小栗旬。 山田優 LAで第3子出産!コロナ禍で見せた小栗旬の“配慮”

作・三谷幸喜 主演・小栗旬 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

小栗旬

小栗旬(37)が主演する大河ドラマは『鎌倉殿の13人』。 1月8日には脚本を手掛ける三谷幸喜が記者会見を行ったが、主演の小栗旬は、家族といっしょにアメリカ・ロサンゼルスに滞在していたため、出席しなかった。 前出の映画関係者が続ける。 「俳優として大きな仕事を控えているだけでなく、今年は彼にとって大きな飛躍の年になりそうです。 所属事務所である『トライストーン・エンタテイメント』(以下・トライストーン)の社長に就任するのです」 トライストーンといえば小栗以外にも、田中圭(35)、綾野剛(37)、木村文乃(32)など、人気俳優を多数抱えている大手芸能プロダクション。 「小栗は若いころから映画監督やプロデュースなどにも興味を抱いており、09年には同社の取締役に名を連ねています。 「将来、日本の俳優のユニオン(組合)を作りたい。 4年後の、鈴木亮平(36)との対談では、こんな弱音ももらすようになっていたのだ。 《(俳優労組結成については)ここのところはちょっとね、負け始めています。 組織に。 「このころから彼は、俳優の労働組合を設立することよりも、まずは会社という組織のトップに立つことから、芸能界全体を変えていこうという考えを持つようになったようです。 彼のそんな思いに理解を示しているのが、トライストーンの現社長・山本又一朗氏なのだそうです。 山本氏は小栗に社長を任せ、自身は会長として後見していくことを考えていると聞いています」(前出・映画関係者) そこで本誌は、山本氏に電話取材を試みた。 また就任時期を明かせない理由について、山本氏は次のように語った。 「本人は(会社の)経営なんてやったことがないわけですからね。 それなりの準備も必要ですし、(社長を)引き継ぎするためには、それこそ(私と小栗で)並走しながら、マラソンのようにいっしょに何キロも走っていかなければいけません。 大河ドラマもありますし、今後の俳優活動もかなり忙しいのではないでしょうか? 「おっしゃるとおり、『ゴジラ~』のほかにも(ハリウッドで)決まっている作品はあります。 まだ発表できる段階ではないのですが……。 確かにいまは家族といっしょにロスで生活していますし、ハリウッドからオファーがあればそのつど検討すると思います。 しかし米国滞在の目的は英語の勉強です。 とにかくいまも仕事が立て続けに入りますので、(社長就任準備に関する)時間が足りないというのが実情です。 経営者になるというのは責任もありますし、簡単な話ではありません。 でも彼は、その方向を目指して頑張っています」 前出の映画関係者によれば、小栗は忙しい合間を縫って、所属俳優たちと連絡をとり、彼らのケアにも留意しているという。 「女性自身」2020年2月4日号 掲載.

次の

山田優 LAで第3子出産!コロナ禍で見せた小栗旬の“配慮”

小栗旬

小栗旬 イケメン俳優・竹内涼真が、女優・三吉彩花との半同棲熱愛を写真誌「FRIDAY」(講談社)に報じられて話題となっている。 竹内は2018年の暮れに同誌によって「ビズリーチ」のCM美女として知られる女優・吉谷彩子との交際が発覚しているが……。 2人はお互いの両親にも紹介し合う仲で、約3年交際を続けていたが、今年4月に破局。 竹内が三吉に乗り換えた格好で、吉谷と同棲していた部屋から彼女を追い出し、行き場を失った吉谷はホテルや友人の家を転々とし、家探しをしていたという。 さらに、竹内は吉谷が立て替えていた100万円近い生活費をうやむやにしようとして、事務所同士の話し合いに発展するトラブルになったとか。 ネット上では、竹内が新型コロナウイルス禍に吉谷を家から追い出したことが大いに物議を醸しているが、業界内では今回の熱愛は単なる色恋沙汰では済まないといった声も……。 一方、吉谷さんも数多くの俳優、女優が所属するトライストーン・エンタテイメントが売り出し中の女優で、そのトライストーンの取締役で近く社長に就任すると言われているのが小栗旬さんですからね。 小栗さんにとって吉谷さんは単なる後輩女優というだけでなく、自身が取締役を務める会社の大事な所属タレントなわけで。 単なる恋のもつれならまだしも、週刊誌の報道のように金銭トラブルまで抱えているとなれば、もともとが兄貴肌の小栗さんだけに、さすがに黙っていないでしょう。 しかも、小栗さんは事務所の垣根を越えて多くの俳優、女優と親交が深く、竹内さんサイドとしてもその影響力は無視はできないでしょうしね」(別の芸能事務所のマネジャー) 今後の竹内と小栗の関係に要注目である。

次の

竹内涼真に小栗旬がおかんむり!? “ポイ捨て”された後輩女優をめぐって緊迫関係も|日刊サイゾー

小栗旬

小栗旬(37才)と山田優(35才)夫妻の間に第3子が誕生していたことがわかった。 現在、夫妻はアメリカ・ロサンゼルスで生活中。 小栗のハリウッド進出を見据えて、昨夏に2人の子供を連れ、家族全員で日本を発っていた。 山田の知人が語る。 「4月に出産していて、いまは3人の子供の育児ライフを送っています。 上の2人のお子さんもまだ小さいですし、山田さんにとっては出産から育児と、かなり大変だったと思いますが、そういった姿を一切見せず、本当に強いママさんですね。 もともとは日本で出産予定だったといわれていましたが、新型コロナウイルスの影響で、帰国が困難になったそうです。 3月下旬から日本ではアメリカからの帰国者は2週間隔離されるようになったので、妊婦には負担が大きい。 そこで、LAでの出産を決意したと聞いています」(山田の知人) 山田が第三子を妊娠中だったことは、3月に一部で報じられていた。 ところが続報はなく、本人たちもノーコメント。 5月中旬に、山田が母子手帳ケースを新調したことをインスタグラムで明かしたが、出産報告は一切していない。 なぜ、ここまでシークレットだったのか。 「このコロナ禍で病院は感染リスクの高い場所となっています。 さらに世界中で医療体制が逼迫し、医師不足も問題となっていた。 小栗さん夫婦がどのような出産場所を選択したかはわかりませんが、いずれにせよ厳戒態勢での出産で、世間に発表するタイミングが難しかったのではないでしょうか」(テレビ局関係者) 世の中の状況がどうであれ、出産がうれしいニュースであることは間違いない。 山田は親しい友人には報告済みだという。 「一部の友人にだけ直接報告をしたと聞いています。 海外出産の苦労話をしていたそうですよ。 小栗さんもコロナで世界が混乱するなか、新しい家族を無事に迎え入れることができ、感涙するほどのうれしさだったとか」(前出・山田の知人) 小栗は1人目が生まれるときは仕事で立ち会えなかったが、2人目は撮影の合間に病院に駆けつけ、立ち合った。 今回はどうだったのだろうか。 「このコロナ禍では分娩室に家族の立ち入りを禁止しているところがほとんど。 小栗さんは出産には立ち会えなかったのではないでしょうか」(前出・山田の知人) 小栗のハリウッドデビュー作となる映画『ゴジラVSコング』の公開は3月から11月に延期となっている。 しばらくはゆっくりと、パパ業に専念できそうだ。

次の