新盆 のし袋。 神式の初盆(新盆)とお返しマナー/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

神道・神式のお盆について知りたい

新盆 のし袋

初盆で使用する熨斗(のし)について、正しい知識をお持ちですか? 初盆は、故人の霊が初めて家に帰ってくると言われており、二年目以降のお盆よりも丁寧にご供養します。 通夜や告別式に参列することはあっても、初盆の法要に参列する機会は意外と少ないのではないでしょうか。 初盆の法要に招かれたら、用意するものは香典とお供え物です。 その際、香典を包むのし袋や、お供え物を包むのし紙について、正しい知識を知っておかなくてはなりません。 のしは、日本の贈答の特徴とも言えるものであり、間違った選び方をしてしまうと、相手に対して失礼にあたってしまうこともあります。 単にのしと言っても、表書きや水引などたくさん種類があって、どのようなのしが初盆に適切なのか迷ってしまいますよね。 そこで今回、「終活ねっと」の記事では、 初盆の熨斗(のし)のマナーについて、以下の点を中心に解説していきます。 初盆の法要に招かれたら、故人様へのご供養の気持ちの表れとして、お供えを用意します。 初盆のお供えにはのし紙をつけますが、そもそも熨斗(のし)とは、あわびを薄く延ばした熨斗鮑(のしあわび)の飾りのことを指し、縁起物として贈り物に添えるようになりました。 初盆の場合はお祝い事ではないので、熨斗(のし)の 飾りがないのし紙を選びます。 弔事用ののし紙は水引が印刷されたもので、蓮絵の入ったものや、結びの種類など用途によって様々です。 初盆のお供えに使用するときは、どののし紙を選べばいいのでしょうか? まずは、品物を持参する場合ののし紙から、順番に説明していきましょう。 のしの選び方 初盆のお供えに品物を用意する場合、のし紙は弔事用の黒白、もしくは黄白の水引を選びます。 特に関西では黄白の水引を使用することが多いようです。 「弔事は繰り返してほしくない」という意味で、水引は結び切りのものを使用します。 弔事の場合「控えめに」という意味で内のしを使用するのが一般的ですが、初盆など多くの人が集まる場では、誰から頂いたものか一目でわかるように、 外のしを選ぶのがいいとされています。 ただし、初盆の法要に伺うことができず後日お供えとして品物を郵送する場合には、配送中にのし紙が破れてしまう可能性を考慮し、内のしを選びましょう。 表書き・名前の書き方 初盆のお供えに品物を用意する場合、 表書きは「御供」や「御供物」と書きます。 のし下には、表書きよりも少し小さめに贈り主の名前を書きます。 苗字だけでも構いませんが、法事では同じ苗字の親戚が多く集まるため、施主が誰から頂いたものか確認できるように、フルネームで書いた方が親切ですね。 初盆に持参する香典を包むのし袋 続いて、香典を用意する場合ののし袋(香典袋)について説明します。 お店で販売されているのし袋には、たくさんの種類がありますよね。 文具店やスーパー、最近はコンビニでも何種類か陳列されており、表書きが印刷されたものや豪華な水引が付いていたり、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。 初盆の香典の相場は3千円〜1万円程度とされており、5千円以下であれば水引が印刷されたシンプルなもの、1万円以上であれば実物の水引がついたものを選びましょう。 法要後の会食の有無や、香典の他に品物を用意するかどうかによっても、金額は前後します。 見た目と中身のギャップにご遺族が困惑しないよう、金額に見合ったのし袋を選ぶことが大切です。 表書きは? 初盆の香典を包むのし袋の表書きには、宗旨宗派によって様々な種類があり、相手の宗派によってなにを選ぶか変わってきます。 宗派に関係なく用いられるのが「御供物料」です。 「御供物料」は、仏式・神式・キリスト教式の法要に弔問する際、宗派を問わず用いられるものですので、覚えておくといいですね。 水引の色は、弔事用の黒白あるいは双銀、藍銀のものを選びましょう。 関西では黄白、黄銀が一般的のようです。 