スプラトゥーン 勝てない。 スプラトゥーンのガチマッチ、全然勝てないのですがどうやったら勝てますか...

【スプラトゥーン2】勝てない人必読!初心者が勝つためのテクニックまとめ!

スプラトゥーン 勝てない

こんにちは!ユウです! スプラトゥーン2を楽しんでいますか!? スプラトゥーン2で気持ちの良い瞬間と言えばやはりキルを取った瞬間! やはりガンガンキルを取っていきたいですよね! スプラトゥーン2で「撃ち合い上手くなるにはどうすればいいですか!?」 という質問がやはり一番多いですが ・不意打ちする ・有利な場所で戦う という情報が多くなどまあ当たり前なんですが「 タイマン状況で撃ち勝つ」ための方法があまりネットで見当たりませんでした。 そこで今回は 【スプラトゥーン2】撃ち合いのセオリー!コツや大量キルテクニックまとめ といった内容で情報をまとめてみました。 撃ち負けてしまう方や20キルなど大量キルを取ってみたい方は攻略の参考にしていただければ幸いです。 目次!• スプラトゥーン2撃ち合いのセオリー スプラトゥーン2で撃ち合うためには コレさえ守っていればまあ負けないというものがあります。 スプラトゥーン2をやり込んでランク50くらいになれば何となくわかってくるものですが始めたばかりの方や気付かずプレイしている方も多いはず! 僕もS+になって気づきました 撃ち合いで取るべきセオリーは基本的に5つ ・横歩きで撃つ ・ジャンプ撃ちで撃つ ・イカ状態で一度リセット ・追いエイムする ・撃ち合いは2秒以上しない 以下で解説していきます。 横歩きで撃つ 止まっているマトほど当てやすいものはない! ということでスプラトゥーン2で止まって撃つのはやめましょう。 横歩きをして撃つことで相手は追いエイムしないと当てる事ができなくなります。 特にNザップやスクリュースロッシャーが強い点としては歩き速度が速いことですよね。 歩き速度が速ければ速い程相手は当てることができないので横歩きしながら撃つことで撃ち合い中の生存率が上がり結果撃ち合いで勝てるようになります。 ジャンプ撃ちをするテクニック ジャンプ撃ちの特徴としては ・弾がばらける ・相手が当てにくくなる という2点があります。 こちらの弾が当てにくくなるというデメリットがありますがジャンプ撃ちをすることで相手のエイムを難しくさせることができます。 歩き速度が遅い武器は横歩きに加えてジャンプ撃ちをしていきましょう。 使いどころしては 「あと1発で相手を倒せる」 「初弾を撃ってから1秒後にジャンプ撃ち」 という状況で使ってください。 理想としてはスプラシューターなら初弾を撃ってからきっちり3発当ててキルを取ることですが1秒後というのは何発も外している状態ですよね。 エイムがブレて相手に気付かれた状態は危険!!相手が反撃してくる時間になります。 その時にジャンプ撃ちすると有効になるので「 初弾を撃ってから1秒後にジャンプ撃ち」が強いです。 イカ状態で一度リセット 撃ち合いというのは長い時間するものではありません。 弾を撃って何発も外してしまった場合は一度イカ状態になってエイムをリセットしましょう。 一度イカ状態になって少し移動して再び撃つ! というのもヒト状態は当てやすいんですよね。 やられる時=ヒト状態 くらいに思った方が良いです。 撃ち合いでイカ状態になる目安としては 6~10発撃ったくらいでイカ状態になりましょう。 時間でいうと初弾を撃ってから長くても1秒後くらい。 ジャンプ撃ちと時間が被っていますが状況に応じて使い分けていきましょう。 追いエイム 偏差撃ち テクニック 追いエイム 偏差撃ち :移動している敵に対して銃を撃つ時に、敵の少し前を狙って撃つこと エイム練習をしていざバトル!してみたけど 「いっぱい練習してるのにあんまりキルが取れない、、、」 「2発当てたけど3発目でよく敵に逃げられてしまう、、、」 という方が多いのではないでしょうか!? ブラスター系やバケツスロッシャー系の武器は相手の移動方向を見てから追いエイムできます。 しかしスプラシューターやNザップなど シューター系は移動方向を読みで撃たないとキレイに当たりません。 上級者のプレイを見ているときれいに3発で倒します。 無駄弾がほとんどありません。 相手が移動していても関係ない!3発で倒します。 これは 追いエイムを読みで撃っているからです。 とりあえず相手の状況を見て右に動くか左に動くか一旦予想して相手の移動速度に合わせたエイムをします。 逆に相手の移動を見てからだとキレイに当てる事ができません。 読みで撃っていきましょう!読みで! 追いエイムのエイムじたいは難しくないですが「右か左か!?」の状況での読みは経験が必要になってきます。 まあ撃ち合い状況で言えば相手絶対横移動するのでその移動先に撃ってれば勝てます。 