ブラッククローバーアスタの正体。 ブラッククローバー:ユノの正体が予想の斜め上っぽい件(ネタバレ注意)

ブラッククローバー黒幕・悪魔とは?言霊魔法や五つ葉の魔導書情報も

ブラッククローバーアスタの正体

Contents• ユノがエルフ転生! エルフ族とは? 数百年前に現在の下民が住む恵外界辺りに住んでいた高位な魔力を持った種族。 マナに愛された種族であり一人一人が相当な魔力の持ち主であり中には魔女王よりも高いエルフがいました。 しかしある日人間がエルフの住む里を襲ったことによりエルフは滅びてしまいます。 エルフは人間よりも圧倒的に強かったですが後に初代魔法帝となる王子ルミエルが開発した魔道具が悪用されて王族が中心となってエルフを滅ぼしたのでありました。 クローバー王国に害をなす存在である白夜の魔眼のリーダーであったパトリはかつて滅ぼされてしまったエルフ族の1人。 パトリも含めてエルフ族は全員絶命してしまいましたが禁術によりパトリは金色の夜明け団長ヴァンジャスの体に転生していたのでありました。 パトリの目的はエルフ族の復活と人間を滅ぼすことであります。 ユノもエルフの関係者? パトリはエルフ族を転生させるための必要アイテムである魔石をすべて手に入れてこれまで仲間であった人間である白夜の魔眼を生贄に現代の魔法騎士たちの体にエルフの魂を転生させることに成功しました。 転生先の体は「生まれ変わりの関係」や「魂の波長が近い」ことが条件であることらしく優秀な魔法騎士団メンバーを中心にエルフに人格を乗っ取られてしまいます。 ちなみに魔法騎士団金色の夜明けの一員は全員エルフに転生していましたがこれは団長ヴァンジャスによるものでありエルフとして転生する者はなるべく金色の夜明けや魔法騎士団として入団させていたようです。 ただユノもエルフ転生としてエルフに乗っ取られたかに思えましたがアスタと共闘しリヒトに勝負を挑んでいます。 ユノの正体はリヒトの息子で王族? ライアの気になる言葉 白夜の魔眼アジト襲来編にてガンガン押していた魔法騎士団たちですが禁術完成により逆に人格を乗っ取られ一人一人が異常に強く絶体絶命のピンチとなってしまいます。 ユノは乗っ取られず誰の声にも反応せず立っていただけでありましたがアスタが戦う中で「オレは魔法帝になる」という言葉に反応し意識と取り戻しました。 ユノ曰く転生は1つの体に二つの魂が入っている状態でありユノの中にも魂が入っていることが感じられるとのことでした。 この戦いを観てライアはリヒトに隙を作っただけ大したものだと言い「 さすがリヒトくんの…」とかなり気になる言葉を残しました。 リヒトくんのなんだよ!!! 初代魔法帝ルミエルの気になる言葉 *コミックス組ネタバレ注意 VSエルフ編からさらに進み物語はVS悪魔へと移ります。 悪魔はすべての元凶的存在でありパトリを転生させたのはエルフの長リヒトではなく悪魔。 悪魔は500年前の人間がエルフを滅ぼすきっかけを作った存在であり自分が使う五つ葉のグリモワールと受肉のために活動。 しかし目的はあと一歩のところで達成されず一度セクレに封印されてしまいましたがパトリを転生させることで受肉と五つ葉のグリモワールを手に入れるチャンスを待っていたのでありました。 エルフを滅ぼしたのは悪魔だと知っているのは初代魔法帝ルミエルとエルフの長リヒトだけだったが悪魔が目的を達成したために自身の全てを告白し人間&エルフVS悪魔という 初代魔法帝ルミエル、リヒト、パトリ、アスタ、ユノ、セクレVS悪魔 という6VS1の構図になりました。 