火口のふたり あらすじ キャスト。 火口のふたりのロケ地はどこ?キャストの目撃情報から徹底リサーチ!

火口のふたりは大人の映画?無料フル動画配信サービスは?【キャスト|あらすじ|ネタバレ】

火口のふたり あらすじ キャスト

動画配信サービスU-NEXTが一番オススメの理由• 登録する際の入力項目が少なく、使いやすい• 無料キャンペーン期間が31日間で他のサービスよりも長い• 作品のラインナップが一番充実している(日本最大級)• 毎月ポイント(1200円分)が無料付与される• 無料でファミリーアカウントが使える(最大4つまで)• 解約したいときは簡単にアカウントページから解約できる ですので、やっぱり一番オススメの動画配信サイトは「 U-NEXT」ですね。 映画『火口のふたり』を今すぐみるならU-NEXTがオススメ 動画配信サービス「U-NEXT」は、 無料トライアル期間が31日間となっています。 ですので、正直、この間に退会をすれば、料金はかからないです。 この点が最大のオススメのポイントですね。 なお、U-NEXTで視聴できる動画作品には、以下の動画作品があります。 U-NEXTで視聴できる動画作品の種類• 見放題作品• ポイントレンタル作品 『火口のふたり』はポイントレンタル作品となりますので、通常は料金がかかります。 しかし、無料登録キャンペーンに登録した際にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で映画『火口のふたり』を視聴することが可能です。 また、無料期間を超えてしまっても、毎月1200ポイントがもらえるようになります。 およそ新作映画の2本分が毎月ポイントで視聴することができるんですね。 U-NEXTは、 映画だけではなく、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、漫画、雑誌なども視聴あるいは閲覧が可能です。 31日間の無料体験期間は見放題です。 ですので、色んなジャンルを試してみる価値はあると思います。 試してみて「やっぱり合わないな」という場合は、U-NEXTのアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能となります。 この点も、分かりやすい場所に解約ページへのリンクがありますので、安心して使ってみてください。 瀧本美織さんもお美しいですが、柄本佑さんもいい男ですね。 スポンサーリンク まとめ:映画『火口のふたり』みどころ.

次の

火口のふたりのロケ地はどこ?キャストの目撃情報から徹底リサーチ!