水引は結び切り、またはあわび結びのものを使用します。 地域性による違いは、周囲の方々に確認してみるのがいちばんいいですね。 仏式の場合 仏式の場合、初盆で用いられる表書きは 「御仏前」または「御佛前」です。 四十九日を過ぎて、故人は霊から仏様になったという考えから「仏」という字を使います。 通夜や告別式の場合は「御霊前」を使いますよね。 これは、亡くなってから四十九日間は霊として仏様になる準備をしていると考えられているからです。 忌明け前は「御霊前」を使い、忌明け後は「御仏前」を使う、と覚えておきましょう。 また、仏教では旧字を使うことを習わしとしているため「御佛前」の方がより丁寧と捉える方もいますが、どちらを使っても意味は同じです。 神式の場合 神式の場合、初盆で用いられる表書きは 「御神前」または「御玉串料」です。 「御神前」は、四十九日を過ぎて故人は神様になったという考えから「神」という字を使います。 「御玉串料」の玉串(たまぐし)とは、神社で行う神事や祈祷の際に祭壇に捧げる供物のことを指します。 玉串の代わりとして現金をお供えするという意味で「御玉串料」と呼ばれています。 名前の書き方は? 水引より下、中央に送り主の名前を書きます。 同じ苗字の親戚が多く集まるのであれば、フルネームで書くのがいいですね。 夫婦共に故人とのご縁が深かった場合、連名にするときは夫の名前を中央にフルネームで書き、妻の下の名前をその左側に書きます。 薄墨で書くの? 初盆の香典の表書きや名前は、 薄墨ではなく通常の黒い墨で書きます。 薄墨には「急な訃報で、墨を磨る時間もなく駆けつけました」という意味が込められています。 初盆の場合は法要の日程も予め決まっているため、通常の黒い墨を使用して問題ありません。 ただし、ボールペンや鉛筆はマナー違反ですので、必ず毛筆か筆ペンで書きましょう。 初盆のお返し・返礼品につけるのし紙 初盆では、葬儀と同様に 頂いた香典の半額から3分の1程度を品物でお返しするのが一般的です。 法要に参列してくださった方々には、帰り際にお返しの品をお渡しします。 想定していたよりも高額の香典を頂いた場合には、改めて差額分のお礼の品を贈りましょう。 法要に参列できず、香典やお供え物を送ってくださった方には、挨拶状や礼状を添えて、お礼の品を送ります。 お盆が明けた頃を目安に送り、8月がお盆の地域であれば、遅くても8月末にはお相手に届くように送りましょう。 お返しを手渡しする場合にも、郵送する場合にも、もちろんのし紙をつけます。 初盆のお返しを包むのし紙の選び方について、説明していきましょう。 のしの選び方 初盆のお返しをする場合、のし紙は 弔事用の黒白の水引を選びます。 関西では黄白の水引を使う場合もあるようですので、お店で包んで頂く際に確認してみましょう。 水引は結び切りのものを使用します。 お返しは「控えめに」という意味を込めて、内のしを使用するのが一般的です。 表書きの書き方 初盆のお返しに使用するのし紙の表書きは地域により様々ですが、のし上には 「志」または「初盆志」と書くのが一般的です。 のし下には苗字のみ、または施主家名を「〇〇家」と書きます。 同じ苗字の親戚が多い場合には、施主の氏名をフルネームで書いても問題ありません。 初盆ののしに関するマナー 初盆ののしに関するマナーは、表書きや水引の種類だけではありません。 続きまして、 初盆で使用する墨の色や、内のしと外のしの違いについて説明していきましょう。 墨の色は薄墨? 初盆の場合はのし袋と同様、のし紙に関しても 通常の濃い墨を使用します。 弔事というと薄墨というイメージがありますが、薄墨を使用するのは四十九日以前ののし袋やのし紙だけです。 薄墨には「悲しみの涙で墨が滲んでしまった」という意味合いもありますので、四十九日を過ぎて遺族が悲しみを乗り越えられるようにという想いも込めて、黒い墨で書きましょう。 内のしと外のしどちらが良い? のしには、内のしと外のしの二種類があります。 「内のし」は、品物に直接のし紙をかけてから包装紙で包むスタイル。 反対に「外のし」は、品物を包んでから、包装紙の上にのし紙をかけるスタイルです。 