オイラックス h。 オイラックスH(製)

オイラックス(塗り薬)は、陰部に塗ってもいいのでしょうか ?

オイラックス h

頻度不明 0. 1%〜5%未満 皮膚の感染症 皮膚の真菌症(カンジダ症、白癬等)、細菌感染症(伝染性膿痂疹、毛のう炎等)及びウイルス感染症があらわれることがある。 密封法(ODT)の場合起こりやすい。 このような場合には、適切な抗真菌剤、抗菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には、使用を中止すること。 せつ 密封法(ODT)の場合起こりやすい。 このような場合には、適切な抗真菌剤、抗菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には、使用を中止すること。 その他の皮膚症状 ざ瘡(ざ瘡様発疹、ステロイドざ瘡)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、色素脱失、皮膚線条、口囲皮膚炎 長期連用によりあらわれることがある。 このような場合には、徐々にその使用を差し控え、副腎皮質ステロイドを含有しない薬剤に切り替えること。 魚鱗癬様皮膚変化 長期連用によりあらわれることがある。 このような場合には、徐々にその使用を差し控え、副腎皮質ステロイドを含有しない薬剤に切り替えること。 過敏症 接触性皮膚炎、そう痒、発疹、湿疹、紅斑、血管浮腫 このような場合には使用を中止すること。 なお、塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 皮膚の刺激感、熱感 このような場合には使用を中止すること。 なお、塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 下垂体・副腎皮質系機能 下垂体・副腎皮質系機能の抑制 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、このような抑制をきたすことがある。 眼 後のう白内障、緑内障 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)によりあらわれることがある。 高齢者への使用 本剤の投与は、外用のみとし、内服しないこと。 (誤飲により悪心、嘔吐、口腔・食道・胃粘膜の刺激感、下痢、意識消失、血圧低下、痙攣等の急性中毒症状、メトヘモグロビン血症があらわれるおそれがある。 誤飲した場合は一般的な処置と対症療法を行うこと。 メトヘモグロビン血症の症状は通常、薬剤の中止により消失するが、重症の場合はメチレンブルーの投与等、適切な処置を行うこと。 ) 眼科用として使用しないこと。 眼あるいは眼周囲及び粘膜には使用しないこと。 本剤は皮膚疾患治療薬であるので、化粧下、ひげそり後などに使用することのないように注意すること。 本剤は金属に触れると変質することがあるので金属ベラ、金属容器の使用はできるだけ避けること。 なお、ステンレス軟膏ベラを使用して小分けをすることはさしつかえない。 塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 臨床成績.

次の

オイラックスHクリームの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

オイラックス h

記事の内容• 『オイラックスH』は、『オイラックス』にを追加した薬で、より強力です。 『オイラックスH』に入っているステロイドは弱いもので量も少ないですが、使う回数や期間には少し注意する必要があります。 これは、引っ掻いた強い刺激によって、「痒み」の感覚を隠してしまう、という意味があります。 この原理と同じように、『オイラックス』には軽い刺激感・灼熱感を皮膚に与えることで、痒みの感覚を隠してしまう効果があります1。 1 オイラックスクリーム インタビューフォーム 引っ掻くと、皮膚はダメージを受ける 健康な皮膚であれば、引っ搔いて少しくらい傷ができてもすぐに回復しますが、長引く「痒み」に対して何度も繰り返し引っ掻いていると、皮膚の傷は蓄積し、ボロボロになっていきます。 皮膚がボロボロになると「バリア機能」も弱まり、皮膚が過敏になります。 すると、ますます「痒み」は強まっていってしまいます。 この爪で引っ掻く行動の代わりに『オイラックス』を使うことで、この悪循環を止め、皮膚への負担を減らすことができます。 5mg 2 オイラックスHクリーム インタビューフォーム そのため、痒みや腫れを抑える効果は『オイラックスH』の方が『オイラックス』よりも強力で、などに対する適応もあります2。 5mg)と、4分の1の濃度しかありません2。 このことから、『オイラックスH』はステロイド外用剤としては扱いませんが、あまり大量に長期で使うことは避けるなど、「ステロイド」としての注意は必要です。 薬剤師としてのアドバイス:痒み止めは、根本治療にはならない 『オイラックス』や『オイラックスH』といった痒み止めの薬は、皮膚を引っ掻く代わりに使うことで皮膚への負担を減らすことができますが、痒みの原因を治療できるわけではありません。 皮膚に強い炎症が起きている場合には、痒み止めで誤魔化し続けるよりもを使って早く治してしまった方が良い場合があります。 特に、こともあります。 また、長く続く痒みは、水虫などの感染症が原因である場合もあります。 痒み止めを使っても治りが悪い場合には、一度皮膚科を受診することをお勧めします。 ポイントのまとめ 1. 『オイラックス』は、皮膚を引っ掻く代わりに使うことで、皮膚の傷・負担を減らすことができる 2. 『オイラックスH』には、ステロイドの「ヒドロコルチゾン」が含まれているため強力 3. 刺激になることもあるので、医療用の薬には使われていません。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