ルミエルとリヒトによる猛攻を受ける悪魔ですが悪魔にはダメージが通りません。 まともにダメージが通るのはアスタの反魔法だけ。 そしてアスタはリヒトと悪魔のからの戦いのヒントを得たことで自身の反魔法の力をもっと引き出すことに成功。 またユノもルミエルとリヒトのマナを再利用することで悪魔にダメージを与えることができる剣を創造させることに成功しました。 この戦いの中で成長するユノにルミエルは 「 風属性に剣の魔法…そうか…彼は…!」 と言うのでありました。 絶対リヒトの息子や~ん! リヒトと妻ティティアの魔法 リヒトはエルフ族の長であり四つ葉のグリモワールに選ばれたキャラ。 使う魔法の属性は「 剣魔法」でありかつてアスタが使っていた反魔法の剣の持ち主でありました。 悪魔によってエルフをほろぼされてしまった時に絶望に落ちたことで五つ葉のグリモワールとなってしまいました。 四つ葉のグリモワールの持ち主が絶望することで五つ葉になるのです。 その元リヒトのグリモワールである五つ葉のグリモワールがめぐりめぐって現在はアスタの元へやってきました。 ちなみにリヒトが使っていた時は反魔法の力ではなくアスタの中に眠る悪魔がアスタ仕様の反魔法の力にしたとのこと。 一方ティティアは初代魔法帝ルミエルの妹であり使う魔法は「 風属性」。 魔法の腕前などは不明ですが優秀な兄ルミエルの妹ですからそうとうな実力者だと思われます。 またルミエルはクローバー王国の王子であったためティティアも王族ということになります。 ユノの持つペンダント ユノが肌身離さず持っているペンダントはハージ村に捨てられていた時から横においてあったアイテム。 ユノは出生を知るための手がかりとして残していたのかずっとペンダントを付けていました。 そのペンダントもエルフたちが使う魔石であることが発覚。 グラビド岩石に魔石をはめ込むことで出現するあの世とこの世の堺と言われる「影の王宮」。 エルフVS人間の戦いは影の王宮へと向かいました。 影の王宮は一度閉まってしまうと外からは入れない仕組みでありましたがユノの持つペンダントが反応しユノは後から来ても王宮に入ることが成功。 なのでユノの持つペンダントが魔石であることが発覚しました。 ユノとアスタをハージ村に置いたのはエルフの関係者と言うことになります。 なのでユノはエルフと関係ある人物となります。 ユノの中にいるエルフの魂は誰? ユノは自分の中に魂が入っていることに気づいておりライアも転生は完全に成功しているらしいですがユノには人格が現れていません。 グラビド岩石がある場所にてライアがユノが来てないことをパトリに対して「転生しているはずなのに人格が元の人間のままだったんだよね」と言っていました。 このことからユノの中にいる魂はテティアのお腹の中にいた子ではなくしっかりと人格があったエルフだと考えることができます。 ただユノの魂に近しい人物がライアやパトリの回想でいなかったことから人格はあるが単純に出てきていないだけだと思われます。 結論:ユノはリヒトの息子であり王族の血を引いている説濃厚 テティアは王族であり風属性の使い手、そしてリヒトは剣魔法の使い手ということでユノが使っていた魔法からテティアの子であるということが高い確率で言えるでしょう。 四つ葉のグリモワールに選ばれ下民であるにも関わらず金色の夜明けメンバーに負けない魔力を持っていたことからユノはやはり王族テティアの血を引いているのではないでしょうか? まだブラッククローバーで結論が出ていませんが今後どのような展開で物語が進んでいくのか楽しみですよね。

