引越し 見積もり 料金。 【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引越し費用の料金相場を調べる

引越し 見積もり 料金

引越しの準備をする上でやはり気になるのが見積もり費用に関することだと思います。 実際にも下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないかと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお伝えします。 一点、本題に行く前にとても重要なことをお伝えさせてください。 「引越しは必ず正しい方法で引越し見積りを行ってください」 何をいきなり言っているんだと思う方も多いと思いますが、理由はいたってシンプルで誤った依頼方法をしてしまうと 「引越しの費用がとても高くなるから」です。 こちらの記事では「引越しの見積り」に関する全てのことをお伝えすると共に、「正しい引越し見積りの方法」もお伝えしますので是非参考にしてみてください。 見積り方法によって引越し費用は半額以下に 本題と少しずれていますが、大変重要なことを最初にお伝えさせてください。 引越しをする場合に 必ず必要になるのが見積り依頼になります。 ただこの見積り依頼、正しい方法で行うと下記の口コミのように費用が2倍以上安くなります。 😨 引越業者はいくつか比較をすると安くなるイメージです。 以前一人暮し近所での引越でしたが、6万の見積が他者さんで3万になりました。 — さおりん saly77 逆に 間違った方法だと知らずのうちに高額な費用を支払うことになります。 では正しい見積り依頼方法とはどのようなものなのでしょうか? いきなり結論をお伝えしますが、 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません。 必ず見積りサイトを使いましょう。 」 理由はいたってシンプルで、 費用が格段に安くなるからです。 驚きかも知れませんが、実は引越し費用の全てが引越業者の言い値で決まっています。 そんな引越し費用を安くするためには、引越業者との比較・交渉が必要です。 比較・交渉には、必ず その他の引越業者の安い見積もりが必要になります。 安い見積もりがあれば「サカイさんの見積もりは5万円ですけど、アートさんは4万円にできませんか?」と交渉することができるのです。 ちなみに安い見積りを取るための方法は2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。 引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお... では本題である引越し費用に関する内容を下記にお伝えします。 引越し見積もり費用の平均相場はいくら? こちらでは引越費用の平均相場を紹介します。 是非参考にしていただき、あなたが実際にもらった見積りの目安にしていただければと思います。 引越し見積もり費用の確認方法 まず引越し費用の相場と言っても、それぞれに置かれている状況によって費用は大きく異なります。 下記3つの要素によって大きく変わります。 距離 ではそれぞれの詳細を簡単に説明します。 人数:一人暮らし・単身・2人・家族 人数によって引越し費用は大きく異なります。 引越しでは主に単身・2人・2人以上の家族で計算されるのがほとんどです。 時期:繁忙期・通常期 引越しには繁忙期と通常期があり、費用も大きく異なります。 新生活の時期である3月と4月が繁忙期で、その他5月から2月までが通常期になります。 距離:県内・都内・市内・県外・長距離・近距離 距離に関しては上記のようにいろんな呼び方があります。 ただ一般的には「何km以上〜何km以内」と具体的な距離換算で行われます。 上記3つの要素ごとに、利用者の口コミを参照にして引越し料金の相場をみていきましょう。 どのように調べるかと言いますと、実際に引越しをした人が費用等を直接書き込める下記サイトの平均値を参考にします。 合計で 口コミ件数は1万以上あるので信頼はできると言えそうです。 ただ引越し費用はその他にかかります。 例えば敷金や礼金、今住んでいる部屋のクリーニング代等です。 最後に引越し全体で一体いくらくらいかかるのか目安をご紹介します。 引越し全体にかかる費用はいくら? 引越業者に払うだけの費用がもちろん全てではありません。 まずはどのような費用が別途かかるのか、見ていきましょう。 引越し代以外にかかる費用の一覧 費用の分野 詳細 引越し作業 引越し料金 スタッフへのお礼金 物件の撤去 クリーニング費用 解約までの家賃 新物件の契約 前家賃 敷金 礼金 仲介手数料 火災保険料 カギの交換料金 一番上記に記載してある「引越し料金」は、実際の引越業者に支払う費用になります。 実はそれ以外にも上記のように費用を払う必要がございます。 では具体的にいくらくらい払えばいいか目安が欲しいですよね。 下記に人数(単身・2人・2人以上の家族)ごとにかかる費用の目安を記載しましたのでご覧くださいませ。 引越し全体にかかる費用の目安表:単身・2人・家族 どのように調べるかと言いますと、先ほどと同様の下記サイトの平均値を参考にします。 費用の分野 詳細 単身 2人 家族 引越し作業 引越し料金 ー ー ー 作業員へのお礼金 1,000円 2,000円 3,000円 物件の撤去 クリーニング費用 20,000円 25,000円 30,000円 解約までの家賃 30,000円 40,000円 60,000円 新物件の契約 前家賃 50,000円 70,000円 100,000円 敷金 50,000円 70,000円 100,000円 礼金 50,000円 70,000円 100,000円 仲介手数料 50,000円 70,000円 100,000円 火災保険料 15,000円 15,000円 20,000円 カギの交換料金 20,000円 20,000円 30,000円 口コミを参考にしたあくまでも参考値として目安にしていただければと思います。 ただ引越し費用の他に上記のような費用も多くかかることを理解して、引越しの準備を進めていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 こちらの記事では引越しの見積もり費用に関して、あなたが疑問にお持ちでなるであろうものをご紹介してきました。 最後に重要な点を強調させていただきます。 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません」 理由はいたってシンプルで、 見積もり費用が高くなるからです。 少なからず敷金や礼金等でたくさんお金がかかる引越しなので、引越しの料金だけはなるべく安く済ませましょう。 費用を安く引越しを行うためには、その他の引越業者との比較・交渉が必要です。 そのためには、 その他引越業者の見積りが必要不可欠になります。 見積りを取るためには2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。

