30 代 女性 体 脂肪 率。 体脂肪率の女性と男性の平均は?簡単に10%落とす方法を伝授!

女性の見た目を変える「体脂肪率」の落とし方、減らし方はコレ!20代・30代・40代など体脂肪率の基準(標準)と平均と計算方法、測り方は?モデルさんみたいになりたい!

30 代 女性 体 脂肪 率

そもそも体脂肪率ってなに? そもそも、体脂肪率っていうのは何のことなんでしょう? ダイエットや健康診断でよく聞く単語ですよね。 最近は体脂肪率を簡単に測定できる体重計が安く買えるようになってきたので、毎日同じ時間(起床後すぐがおススメ!)に測ってみてはいかがでしょうか。 女性と男性それぞれの体脂肪率の平均は? 女性男性それぞれの体脂肪率の平均はどれくらいなのでしょう? 年代と性別にわけて見ていきましょう! どの年代でも、 標準少なめから標準多めの間に収まっていれば健康であると言われています。 体脂肪は体を動かす為に必要ですし、寒さから身を守る役割もあるので、 「ある程度はついていないといけない」のですが、 つきすぎると 膝や腰に負担がかかりますし生活習慣病の原因にもなります。 20代・30代女性の体脂肪率 まずは 20代・30代女性の体脂肪率から見ていきましょう。 体脂肪率23%前後 が 「もっとも女性らしいボディライン」と言われていますよ! 体脂肪率が20%を切ると「アスリート系」の体つきになれます! マラソン選手だと 体脂肪率が15%前後 の方が多いです。 40代・50代女性の体脂肪率 続きまして 40代・50代女性の体脂肪率も見てみましょう。 40代以降の女性の基準値は、20代30代の女性の基準値よりも 1%ずつ高くなっていますね! 体脂肪率が低すぎれば 免疫力の低下につながり風邪を引きやすくなります。 逆に体脂肪率が高ければ 高血圧や動脈硬化といった大きな病気に繋がりやすくなります! 女性らしさを残しながら メリハリのある体を目指すなら20〜25%くらいがいいと思います! 20代・30代男性の体脂肪率 今度は 20代・30代男性の体脂肪率をチェックしましょう! 男性の平均体脂肪率は20%と言われていますが、 世の男性が憧れるお腹に シックスパックがみえるような状態になるには体脂肪率10%くらいまで落とす必要があります! ちなみにサッカーの 大迫選手の体脂肪率は7%台ですから流石ですね。 40代・50代男性の体脂肪率 最後に 40代・50代男性の体脂肪率をチェックしましょう! 男性も代謝が落ちてきますので20代・30代の基準値より1%数値が大きいですね。 1駅歩いてみる、筋トレをしたことがないのなら始めてみる、などの 体脂肪を下げるための工夫が必要な年代ですよ! 体脂肪を落としたいなら 「こうじ酵素」がおススメ! 体脂肪率を落とすためにするべきこと さっそく体脂肪率を落とすためにするべきことを1つずつお伝えしていきます。 体脂肪率を落とすには、 「これだけすれば大丈夫!」なんてことはないので、 満遍なく意識していくのがポイントになりますよ。 筋トレを行なうと脂肪を分解するホルモンが分泌されますし、筋トレを行なったすぐあとは代謝が上がっています。 