次の

ブラッククローバー244話ネタバレ!アスタダウン!グレイの新たな力とヤミ登場!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ブラッククローバーアスタの正体

最果ての村ハージ村のの前にと共に捨てられ、教会で育てられた孤児。 最強の魔法騎士「魔法帝」になる事を夢見ており、そのためにの中でもの集まりとされている「」へと入団する。 名前の由来は恐らく、ヨーロッパ伝承・悪魔学で言及される・。 人物 一言でまとめると、熱苦しく騒がしい。 非常に前向きで明朗快活であり、相手の欠点よりも長所に目を向ける。 また、割と礼儀正しく黒の暴牛の先輩たちや目上の人物には敬語で話し、その際は「~ッス」といったっぽい喋り方になる。 基本的に明確な加害や妨害の悪意がない限り他人からの罵詈雑言は聞き流すほどに慣れており、周囲の人間の方が反応するほど。 冒頭のセリフにもあるようにとにかく諦めが悪く、どんな窮地であっても立ち上がる不屈の闘志の持ち主であり、その影響は仲間たちにも伝播して良い変化を与えている。 「魔法帝になる」という夢には、自分のような「生まれが悪い者」「魔力を持たない者」がなる事で、同じような者たちの希望にもなるという、貴族主義と魔力重視の価値観が歪に混ざった社会で生き抜くために培った価値観に基づいている。 仮に魔法帝になれた場合の方針としては「みんなが認め合って笑い合える自由な国」を造ると語っている。 なお、等のように王族貴族を引き摺り下ろすようなことは考えていないようである。 そのひたすらに真っ直ぐな理想を、どんな相手に対しても臆面なく語るため、時には敵の心すらも揺り動かす。 集団・との戦いの中で、相手方の絶望や憎悪の原因等感情的な部分に興味を持ち、原因を探ることも始めている。 また、敵であるヴェットにも、戦闘終了後は花を手向けており、がしそうな時はそれを止めた。 そして、が卑劣な手段で魔法帝・を殺したと知った際には、激しい怒りをぶつけながらも、ショックで思考停止しようとする彼に元凶と戦うよう発破をかけた。 影の王宮では言霊魔法の悪魔と戦闘している最中に乱入し、 悪魔の掌の上で踊らされ失意の底に堕ちダークエルフと化したパトリを滅魔の剣で憎しみから救った後、ユノ、パトリ、ルミエル、セクレ、リヒトと共に自身の能力を急速成長させて言霊魔法の悪魔を撃破することに成功。 その後、言霊魔法の悪魔の一件で自身の中に宿る悪魔を証拠に、エルフ転生事件の罪をかけられセクレと共に断罪されることとなるが、 そこへ乱入した黒の暴牛メンバーにより窮地を救われ、ユリウスから「悪魔と呪いの調査」する事を黒の暴牛と共に命じられ、 ゴードンの協力を得てノエル、ミモザ、フィンラルと共にハート王国へ入国。 しかし入国早々にハート王国の王女・ロロペチカと彼女と契約している水の精霊・ウンディーネにより誘拐され、 実力を図るために半ば不意打ちのようにバトルとなる。 彼女らからハート王国に悪魔の災いが巣食っていることを伝えられると、打倒悪魔のためハート王国でノエルらと共に半年間の修行を行う事になった。 そして、魔法が絶対の世界で何故自分だけ魔法が使えないのか、自身の出生を辿る旅が始まる。 ちなみに、、、、、、……と結構なっぷりだが、本人は一筋。 だが悲しいかな、 本命であるシスターとのフラグは全く無い上に軽く受け流されている。 戦闘能力 を使うを持たないこと気付かずに只管鍛錬を続け、ユノと共に魔法帝を目指す日々を送っていたが、15歳の時に魔導書に選ばれなかった所か、ユノは伝説とも言われる4つ葉のクローバーが刻印された魔導書を手に入れた事にショックを受けた。 その後、ユノの魔導書を奪おうとしたから「お前にゃが何一つない」と言われ、諦めかけたその時、ゴロツキに殺されそうになっていたユノを護るために奮起したところで悪魔が宿るとされる5つ葉のクローバーが刻印された黒の魔道書が現れ、晴れて 「魔法の使えない魔法使い」となる。 魔法が使えないながらも、幼少期からひたすらに鍛え上げた肉体、そして高い身体能力を活かした接近戦が基本。 常人ならば持ち上げることすら叶わないを振り回し、しかもそれを持った状態でもかなりの速さで移動が可能。 素の状態のダッシュは、が 身体強化魔法と勘違いするレベル。 そもそも後述の彼の武器は「魔法を打ち消す武器」であり、魔力を持つものは握ることすらできない。 そのため現状、まさに世界でただ一人しか扱えない武器となっている。 性質上、「接近戦しか出来ないため、回転が速い投擲などの遠距離攻撃に弱いこと」「強化魔法などでアスタ以上の身体能力を発揮するものに弱いこと」「諦めが悪いこと」が弱点としてヴェットから指摘されている。 