髪の毛 イラスト。 透明感・ツヤのある髪の塗り方講座|お絵かき講座パルミー

キャラクターの個性を演出する髪の描き方講座

髪の毛 イラスト

この講座について 今回はイラストレーターjimmyさんによる「キャラクターの個性を演出する!髪の描き方講座」です! キャラクターを特徴づける髪のバリエーションと、実際の描き方について解説しています! 2. ショート 最初に、ショートの髪型について紹介していきます。 キャラクターのイメージをかえたり、スポーツが好きなキャラクターを考える時の参考にしてみてくださいね! 内まき 内まきは、ショートカットの中でも女の子らしさを演出しやすい髪型です。 髪の毛を描く際にびっしりと描いていくのではなく、 おくれ毛などを描いてふわふわと軽そうなイメージにすると、 かわいらしい印象になります。 内まきは幼い女の子にもオススメの髪型です。 ぱっつんは髪をあまりギザギザと刻みすぎず、かつ均等になりすぎないよう気を付けながら、 ランダムにギザギザを入れていくと自然な髪型になります。 ポイントとしては、最初に一枚の紙をイメージし、その上から髪の毛を描いて、徐々に髪の毛にしていくと表現しやすいと思います。 以下のイラストを参考に適度にギザギザをいれてみてください。 ボーイッシュな髪型はクセの強い髪型ですが、常につむじと全体のバランスを意識しながら描くと、ぼざぼさし過ぎないので気を付けて描いていきましょう。 ボーイッシュはスポーツをやっていたり、活発なキャラクターによく似合う髪型ですね。 また、 髪のはね方でキャラクターに特徴を持たせることもできます。 例えば、獣耳のようなクセをつけてもキャラクター性を出すことができます。 ミディアム 次にミディアムの髪型を紹介していきます。 ストレート、ウェーブ、応用についても触れていきます。 以下のイラストで赤矢印で示した箇所です。 外側にハネる場合もありますので、キャラクターによって描き分けるといいと思います。 ウェーブは 最初にペラペラの紙をイメージして、以下のイラストのように徐々に立体感をもたせていくと描きやすいと思います。 また、何本も同じ動きだけで描くと不自然になってしまうので、ウェーブでもおくれ髪などを入れると自然な髪型になってきます。 シンプルな髪型であっても、前髪を斜め分けにしたり、上げたり、前髪の長さを変えるなどさまざまな工夫ができます。 以下のイラストの右下のように、髪の結び方によってもキャラクターの印象が変わります。 また、ピンやリボン、カチューシャなどアクセサリーを付け加えると一気に華やかな印象になります。 ロング 最後にツインテール、ポニーテールなどロングの髪型について紹介していきます。 ロングは髪が長い分、さまざまな髪型をつくれますので、ポイントを絞って解説していきます。 しばった髪の毛は結び目(以下の赤い矢印)に集まるので、そこも意識しましょう。 ツインテールの中でも、ボリュームの違いや高さの違いで印象が変わってくるので、自分好みを探っていくのも良いかもしれません。 また、 横を向いた時に生え際をしっかり描くことでリアリティを出すことができます。 女性らしさを演出したい時などにもオススメです。 ロングの場合も基本はミディアムと同じですが、見た目が重い印象にならないようにボリュームを抑えてあげると丁度良くなります。 後ろから見た ロングヘアーは、段がついていると毛先に向かうほど細くなっていき、ぱっつんだと一定の長さになります。 ウェーブはミディアムとほぼ同じ描き方ですが、ミディアムより大きく波打つ特徴があります。 波打つ数やどの高さから波打たせるかを考えて描き分けていきましょう。

次の

着色(顔・髪)

髪の毛 イラスト

キャラクターを描くとき、ぜったいに省略できないのが『髪』です。 バストアップでも後ろ姿でも、髪を描くことは避けられません。 髪は、だれもが初心者のうちから描いていくものですが、時間がたっても、なかなか満足のいく完成度になってくれないパーツでもあります。 なかでも初心者がもっとも陥りやすい問題が、「 髪がやわらかく描けない問題」です。 髪の描き方を調べてみれば「つむじから流して」とか「毛束を意識」とか、たくさんのアドバイスが出てきます。 もちろんどれも的確な指摘ですが、それだけではやわらかさは出せません。 やわらかく描けない大きな原因は、そこではないからです。 今回は やわらかく描けない原因と、 かわいいやわらかい髪を描くコツをお話しましょう。 *目次*• 髪がやわらかく描けない理由 髪がやわらかく描けない、かたく見えてしまう原因は、「 重さが上にきている」からです。 「髪に重み?」と思うかもしれませんが、 どんなものにも重みがあります。 ぺらぺらの紙にも、生えている髪にもです。 この『 重みの意識』が、髪をやわらかく描くためには必要不可欠です。 重みがあるところは、 太くなり、 丸みをおびます。 逆に重みのないところは、 まっすぐ細くなります。 重みを下へ持っていく たとえばこちらのイラストを見てください。 ロングヘアの女の子ですが、 髪がいかにも堅そうです。 この髪をやわらかくしていきましょう。 まず考えるのが、『 髪の重さの位置』です。 この髪の重さはどこにあるでしょうか。 重みがだいぶ上の位置にあります。 髪をやわらかく見せるためには、下に持っておりることが必要です。 重みを下に持っておりると、 毛先が重く丸くなります。 髪が少なくなるので、 毛先そのものはあまり太くはなりませんが、太くなる位置はかなり下におりています。 ぐっとやわらかくなりました。 重くなる位置がさがると、毛先が丸くなります。 逆に、重みのない真ん中あたりの髪は、まっすぐ気味になります。 重みの位置を変えるだけで、こんなにも質感がかわってくるのです。 まとめ 重みの位置を上げ下げすることで、いろんなかたさの髪を描き分けることができます。 かたい髪のキャラを描きたいときは 重みを上に持って来て、まっすぐ気味に。 やわらかい髪を描きたいときは 重みを下へ持っていって、毛先を重く丸くします。 ご覧のとおり、がらっと印象も変わるので、 キャラクターの描き分けにも便利です。 いろいろな髪の質感を描いてみたい方は、ぜひとも 「重みの意識」を上げ下げする練習をしてみてはいかがでしょうか。

次の

やわらかい髪が描けないあなたへ。「重さ」でわかる髪の描き方

髪の毛 イラスト

髪について のはやの裏を除くに生えるが、特に太く長い毛が頭部に集中して生えるものを 髪の毛という。 その数はおよそ10万本とされる。 が元気なうちはいくらでも伸びるが、そのまま伸ばしっぱなしにすると邪魔になるため、大抵の人は適当な長さに切り揃えている。 身体の一部でありながら、比較的容易に形状に手を加えられるため、個性の主張にも利用される事が多い。 特に女性のに関しては、、などして多様なバリエーションが生み出されてきた。 をする要素のひとつで、若々しさの象徴とも捉えられる。 転じて、の周囲に広がるガスをコマ(髪)と呼ぶ。 髪の色 ・・によってや質感が異なる。 幼少の頃は色素の薄いやであったのが、大人になるとになったりもする。 加齢によって毛のが抜けに、さらに年を重ねるとくなってゆく。 やも可能なため、髪色を変える事を楽しむ人もいるが、やり方によっては頭皮も含めてダメージが蓄積されるので留意されたい。 界隈では現実にあり得ない様々なが見られるが、その多くはである。 頭髪の色や髪型によってキャラクターの印象が左右されるため、においても頭の捻りどころと言えるだろう。 - 企画以外のイラストも有り• 他の記事言語 関連外部リンク• 関連記事 親記事.

次の