その状態で有酸素運動を行えば 血液の中に分解された脂肪がエネルギーとして使用されるのです! ですので筋トレ後に ジョギング・縄跳び・バイクといった有酸素運動をして下さいね。 月曜日は上半身、水曜日は下半身、土曜日は全身 と行なえたら理想的ですね。 筋肉をつけるだけではなくて、さらに 体脂肪を燃やすのが狙いですので、 ぜひとも ダンベルを使ってトレーニングを行ないましょう。 ダンベルを買うのはちょっと・・・と抵抗があるのであれば、 ペットボトルにお水を入れてダンベル代わりにするのもオッケーですよ! ペットボトルに入れる お水の量で重さが調整できるところもいいですね。 youtube. そして炭水化物にはたんぱく質などの栄養素を筋肉に送る働きを手伝う役目もあるので、 筋肉を衰えさせないために全く食べないという事はやめましょう。 食べるタイミングは摂取した炭水化物が脂肪に変化しにくい朝がベストです。 なぜ筋肉量の増加を狙うのかというと、 代謝がアップして脂肪が燃えやすくなんです! たんぱく質の摂取を増やすことは 体脂肪率を下げることにつながりますよ。 しっかりと睡眠を取ると、 1日あたり300キロカロリーも消費してくれるんですよ! これが寝不足だと 100キロカロリー未満に減ってしまいます…! また、しっかり眠れていると 体内の レプチンという物質が増えて食欲を抑えてくれるという効果もあります。 詳細は別ページで解説してあるので、 そちらをチェックして下さい! 体脂肪率を減らした人たちの口コミ 体脂肪率を減らした人たちの口コミをまとめてみました。 効果的に体脂肪率を下げるキーワードが見つかるかもしれませんよ! 体脂肪を減らしたいから筋トレと有酸素運動をした! さえこさん・35歳・埼玉県 週に3回、朝起きたら軽く食事をして仕事にいく支度を済ませてから 筋トレを15分&軽いジョギングを15分するようにしました。 さらに夕食時の炭水化物を減らしたところ、 3か月で体脂肪が6%下がりました! 体脂肪率が1か月で3. 身体を動かすことが好きになってきたし、 1か月で体脂肪率が3. 5%下がったのでこのまま継続します! 体脂肪率ダウンには、たんぱく質が大事! たいがさん・33歳・香川県 お米が大好きなのでで、今まで 白米ばかり食べておかずは少しという食事でした。 体脂肪を減らすにはたんぱく質が大事だと聞いたので、 脂身の少ない牛肉を塩コショウで食べたり、ササミを選ぶようにようにしたりしました。 筋トレをして筋力アップすること• 有酸素運動で脂肪を燃焼させること• 食事のバランス 特に炭水化物とたんぱく質の摂取量 を意識すること 3つのバランスを意識していれば 10%落とすことだって可能です! どうしても 女性だと身体のリズムの関係で運動をお休みする時もあるかもしれませんし、モチベーションが下がってしまう時もあるかもしれません。 せっかく体脂肪率を下げるために頑張ってきたことが無駄にならないために サプリメントも上手に取り入れていきましょう。 今もしもちょっと理想よりもポッチャリしていたとしても体脂肪を落とす目標は諦めないで、 サプリメントを続けられれば大丈夫ですよ! 体脂肪に悩む方におすすめのサプリは 「こうじ酵素」です!!.