次の

引越しの料金が一目でわかる!引越し料金早見表|引越し賢者

引越し 見積もり 料金

引越しの値引き交渉を成功させる5つのコツ 早速ですが、まずは以下の図をご覧ください。 この図は、値引き交渉の成功率を表した図です。 ご覧の通り、半数以上の方が値引き交渉に成功しています。 ただし、値引きしてもらえたとしても、格安になったかどうかは別の話です。 では、引越しの値引き交渉を成功させるためには、どうしたら良いのでしょうか。 今回は、5つのコツをご紹介します。 是非参考にしてください。 コツその1:3社から4社へ見積もりを依頼する 引越しの値引き交渉のコツは、そう難しいものではありません。 まず最初に抑えておきたいのは、『3社から4社の引越し業者へ見積もりを依頼すること』です。 なぜ3社から4社なのでしょうか。 それは、多くの引越し業者へ依頼しても、さほど金額に変化がないからです。 また、最終的には営業マンの人柄やサービス内容で決定することになります。 あまりにも価格を下げ過ぎてしまうと、本来利用することができたサービスが除外される可能性もあるため、3社から4社程度がちょうど良いのです。 また、たくさんの引越し業者へ見積もりを依頼すると、頻繁に電話がかかってきたり、数日間に亘って訪問見積もりが繰り返されます。 これでは、荷造り作業や引越しの準備が捗りません。 コツその2:訪問見積もりを依頼する 最近は、電話やWEB経由で見積もりを依頼することができるようになりました。 単身の引越しで荷物量が明らかに少ない場合、もしくは大型の家電製品や家具が無い場合は、訪問見積もりを依頼しなくても問題がないケースもあります。 しかし、単身でもそれなりの荷物量があったり、2名以上の家族の引越しを行う場合は、必ず訪問見積もりを依頼しましょう。 営業マンに訪問して貰い、実際の荷物量を見てもらった方が、適切なトラックサイズを教えてもらうことができます。 トラックのサイズが1ランクアップするだけで、引越し料金は数万円アップするものです。 訪問見積もりを甘くみていると、業者の言い値で契約することになりかねません。 コツその3:安くなる日時を教えて貰う 単身赴任や急な転勤など、緊急で引越しをする必要がない場合は、引越し業者に日時をお任せした方が安く済みます。 需要が多い週末や午前中の時間帯は、どうしても混雑するため、引越し料金が高くなりがちです。 たとえば、賃貸で部屋を借りている場合、いつまでに旧居を出なければならないのか伝えた上で、一番安く引越しができる日時を教えて貰いましょう。 コツその4:本命の業者は最後に見積もり依頼をする 本命の引越し業者は、最後に見積もりを依頼しましょう。 なぜなら、他の業者の引越し料金・サービス内容と比較しやすいからです。 ほとんどの引越し業者では、3段階程度に分けて値引き交渉を行っています。 つまり、最初に提示する引越し料金で、契約が取れるとは思っていないのです。 また、本命の引越し業者の見積もりを最後に回すことで、少なくとも他の2社~3社よりも安くしてもらえる可能性が高くなります。 ただし、大手引越業者の場合、あまりにも安い金額を提示すると、あっさりと値引きを断られる可能性があるため、極端な安値は提示しない方が良いかもしれません。 コツその5:即決しない 引越し業者によっては、訪問見積もりの時点で即決を迫ることがあります。 このタイミングで契約したら、提示した料金で契約できますといった謳い文句で契約を迫るのです。 その場で即決せずに後日契約に至った場合、即決価格より高くなる可能性はありますが、別の業者にも見積りを依頼していることを必ず伝えましょう。 なぜなら、最低でも2回から3回値引き交渉をしないと、最安値にならないケースが多いからです。 3月や4月の繁忙期は引越し需要が高まるため、交渉を繰り返しても割引に応じてもらえないことが大半ですが、閑散期であれば引っ越しの値引きは当たり前のこととして対応して貰えます。 だからこそ、引越しで値引きを依頼し、半額程度の料金まで下げてもらうためには、即決は避けた方が無難なのです。 スムーズに値引き交渉を行う5ステップ 引越しの値引き交渉のコツが分かったところで、今度はスムーズに値引き交渉を行うためのステップについてご紹介していきます。 ステップその1:複数社へ見積もり依頼していることを営業マンに伝える 引越し業者へ見積もり依頼をする際、3社から4社が目安となることは前項で解説しました。 そのことを踏まえた上で、見積もり時に訪問してきた営業マンには、必ず『複数社へ見積もりを依頼している』ことを伝えましょう。 これは、即決を迫られることを予め防止することにつながります。 また、数日に分けて見積もりを依頼するよりも、1日や2日の間で時間を取って、1時間おきなどに訪問して貰うようにしましょう。 