天気の子 映画。 天気の子 : 作品情報

天気の子レンタルいつから開始?TSUTAYA・ゲオやネット配信の最新情報!

天気の子 映画

まさか君の名はキャラが出てくるとは思わなんだ 観終わって劇場 の 外に出たらめっちゃ雨ってサイコー過ぎやしませんか 賛否両論はあるかもだけど、私は面白かったよ 天気 の 子 は映画館で観るほどの物ではないとおもう。 正直面白くない笑 気 の 子 めちゃくちゃ良かったです。 見て損はないと思います。 天気 の 子 観た。 君の名は。 の方が好きだなーと思って観てたけど グランドエスケープで泣きそうになって、なんなら観る前CMでもすでに泣きそうで 野田洋次郎さんはすごいってこと。 個人的には「君の名は」よりも泣ける 君の名も見てないのに同僚に誘われて 天気 の 子 見てきたけど、個人的に微妙だった。 昔から新海アニメはあわない。 今回の作品はいい意味で期待を裏切ってくれて大変面白かったです。 滅茶苦茶好きです。 君の名はよりおもしろいって思った また見に行こうかな? いや、 天気 の 子 、ヤバい。 期待を軽く越えてくる。 そして裏切ってくる。 君の名は。 のあとにこう来るとは、いや、もうほんと語彙力.. 陽菜さんとかって人がエウレカみたいになってたよ 天気 の 子 めっちゃ泣きそうになったわ 引用:Twitter といった意見がありました。 世間の評判として、 全体的に 高評価が多かったです。 映画「 君の名は。 」から 新海誠監督の作品が好きになった人の評価は、 低評価の人も見られましたが、、昔から 新海誠監督のファンだった人は、昔の作品のような展開で満足といった声が多く 高評価の意見が多く見られました。 年齢で見ると、 中高生の評価が高く、 大人 の評価は比較的低めの印象でした。 これは、 新海誠監督の映画は 恋愛が主軸の一つでもあり、内容と結末から10代〜30代の評価が高くなったことが要因の一つと考えられます。 また、 曲と映像が良かったという意見が非常に多く、「 RADWIMPS」のファンの方はもちろんのこと、普段「 RADWIMPS」の曲を聴かない人も、 綺麗な映像の中で流れる歌の数々が良かったという理由から、 高評価が多かったです。 気になる方はぜひ映画「 天気の子」を見てみてくださいね^^ 天気の子【映画】の評価は? 1 Month to go. 公開まで1ヶ月。 — Yojiro Noda YojiNoda1 映画「 天気の子」は、これまで「 秒速5センチメートル」「 言の葉の庭」「 君の名は。 」などの6作の長編アニメ映画を製作してきた 新海誠監督の完全オリジナルアニメーション映画で、「 天気の子」で7作目になります。 映画「 天気の子」の着想のきっかけは、 新海誠監督が、 ふと青空を見上げた時に積乱雲があり、その上にある雲の平原でゆっくりしたいと思ったからなんだとか。 天気は誰もが自分のテーマだと思ってくれるはずということで制作に着手したとのこと。 それでは、映画「 天気の子」の監督やプロデューサーの映画に対するコメントを見てみましょう。 新海誠監督は、 「 天気の子 」の着想について、 すごく(君の名は。 の)プロモーションが大変だったんです。 夏で暑くて、2016年は消耗する夏でした。 そんな時に空を眺めていると、大きな積乱雲があって。 積乱雲の上にある平原でゆっくりできたらいいなと思いました。 それがビジュアル的なきっかけで、空の話にしようと思いました。 そして、街を歩いていて「君の名は。 