次の

体脂肪率平均表(男性、女性、年齢別)

30 代 女性 体 脂肪 率

そもそも体脂肪率とは体内に含まれている脂肪の重さのことを指します。 つまり体重のうち、一体何パーセントが脂肪なのかという数値です。 同じ50kgでも体脂肪率20パーセントと30パーセントでは見た目にかなりの差があります。 筋肉が多い人は体脂肪率がそれだけ低くなるのです。 20代30代の成人女性の平均的な体脂肪率は27パーセントです。 女性はホルモンの影響や出産する機能によって、男性よりも体脂肪率が高い傾向にあります。 男性は筋肉質な体つきの人が多いですが、女性は丸い柔らかなフォルムの人が多いですよね。 これは男性と女性の性別の違いなのでどうすることもできません。 成人20代30代の女性は、他の年代に比べると消費するエネルギーも多いですし、まだ若いので比較的痩せやすい年代にあると言えます。 そのため体脂肪率も平均値が27パーセントとそんなに高くはありません。 むしろ27パーセントは標準よりもやや低い数値とみなされます。 21~27パーセントは標準マイナスな体脂肪率 今回は体脂肪率25パーセントという数字にこだわってご紹介しますが、体脂肪率25パーセントとは標準マイナスの区分に位置づけられ、日本人の20代30代成人女性の平均体脂肪率よりもやや少ない体脂肪率となっています。 この体脂肪率25パーセントは女性が理想とする体脂肪率なのです。 体脂肪率25パーセントというと体重の4分の1が脂肪ということになります。 つまり脂肪と筋肉のバランスがとれている体型になるのです。 あんまりにも筋肉質すぎても困りますよね。 女性らしいフォルムは保ったままほどよく筋肉を付けて痩せたいと思った時は25パーセントという数字になります。 以下の記事ではさらに筋肉質でやせ形な20パーセントの体脂肪率についてまとめられています。 さらに、体脂肪率別にどのような見た目なのか比較することもできますから、是非こちらの記事も併せて参考にしてみてはいかがでしょうか? 体脂肪率を25パーセントにする方法としてウォーキングはオススメです。 体脂肪率を下げるためには筋肉をつけることがポイントになるのですが、ただ筋トレばかり行って筋肉を鍛えるよりも、同時に有酸素運動を組み合わせる方が効果的に筋肉をつけることができます。 有酸素運動とは、体内に酸素を取り入れながら行う運動のことなのですが、ウォーキングはその代表的な運動です。 ウォーキングであれば健康にもいいですし、誰でも比較的簡単に行えますから嬉しいですね。 有酸素運動で体内に酸素を取り入れ、筋肉を動かすことで筋力の増加につながります。 有酸素運動は、ウォーキングの他にもエアロビやジョギング、水泳なども当てはまります。 これらの運動を時間をかけて行う事で体内に酸素を取り入れ、筋力をアップするのに必要なATPという物質を作り出し、効率的に筋肉を増やす事ができるのです。 つまりただ筋トレだけしてもあまり効率的ではないと言う事なのです。 いくら有酸素運動や筋トレをして身体についている脂肪を筋肉に変えても、新たに蓄積されるエネルギーが脂肪になりやすいものなら意味がありません。 体脂肪を25パーセントに落としたい場合には、高いタンパク質を摂ることと炭水化物の制限が必要になります。 ご飯やパンや麺類は炭水化物の代表的存在です。 量を減らし、その分ササミ肉や卵などの高いタンパク質を摂取するようにしましょう。 また赤身肉などもいいですね。 炭水化物のように糖質が高い食べ物を制御することで痩せる糖質制限というダイエット方法があります。 以下の記事ではそんな糖質制限のレシピをまとめてあります。 比較的簡単に作れるものばかりなので是非参考にして、効果的なダイエットをしてみてはいかがでしょうか? ズボラ女性は高タンパクで低カロリーなダイエットレシピを考えるのがなかなか難しいと思います。 しかし、いつも食べている食事を何かに置き換えることで簡単に体脂肪率を25パーセントに落とせるダイエットメニューになりますよ。 まず、体脂肪率を25パーセントに落とすためには食事の見直しが重要だと申し上げました。 なかでも、炭水化物はなるべく摂取しないようにすべきです。 炭水化物は太る代表的な食べ物で、摂取しても筋肉に変わってくれないためダイエット中の人には大敵となります。 炭水化物の中でもご飯は日本人にとって欠かせないものですよね。 しかしご飯は摂取しすぎるとダイエットの敵となってしまいます。 そんな時、ご飯の代わりにお豆腐を代用してみるのがオススメです。 低カロリーですし、どこでも手に入るのがいいところですね。 ズボラ女子の方々は、なるべくフライパンやお皿を使いたくないと思うはずです。 準備するのもめんどくさいですし、後片付けもなるべく簡単にしたいですよね。 そんな時頼りたくなるのが電子レンジです。 電子レンジで調理できる食事はズボラ女子の強い味方ですよね。 体脂肪率を下げるためにはこれ以上脂肪を増やさないのも大切な一つの要素となります。 そのためには、野菜を摂取するというのは必須項目になりますが、生野菜はなかなか食べにくいですよね。 ダイエットをする時には温野菜がオススメです。 温野菜ならお皿に入れてチンするだけで完成しますからズボラ女子にもお手軽ですよね。 体脂肪率を下げるためのダイエットでは食事が大事であることがお分かり頂けたかと思います。 以下の記事ではさらに詳しくダイエットにおすすめの食事をまとめてありますから、是非参考にしてみてくださいね! RELATED ARTICLE 体脂肪率を減らして素敵なBODYに! いかがでしたか?体脂肪率に着目することで美しく引きしまった身体を作れる事がお分かり頂けたかと思います。 また、平均的な成人女子の体脂肪率や成人女子の理想的な数値もご紹介したのでご自身が目標とする体脂肪率の目安が分かりやすかったのではないでしょうか? 女性の身体は男性に比べると太りやすく、体脂肪率は高くなる傾向にあります。 ただ体重の数値だけにとらわれず、体脂肪率にも注意することによってより女性にとって理想的な身体づくりができるはずです。 体脂肪率を減らすには、低糖質な食事と有酸素運動、筋トレの組み合わせが効果的なので、健康的にダイエットすることができます。 是非体脂肪率を減少させて素敵なボディになってくださいね!•