内のしと外のしの使い分けには、 厳密なルールがありません。 弔事の場合「お祝いごとではないので控えめに」という意味で、内のしを使用するのが一般的です。 しかし、初盆のようにたくさんの人が集まる場では、施主が誰から頂いたお供え物か一目見て分かるように、外のしで持参するのがいいとされています。 法事に直接伺う場合は外のし、後日郵送する場合は内のし、と使い分けるといいかもしれませんね。 初盆に贈るお供え物のオススメを紹介 初盆にお供えする品物は、どのようなものがふさわしいのでしょうか。 定番のお供え物は、線香やロウソクです。 線香を贈る場合は、住宅環境などを考慮し、煙の少ないものや強い香りのしないものを選ぶといいでしょう。 他にも、お花や果物などが定番のお供え物です。 お花を贈る場合は、薔薇や彼岸花など選んではいけない花もあるので注意が必要です。 果物を贈る場合は、奇数に揃えるというマナーがありますので、購入する場合は数に注意しましょう。 また、日持ちのする焼き菓子や季節のゼリーなどがオススメです。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 初盆のお供え物について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 初盆の品物をお供えする場合、表書きは「御供」や「御供物」と書き、黒白の結び切りの水引を選ぶ。 初盆の香典をお供えする場合、表書きは宗旨宗派によって使い分け、黒白、双銀、藍銀の結び切りかあわび結びの水引を選ぶ。 初盆のお返しをする場合、表書きは「志」や「初盆志」と書き、黒白の結び切りの水引を選ぶ。 初盆では薄墨ではなく、通常の黒い墨を使用する。 初盆ののしは内のしが基本だが、集まる人数が多い場合は外のしを使用するとよい。 初盆で使用するのしには、たくさんの決まり事がありましたね。 正しい知識でお供えをすることが、故人を偲ぶ気持ちの表れにもなります。 初盆のマナーを心得て、故人が初めて帰ってくるお盆を大切に過ごしましょう。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の

初盆(新盆)に必要なお布施はいくらなの?渡すために必要なマナーは?

新盆 のし袋

初盆で使用する熨斗(のし)について、正しい知識をお持ちですか? 初盆は、故人の霊が初めて家に帰ってくると言われており、二年目以降のお盆よりも丁寧にご供養します。 通夜や告別式に参列することはあっても、初盆の法要に参列する機会は意外と少ないのではないでしょうか。 初盆の法要に招かれたら、用意するものは香典とお供え物です。 その際、香典を包むのし袋や、お供え物を包むのし紙について、正しい知識を知っておかなくてはなりません。 のしは、日本の贈答の特徴とも言えるものであり、間違った選び方をしてしまうと、相手に対して失礼にあたってしまうこともあります。 単にのしと言っても、表書きや水引などたくさん種類があって、どのようなのしが初盆に適切なのか迷ってしまいますよね。 そこで今回、「終活ねっと」の記事では、 初盆の熨斗(のし)のマナーについて、以下の点を中心に解説していきます。 初盆の法要に招かれたら、故人様へのご供養の気持ちの表れとして、お供えを用意します。 初盆のお供えにはのし紙をつけますが、そもそも熨斗(のし)とは、あわびを薄く延ばした熨斗鮑(のしあわび)の飾りのことを指し、縁起物として贈り物に添えるようになりました。 初盆の場合はお祝い事ではないので、熨斗(のし)の 飾りがないのし紙を選びます。 弔事用ののし紙は水引が印刷されたもので、蓮絵の入ったものや、結びの種類など用途によって様々です。 初盆のお供えに使用するときは、どののし紙を選べばいいのでしょうか? まずは、品物を持参する場合ののし紙から、順番に説明していきましょう。 のしの選び方 初盆のお供えに品物を用意する場合、のし紙は弔事用の黒白、もしくは黄白の水引を選びます。 特に関西では黄白の水引を使用することが多いようです。 「弔事は繰り返してほしくない」という意味で、水引は結び切りのものを使用します。 