってるんだったねと、安心していた。 士郎もさすがだねと二人を見て拍手をしている。 けれどニセカップルを演じるのに疲れたつばさは、こんなことやめて士郎に告白しようかなと言い出した。 ちゃんと受け止めてくれるかもとつばさは思ったのだ。 そうこうしていると、士郎が別の女の子から告白されていた。 「私とハチマキ交換してください」と言われた士郎だったが無言でその場を去っていった。 体育祭では、好きな人とハチマキを交換するのが流行っているのだが、全く相手にされていないと他の女子たちは笑っていた。 その様子を目の当たりにしたつばさは青ざめる。 「あいつを攻略するのはそんな簡単じゃねぇよ」と閑也は言うのだった。 つばさがとぼとぼ歩いていると、士郎をみつけた。 さっきの告白をみてなんだかギクシャクしてしまうつばさ。 つばさはぐっと拳を握りしめ、さっきのはちょっとひどいんじゃないかと士郎に言った。 さっきの女の子と自分を重ねてしまったつばさ。 勇気がいることなのに、せめて話を聞いてあげてもいいのではと。 すると「わざわざ大勢の前で言ってくるなんて迷惑だ」と士郎は言う。 つばさは、士郎がひねくれてると呆れる。 士郎は、つばさこそなんでもいい風にとらえていると言ったのだ。 ひどいことばかり言う士郎に、「私が思っていたしろくんは・・・」といいかけた。 オレの何を知ってるのかという士郎は、そういうのも迷惑だと冷たく言い放った。 本当は冷たい人なのかもとつばさが落ち込んでいると、閑也はいつものつばさはどうしたんだと気合いを入れようとする。 これからリレーだからオレが1位になるところ見てろよと閑也は行ってしまった。 士郎が、準備を手伝いにこないつばさを呼びに来た。 つばさは、士郎と顔を合わせたくなくて、一人でやると倉庫へ逃げてしまった。 倉庫で転んでしまい、足を怪我したつばさ。 追いかけてきた士郎が「本当何やってんの」と自分のハチマキをつばさの足に巻いた。 ついドキッとしてしまったつばさ。 いじわるなのかそうじゃないのか、士郎の事がわからなくなる。 しっかり1位をとった閑也は、リレーを見てなかったつばさに怒っていた。 女子たちが、士郎がハチマキをしていないのを見つけ、誰かにあげたのかとざわざわしている。 つばさは、まだ告白しない、もっとしろくんのことを知りたいと思うのだった。 5年間も信じてきた恋をなめるなよとつばさは気合いを入れ直すのだった。 片想いミステイク3話感想とまとめ 士郎の考えてること、考え方、まだまだわからないことが沢山ですね。 つばさのことをどう思ってるのか気になりますが、嫌ってはいないんだろうなと思って期待しちゃいますよね。 ハチマキ、、、足にですがつばさに巻いたことに何か士郎の気持ちがこもっているんじゃないかなぁと。 閑也、つばさ、士郎と三角関係の予感もしますね。 次回のつばさの頑張りも楽しみです。 ちゃおや片想いミステイクは配信されていないのですが、下記サービスではちゃお連載中の他の漫画やちゃおデラックス、ちゃおホラーなどが読めます。 600円分無料で漫画が読めちゃうのでぜひお試しください。 ちゃお連載中の漫画が読める!.

次の