次の

体脂肪率の女性と男性の平均は?簡単に10%落とす方法を伝授!

30 代 女性 体 脂肪 率

そもそも体脂肪率とは体内に含まれている脂肪の重さのことを指します。 つまり体重のうち、一体何パーセントが脂肪なのかという数値です。 同じ50kgでも体脂肪率20パーセントと30パーセントでは見た目にかなりの差があります。 筋肉が多い人は体脂肪率がそれだけ低くなるのです。 20代30代の成人女性の平均的な体脂肪率は27パーセントです。 女性はホルモンの影響や出産する機能によって、男性よりも体脂肪率が高い傾向にあります。 男性は筋肉質な体つきの人が多いですが、女性は丸い柔らかなフォルムの人が多いですよね。 これは男性と女性の性別の違いなのでどうすることもできません。 成人20代30代の女性は、他の年代に比べると消費するエネルギーも多いですし、まだ若いので比較的痩せやすい年代にあると言えます。 そのため体脂肪率も平均値が27パーセントとそんなに高くはありません。 むしろ27パーセントは標準よりもやや低い数値とみなされます。 21~27パーセントは標準マイナスな体脂肪率 今回は体脂肪率25パーセントという数字にこだわってご紹介しますが、体脂肪率25パーセントとは標準マイナスの区分に位置づけられ、日本人の20代30代成人女性の平均体脂肪率よりもやや少ない体脂肪率となっています。 この体脂肪率25パーセントは女性が理想とする体脂肪率なのです。 体脂肪率25パーセントというと体重の4分の1が脂肪ということになります。 つまり脂肪と筋肉のバランスがとれている体型になるのです。 あんまりにも筋肉質すぎても困りますよね。 女性らしいフォルムは保ったままほどよく筋肉を付けて痩せたいと思った時は25パーセントという数字になります。 以下の記事ではさらに筋肉質でやせ形な20パーセントの体脂肪率についてまとめられています。 さらに、体脂肪率別にどのような見た目なのか比較することもできますから、是非こちらの記事も併せて参考にしてみてはいかがでしょうか? 体脂肪率を25パーセントにする方法としてウォーキングはオススメです。 体脂肪率を下げるためには筋肉をつけることがポイントになるのですが、ただ筋トレばかり行って筋肉を鍛えるよりも、同時に有酸素運動を組み合わせる方が効果的に筋肉をつけることができます。 有酸素運動とは、体内に酸素を取り入れながら行う運動のことなのですが、ウォーキングはその代表的な運動です。 ウォーキングであれば健康にもいいですし、誰でも比較的簡単に行えますから嬉しいですね。 有酸素運動で体内に酸素を取り入れ、筋肉を動かすことで筋力の増加につながります。 有酸素運動は、ウォーキングの他にもエアロビやジョギング、水泳なども当てはまります。 これらの運動を時間をかけて行う事で体内に酸素を取り入れ、筋力をアップするのに必要なATPという物質を作り出し、効率的に筋肉を増やす事ができるのです。 つまりただ筋トレだけしてもあまり効率的ではないと言う事なのです。 いくら有酸素運動や筋トレをして身体についている脂肪を筋肉に変えても、新たに蓄積されるエネルギーが脂肪になりやすいものなら意味がありません。 