フラフープ 遊び。 人気の子供用フラフープ!おすすめ商品や選び方&ママの体験談を紹介|Milly ミリー

簡単!保育ですぐに使える室内遊び~幼児編~

フラフープ 遊び

100円ショップなどで買えて、屋内外で気軽に遊べるフラフープ。 いざやってみるとなかなか上達せずに、諦めてしまう子供も多いのでは? そこで今回は、「日本フープダンス協会」の上田浩之さんに、小さな子供でもできるフラフープの回し方のコツや、上手な教え方を聞きました。 うまく回せる子と回せない子の差は? まず、フラフープは何歳ころから始められるのでしょうか? 「 だいたい3歳になれば始めることができます。 最初は、大人が補助してあげながら回すといいでしょう。 手で転がすだけでも手先や脳のトレーニングになるので、安全に注意した上で、もっと小さい年齢から自由に触れて親しんでもいいですね」 大人でもうまく回せない人がわりと多いですが、得意な子と苦手な子の差はどこにあるのでしょうか? 「 運動能力的な差ではありません。 理由は、先生や保護者など身近な大人で、フラフープの正しい回し方を知っている人がほとんどいないからです。 つまり、うまく回せない子供は適切なアドバイスがもらえなかっただけということになります。 正しい回し方を知れば誰でも回せます。 ただ、フラフープそのものが本人に合ってない場合もありますから、手持ちのフラフープでうまく回せない場合は、まず体に合っているかどうか確認してみましょう」 重要! 自分に合うフラフープの選び方 さまざまな大きさや重さ、素材、価格がありますが、フラフープの選び方を教えてください。 「 まず直径ですが、年中〜年長は70〜75cm、小学校1〜4年は85〜90 cm、5〜6年生は90〜100 cmが目安です。 重さは500g以下のものが安全ですね。 また、表面に滑り止めのテープが巻かれているものが格段に回しやすいです」 「100円ショップのフラフープは手軽ではありますが、太さや大きさ、サイズ、丈夫さなど、さまざまな面から考えると、おすすめできません。 上達したいのであれば、体に合ったものがやはりいいです」 初心者向けの5ステップ練習法 それでは、具体的な練習方法を教えてください。 「まず、うまく回すための基本的なコツがあります。 どれも大切なことなので、忘れないようにしましょう」 ・腰にフラフープを密着させる (イラスト:三船克恵) 「また、フラフープが家にない場合や未購入の場合には、お尻を前後、左右に動かしたり、回転させたりする動きの練習が有効です」 いつでもどこでもできる簡単な動きなので、習慣にしてもいいですね。 遊び感覚で体幹トレーニングができる ほかの運動にはない独特の動きをするフラフープですが、うまくなると子供にどんないい影響があるのでしょうか。 「 実は、フラフープはすばらしい体幹トレーニングにつながる運動です。 体幹トレーニングをすることで、運動能力全体の向上や姿勢の改善につながります。 フープは骨盤がうまく使えていないと落ちてしまいますが、きちんと回せたときは腹筋運動になります」 「また、骨盤を前後・左右・回転の3パターンに動かすので、多角的にインナーマッスル(深層筋)を鍛えることができます」 「落ちない=正しく骨盤を動かせている・腹筋運動に成功している」というのは、わかりやすい目安ですね。 では、実際の運動量はどれくらいになるのでしょうか? 「 わかりやすく言うと『1回転=1腹筋運動』です。 フラフープを1分間回すと約100回転になります。 3分間回すだけでも、300回の低負荷・高回数トレーニングができる計算になります。 遊び感覚で楽しくできて、短時間でも効果が高い運動なので、飽きやすい子供にも大人にもおすすめできます」 体幹や骨盤まわりのトレーニングといえば、産後の体型戻しにも効果的。 ママも一緒に練習すれば、うれしいおまけもついてきそうですね。 回して遊ぶ以外の楽しみ方 体で回して遊ぶ以外にも、さまざまな楽しみがあるフラフープ。 最後に 小さな子供でもできる遊び方を2つ紹介してもらいました。 フープの扱いに慣れる練習にもなりそうです。 (1)フープ de キャッチボール 「ペアになって、お互い少し離れて向き合います。 右手でフープを前方に押し出し、相手に向かって転がします。 これを交代でやりましょう。 左手でも同様に行います」 (2)フープ de ボウリング 「空のペットボトルを地面に立てて置きます。 適度に距離を取って、右手でフープを前方に押し出して転がしてペットボトルを倒します。 ボウリングの要領で遊べますよ」 シンプルなツールながら奥深いフラフープの世界。 まずは上手に回すことを目標に、ステップアップしていきましょう。