その方が、営業マンの長居を防ぐことができますし、引越しの準備をスムーズに進めることにも繋がります。 もちろん、業者のスケジュールに合わせなければなりませんが、極力1日から2日の間で訪問見積もりを終わらせましょう。 ステップその2:本命以外の見積もり時に他社の見積り金額は伝えない 見積もり依頼時は、営業マンに他社の見積もり金額を伝えないことをお勧めします。 なぜなら、正直に伝えてしまうと、他社よりやや安めの価格が提示され、即決を迫られる可能性があるからです。 どうしても金額を答えなければならないときは、提示された料金よりも安めの料金を伝えるか、契約の決定権は自分にはないことを伝えましょう。 そうすることで、よほどの悪徳引越し業者でない限り、即決をしつこく迫ってくることはありません。 逆に、本命の引越し業者の見積もり時には、他社の金額を伝えた方が賢明です。 その際も、やや安めの料金を伝えるようにしましょう。 必ずしも他社よりも安くなるとはいえませんが、無料サービスを追加して貰えるなど、前向きな回答を得ることができるはずです。 ステップその3:他社の見積り金額は少々安めに伝える 引越し業者は、初回の見積もり時に最安値を提示することはありません。 様子を見ながら少しずつ下げていくのです。 そのため、正直に金額を伝えるよりも、少々安めに伝えるようにしましょう。 金額が分からないときは、一括見積もりサイトの口コミ情報を参考にしてください。 似たような条件で安く引越しをしているケースがあれば、その金額を参考にするのです。 そうすることで、おのずと割引して貰いやすくなります。 ステップその4:最後のひと押しを大切にする 最後のひと押しは、とても重要です。 5,000円は無理だったとしても、3,000円程度であれば割引してもらえたり、有料サービスを無料で提供して貰える可能性があります。 ステップその5:値引きが難しい場合はサービスを追加してもらう 引越しの値引き相場を大きく下回る金額ばかり伝えてしまうと、『お金がないお客さん』だと思われてしまうことがあります。 そのため、営業マンの様子をみながら、これ以上安くできないと言われた場合は、サービスを追加して貰いましょう。 たとえば、不要品の回収、耐震グッズの利用、掃除サービスなど、各引越し業者では様々なオプションサービスを提供しています。 値引き交渉よりも応じてもらいやすいケースがあるため、営業マンに伝えてみることをお勧めします。 【注意!】値引き交渉を行う際の3つの注意点 値引き交渉を行う際、注意したいことが3つあります。 以下にまとめましたので、参考にしてください。 注意点その1:安さだけで契約をしない 誰しも引越し費用は抑えたいものです。 しかし、だからといって安さだけにこだわらないようにしましょう。 サービス品質が著しく低下したり、最低限のサービスしか利用できないケースがあるからです。 また、安さだけで勝負をしている引越し業者は、必ずしもサービス品質が高いとはいえません。 特に地域密着型の小さな引越し業者を検討している場合は、業者の評判を予め調べておきましょう。 注意点その2:業者の都合も考慮する 引越しの費用を安くしたいからといって、自分の都合だけ押し付けないようにしたいものです。 営業マンへ与える印象が悪くなると、あまり安くしてもらえなかったり、お得な特典や情報を提供して貰えないことがあります。 こちらの要望を伝えることは大切ですが、引越し業者側の都合にも耳を傾けるようにしましょう。 そうすることで、お互いに気持ち良く見積もりを行うことができますし、契約に至った後もトラブルが少なくなります。 注意点その3:梱包資材を置いていかせない 引越し業者によっては、契約に至っていないにもかかわらず『梱包資材』を置いていくことがあります。 値引き交渉の段階で『梱包資材』を貰ってしまうと、断りづらくなりますし、返却する際に手間がかかるものです。 場合によっては、宅急便で『梱包資材』を返却しなければならず、その際の費用はこちら側で負担することもあります。 悪質な引越し業者では、『梱包資材』を受け取った時点で契約したと勝手に判断し、無理矢理話を進めることもあるようです。 そのため、価格交渉の段階で、梱包資材を受け取ることは避けましょう。 まとめ 今回は、引越し見積もり料金の値引き交渉術をご紹介しました。 値引き交渉をしなくても、キャンペーンや割引特典を利用すれば、ある程度は安くなるものです。 しかし、値引き交渉をすることで、更に安く引越しをすることができます。 引越し需要が多い繁忙期の値引き交渉は、閑散期と比較すると困難を極めますが、交渉を全くしない場合と比較すると、引っ越し費用は異なるものです。 もしくは、安くならないまでも、お得な特典を付けてもらうことができたり、一部の有料サービスが無料提供されることもあります。 今回ご紹介した値引き交渉術を活用し、安価で満足のいく引越しを実現してください。