体脂肪を25パーセントに落としたい場合には、高いタンパク質を摂ることと炭水化物の制限が必要になります。 ご飯やパンや麺類は炭水化物の代表的存在です。 量を減らし、その分ササミ肉や卵などの高いタンパク質を摂取するようにしましょう。 また赤身肉などもいいですね。 炭水化物のように糖質が高い食べ物を制御することで痩せる糖質制限というダイエット方法があります。 以下の記事ではそんな糖質制限のレシピをまとめてあります。 比較的簡単に作れるものばかりなので是非参考にして、効果的なダイエットをしてみてはいかがでしょうか? ズボラ女性は高タンパクで低カロリーなダイエットレシピを考えるのがなかなか難しいと思います。 しかし、いつも食べている食事を何かに置き換えることで簡単に体脂肪率を25パーセントに落とせるダイエットメニューになりますよ。 まず、体脂肪率を25パーセントに落とすためには食事の見直しが重要だと申し上げました。 なかでも、炭水化物はなるべく摂取しないようにすべきです。 炭水化物は太る代表的な食べ物で、摂取しても筋肉に変わってくれないためダイエット中の人には大敵となります。 炭水化物の中でもご飯は日本人にとって欠かせないものですよね。 しかしご飯は摂取しすぎるとダイエットの敵となってしまいます。 そんな時、ご飯の代わりにお豆腐を代用してみるのがオススメです。 低カロリーですし、どこでも手に入るのがいいところですね。 ズボラ女子の方々は、なるべくフライパンやお皿を使いたくないと思うはずです。 準備するのもめんどくさいですし、後片付けもなるべく簡単にしたいですよね。 そんな時頼りたくなるのが電子レンジです。 電子レンジで調理できる食事はズボラ女子の強い味方ですよね。 体脂肪率を下げるためにはこれ以上脂肪を増やさないのも大切な一つの要素となります。 そのためには、野菜を摂取するというのは必須項目になりますが、生野菜はなかなか食べにくいですよね。 ダイエットをする時には温野菜がオススメです。 温野菜ならお皿に入れてチンするだけで完成しますからズボラ女子にもお手軽ですよね。 体脂肪率を下げるためのダイエットでは食事が大事であることがお分かり頂けたかと思います。 以下の記事ではさらに詳しくダイエットにおすすめの食事をまとめてありますから、是非参考にしてみてくださいね! RELATED ARTICLE 体脂肪率を減らして素敵なBODYに! いかがでしたか?体脂肪率に着目することで美しく引きしまった身体を作れる事がお分かり頂けたかと思います。 また、平均的な成人女子の体脂肪率や成人女子の理想的な数値もご紹介したのでご自身が目標とする体脂肪率の目安が分かりやすかったのではないでしょうか? 女性の身体は男性に比べると太りやすく、体脂肪率は高くなる傾向にあります。 ただ体重の数値だけにとらわれず、体脂肪率にも注意することによってより女性にとって理想的な身体づくりができるはずです。 体脂肪率を減らすには、低糖質な食事と有酸素運動、筋トレの組み合わせが効果的なので、健康的にダイエットすることができます。 是非体脂肪率を減少させて素敵なボディになってくださいね!•

次の