火口のふたり あらすじ キャスト

柄本佑・瀧内公美、出演者はふたりだけ!昔の恋人との何気ない会話が懐かしい、。。 ふたりの身体の言い分とは?R18 SEXシーン多し レバニラ食べながら 二人きりの最後の夜。 2001年、黒木和雄監督の『美しい夏キリシマ』の主人公康夫役を演じ、数々の映画新人賞を受賞。 以後、様々な映画で鮮烈な印象を残し続け第一線で活躍。 佐藤直子役 瀧内公美 1989年生まれ、富山県出身。 2012年、本格的に女優としての活動を開始。 2015年には白石和彌監督『日本で一番悪い奴ら』にて、打算的な若手婦警役を好演。 2017年、廣木隆一監督『彼女の人生は間違いじゃない』の主人公 金沢みゆき役を演じ、第27回日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞、2017年度全国映連賞女優賞を受賞。 第42回報知映画賞主演女優賞ノミネート、第72回毎日映画コンクール主演女優賞ノミネート、など高い評価を得る。 2019年1月19日 土 よりNHK『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』 全8回 に出演。 2月8日 金 公開のオムニバス映画『21世紀の女の子』では、竹内里紗監督作品『Mirror』で主演を務める。 火口のふたり~あらすじ 東日本大震災から7年目の夏、プー太郎の永原賢治( 柄本佑)がボーっと釣りをしてると、田舎の父から電話( 柄本佑の父、 柄本明が声だけ出演)があり、佐藤直子( 瀧内公美)が結婚するから故郷の秋田に、結婚式に出るため戻って来い!と言われます。 離婚した後退職、再就職したものの会社が倒産してただなんとなく生きている賢治には時間だけはいくらでも有ったので、結婚式よりもずいぶん前に帰省し誰もいない家で寝ていました。 佐藤直子というのは昔の恋人で実は いとこ同士でした。 寝ている賢治の家のチャイムが鳴り響きます。 帰省したのを聞きつけた直子が早速現れます。 久しぶりの再開でした。 直子は結婚後に旦那さんと住む新居用に、テレビとブルーレイレコーダーを買うのを付き合ってくれと賢治に頼み買い物に行きます。 そして帰りに直子の実家に寄ります。 そこで引越し準備で片付けていたアルバムを二人で見ます。 二人とも生まれたままの姿で楽しそうに、そして幸せそうに映るモノクロの写真たち。 誰にでもある あの頃がどんどん甦ってきます。 どこにでもいる青春真っ只中の二人の男女。 しかし結婚を控える直子に対し距離を置いて帰ろうとする賢治に、直子は言います。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」 一日だけの約束で今を あの頃に戻した二人でしたが、次の日賢治が血相を変えて直子の実家にやってきます。 スイッチが入った賢治にはもう直子の身体の事しか頭にありません。 二人の身体の言い分はお互いを欲している。 ホテルに着くと部屋のドアが閉まった瞬間に始めてしまったり、欲望のままに残された時間を精一杯愛し合う二人。 そして朝起きると直子は一人先にチェックアウトしてました。 ホテル代は払っといたから、ちゃんと結婚式には来てね!という置手紙をおいて。 ところが賢治は次の日、直子の結婚式が延期になったと言う事実を知らされます。 どういうことなのか直子に電話をして直子の家に行く賢治でしたが、ものすごい事実を伝えられます。 直子によると、結婚相手の自衛隊のエリートが仕事の都合で結婚式を延期したいと言ってきた。 でも数ヶ月も前から予定を空けて式の日取りを決めているのに、その式を延期する仕事ってなんなの?と問いただす直子に、自衛隊員は極秘事項だから言えないと言い張ります。 どうしても納得のいかない直子は、彼に内緒で24のクロエばりに彼のパソコンのパスワードを当てて、中身を開きメールを確認すると、そこには 数日で富士山が噴火するから、結婚相手の自衛隊員に避難誘導、防災、事後処理などのリーダーになるよう任命されているメールを見つけます。 ええええええ~という展開ですが、それを結婚相手に問いただしたところ、人のPCを勝手に見るなんてありえない!今度やったら婚約解消だ~と言ったそうで、直子も明らかに彼に対する気持ちが離れていった感じです。 ラスト富士山が爆発する映像ではなく、子供が書いたような噴火の絵に爆音が鳴り響いて終わります。 荒井監督の原作者白石さんとのインタビュー記事に書いてありましたが、 日本が終ってしまいそうな時に、「身体の言い分」に身を委ねる二人がアナーキーでいいなと思いました。 世間的な価値観や倫理じゃなくて、身体がしたい事をさせてあげようという。 という言葉が大きな意味でなんか頭の中にピンときました。 自然災害というけれども、それは自然の側からすればただの自然であって人間にはどうすることも出来ない。 この先世界がどうなるかは分からないのだから、人間はこの二人のように欲に任せて人間らしく自然に生きる。 (犯罪はだめですが^^汗) そういうのもありかなと思いました。 地元吉祥寺で昨日時間があってみたのですが、半数以上は女性でした。 二人だけでストーリーを観客に分からせないといけないので、序盤は物語を分かりやすくするために二人の会話でお互いの関係性などを伝えるのは許容範囲でしょうか。 ただ中盤からは二人のピロートークや食事中の会話、全てが心に染み入ってきます。 特に佐藤直子役の 瀧内公美 さん。 初めて見たのですが、この女優さんとてもいい演技でした。 ちょっとこれから応援しようかな。 特にジーンと印象深かったシーンが、物語終盤のほうのピロートークで賢治が直子にビルの隙間や、バスの中で行為をしたり少しアブノーマルなのを快くいつでも受け入れてた直子に、直子もそういうの好きなんだろ的な事を言ったら、直子がじっと胸にためてたものをゆっくり吐き出すように 賢ちゃんの事が好きだったからだよ・・ という吐き出す言葉は観客も予想はついてたけど、観客も終盤になると自衛隊じゃなくて賢治と直子に幸せになってもらいたいと、感情移入完了してしまってるので普通の言葉だけど、わたしはここでノックアウトでした。。。 ラストの富士山がな~^^汗 映画全編で裸祭りみたいな感じでしたが、AVではなくいやらしさもあまり無かったです。 SEXシーンもリアリティーがそれほど無かったというかただそれっぽくしてる感じでしたし。 ただ狭い館内に直子のあえぎ声がこだますると、つい周りの観客を気にしてもじもじしてる自分が。。 中盤あたりで直子が賢治に、 そういえば賢治の結婚式の後に死んだ賢治のお母さんが、本当は直子ちゃんと一緒になってほしかった!って言ってた。 と言います。 すると母さんがいとことの結婚をタブー視してなかったことを知って悔しがって もっと早く行ってくれよ~と言う賢治を見ると、本当は直子のことが大好きなのだけど、いとことの付き合いに後ろめたさを感じていて多分直子から離れていったのかなと感じました。 後結構笑えるポイントありました。 バスの中で普通絶対ばれるやろ~ってとこで、直子の声が結構大きくもれてしまい賢治が周りを見渡すシーンなんかは柄本家ならではのコミカルシーンです。 部屋に入ったとたん始める二人が、ちゃんと脱いでからベッド行けば?と思うのだけど賢治もズボンが脱げてない状態でやろうとするから、なんか運動会の競技みたいになってて自分としては ツボでした。 でも本人たちは必死なので、そこが更にこっけいさを生んでいました 笑 最後にやはりいろんな方のコメント読むと、ラストの富士山爆発に話題が集まってるようです。 富士山噴火は批判覚悟のインパクト戦術?良くも悪くも超インパクトありましたし^^とりあえず劇場で意外とあっという間に時間が過ぎてラストどんなかな?というところで富士山噴火だったので、正直時間おくまで心の整理がつきませんでした^^ でも二人の会話は何か自分の若い頃と重ね合わせてみたりで楽しかったです。 正直もう一回みたいと思いました。 何なら続編作って婚約者の自衛隊員が富士山噴火から二人を救って死んでいく。