撃ち合いを2秒以上しない B帯A帯でくすぶっている方はヒト状態の時間が長い!!ずーっとヒト状態で撃ってる! ヒト状態=やられる時 ですから本当にヒト状態は危険なんですよね。 なので普段の立ち回りもヒト状態の時間をなるべく減らしてください。 目安としては 2秒以上ヒト状態にならない。 ヒト状態で撃つ時はこれを心がけてみてください。 「2秒以上ヒト状態にならない」 これを守るだけでデス数が減りウデマエも上がっていくと思います。 先ほどの撃ち合いのセオリーと合わせてまとめると ・初弾を撃ってから1秒後ジャンプ撃ちorイカ状態で移動してエイムリセット ・2秒以上絶対撃ち合わない というのを守るとデスが減っていきます。 上手いスプラ実況者をyoutubeなどで見てもらうとわかると思いますがだらだらとヒトになってる方はいないですよね。 スポンサーリンク 不利状況から撃ち合いで勝つ 不利状況 ・相手から先に撃たれた ・敵が高い所にいる など状況的にかなりきつい所から勝つ方法をまとめてみました。 基本は相手のエイムをぶらす行動が大切になってきます。 撃ち合いに応じず一旦逃げる は?!?!と思われると思いますが一旦逃げてください! 相手から撃たれて 「このやろー!?撃ってきやがって!!逆に倒してやる!!」 となってしまう気持ちは ひじょーーに分かります が先手を取られた場合は逃げてください。 相手に撃たれたことに対して相手の方を向いてヒト状態で撃ち合うとまあ負けます。 相手目線になると1発目当たってから相手はヒトになってこっちを向いてくるのです。 その間に2、3、4発と当ててキルが取れます。 全然動いてないですよね!?動かないマトほど当てやすいものはありません。 もしこちらが 神エイムを持っていたとしても最高で相撃ちになります。 なのでそのような場合は一旦全力で相手のエイムを避ける行動をしてみてください。 その後 撃ち合いをしかける場合は絶対に一度相手のエイムから逃れた状態で仕掛けてください。 雷神ステップ、慣性キャンセルを駆使する 雷神ステップと慣性キャンセルで素早く動いて相手のエイムをぶらしましょう。 慣性キャンセルをすることで相手のエイムは相当ブレてくれます。 その相手エイムをずらした状態にして撃ち合いましょう。 遠距離武器でエイムをブラされるとマジで当てられなくなります。 エイムがブレたのを確認してから円を描きながら移動してキルを取っていきましょう。 20キル以上とるテクニック 一試合で大量キルを取る方法についてまとめていきます。 先ほどの撃ち合いのセオリーを守ってくれれば20キルも行けるようになりますがもう少し気を付けるものがあります。 生存率を上げる デスを減らすことで大量キルができるようになります。 デス=ゲームに参加していない時間 デスをすればするほど逆に言うと キルできる時間が減っていきます。 目安でいうと5分のガチマッチで 6デス以上すると20キルが難しくなるのでデスを少なくしていきましょう。 イカ状態で移動している時ほぼ無敵 生存率を上げるためにも先ほど説明した「ヒト状態は2秒以上しない」 というものがありますがイカ状態はマジで強いです。 ほぼ無敵です。 得にギアの イカ速を付けた状態やイカニンジャを付けている時はまあやられません。 S帯以下だとイカ状態で走っている敵に弾を当てられる人はいないのではないでしょうか? ヒト状態=やられる時 イカ状態=ほぼ無敵 くらいの認識でOK! 20キルできる武器を持つ 当たり前ですが20キルするためには20キル以上できる武器を持ちましょう。 1試合で3デス以下にすることで割とどの武器でも20キル以上狙えますがやはり強い武器を使うのが効率的! 以下に20キル以上が狙いやすいブキを紹介します。 ・スプラシューター ・Nザップ 黒 ・ホットブラスター ・ヒッセン ・わかばシューター ・ラピッドブラスター わかばシューターは若干難しいですがインクアーマーのアシストがガンガン入ります。 インクアーマー系武器は20キルが狙いやすいです。 スプラシューター、ホットブラスターも一気に大量キルが狙える武器なので20キルにおすすめ。 スプラローラーも非常にキルが狙いやすい武器ですがアシストがほとんど入らない武器なので20キルは難しいです。 まとめ 今回はスプラトゥーン2における撃ち合いのセオリーコツや大量キルテクニックまとめ! といった内容で情報をまとめてみました。 いかがだったでしょうか? 今日特に覚えてもらいたいことは ・ヒト状態=やられる時 ・イカ状態=ほぼ無敵 という事と ・撃ち合いは2秒以上しない ということです。 追いエイムなどは慣れが必要ですが上の3点はすぐに実践で取り入れられることですよね。 あとはどんどんゲームをプレイして強くなっていきましょう! 今回もありがとうございました。 また次の記事でよろしくお願いします。