次の

引越しの見積もり費用の平均相場はいくら?料金の目安表と半額以下にするコツ

引越し 見積もり 料金

この記事の目次• 「 サカイ引越センター」は、顧客満足度が高く、人気がある引越し業者のひとつです。 サカイ引越センターを利用してみたいけど、大手の引越し業者だし料金も高いのでは……?と迷っていませんか? 効果的な見積もりの取得方法や、料金を下げるコツなどを知っていれば、引越しの料金を安くすることはできるんです!ここでは、 サカイ引越センターの料金相場と、見積もりの取得方法などを詳しく紹介していきます。 サカイ引越センターの引越し費用の相場はどのくらい? 単身からファミリーまで、幅広い層に支持されているサカイ引越センター。 少しでも引越し費用をおさえるための方法を紹介しましょう。 季節や時期によって引越し費用の相場が変わる 3月から4月は引越し業者の「繁忙期」となり、料金が高くなります。 3月から4月は進学や転勤など、人の移動する機会が多くなる時期のため、引越しの需要が増えて相場が上昇するのです。 一方、3月から4月以外の閑散期には人の動きが比較的少ないため、料金が安くなる傾向があります。 また、繁忙期は料金が高くなるほか、 引越しの作業日程を押さえにくいといったデメリットもあります。 サカイ引越センターでは「 お得な引越しカレンダー」という、名前の通り引越し料金のお得な日が一目でわかるカレンダーを公式サイトに掲載しています。 引越しのサービス内容・距離などが引越し費用の変動要因になる サカイ引越センターでは、サービス内容や予算、家族・単身での引越しなどの条件に合わせて以下のような引越しコースが用意されています。 家族での引越しや、できるだけ引越し作業を任せたいという方におススメ らくらくコースプレミアム 食器などの小物や家具・家電までの荷造り、荷ほどきをサカイ引越センターが行ってくれます。 さらに掃除のプロ「ダスキン」に引越し後の新居の掃除を頼めるプレミアムなプランです。 らくらくAコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造り、荷ほどきをサカイ引越しセンターが行ってくれます。 らくらくBコース 食器などの小物から家具・家電までのすべての荷造りはサカイ引越センターが行ってくれます。 新居での家具家電などの設置は行ってくれますが、小物の荷ほどきは自分で行います。 らくらくCコース 食器や大型家具の荷造り・荷ほどきはサカイ引越センターが行ってくれます。 その他のものの荷造り・荷ほどきは自分で行います。 サカイ引越センターに引越しを依頼する際は、事前に見積もり訪問してもらう必要があります。 この章では、サカイ引越センターの見積もりについて解説します。 見積もりは引越しの約2カ月~3カ月前より依頼できます。 繁忙期に引越しをする場合は、なるべく早く連絡するとよいでしょう。 (step1)電話・WEBで見積もり依頼をする サカイ引越センターの公式ホームページで入力もしくは窓口に電話し、訪問見積もり日を決めます。 地域によって異なりますが8時~18時の時間帯から指定できます。 また訪問見積もりは 無料ですが、キャンセルする場合は早めに連絡するのがマナーですね。 (step2)訪問見積もりの当日 訪問見積もりの当日はサカイ引越センターのスタッフに、住居内の荷物の量をチェックし見積もり金額を算出してもらいます。 サカイ引越センターには多くのプランがあるため、悩んでいる場合は相談するとよいでしょう。 