次の

火口のふたり

火口のふたり あらすじ キャスト

C 2019「火口のふたり」製作委員会 「火口のふたり」若いふたりの〝身体の言い分〟を全肯定する、すがすがしいまでの淫らさ 荒井晴彦は、過去にとらわれた男と女の移ろいやすい関係を濃密なエロティシズムを介して描き出す脚本家だが、「身も心も」(97)「この国の空」(15)に続いて脚本・監督をつとめた「火口のふたり」は、その自家薬籠中のモチーフがもっとも大胆かつシンプルに抽出された秀作といってよい。 十日後に結婚する直子(瀧内公美)は故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治(柄本佑)と久々に再会し、つかの間、激しいセックスに溺れる。 冒頭から聴こえてくる、ヒロインの内心の欲望の反響のような、伊東ゆかりの歌う「早く抱いて」(作詞・作曲:下田逸郎)の甘やかな歌声に、まず魅了される。 偶然を装いつつ、ふたりの官能の日々をピンナップした一冊のアルバムを見せること、危うさを察知して部屋を出ていきかける賢治に対し、真剣な眼差しで、ソファを何度もバンバン叩く異様に長いショット、そして「今夜、あの頃に戻ってみない?」という抗しがたい誘惑的なフレーズ。 映画は、終始、直子の周到な企みによって深く静かに進行する。 戯れだけの確信犯なのか、無意識による復讐なのか。 〝不在〟の婚約者が戻るまでの五日間という限定された時間のなかで、ふたりはむさぼりあうように激しい性愛に耽る。 ただし、そこには陰湿さや粘着的なイメージは微塵もない。 まさに若いふたりの〝身体の言い分〟を全肯定する、すがすがしいまでの淫らさが際立って印象的なのだ。 柄本佑は困惑と野放図さが同居するキャラクターを見事に演じているが、瀧内公美のしなるような肢体と繊細な演技が圧倒的にすばらしい。 ラストに至って、いささか唐突に終末論的、黙示録的ビジョンが提示されるものの、全篇を通じて〝死〟の気配は遍在していたように思う。 とりわけ、900年続く〝亡者踊り〟と称される西馬音内盆踊りの行列の間を、ふたりが走り抜けるシーンで一瞬、画面がスローモーションとなり、さらにストップモーションとなる場面はこの上なく美しい。 まるで、生と死の淵を彷徨する、このふたりの妖しい道行のようであった。 (高崎俊夫) (外部リンク) 2019年8月15日 更新.

次の