次の

【スプラトゥーン2】撃ち合いで勝つためのポイント

スプラトゥーン 勝てない

スポンサードリンク スプラトゥーン2で勝てない時には 1. ブキを変えてみる。 誰しも自分が愛用している武器があるだろう。 得にガチマッチなどではお気に入りの武器で挑戦することが多いはずだ。 だが、お気に入りの武器を使っていても負けてしまうことはある。 そんな時は 思い切ってブキを変えてみよう。 出来れば、使っている武器とはタイプを変えるか、射程を変えてバトルに挑んでみるといい。 例えば私はよくデュアルスイーパーを使っているが、負けが続くときは. 52ガロンかホットブラスターに持ち替えてみることが多い。 私の場合はデュアルスイーパーを使っているとエイムが雑になりやすくなるのと前に出る意識が弱くなるので、これらの武器を持って 自分の中の感覚を調整する。 あんまり得意な武器じゃないはずなのに、 別の武器にすると意外なほど勝てることも多い。 だまされたと思って一度試してみてはいかがだろうか? 2. ギアを変えてみる お気に入りの武器とセットでギア装備も固定している人が多いのではないだろうか? どんな武器でも決まったギアにする人もいれば、武器ごとに決めているギアがある場合もあるだろう。 ただ、時にはギア装備を考え直してみるのも大事。 特に負けが続いている時は なぜ負けているのかを振り返ってみて、ギア装備を変えてみるのはとても有効だ。 例えば インク切れが頻発するようならインク効率系のギアを入れてみる。 撃ち合いで負けているようならヒト移動速度や相手インク影響軽減を入れてみる。 スペシャルの回転率が悪いと思ったらスペシャルゲージ増加量アップやスペシャル減少量ダウンを入れてみる。 「絶対にこのギア!」と考えるより柔軟にギア装備を変えてみよう。 ジャイロ感度を調整してみる コントローラーのジャイロ操作はかなり感覚的なものだ。 操作になれたと思っても、 日によって少し感覚が違うこともある。 特に相手との撃ち合いでいつもなら撃ち勝てるはずなのに、照準が合わないと感じたら少しジャイロ感度をいじってみるといい。 私の場合は負けている時に焦ってしまい照準がぶれやすくなるので、少し感度を下げて調整することが多い。 試し打ちなどを利用してジャイロ感度を合わせてみよう。 スポンサードリンク 4. 勝ったら『つづける!』、負けたら『やめる』にする これは私の中のジンクスだが、紹介しておこう。 バトルが終了した後、『つづける!』か『やめる』か選ぶ画面になる。 前作スプラトゥーンと違って、続けるにしてもメンバーが大きく変わることもあるし、やめるを押してから再度入り直しても同じメンバーとマッチングすることもある。 ただ、そういったメンバーマッチングとは別に私の戦績を見たときに 『つづける』を押した時は勝敗が連続しやすい。 つまり 、負けたときは『つづける』を押すより『やめる』を押して部屋に入り直した方が勝率が高い…気がする。 気持ち的にも一回リセットできるのでオススメだ。 勝った試合を振り返る 負け続けていると負けた試合に目が向きがち。 だが、逆に勝っていたときには どのようにして勝っていたか振り返ってみると意外とヒントになることも多い。 勝てた試合の共通点を探ると実はキル数を稼いでいるのではなく、 デス数が少ないからかもしれない。 実は 塗りポイントが多い試合はキルデスに関係なく勝率がいいかもしれない。 実は スペシャルを一定数以上使っていれば勝率が高いかもしれない。 味方に遠距離系のブキがいる時は勝率が高い時は自分が遠距離系のブキを持ってみる。 逆に相手陣地を荒らす武器がいる時に勝っているのなら、自分がカーリングボム持ちの武器などを持ってみる。 勝っている試合のスコアや立ち回りを振り返りながら、そこに近づくように立ち回ってみよう。 サーモンランですさんだ心をいやす 戦い合うことにつかれてしまったらサーモンランで助け合おう。 お互いに協力し合うことでバトルで負けて すさんだ心も癒されていく。 ナイスしあうバイト、なんて素敵な空間だろうか。 …という目的もあるし、 色んな武器を使うことでエイムの感覚を取り戻したり、立ち回りの感覚を取り戻したりする目的もある。 サーモンランが開催されている時は気分転換がてらやってみてはいかがだろうか。 今日はそういう日ということにする 何をやってもどうしても勝てない時はある。 そういう時は 「今日はあんまり勝てない日だ!」ということにしておく。 別に何も変えていなくてもやたら勝てる日もあるし、なぜだか負け続ける日もある。 あまり味方のプレイングのせいにするのは良くないが、味方が思ったように動いてくれないことが連発してイライラしたり、焦ってしまうこともあるだろう。 きっと明日は勝てる。 そう思ってまたプレイしてみてはいかがだろうか。 スプラトゥーン2で勝てないときのテクニック以外の対処法まとめ 単純にプレイスキルが上手くなれば勝率も上がっていくが、それでも思ったように勝てないことはよくある。 負けが続くときは何かを変えてみるのは有効な戦略だ。 武器やギアなど自分が いつも使っているものからちょっと変えてみると驚くほどすんなり勝てる時もある。 負けたバトルでなぜ負けたかを考えるのも大事だが、 勝ったバトルの立ち回りを振り返るのも大事。 気持ちの部分で焦って負けたりするときはサーモンランをやってみたり、 今日はたまたまそういう日ということにしてしまおう。 今日負けた分、どこかで連続して勝てる時が来る。