次の

人気の『フラフープダイエット』その効果とやり方をご紹介!くびれが欲しい人におすすめするわけとは?

フラフープ 遊び

今回はフラフープで楽しめる遊びを紹介していきます。 フラフープを使った遊びは、1人はもちろん、複数人で力を合わせる遊びも豊富なので、信頼関係がまだ気づけていない年度初めのアイスブレイクなどにも有効です。 頭をつかう遊びもあるので、子どもだけでなく、大人の皆さんにもぜひフラフープ遊びを体験してもらいたいと思います。 ただし、回すのは腰だけでなく、腕、足、首など、いろいろな部位で回してみましょう。 各部位で回すことができたら、回す方向を変えて回してみましょう。 どの部位でもコツをつかむことができれば、長時間回し続けることは難しくありません。 一定のリズムでフラフープを回すためにはリズム感覚が必要となりますので、リズム感覚を養いたいときにはフラフープで遊んでみましょう。 腰を前後に動かすと回しやすい人、左右に動かすと回しやすい人、時計回しで動かすと回しやすい人、反時計回しで動かすと回しやすい人、といったように、自分の回しやすい動かし方が見つかると、あとはいくらでも回せるようになります。 何度か回してみて、回しやすい方向を見つけてみましょう。 フラフープを縄跳びのように回し、跳び越えるという遊びです。 前跳び、後ろ跳びができれば十分かと思います。 中には二重跳びができる人もいますので、自分のレベルに合った跳び方で楽しむことができたらと思います。 縄跳びが苦手な子どもも、フラフープの方が安定して跳び越しやすいため、チャレンジしてみるとよいでしょう。 二人組をつくり、お互いに向かい合います。 片方がフラフープをもち、片方は気をつけの状態か、両手を合わせて頭の上にあげ、1本の棒のような状態となります。 フラフープをもっている人は棒になっている人にできるだけ触れないように、フラフープを投げて通します。 慣れてきたら、距離を離してチャレンジしてみるとよいでしょう。 道具や人との距離感をつかむのに適した遊びです。 しかし、フラフープをまっすぐに転がすのは意外と難しいです。 特に、前回転で相手のところまでまっすぐに転がすというのはある程度の技術が必要となります。 体の正面や、体の横から転がしてみて、正確に転がすことのできる転がし方を身に付けてみましょう。 前回転で転がせるようになったら、後ろ回転にも挑戦してみてください。 自分のいる位置までフラフープが戻ってくるようになったら十分でしょう。 参加者は人差し指を出して、全員の人差し指の上にフラフープが乗るようにします。 顔の高さくらいから 全員の指がフラフープから離れないようにフラフープを下に下げていきます。 ただこれだけの遊びです。 ところが、やってみるとこれが不思議!! 指がフラフープから離れるのが怖くて下に下げるどころか、どんどん上に上がっていってしまう人が出てきます。 グループのアイスブレイクには最適な遊びですから、ぜひやってみてください。 そして、手を離さないようにフラフープを隣の人へと送っていくという遊びです。 自分がフラフープをくぐるのも大切ですが、隣の人がフラフープをくぐるのをサポートしてあげることも大切です。 この遊びもアイスブレイクには最適な遊びですので、面識が浅い場面などで活用すると面白いかと思います。 準備するのはフラフープ4本とボール6個です。 3本のフラフープで三角形をつくり、その真ん中に1つフラフープを置きます。 三角形は4~5mくらいは離した方がよいでしょう。 真ん中に置いたフラフープの中にボールを6個全部入れたら準備完了です。 遊び方としては、三角形をつくっている3本のフープの中に、それぞれ一人ずつはいります。 参加者は、そこへ3個の宝(ボール)を集めます。 宝は真ん中のフラフープの中からだけでなく、お隣の相手のフラフープからも取ってくることができます。 合計3個の宝が集まった瞬間、そのチームの勝ちとなります。 ただし、以下のルールを守らないといけません。 この遊びは 3人以上いればそれぞれのフラフープに一人ずつ入ることで遊ぶことができますが、複数人でチーム戦をした方が盛り上がると思います。 文面ではわかりづらいかもしれませんが、実際に試してみてもらうのが手っ取り早いかなと思います。 運動量も確保できて、めちゃくちゃ盛り上がると思います。 フラフープはダイエットのための道具として使われることが多いように思いますが、使いようによっては、親睦を深める手段となります。 もちろん、子どもの発育に良い効果を与える運動遊びとしても楽しめますので、いろいろな場面で活用してみてください。