」のことを話題にしてくださっている人たちを見て、今度の映画のテーマは誰もが自分のことと考えられるようなテーマにしたいと思いました。 それは天気なんじゃないかと。 天気というのは誰もが毎日気にしている関心事だと思うので。 引用:シネマトゥデイ と語っています。 安っぽく聞こえるかもしれませんが、笑えるし泣けるし、こんなこと知らなかったって思ってもらえる。 映画を観た人に『面白いと思ってもらいたい』と思いながら今つくっています。 引用:シネマトゥデイ と、語っています。 たしかに天気については、誰もが毎日気にしてることの一つであり、そこに 新海誠監督のエンターテイメントとしての面白さが加わるとなれば、映画「 天気の子」への期待が止まりませんね^^ プロデューサーの川村元気さんは、 あまりに大きな成功の後で、あえてチャレンジャーとしてどんな作品を作れるか。 特に(天気という)テーマは世界中に受け入れられる。 すでにほぼ全世界での配給が決定している。 引用:Cinema Cafe. net と、成功を予感させる発言をしています。 これにより普遍性がある物語が誕生することになる。 第1弾キービュアルにも描かれた雲が物語の鍵を握る。 都会における貧困といった今日的なテーマも、作品に関わってくる。 引用:アニメハック とコメントしています。 ちなみに、「 天気の子」というタイトルを思い付いたのも 川村元気プロデューサーだそうですよ^^ 以上の 新海誠監督と 川村元気プロデューサーの声を聞くと、2016年の「 君の名は。 」に続いて、2019年の映画「 天気の子」も大成功の予感がしますね^^ ちなみに、これまで「 秒速5センチメートル」や「 言の葉の庭」など6作の長編アニメ映画を製作してきた 新海誠監督ですが、2016年の大ヒット映画「 君の名は。 」以外は、 探し続けた女性と結ばれない男性が描かれているので、ある意味バッドエンドが描かれています。 「 君の名は。 」でも、「最後は会えずに終わる予定だったが、川村元気プロデューサーに止められて会える終わり方にした。 」と噂されるほどの監督でした。 今回は、 新海誠監督も 川村元気プロデューサーも エンターテイメントになると発言されているので、「 君の名は。 」と同じくハッピーエンドになると予想しています。 果たして、どんな 新海誠ワールドを見せてもらえ、どんなエンディングを迎えるのか、とても楽しみですね^^ 個人的には、 新海誠監督の描く、綺麗で色彩豊かな映像と、雨の描写が昔から好きなので、その描写が沢山観れるのが楽しみです。 2019年7月20日に追記: 映画「 天気の子」は、世界にとってはある意味バットエンドであり、主人公たちにとってはハッピーエンドでした。 周りのことを気にしすぎずに、自分の思うように突き進んでもいいんじゃない?世の中はなんとかなるもんだから。 というメッセージなのかなと思いました。 また、 「 RADWIMPS」が映画「 君の名は。 」から引き続き音楽を担当し、新たなチャレンジとして、 もうひとつのテーマソングに女性ボーカル・ 三浦透子さんを起用しています。 世間の声は予告編だけでもかなりの 高評価なので、2016年の「 君の名は。 」に続いて、2019年の「 天気の子」も大ヒットしそうだなと思っています。 前作と同じような内容にならないように沢山の新たなチャレンジをされているそうなので、ぜひ劇場で確かめてみてくださいね^^ 賛否両論ある衝撃の結末をぜひご覧ください!.