次の

【スプラトゥーン2】野良マッチングで勝てない理由は?|ゲームエイト

スプラトゥーン 勝てない

エイムを確実に合わせよう! 初心者によく見られるのが、 エイムの大切さを理解していない方です。 かくいう私も、 なんでこっちの弾は当たらないのに向こうのは当たって、いつもこっちがやられるの??ちゃんと相手の方に向けて撃ってるのに! と思っていました。 スプラトゥーンはエイムが当たっている箇所にインクが当たります。 「相手の方に向けて」撃つのではなく 「相手にばっちり照準である丸印を重ねて」撃たないとダメです。 基本的に各ブキごとに弾が1発命中したとき相手に与える最大ダメージ数が決まっています。 さらにイカ1人の体力も100と決まっています。 つまり 弾を何発当てれば相手を倒すことができるかはブキごとに計算して出すことができます。 これを「 確定数」といい「必要弾数+確」で表すことが多いので覚えておいてください。 ちなみに今のところローラー本体で相手をぶん殴ったときはどのローラーでも1確です。 さまざまな撃ち方を使おう 合理的に考えて無駄のない撃ち方をしましょう! 偏差撃ち 動いている相手に対して少し前を狙う方法です。 走っている人にボールを投げる時、その人がこれから進む方向へ少し前に投げますよね。 それと同じで少し前を狙うと、スプラトゥーンでは相手の足下を塗って動きを阻止することもできますので効果てきめんです。 置き撃ち 相手が出てくることを予想して、 物陰や段差に向けて先に撃っておく方法です。 といっても単に当たればラッキーの偶然を利用するわけではなく、画面の端でチラっと見えた相手の動きから予想します。 斜線隠し チャージャーで相手を狙う時、斜線を見せて狙うとおもいっきりバレて避けられてしまいます。 撃つぎりぎりまで 壁などで斜線を隠してチャージをし、相手に斜線を見せることなくサッとエイムを合わせて撃ち抜きます。 チャージャーを担ぐ場合はこれができないと勝ち上がっていけないので、試しうちの動くバルーンとその前の台を利用して練習しましょう! ジャンプ撃ちを使おう! 初心者〜中級者にかけてかなり重要な小技になるのがこの「 ジャンプ撃ち」です。 Bボタンで何度もジャンプして相手の弾をよけながら、自分も相手に向かって弾を撃つ手法です。 対面で撃ち合いになった時、射程や確定数で負けていても撃ち勝つことができますが、ジャンプして相手の弾をよけながらも自分のエイムはしっかり相手に合わせて撃つエイム力 りょく が必要になってきます。 マニューバー系のブキの場合は無理にジャンプ撃ちするよりスライドの練習をした方が実戦に活かせると思います。 ボムを正確に投げられるようになろう! サブウェポン、スペシャルウェポンにボムが付いているブキの場合はこのボムを最大限に活かすことが勝利への鍵になります。 ボムを使いこなすことができればキル数も格段に延びます! クイックボム クイックボムなら確実に思った箇所に当てられるのがあたりまえと言っても過言ではありません。 正確なコントロールを身につけましょう! スプラッシュボム スプラッシュボムは地面に当たっている時間で爆発するタイミングが変わってきます。 手前から転がしたり、遠くに投げたり、または転がした先の段差に落として爆発させるなど、爆発の位置を自在に操れるのが理想です。 カーリングボム カーリングボムは構えると時限式タイマーが発動しますので、持っている時間が長いと手前で爆発し、すぐに投げると遠くで爆発します。 さらに壁に反射する性質もありますのでさんぽモードなどでステージごとにだいたいの感覚をつかんでおくと良いです。 ロボットボム ロボットボムを投げたとき発生する円の中に相手がいない場合、ロボットボムは歩かずにその場で爆発しますので覚えておいてください。 こちらもさんぽや試しうちで思った位置に投げられるよう練習しましょう。 