次の

3歳児の遊び~設定保育や部分実習におすすめの活動4つ~

フラフープ 遊び

2020年3月12日 更新• 出典: 理想のくびれが欲しい、体幹を鍛えてスタイルアップしたい、腰痛を改善したい、そんな悩みはありませんか。 お腹周りのシェイプアップ、腰痛改善、骨盤の歪みケアなどにも効果が期待できる、フラフープダイエット。 場所や時間に縛られず、楽しくフラフープを回すだけ。 そこでこの記事では、ダイエットにおすすめのフラフープについて紹介します。 記事前半では、フラフープダイエットの効果や、フラフープの選び方、回し方のコツを解説します。 後半では、ダイエットに効果的なフラフープ商品を厳選して紹介。 ダイエットや健康維持に何か始めたい人、フラフープで楽しく体を動かしたい人は必見です。 出典: 昔から子供の遊び道具として人気のフラフープ。 子供に限らず、大人も楽しめるシンプルな使い方が魅力です。 そんなフラフープが、近年ダイエット道具としても注目されています。 遊び感覚で楽しくダイエットでき、ある程度スペースがあれば、家でも外でもどこでも運動できるのがメリット。 ほかにも、物音がうるさくない、難しい知識や動きが必要ないなど、誰でも気軽に簡単に始められるところが人気の理由です。 また、トレーニンググッズをあれこれ揃える必要がなく、フラフープひとつ用意すればいいため、ダイエットが長続きしない人からも好評。 手頃な価格で購入でき、費用をかけずにダイエットできるのも魅力です。 出典: 遊び感覚で楽しく気軽にできるフラフープですが、その効果はどんなものがあるのか。 ここではフラフープダイエットに期待できる、さまざまな効果を紹介します。 脂肪燃焼・くびれ フラフープの動きは、ウォーキングや水泳などと同じ有酸素運動です。 酸素を取り入れながら行う有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的と言われているため、フラフープを継続して行うことで、体脂肪率ダウンに期待が持てます。 また、女性らしいくびれを作るのに欠かせない筋肉に、腹斜筋があります。 フラフープでは、この筋肉を主に使用するため、くびれ作りにも効果が期待できます。 腰痛改善・骨盤矯正 多くの人を悩ませる腰痛は、体幹の衰えや、骨盤の歪みなどが主な原因です。 フラフープの動きは、腹筋や腰回りの筋力アップや、筋肉の動きを良くし、骨盤周辺の筋肉の動きを良くすることなどが期待できるため、腰痛の改善・予防、骨盤矯正などにも効果的と言われています。 すでに腰痛持ちの人は、筋トレや運動が負担になってしまうこともあるため、無理のない範囲で取り入れましょう。 代謝アップ・便秘・むくみ フラフープの動きでお腹周りを中心に筋肉がついてくると、筋力アップに伴い、基礎代謝もアップ。 代謝が上がると、日頃の生活で消費するエネルギー量も増えるため、太りにくく痩せやすい体になります。 筋肉が日頃からポンプのように収縮することで、血流も良くなり、便秘やむくみといった体の不調の改善にも効果が期待できます。 ダイエットが長続きするよう、楽しみながらやるのはもちろんのこと、ちょっとしたコツをおさえることで、より効果的な成果が見込めます。 出典: フラフープを体に通し、足を腰幅に開いて立ちます。 右回しのときは右足を少し前に出し、左回しのときは左足を前に出すと、回しやすいです。 回転と共に腰を前後に揺らすことで、うまく回ります。 