アスタが負けた戦闘は基本的にこのどれかに該当すると思っても過言ではない。 なお、「諦めの悪さ」に関しては「無茶な特攻で余計なダメージを負ってしまう」という長所の裏返しを指している。 この点に関してはやからも「諦めない事と無策・無謀は別物」と諌められている。 最近のジャンプでは珍しい部類の、何の才能もない『 努力の天才』である。 反魔法 アンチまほう 黒の魔道書から出現する剣には という特殊な力が宿っており、魔法が生み出したものであればだろうがだろうがだろうがだろうが、とにかくを斬る様にぶった切れる。 また、剣脊では魔法を「弾き飛ばす」事が可能で、高速で突っ込んでくるものなどに対し、切るとぶった切ったがぶち当たるなどの危険性がある場合はこちらを使用することも多い。 これらの剣の正体は、かつて数百年前に滅んだエルフ族の長が使っていた魔法剣の成れの果ての姿。 その長というのが、の長とは別のであり、それゆえには剣を奪い返そうとしていた。 だが、本人は既に自分の物ではないと認識しており、言霊の悪魔との戦いを終えた後消滅する際に「もう君のものだ」と奪っていた剣も含めて託している。 なお、いずれの剣も黒いのようなもので覆われているが、本来の使い手であるが握っている間はそれらの錆が消えて本来の刀身を取り戻す。 アスタが剣を扱えるのは、彼が「魔力を全く持たない」がゆえの言うなればバグである。 断魔の剣 外見は"鉄塊"と形容できる漆黒の大剣。 馬鹿力を有するアスタをして重いと言わしめる程に重量がある そんなものを片手で振るえるアスタも大概だが。 切れ味は無いに等しく、魔法ではない(人体など)には「ただのでかいの塊」でしかない。 しかし、反魔法で体内をめぐるマナを打ち消された肉体へアスタの膂力で振られる鈍器は よほど鍛錬を積んでいない限りは ほぼ一撃必殺である。 一方で、その重量から速度のある魔法が相手だと振り遅れるといった事態も招いている。 また、この剣の重量と性質から、剣を重し代わりに相手に乗せるだけで、魔法を封じ、尚且つ純粋な腕力でどかすのも困難な拘束具として用いる事も可能。 宿魔の剣 ダンジョン攻略編で手に入れた細身の剣。 こちらも切れ味はないが大剣よりは軽量 それでも大の大人が持てないほどの重量を有する なので、大剣でさばけない魔法ならばこちらが使用される。 しかし、軽量な分決定打に欠けると言った欠点を有する。 この剣の真骨頂は 魔力を吸収する能力にあり、他人の魔力を吸って空を飛ぶ斬撃として射出する力がある。 しかし、アスタはこの原理をよく分かっていなかったため、何度か偶発的に仲間の魔力を宿して使った程度であった。 との戦いの際に一時奪われていたが、彼が自身以上に使いこなす姿を見て「自分がまだ使いこなせていない秘めた力がある」事に気付かされた。 滅魔の剣 のアジトで手に入れた、先端が扇のように丸みを帯びた歪な形をした剣。 本来はが使用していたのだが、戦いの最中に弾き飛ばした後なぜかアスタの魔道書に入っていた。 他の剣以上に強力な反魔法の力があり、 「周囲の因果を断つ」ことができる。 つまり、 「魔法を受けた」という事実そのものを根本から無効化するため、既に掛かったや強力な転生魔法ですらも消し去って見せた。 ただ、に宿っていたエルフからは 「都合の良い奇跡は無い。 行いの代償は必ず支払われる。 」と不穏な事を言われている。 氣を読む力 からの 戦闘中に行われた雑な 指導によって習得。 氣とは「人や物質に宿る魔力とは異なる力」のことであり、これを読むことでその動きの先読みが可能になる。 また、魔力とは異なるゆえに魔力の気配を絶った相手も感知可能となる。 接近戦が主で感知能力に難のあったアスタにとってこれ以上にない相性の良い能力となっている。 因みに、氣を読めると言っても、師匠であるヤミほど高精度に読めるわけではない。 断魔の剣に宿る反魔法のエネルギーを自身に巡らせて変身したいわゆる強化形態。 右半身が漆黒に染まり、悪魔のように変化する。 左半身が変化するユノの〝スピリット・ダイブ〟とは対になる形であり、もしかしたら何か関係があるのかもしれない。 詳しくは当該項目を参照。 キャラ人気 2017年に行われた魔道士総選挙 人気投票 では、 応募総数9,825票中2,911票獲得で ぶっちぎりの1位であった。 2位のは1,952票 これまでの努力が評価された結果であろう。 2018年魔道士総選挙では、応募総数18,033票中3,064票獲得で 二連続1位である。 2位のは1,967票 関連動画 関連項目 関連記事 親記事.