より遠くまでボムを投げるには ちょっと上向きに投げると、まっすぐ前を向いて投げた時より少し飛距離が伸びます。 しかしそれより イカダッシュからジャンプをして、すかさずヒトに戻ってボムを投げる方法の方が実用的でよく使われます。 助走からのジャンプ投げ!という感じで慣れて来たら無意識に出てくると思います。 ・初動で相手より早くボムをなげつける ホコバリアやヤグラの向こう側に投げることが多いです ・通常では届かない障害物の向こうにボムを投げ入れることで敵の不意をつく ・細い道で相手と対峙した時相手の後ろへボムを投げることができる ・サーモンランで止まったテッパンの後ろに投げる などなどいろんな場面でこの イカジャンプ投げを活用してみてください。 素早く振り向く方法 バトル中裏を取った相手や、センプクしていた相手に後ろから不意打ちされることがあります。 そんな時すばやく後ろを振り向いてその相手をキルしちゃうととてもカッコイイです。 方法はこの2ステップ。 ・左スティックを真下に動かす。 ・Yボタンを押す。 後ろから来られたら下+Y!と覚えておきましょう。 普通に右スティックとジャイロ機能で後ろを向くより格段に速く振り向けます。 ちなみにイカで泳いでいる状態で左スティックを下に入力するとUターンに時間がかかります。 一度立ち上がってから下を入力した方が速いと思います。 だから後ろから来られるとやられます…。 イカセンプクをマスターしよう! 焦って相手に突っ込んで行ってやられることが多い人は一度落ち着いて イカセンプクすることをオススメします。 こちらが負けているのに、状況や味方そっちのけで延々センプクしているのはよくありませんが、要所要所で突っ込む前に一旦潜ってみると、 意外と相手の後ろがスキだらけだったり、相手が自分を見失って別の方向へ行くことが多いです。 そこであせらず接近して奇襲しましょう。 また、勝っている状況では 敵が焦って突っ込んできそうな場所に初めから潜んでおく手もよく使われます。 奇襲攻撃が成功したあとはキルカメラ(やられた時に出る、自分を倒したイカの映像)や「やられた」シグナルで居場所がバレますのですみやかに移動しましょう。 スプラトゥーンは 状況判断が大事なゲームです。 イカセンプクで一旦落ち着いて 視野を広くして状況を見てみてください。 これだけでもだいぶ勝率が変わると思います。 壁を早く登る方法 壁を塗ってイカ状態で垂直に泳いで高台に登る場合、 ジャンプボタン(B)を連打しながら登ると、何もせず泳いでいる時よりも速く登ることができます。 そこまで…と思うなかれです。 ギアパワー「イカニンジャ」を付けていても、壁を垂直に登る時はしぶきが見えてしまうのです。 壁のイカしぶきは上級者の格好のマトですのでいち早く登りきることが重要です。 マップで得られる情報で状況判断! マップで得られる情報を最大限に活用しましょう。 相手が進んでいる道を把握 特にスタート時など、相手のインクが伸びている場所が相手が進んでいる道だと判断できます。 スタートして数秒後くらいに一瞬マップを見るだけで、相手がどの道から攻めてくるかが判断できます。 相手に裏を取られていないか把握 バトル中、自陣に相手の色が広がり始めたら相手に入りこまれている証拠です。 早急に戻ってやっつけましょう。 これはナワバリバトルで特に多いです。 ガチマッチだと裏ルートからこっそり侵入して奇襲攻撃をされることが多いので、ガンガゼやコンブトラックみたいにこっそり侵入できるルートがだいだい決まっているステージではマップをチラチラ見ながらそこに注意をはらっておくと良いです。 味方と相手のギアパワーを把握 マップ画面では味方全員、さらに相手チーム全員の ギアパワーを確認できます。 ステルスジャンプ(2では近くにいるイカには見える)や復活時間短縮など、注意しておかなければ不意打ちされるギアパワーはたくさんありますので自分が苦手なものだけでもざっとチェックできると良いです。 