また、膝を軽く曲げてリラックスするのもコツのひとつ。 そうすることで、より腹部の動きに集中できます。 お腹をへこませ、お腹の深くの筋肉まで意識しましょう。 出典: フラフープダイエットは、ライフスタイルに合わせて好きなタイミングで行えます。 ただし、食後と寝る前は避けましょう。 食後は食べたものを消化するため、胃に血液が集中します。 このタイミングで運動すると、消化に十分な血液が回らなくなる可能性があるため、好ましくありません。 また、寝る前はできるだけリラックスし、副交感神経を優位にすることが大切。 寝る3時間前までには運動を済ませておいたほうがよいでしょう。 出典: 簡単かつ楽しいフラフープダイエットは、高頻度にやりすぎてしまう人も多いでしょう。 1日10分程度を目安に行い、疲労感や筋肉痛がある日は、運動を控えるのが適切。 特に筋肉痛は傷んだ筋肉を修復し、さらなる成長に向けた大事なプロセスです。 フラフープを行えない日は、ストレッチでゆるやかに体を動かすのもおすすめ。 無理せず、長く継続できるペースでエクササイズを重ねていきましょう。 ダイエット向けに開発されたものや、子供のおもちゃとしても使えるものなど、フラフープにもさまざまな商品があります。 ここでは、商品選びに役立つ選び方、コツを紹介します。 出典: 初めてフラフープを購入する人は、フラフープの直径が、床から自分の腰あたりまでの大きさを選びましょう。 大きいものほど体への負荷も大きくなります。 ダイエットという点では魅力的ですが、初心者には回しづらいため体の大きさに合うサイズから始めるのが安全です。 慣れてきたら、腰よりも少し大きめの直径を選ぶのもよいでしょう。 また、小さすぎると負荷が足りず、ダイエット効果が減ってしまうため、サイズの選び方はとても重要です。 出典: フラフープの重さは、大きさ同様、重いものほど筋肉への負荷が強くなりますが、初めから重いものを使うのは、腰を痛める原因にもなるためおすすめできません。 しっかりと体幹に筋肉がつき、負荷が物足りなくなってきたら、重くしていくのがおすすめです。 出典: フラフープには、オーソドックスなストレートタイプの他、内側が波状になったタイプ、でこぼことした突起付きタイプ、マグネット 磁器 付きタイプなど、さまざまな形状があります。 お腹のむくみや脂肪が気になる人には、お腹や腰の肉を刺激する突起や波状タイプがおすすめです。 腰痛が気になる人には、磁器効果が期待できるマグネットタイプも良いでしょう。 出典: 大人用のフラフープとなると、サイズもそれなりにあるため、収納が心配という人もいるでしょう。 そんな人におすすめなのが、使わないときはコンパクトに収納できる組み立て式。 また、サイズ調整や重さ調整が可能なものだと、家族みんなで使ったり、負荷を調整できるので便利です。 こうしたプラスアルファの機能面も確認しながら、ベストなフラフープを選びましょう。 突起付きのフラフープや、ソフトな素材で負担の少ないフラフープなど、おすすめの商品をいくつかピックアップ。 ここまで紹介したフラフープの選び方も参考にしつつ、商品を比較してみてください。 出典: 16本のジョイントパーツで作る、組み立て式のフラフープです。 赤、青、緑、黄色の4色を、好きな配列で並べられます。 持ち運びやすく、使わないときはコンパクトに収納できるのもポイント。 フラフープの内側が波状になっているため、お腹や腰回りを適度に刺激します。 