弔事の場合「控えめに」という意味で内のしを使用するのが一般的ですが、初盆など多くの人が集まる場では、誰から頂いたものか一目でわかるように、 外のしを選ぶのがいいとされています。 ただし、初盆の法要に伺うことができず後日お供えとして品物を郵送する場合には、配送中にのし紙が破れてしまう可能性を考慮し、内のしを選びましょう。 表書き・名前の書き方 初盆のお供えに品物を用意する場合、 表書きは「御供」や「御供物」と書きます。 のし下には、表書きよりも少し小さめに贈り主の名前を書きます。 苗字だけでも構いませんが、法事では同じ苗字の親戚が多く集まるため、施主が誰から頂いたものか確認できるように、フルネームで書いた方が親切ですね。 初盆に持参する香典を包むのし袋 続いて、香典を用意する場合ののし袋(香典袋)について説明します。 お店で販売されているのし袋には、たくさんの種類がありますよね。 文具店やスーパー、最近はコンビニでも何種類か陳列されており、表書きが印刷されたものや豪華な水引が付いていたり、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。 初盆の香典の相場は3千円〜1万円程度とされており、5千円以下であれば水引が印刷されたシンプルなもの、1万円以上であれば実物の水引がついたものを選びましょう。 法要後の会食の有無や、香典の他に品物を用意するかどうかによっても、金額は前後します。 見た目と中身のギャップにご遺族が困惑しないよう、金額に見合ったのし袋を選ぶことが大切です。 表書きは? 初盆の香典を包むのし袋の表書きには、宗旨宗派によって様々な種類があり、相手の宗派によってなにを選ぶか変わってきます。 宗派に関係なく用いられるのが「御供物料」です。 「御供物料」は、仏式・神式・キリスト教式の法要に弔問する際、宗派を問わず用いられるものですので、覚えておくといいですね。 水引の色は、弔事用の黒白あるいは双銀、藍銀のものを選びましょう。 関西では黄白、黄銀が一般的のようです。 水引は結び切り、またはあわび結びのものを使用します。 地域性による違いは、周囲の方々に確認してみるのがいちばんいいですね。 仏式の場合 仏式の場合、初盆で用いられる表書きは 「御仏前」または「御佛前」です。 四十九日を過ぎて、故人は霊から仏様になったという考えから「仏」という字を使います。 通夜や告別式の場合は「御霊前」を使いますよね。 これは、亡くなってから四十九日間は霊として仏様になる準備をしていると考えられているからです。 忌明け前は「御霊前」を使い、忌明け後は「御仏前」を使う、と覚えておきましょう。 また、仏教では旧字を使うことを習わしとしているため「御佛前」の方がより丁寧と捉える方もいますが、どちらを使っても意味は同じです。 神式の場合 神式の場合、初盆で用いられる表書きは 「御神前」または「御玉串料」です。 「御神前」は、四十九日を過ぎて故人は神様になったという考えから「神」という字を使います。 「御玉串料」の玉串(たまぐし)とは、神社で行う神事や祈祷の際に祭壇に捧げる供物のことを指します。 玉串の代わりとして現金をお供えするという意味で「御玉串料」と呼ばれています。 名前の書き方は? 水引より下、中央に送り主の名前を書きます。 同じ苗字の親戚が多く集まるのであれば、フルネームで書くのがいいですね。 夫婦共に故人とのご縁が深かった場合、連名にするときは夫の名前を中央にフルネームで書き、妻の下の名前をその左側に書きます。 薄墨で書くの? 初盆の香典の表書きや名前は、 薄墨ではなく通常の黒い墨で書きます。 薄墨には「急な訃報で、墨を磨る時間もなく駆けつけました」という意味が込められています。 初盆の場合は法要の日程も予め決まっているため、通常の黒い墨を使用して問題ありません。 ただし、ボールペンや鉛筆はマナー違反ですので、必ず毛筆か筆ペンで書きましょう。 初盆のお返し・返礼品につけるのし紙 初盆では、葬儀と同様に 頂いた香典の半額から3分の1程度を品物でお返しするのが一般的です。 法要に参列してくださった方々には、帰り際にお返しの品をお渡しします。 