他の引越し業者とも見積もりを比較するという方も少なくないでしょうから、その場で契約するかどうかの返事をしなくても問題ありません。 引越し費用を少しでも安くするには? 人それぞれで引越しの条件が異なるため、引越し費用に「定価」というものはありません。 そのため、 工夫次第で引越し費用を安くすることができます。 ここでは、サカイ引越センターでの引越し費用を安くするためのコツをご紹介します。 荷物量を減らす工夫をしてみる 引越し費用は荷物量が少ないほど安くなるので、自分で運べる荷物はできるだけ運んでしまいましょう。 また、不要なものを引越し前に処分するのも、荷物量を減らすのには有効な方法です。 サカイ引越センターの「小口便引越サービス」を利用してみる 関東から関西、関西から九州などの長距離の引越しで荷物量が少ない場合には、小口便引越サービスを利用することで引越し費用を安くすることができます。 指定されている「高さ144cm、幅105cm、奥行き75cm(内寸)」のBOXに荷物を詰めて運ぶため、 料金が格安に設定されています。 ただし、小口便引越サービスは「同エリア内の移動は対応外」「資材は別料金になる」という条件があるので注意してください。 なお、梱包資材については3種類の資材セットの販売サービスがあります。 サカイ引越センターの資材セット Aパック 3,300円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 ガムテープ1個 布団袋1枚 Bパック 6,600円(税込) ダンボール大5個 ダンボール小5個 食器包装紙100枚 エアキャップ10m ハンガーBOX ガムテープ1個 布団袋2枚 単身資材パック 5,500円(税込) ダンボール大10個 ダンボール小10個 ガムテープ1個 布団袋1枚 小口便引越サービスは、専用BOXに荷物が収まれば引越し費用の節約ができるので、荷物が少ない方はぜひ検討してみてくださいね。 サカイ引越センターと他社との比較をしてみる 少しでも引越し費用を安くするためには、サカイ引越センター以外の引越し業者にも見積もりを依頼し、比較検討してみましょう。 比較した見積もり金額は、サカイ引越センターと交渉する際の材料になります。 引越し一括見積もりでサカイ引越センターの引越し費用も安くなる!? サカイ引越センターへ見積もりを依頼する方法や、引越し費用の相場、値引き交渉のタイミングのコツなどについて解説しました。 荷物量や引越し時期について工夫をすることでじょうずに引越し費用を節約することができますが、 複数の引越し業者から見積もりを取ってサカイ引越センターと料金の交渉をすることもおススメです! 「引越し一括見積もり」でよりおトクに引越しをしよう! よい引越しサービスをより安い料金で受けたいなら、まずは引越し一括見積もりサイトを活用してみましょう。 最初からサカイ引越センターに引越しの依頼をすると決めている場合でも、引越しの一括見積もりサイトを利用してみましょう。 引越しの一括見積もりサイトで自分の引越しの条件を入力すると、さまざまな引越し業者から一括して見積もりをとることができます。 また、引越し見積もりサイト限定の キャンペーンなどの優待を受けられるチャンスがあり、タイミングによってはサカイ引越しセンターへ直接依頼をするよりも、 引越し見積サイトを通して依頼した方がおトクになる場合もありますよ。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクに電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の