オイラックスHクリームの添付文書

オイラックス h

効能 まずは、オイラックスhクリームにはどのような効能・効果があるのか見ていきましょう。 虫刺されや皮膚の軽い湿疹などに使われることが多い薬となっています。 これらによってできてしまった、赤みや腫れ、かゆみなどを取り除く効果が期待できるのです。 また、オイラックスhクリームは ステロイド薬に分類されています。 ステロイド薬というのは、炎症に特化した薬のことです。 皮膚に対して特有の薬ではなく、喘息などの吸入薬としても使われています。 「ステロイド」と聞いただけで、副作用が大きく、危険なイメージがあると思いますが、医師の指示に従って服用すれば問題ありません。 虫刺されや湿疹は皮膚で炎症作用が起きているので、この根本的な原因を治してしまおうという薬になっています。 またステロイド薬はその強さによって5段階に分けられていますが、オイラックスhクリームはその中でも、一番弱い分類に属しています。 よって、比較的軽い炎症に使われたり、顔やデリケートゾーンなどにも使いやすいものとなっています。 オイラックスhクリームの陰部への使用 オイラックスhクリームは、ステロイド薬の中では一番弱い分類になっているので、比較的使いやすい薬となっています。 よって、陰部や顔などにも使える薬となっています。 しかし、これらの部位は皮膚が弱くなっていますので、できるだけ最小限の量を使用するように心がけてくださいね。 また、目や唇の周囲などには使用しないように注意してください。 もし、目の中に入ってしまった場合は、すぐに水などで洗うようにしてください。 注意点 比較的、弱いステロイド薬ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。 用法・用量 まずは、用法・用量を必ず守るようにしましょう。 1日に塗る回数は 1回から3回程度が望ましいです。 医師から指示された用量を使用するようにしましょう。 また、他の薬との併用にも注意しなければなりません。 薬同時の相性によっては、お互いの作用を強めあったり、逆に弱めあったりするということがあります。 特に、ステロイド薬の使用には注意しなければなりませんね。 作用が強めあってしまうと、予期せぬ副作用が出てしまったり、肌への刺激が強すぎて赤くなってしまうこともあります。 作用が弱いと、なかなか効果があらわれませんので、症状が治りにくくなってしまいます。 使用で注意すべき方 赤ちゃんや妊婦の方、授乳中の方、高齢の方などの使用には注意してください。 薬の効果が強く出てしまう場合があるので、医師にしっかり相談するようにしてください。 また、ヒゲを剃った後の部分に使用するときも注意しましょう。 オイラックスhクリームは、切り傷には使用できないので、もし傷が出来ていた場合は逆に悪化してしまったり、思わぬ副作用が出てしまったりする場合があります。 副作用 比較的安全な薬ですが、体質によっては副作用が出てしまう場合があります。 赤くなってしまう• 患部に熱をもってしまう• ひりひり感じる• かゆくなる• ぶつぶつした湿疹ができる このような、症状があらわれた使用を中止して、かかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしましょう。 まとめ 今回は、オイラックスhクリームの効能や注意すべき点などについてお伝えしました。 守らなければならない注意事項がたくさんあったと思いますが、これらに従って使用すればとても有効的な治療薬となっています。

次の