想定していたよりも高額の香典を頂いた場合には、改めて差額分のお礼の品を贈りましょう。 法要に参列できず、香典やお供え物を送ってくださった方には、挨拶状や礼状を添えて、お礼の品を送ります。 お盆が明けた頃を目安に送り、8月がお盆の地域であれば、遅くても8月末にはお相手に届くように送りましょう。 お返しを手渡しする場合にも、郵送する場合にも、もちろんのし紙をつけます。 初盆のお返しを包むのし紙の選び方について、説明していきましょう。 のしの選び方 初盆のお返しをする場合、のし紙は 弔事用の黒白の水引を選びます。 関西では黄白の水引を使う場合もあるようですので、お店で包んで頂く際に確認してみましょう。 水引は結び切りのものを使用します。 お返しは「控えめに」という意味を込めて、内のしを使用するのが一般的です。 表書きの書き方 初盆のお返しに使用するのし紙の表書きは地域により様々ですが、のし上には 「志」または「初盆志」と書くのが一般的です。 のし下には苗字のみ、または施主家名を「〇〇家」と書きます。 同じ苗字の親戚が多い場合には、施主の氏名をフルネームで書いても問題ありません。 初盆ののしに関するマナー 初盆ののしに関するマナーは、表書きや水引の種類だけではありません。 続きまして、 初盆で使用する墨の色や、内のしと外のしの違いについて説明していきましょう。 墨の色は薄墨? 初盆の場合はのし袋と同様、のし紙に関しても 通常の濃い墨を使用します。 弔事というと薄墨というイメージがありますが、薄墨を使用するのは四十九日以前ののし袋やのし紙だけです。 薄墨には「悲しみの涙で墨が滲んでしまった」という意味合いもありますので、四十九日を過ぎて遺族が悲しみを乗り越えられるようにという想いも込めて、黒い墨で書きましょう。 内のしと外のしどちらが良い? のしには、内のしと外のしの二種類があります。 「内のし」は、品物に直接のし紙をかけてから包装紙で包むスタイル。 反対に「外のし」は、品物を包んでから、包装紙の上にのし紙をかけるスタイルです。 内のしと外のしの使い分けには、 厳密なルールがありません。 弔事の場合「お祝いごとではないので控えめに」という意味で、内のしを使用するのが一般的です。 しかし、初盆のようにたくさんの人が集まる場では、施主が誰から頂いたお供え物か一目見て分かるように、外のしで持参するのがいいとされています。 法事に直接伺う場合は外のし、後日郵送する場合は内のし、と使い分けるといいかもしれませんね。 初盆に贈るお供え物のオススメを紹介 初盆にお供えする品物は、どのようなものがふさわしいのでしょうか。 定番のお供え物は、線香やロウソクです。 線香を贈る場合は、住宅環境などを考慮し、煙の少ないものや強い香りのしないものを選ぶといいでしょう。 他にも、お花や果物などが定番のお供え物です。 お花を贈る場合は、薔薇や彼岸花など選んではいけない花もあるので注意が必要です。 果物を贈る場合は、奇数に揃えるというマナーがありますので、購入する場合は数に注意しましょう。 また、日持ちのする焼き菓子や季節のゼリーなどがオススメです。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 初盆のお供え物について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 初盆の品物をお供えする場合、表書きは「御供」や「御供物」と書き、黒白の結び切りの水引を選ぶ。 初盆の香典をお供えする場合、表書きは宗旨宗派によって使い分け、黒白、双銀、藍銀の結び切りかあわび結びの水引を選ぶ。 初盆のお返しをする場合、表書きは「志」や「初盆志」と書き、黒白の結び切りの水引を選ぶ。 初盆では薄墨ではなく、通常の黒い墨を使用する。 初盆ののしは内のしが基本だが、集まる人数が多い場合は外のしを使用するとよい。 初盆で使用するのしには、たくさんの決まり事がありましたね。 正しい知識でお供えをすることが、故人を偲ぶ気持ちの表れにもなります。 初盆のマナーを心得て、故人が初めて帰ってくるお盆を大切に過ごしましょう。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の