次の

ブラッククローバー黒幕・悪魔とは?言霊魔法や五つ葉の魔導書情報も

ブラッククローバーアスタの正体

リルも成長して強くなった ポトロフは強大な木とツルを出して羊を止めようとしますが、羊はツルをすり抜けて止めることが出来ません そのとき、ここは僕に任せてとリルが現れます。 羊の綿に取り込まれていたアスタも、羊が凍ったことで中から飛び出しリルに感謝します。 そのまま二人は羊へ向かっていき、凍った氷を破壊します。 絵画魔法で描かれた草のツルでまん丸に拘束されたチャーミー。 チャーミーは、ほんの出来心でと謝ります。 アスタは、リルもまたされにとんでもなく強くなったと言いますが、ある人のことを考えると創作意欲が湧き出て止まらなくなるといい、その人物の顔を描きます。 その人物とは、ドワーフ状態のチャーミーでした。 半年前にエルフに乗っ取られた僕を救ってくれた女神だとリル。 彼女こそ僕の運命の相手さ、彼女に見合うような強い男になるよ僕はと目を輝かせるリルに、それはチャーミーセンパイだぞとアスタは教えます。 こんな太ってなかったと全く信じないリル。 チャーミーも、私そんなに太ってないよ、一番人気のぽっちゃり系だよと自覚がありません。 ユノはスペード王国の王子 ハージ村に到着したユノと精霊のシルフ。 ユノはハージ村を見て懐かしがります。 そして、ゲルドルと一緒に影の王宮の宝物をとってきた際、レブチという盗賊が持っていたが、この魔石はもともと君のものだと、まさかアイツのお蔭でペンダントが戻ってくるとはと感慨深げに考えます。 ユノにペンダントと渡している人物は、後ろ姿なので誰か不明ですが、おそらくウィリアム・ヴァンジャンスではないかと。 ユノはシスターのもとへ向かい、建物の中に入ります。 ベッドにはユノの名前を呟いた男がおり、男とはユノを見ながらシルエ様に瓜二つだと言います。 それにそのネックレス・・・間違いない・・・。 シスターはこの男性がスペード王国の人らしいと伝え、ダイヤモンド王国を残虐に侵略した、今最も危険な国とユノ。 私は敵ではないと男は言います。 スペード王国はもともとは平和な国だった。 厳しい寒さの中でも、グリンベリオール家が治め、人々も幸せに暮らしていたが、漆黒の三極性(ダークトライアド)が現れ、グリンベリオール家を追放し、国民を恐怖で支配するまではと男は説明します。 男は言います。 ユノ様、貴方こそ私達の希望、貴方はグリンベリオール家、つまりスペード王国の王子なのです。 ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでブラッククローバーの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ブラクロ233話の感想 チャーミーの暴走がヤバかったですが、成長したリルとアスタで見事に止めました。 リルは元々強かったので、より強さが増した感じですが、やはりアスタですよね。 伸びしろで言えばアスタが一番ではないでしょうか。 そして233話の最後では、ユノの正体がスペード王国の王子であることが判明しました。 まさかの王族で、どうりでユノの魔力が半端ないわけです。 この事実をユノはどう受け止めるのか。 次回に期待です。 ブラクロ234話のネタバレはコチラになります。

次の