明日 の 世界 が 君 に 優しく あります よう に。 明日の世界が君に優しくありますようにの通販/汐見夏衛

明日の世界が君に優しくありますようにの通販/汐見夏衛

明日 の 世界 が 君 に 優しく あります よう に

ある出来事から家族も友達も信じられなくなった真波は、高校進学を機にひとり、祖父母の家に引っ越してきた。 優しすぎる祖父母にも、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣にも苛立ち、息苦しさを感じていた。 そんなある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会ったことで少しずつ変わる真波の心。 しかしある時、海で子どもが溺れる事件が起きる。 ユウが救助し事なきを得たが、別人のように取り乱す漣。 実は漣には、残酷すぎる過去があって…。 【著者紹介】 汐見夏衛 : 鹿児島県出身。 教員として働くかたわら、休日には執筆活動をしている。 2016年『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 』でデビュー。 2017年野いちご大賞を受賞した『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』がシリーズ累計17万部を超える大ヒットに。 (すべてスターツ出版刊)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

【楽天市場】スターツ出版 明日の世界が君に優しくありますように /スタ

明日 の 世界 が 君 に 優しく あります よう に

家族も友達も信じられなくなった真波は、高校進学を機にひとり、祖父母の家に引っ越した。 優しすぎる祖父母と、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣に息苦しさを感じる真波。 ある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会い…。 【「TRC MARC」の商品解説】 ある出来事から家族も友達も信じられなくなった真波は、高校進学を機にひとり、祖父母の家に引っ越してきた。 優しすぎる祖父母にも、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣にも苛立ち、息苦しさを感じていた。 そんなある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会ったことで少しずつ変わる真波の心。 しかしある時、海で子どもが溺れる事件が起きる。 ユウが救助し事なきを得たが、別人のように取り乱す漣。 実は漣には、残酷すぎる過去があって……。 大ヒット『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』著者が贈る、大号泣の書き下ろし最新作!! 優しすぎる祖父母にも、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣にも苛立ち、息苦しさを感じていた。 そんなある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会ったことで少しずつ変わる真波の心。 しかしある時、海で子どもが溺れる事件が起きる。 ユウが救助し事なきを得たが、別人のように取り乱す漣。 実は漣には、残酷すぎる過去があって……。 」 ちなみに溺れる事件や蓮の残酷すぎる過去は、結構後半で描かれるので、Amazonの紹介だけで、半分以上は読んだ気になれると思います。 高校進学を機に母方の祖父母の家に越してきた主人公・真波とその家に下宿人として暮らす同じクラスの男子・蓮。 この二人恋に落ちる?という展開を匂わすような始まり方でしたが、海辺で出会った男・ユウも加わり、段々とそれぞれ3人の秘められた過去が明らかになっていきます。 そして、点と点が結びついた時、大きな感動へとつながっていきます。 心理描写が丁寧かつガラスを取り扱うかのように描かれていました。 また、時に鋭く、時に優しく包み込むように、今にも割れそうな心理が、読み手側の心に刺さり、辛いながらも感動がありました。 ほとんどの登場人物が、辛い過去を背負いながらも、表には出さず、必死に生きています。 そこから、それぞれの本音がぶつかり合うことで、ちょっとずつ前へ進もうとしています。 なかなか他人に正直に打ち明けることは難しいですが、一人で抱え込まずに周りと打ち解けていくことで、解決への糸口が見つかるのではないかと思います。 どんなに辛くても前へ進まなければなりません。 この作品を読むことで、少しでも心の氷が溶ければなと思いました。 内容としては、そんなに深い話というわけではありませんが、登場人物の本音が垣間見れて、明日からまた頑張ろうとさせてくれました。

次の

明日の世界が君に優しくありますように / 汐見 夏衛【著】

明日 の 世界 が 君 に 優しく あります よう に

Amazonの紹介より 「ある出来事から家族も友達も信じられなくなった真波は、高校進学を機にひとり、祖父母の家に引っ越してきた。 優しすぎる祖父母にも、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣にも苛立ち、息苦しさを感じていた。 そんなある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会ったことで少しずつ変わる真波の心。 しかしある時、海で子どもが溺れる事件が起きる。 ユウが救助し事なきを得たが、別人のように取り乱す漣。 実は漣には、残酷すぎる過去があって……。 」 ちなみに溺れる事件や蓮の残酷すぎる過去は、結構後半で描かれるので、Amazonの紹介だけで、半分以上は読んだ気になれると思います。 高校進学を機に母方の祖父母の家に越してきた主人公・真波とその家に下宿人として暮らす同じクラスの男子・蓮。 この二人恋に落ちる?という展開を匂わすような始まり方でしたが、海辺で出会った男・ユウも加わり、段々とそれぞれ3人の秘められた過去が明らかになっていきます。 そして、点と点が結びついた時、大きな感動へとつながっていきます。 心理描写が丁寧かつガラスを取り扱うかのように描かれていました。 また、時に鋭く、時に優しく包み込むように、今にも割れそうな心理が、読み手側の心に刺さり、辛いながらも感動がありました。 ほとんどの登場人物が、辛い過去を背負いながらも、表には出さず、必死に生きています。 そこから、それぞれの本音がぶつかり合うことで、ちょっとずつ前へ進もうとしています。 なかなか他人に正直に打ち明けることは難しいですが、一人で抱え込まずに周りと打ち解けていくことで、解決への糸口が見つかるのではないかと思います。 どんなに辛くても前へ進まなければなりません。 この作品を読むことで、少しでも心の氷が溶ければなと思いました。 内容としては、そんなに深い話というわけではありませんが、登場人物の本音が垣間見れて、明日からまた頑張ろうとさせてくれました。

次の