なおWiiU版スプラトゥーンではどのギアのメインギアパワーが何か覚えている方もおられましたが2では公式アプリ「 イカリング2」の アネモのゲソタウンで 通常とは異なるギアパワーの付いたギアが注文可能なので、その可能性を視野に入れてマップ画面での確認をオススメします。 味方や相手がいる位置を確認 味方が今どこにいるか、何をしているのかしっかり把握しましょう。 相手チームでも こちらのインクを踏んでいる 又はこちらのインクがついている イカはマップで確認できます。 自分も 相手のインクがついた状態だと相手のマップに表示されてしまいますので注意してください。 画面の上にあるイカの表示をチェック! バトル中、画面の上部に表示されているイカマークにはたくさんの情報がつまっています。 ・各プレーヤーの使用ブキ ・スペシャルがたまると光る ・やられるとバツ印が付きブキが灰色になる ・回線落ちしたプレーヤーは ブキが色付きのままバツ印が付く ・バトルでリードしている方が大きく、ピンチな方は小さくなる 特に やられている人数はとても重要です! 人数で勝っている場合が攻めのチャンスです。 逆に人数で負けている時は無理はせず味方の復活を待ちましょう。 インク管理をしよう 上級者になればなるほどその重要性がわかってくるのが「 インク管理」です。 肝心な場面でインク切れでやられた経験はありませんか?インク効率の悪いブキほど早くインクが減ります。 またサブウエポンでのインク消費量もサブウエポンによって異なります。 ボムを投げた後などは背中のインクの減りに注目し、突然の奇襲に備えてイカセンプク、インク回復をこまめに行いましょう。 出典: なお スペシャルウェポンを発動するとインクは全回復することを覚えておいて、うまく利用してください。 ナイス・カモン・やられたを有効利用しよう 十字ボタンで発することができるシグナルは適当に使わず、しっかりと仲間への状況伝達に使いましょう。 ナイス(十字ボタン下) チームの意思疎通が大切なスプラトゥーン。 自分が思っている作戦と味方のそれとが一致したと感じた時や、自分を倒した相手を倒してくれた味方に対し、ナイスを押し感謝します。 ナイスと言ってもらえるとだれでも嬉しいものです。 チームの士気が高まり、団結力が強くなりますので積極的に感謝をしましょう! なんせナイスナイス言い合っているイカちゃんは可愛いです。 笑 カモン(十字ボタン上) 自分の所へ来て欲しい時はもちろん、 自分が敵を抑えておくから今のうちに行って!という時にも使います。 味方みんなが前線に夢中で裏を取られていることに気付かない時に呼び戻したり、相手を数人倒して今がホコやヤグラを進めるチャンス!という時には 「ホコ持って!」「ヤグラ乗って!」という意味として使用することもあります。 カモンが鳴ったら周囲やマップを見てで状況を判断しましょう。 サーモンランであっちもこっちも大変な時にカモン連打はやめましょう。 (筆者の個人的なうったえ) やられた(キルされてから復活するまでの間十字ボタン上) この「やられた」シグナルがなかった前作では、上級者の間では「ナイス」で代用していました。 自分がやられたことを味方に気付かせる、ここに相手が来ているぞと知らせるために使いましょう。 裏を取られてあまりに緊急事態の時はちょっと連打しちゃうことも。 スタートした瞬間に味方と相手のブキをざっと見て「 自分より射程の長いブキ」を確認しましょう。 それを認識しているだけで立ち回りも良くなるハズです! 上級者になると、スタートした瞬間に相手の サブウェポンとスペシャルウェポンも把握します。 苦手なスペシャルだけでも数個、たとえばイカスフィアなど覚えておけばその相手の頭がメラメラしてる時の対処法が違ってきますのでオススメします。

次の