次の

天気の子(映画)で銃の必要性の意味の考察は?ラスト結末ネタバレと感想は?

天気の子 映画

監督の最新作「天気の子」がレンタル開始していましたので、遅ればせながらですが、鑑賞しました。 あのポスターのビジュアルといい、RAD WIMPSが主題歌の音楽を務めているといい、「」の続編か? なんて思えるほど、雰囲気が似ていたので、正直ちょっと観るのをためらっていました。 でも、さすがに新海作品は、避けて通れないかな、と思って、レンタルを期に観たのです。 感想としては、なかなか結論を出しづらい映画になっているなぁって。 多分本作は、世の中的には賛否両論分かれていると思います。 実際、自分の頭と心の中でも賛否が分かれています。 心では、あぁこれは面白かったと感じていても、頭では、本当に本作を面白いと言って良いのか? と問いがわきます。 自分の中で結論を一つに絞ることができないのです。 あえて、言えることがあるとしたら、前作「」と比べてどうだったか? 「」はエンターテイメント作品として高いクオリティとなっていました。 「」に比べれば、天気の子は良い点も悪い点も両面ある。 でも、どちらが心に残るかで言えば、私は「天気の子」であったと言いたい。 天気の子は思春期への旅 「天気の子」は、思春期、つまり世界が自分中心にまわっているかのように思えた、あの時代の感覚にタイムトリップさせてもらえる映画でした。 社会の歯車となった大人が、「社会や世界はどうだっていい」という価値観に触れて、現実から逃避する、甘い誘惑に満ちた映画だったのです。 だから本作は、主人公帆高と同年代くらいの方が、共感を得やすい話だと思いました。 逆に、私のような大人からは、痛烈な批判があるのもおかしくない。 映画本編を観ている間は、その思春期のキラキラとした非日常の世界に浸り、 やがて、「自分たちの正解」を通す主人公の勇気や価値観に心を打たれます。 でも、観賞後、しばらく時間がたち、社会の歯車に戻ると、天気の子のあの体験は、甘い現実だった、とリアルな社会の現実に絶望せざるを得なかったのです。 そうなると、だんだんと天気の子の、現実に対して向き合っていない姿勢が目につきはじめます。 まさに、思春期への旅で、鑑賞中は自分もかつて心のどこかで感じ取っていた価値観に触れて、心が高ぶる一方で、旅を終えてからは社会に対して甘めな結論に苛立ちすら感じてしまう。 もしかしたら、思春期と決別した大人は映画の間終始イライラしながら、本作を観ていた可能性だってあるのかもしれない、なんて思っていました。 個人的な鑑賞体験で言えば、あの帆高たちの逃避行のシーンは素晴らしかったと思います。 ホテルで、少年たちが身を寄せ合って、をすするシーン。 帆高自身が、何も足さなくていい、何も引かないでください、と神に語ります。 厳しい状況に置かれていても、自分たちだけの小さな幸せ、非日常を楽しむ感覚、今を楽しむ感覚は思春期特有だと思っています。 大人は常に、過去を振り返っては後悔し、未来を想像しては不安に駆られます。 だから現実逃避という甘い誘惑に乗せられます。 大人は、そんな刹那の楽しみが永遠には続かないと分かっています。 何も足さない、何も引かない、そんな望みが届かないことは大人には分かっているのです。 だからこそ、辛いシーンでもあります。 次に、クライマックス近く、陽奈に会うために、警察の手を振り切って、線路を滑走するシーン。 東京の線路沿いを走るそのシーンは、帆高が社会の良識よりも、自分の正解を見つけて、決断し、迷いなく駆ける、とても美しいシーンになっていると感じています。 特別警報が出されるなか、電車が止まっているという設定を活かした名シーンになっていると感じています。 やがて、社会や世界がどうなったっていい、自分たちのセカイを守る決断へと舵を切ります。 そのセカイの選択が、今の自分にはない(出来ない)選択、だからこそ輝いて見えました。 実際の社会や現実を分かっていない。 言うのは簡単です。 でも、映画を観ている間くらい、そんな感傷に浸ってもいいじゃないか。 そんなことも思います。 映画は旅だと、常々思います。 現実社会で経験できない体験を疑似体験し、感情移入させてくれるからこそ、体験なのです。 本作は、思春期時代への旅なのです。 でもやっぱり旅から戻れば、批判的な眼も戻ります。 災害の描かれ方や命の重みの向き合い方。 これは結論は出せません。 真正面に向き合えば、向き合うほど、主人公の決断に対する批判の声もあがるかもしれません。 でも、批判できるほど、一人の少女に世界の運命を託すのはどうなのか? だからこそ、帆高は自分と陽奈のセカイを通したのです。 監督は、そういった批判が起こることを分かっていながら、描き切りました。 その点については、バランスよく作られていたと思います。 天気の子とは何者だったのか? でも、あえて言うなら、天気の子の描かれ方が、もう一つ深堀りして欲しかったと思っています。 監督はおそらく、一人の普通の女の子として見せたかったのでしょう。 物語上、世界の運命を背負う天気の巫女としても描かれなければなりません。 運命を背負う巫女は、帆高と陽奈の間だけの秘め事のような設定になっており、周りの大人からの理解があるのか、ないのか、今一つわかりません。 お天気届けます、のサービスで実際に晴れにしたり、 テレビで晴れ女の能力を写されたり、その割には、肝心の災害の際には、特にヒナの能力を社会から求められる描写がないのも違和感がありました。 天気の子も、弟がいて、社会に隠れてひっそりと二人で暮らしています。 天気の子を人間として見せたいのか、御子として見せたいのか、今いち焦点が定まっていないように見えました。 警察じゃないけど、あの小さな子供二人が、二人だけで暮らしているのはおかしいし、警察から逃げる理由も正直あまりよく分からない話。 帆高も、警察から追われる理由が、人生棒にふってまで、ってどうしても大人目線では思ってしまいます。 こうしたアラのような部分は、鑑賞中はトリップしているから見逃してやりたい、と思えても、冷静に考えるとどうしても弱点として気になってしまうところです。 凸凹だけど気になる作品 そういう疑念の余地が残るという点でも、完璧に作り挙げられたというより、少しいびつでデコボコとした鑑賞体験になっています。 でも今となっては、そこも良いところだと思っていて、監督は、帆高がした選択と同様に、社会や物語、脚本上の正しさよりも、思春期を生きる若者のセカイの価値観の提示こそに力を入れたかったのではないかと考えています。 やっぱり良い悪いは別にして、好きか嫌いかで聞かれたら、好きと答えてしまう作品だと思っていました。