軽量のため初心者にも回しやすく、子供とシェアして使うのもおすすめです。 外形寸法 幅75cm 奥行75cm 高さ2. 3cm• 材質 ポリエチレン• 重量 270g 出典: 磁石付きの細かい突起が付いたフラフープです。 回転するたびに、突起が脂肪を刺激します。 お腹の表面はもちろん、奥の脂肪まで磁器パワーでアプローチ。 カラーはインテリアにも馴染みやすいブラックと、カラフルの2色から選べます。 組み立て式のため収納にも困らず、7ピースと8ピースでサイズ調整できる点も魅力です。 外形寸法• 7ピース 直径85cm• 8ピース 直径96cm• 重量 900g 出典: 家庭でのトレーニング用に開発された、カワセのフラフープ。 突起などがないシンプルなストレートタイプのためフラフープ初心者でも使いやすいデザインです。 クッション性に優れた発砲素材で作られていて、硬い素材は痛みが気になるという人でも、安心して使えるでしょう。 カラーはブルーとピンクのスポーティーな配色。 組み立て式で、置き場所にも困りません。 外形寸法 直径90cm 太さ3cm• 重量 710g 出典: 内側のでこぼこ形状が、お腹周りの脂肪にもしっかりアプローチする、エクササイズ用フラフープです。 全6パーツの組み立て式で使いやすいよう細かい工夫が満載。 パーツ同士をしっかりとはめ込むことができ、運動中に外れることがありません。 取り外しもワンタッチで簡単。 出し入れのストレスがなく、無理なく運動を続けられるところが魅力です。 外形寸法 直径90cm 太さ3cm• 重量 950g 出典: プラスチックの芯材に、発泡性素材をコーティングした、体への負担が少ないフラフープです。 硬い素材を使ったときの、青あざや傷みが気になるという人にもおすすめです。 内側は、なだらかなにでこぼこがデザインされているため回しやすく、軽い刺激を求める人にも向いています。 シックな色味でインテリアの邪魔になりません。 外形寸法 直径95cm 太さ3cm• 重量 940g 出典: プラスチック芯材に発泡素材を巻いた、PVC発砲素材のフラフープ。 体への負担が少ないのはもちろんのこと、フラフープが床に落ちたときの音も軽減できるため、集合住宅で物音が気になる家庭にもおすすめです。 大きすぎないでこぼこ設計により、初心者から上級者まで楽しめます。 外形寸法 直径100cm• 重量 1. 2kg 出典: 細かい磁器ボールが80個もついた、刺激たっぷりの突起付きフラフープです。 全8パーツの組み立て式で、フラフープのサイズはややワイド、かつ少し重めの設計。 フラフープの直径が一般的なものより大きいため、それなりに負荷も大きく、普段から筋トレをしているなどで、初めから負荷をかけたいという人にもおすすめです。 外形寸法 直径105cm 太さ6. 5cm• 重量 1. 6kg 今回は、ダイエットにおすすめのフラフープや、その選び方、回し方のコツなどを紹介しました。 きつい筋トレは続かない、痩せたいけどジムに行くのは面倒くさい、そんな人こそフラフープがおすすめ。 空いた時間に自宅で、子供との公園遊びの際に、散歩がてら外で開放的に、いつでもどこでも楽しくエクササイズできます。 ぜひ、紹介した選び方も参考に、自分に合ったフラフープを見つけてください。 エクササイズにおすすめのなわとびはこちら。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の