新盆で使うのし袋とは?表書きの書き方や水引の色などを解説します|終活ねっとのお坊さん

新盆 のし袋

初盆・新盆の香典について4つのポイント 1)四十九日(忌明け)を過ぎて 初めて迎えるお盆を初盆または新盆と言います。 その年のお盆の時期までにまだ四十九日を迎えていない場合には初盆・新盆法要は翌年に執り行います。 2)毎年、お盆の時期には亡くなった人やご先祖をお迎えしますが、 初盆・新盆だけは僧侶を招いて法要を行います。 この初盆・新盆法要には遺族・身内や親族だけでなく、故人とお付き合いがあった人や会社職場関係・友人・知人も参列することがあります。 (初盆・新盆を過ぎると、これ以降の主な法要は一回忌、三回忌、七回忌などのように、故人の命日に行われるものとなります) 3)初盆・新盆には僧侶を招いて法要が営まれるため、 遺族や親族だけでなく故人とゆかりが深かった人は法要に招かれることがあります。 法要に招かれた人は香典を持参します。 4)初盆・新盆の法要のあとで食事会(お斎=おとき、と読みます)が催されることがあります。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 初盆の香典の相場は(中心となる金額は)5,000円〜10,000円のようです。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 夫婦でお斎に出席する場合や、子供もお斎に出席する場合にはその分も見越して香典の金額を包みます。 また義理の父母、義理の兄弟姉妹は実父母、実兄弟姉妹と金額は変わってきます。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 法要に出席する場合には引出物の金額を想定した金額を包むようにします。 香典とは別に、あるいは香典の代わりにお供物やお供えを贈ることもあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 会社や職場では、何人かで香典を出し合ってキリの良い金額にまとめることがあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 会社や職場では、何人かで香典を出し合ってキリの良い金額にまとめることがあります。 その場合の香典袋の書き方、表書きなどについては次のページで解説します 1,000〜5,000 1,000〜5,000 3,000〜5,000 3,000〜10,000 会社名で香典を包む場合 ケースとしては少数ですが、以下のような場合に初盆の香典を包むことがあります。 ・故人の会社への貢献度が高かった場合 ・故人が会社の元経営者や元役員だった場合 ・故人が職務遂行中の事故などで死亡した場合 ・故人や遺族と会社や社長が家族ぐるみでお付き合いがあった場合など 香典の金額は10,000〜100,000円くらいです。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 法要に出席する場合には引出物の金額を想定した金額を包むようにします。 香典とは別に、あるいは香典の代わりにお供物やお供えを贈ることもあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 友人 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000 5,000〜10,000 知人 2,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 隣近所 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 3,000〜 仲人 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 3,000〜.

次の