次の

天気の子 映画

天気の子 映画

解説 「君の名は。 」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。 離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。 生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。 そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。 ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。 ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。 「兄に愛されすぎて困ってます」に出演した醍醐虎汰朗と「地獄少女」「Last Letter」など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じる。 そのほかの出演に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら。 「君の名は。 」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド「RADWIMPS」が音楽を担当。 RADWIMPSが手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加。 2019年製作/114分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 家出して東京に出てきた少年の前に立ちはだかる「東京」という壁。 屹立する大都会を映像に落とし込んだ密度に圧倒される。 つまり、情報量がやたらと多い美術の厚みは、そのまま少年には太刀打ちできない現実の重みとなるのだ。 しかし、少年に若き日の自分を見たやさぐれた大人や、大人に頼ることなく生きたいという想いを共有する少女との交流によって、少年はかろうじて「東京」に対抗する術を手にする。 映画はやがて、東京を(拡大すれば世界そのものを)守るべきか否かという選択の物語になっていくのだが、少年が選んだ道を100%支持したい。 現実という枷をぶち破ることこそが、フィクションが与えられた自由と希望だと思うから。 にしても、明るくライトな『君の名は。 』の東京とは真逆の印象であることが興味深く、これまで不勉強でよく知らなかった新海誠という人の視点に今更ながら興味を持ちました。 基本的にジブリ以外のアニメは見ない自分ですが、『君の名は』が大ヒットしたのでテレビで見てみたら非常に面白かったのと、映像がとても綺麗で感動したこともあり、『天気の子』はぜひ映画館で観たい、と遅ればせながら劇場に足を運びました。 いろいろ意見はあるようですが、個人的には『君の名は』と同じくらい面白かったです。 『ラピュタ』もそうですが、若い子の切なく、一途で、淡い恋模様は見ているだけで癒され、こちらの情動に訴えかける強さがあります。 設定的に細かい突っ込みどころはあるにはありますが、全体として見ればよく作りこまれた展開で、要所要所に緊迫する場面や、ほんわかする場面が織り込まれていて、最後まで飽きることなく楽しめました。 同日に評価4.0の『ストーリーオブマイライフ』も観たのですが、個人的には『天気の子』のほうがストーリーの抑揚が効いてて面白かったです。

次の