妖精大戦争 バグ。 妖精大戦争 改造コード&改造パッチ: Nice cheat.

古王妃飛来 I’ll Bee Bug 超極ムズ 簡単攻略 無課金&ガチャキャラあり にゃんこ大戦争 アイルビーバグ|にゃんこ大戦争攻略ノート

妖精大戦争 バグ

チルノ Cirno は、に住む。 雪ん娘、のにも分類される事がある。 一年中、問わず体から冷気を出しており、チルノの周りは寒い。 触れた物を瞬間で凍らせるため、たとえ彼女が寝ていても触れば凍傷になる恐れがある(『紅魔郷』おまけ. txt、『妖々夢』キャラ設定. txt、『花映塚』キャラ設定. txt、『求聞史紀』p. 11)。 妖精は「人間以下の存在」とされているが、チルノは妖精の中でも格別に力が強い存在であり、『』ではそのことをもってから説教を受けている。 また『』では湖の妖精のリーダー格であるとされ、『花映塚』や『』では自ら「」を名乗っている。 『天空璋』ではに「覇気がある」「おもしろ妖精」と褒められている。 一人称は『文花帖』で「私」、『花映塚』『』で「あたい」、『非想天則』では両方。 基本的な特徴 種族 妖精とは「大自然の具現」「自然現象そのものの正体」。 寒暖や雨風、草花の開花といった一つ一つの現象に妖精は宿る。 体長は手のひらに載る程度の者から、大きくとも十に満たない人間の幼子程度の者が殆ど。 やといった虫の様な羽根を持った者が多い。 騒がしい場所を好み、陰気な場所では数が減る。 体がバラバラになるほどの大怪我を負ってもすぐに治り、死んでもすぐに同じ姿で生まれ変わる。 そのため死を恐れず無鉄砲である。 彼女らはを取る必要がないが、人間の食事を真似て、人間と同じ物を食べる。 特に人間が食べようとしている物をこっそり奪って食べるのを好む。 総じて悪戯好きで、後先を考えず目の前の者を邪魔する。 時には崖から突き落とされたり、背中に火を付けられたりすることもある。 大人の人間なら簡単に勝てる強さだが、悪戯せずにいきなり攻撃してくる事もある。 特に大勢の妖精が集まっていたり騒いでいる時は、付近にとてつもなく強力な妖怪が潜んでいる可能性がある。 その量と凶暴さは付近の危険度を表している。 (『求聞史紀』p. 8-9) 容姿 身長はかなり低く、青い服装にのを持つ(『求聞史紀』p. 10)。 羽の数は紅魔郷,非想天則が10枚、妖精大戦争、花映塚,天空璋が6枚、輝針城が4枚と一定しない。 背丈は「身長低」で一番下の範疇。 「10代前半の人間だとしたらかなり低い部類に入ります(人間居ないけど)」とのこと()。 髪は薄めので、ウェーブがかかったセミショートヘアーに青い瞳。 背中の羽は大抵は六枚で、青か緑の大きなを付けている。 服装はのの上から青い(の縁に白のぎざぎざ模様)を着用し、首元には赤いリボンが巻かれている。 足元は。 頭のリボンは、『』と『』、『』では青、『』以降は緑。 『花映塚』においては自機ドットのリボンは青だがボスアタックでは緑。 普段はだがのドット絵のみ長袖を着ている。 『』では褐色肌になっており、胸の所に、身体にを巻きつけている。 足は裸足(裸足なのはこれと『』のみ)となっている。 「やに取ってあの程度のは軽くあしらわれる」。 いつもはを瞬間で凍らせては水につけ生き返らせて遊んでいる。 3回に1回は失敗して蛙は砕け散る。 (『紅魔郷』おまけ. 作中での活躍など 『文花帖』では新聞記事を読解し批判している一方で、『求聞史紀』ではどんなに簡単ななぞなぞでもきっと答えられないはずとされている。 『花映塚』ではや、やが調べていた六十年周期の大結界異変を既に把握しており、「60年に一度のお祭り」だとか。 また、を「」と呼んでおり、長い年月生きていることが示唆されている。 『三月精』では平仮名を逆に書いていた。 またでにで()を売っている描写があるので、少なくとも夜店を運営できる程度の金勘定は出来るものと思われる。 『非想天則』では魔理沙も知らなかった日本の伝説の巨人「だいだらぼっち」を知っており、手下にしようとしていた。 『文花帖』によれば、の中腹にある沼に棲む大ガマに、蛙を凍らせる妖精を懲らしめるという理由で丸呑みにされた経験もある。 その際はチルノの余りの冷たさにびっくりして吐き出してしまったが、大ガマ自身は何ともなく、チルノも懲りていない。 『心綺楼』ではで大衆に混ざって、聖の説法を聞くシーンが見られる。 この作品では台詞は一切なく、信者なのか気まぐれで来ているのかは不明。 『』ではらとともにの宴会に参加したりしている他、同神社のとある縁日ではチルノと思しきキャラクターが先述のようなかき氷屋台を開店している。 能力 『妖々夢』キャラ設定. txtでは「主に冷気を操る程度の能力」。 『求聞史紀』によると小さな物なら瞬間で凍らせられるため、普通の妖精よりやや危険度は高い。 「冷気はダダ漏れで付近はいつも寒い」「チルノに限らず全ての妖精の住処は、自然に溶け込んでいるから人間には見つけられない」という。 「いつも寒い」はずだが、『』では三妖精と触れ合える距離でも、彼女らは寒さを感じているような描写は特に無い。 また氷でやを造形できる腕があり、鯉を凍らせた時に氷塊で覆いつつも内部に水を残す カープボールを披露した。 液体そのものを適度に冷やすだけでなく液体の一部で氷を作り、それで冷やすなど器用なことも出来る。 『輝針城』では 氷を操る程度の能力となっているが、ほぼ同意であろう。 ちなみににがあるが、負のKは普通は負温度という。 この温度については一応されているが、東方元ネタWikiではチルノを中心に詳細がまとめられている()。 05で、霜符「フロストコラムス」に名前を差し替え。 『三月精』では三妖精の住居が大木の中なのに対して、彼女の住居は湖畔の(イグルー)として描かれている。 チルノは「最強」を自称している。 『』によると、妖精は注意深い人間には近寄らず「大して強くないので、日頃の鬱憤を晴らすと良い」とされる。 そんな妖精の中で唯一、チルノは「妖精の中では好戦的な部類」「触れた物を瞬間で凍らせる事が出来るので、たとえ寝ていても触らない様にする。 凍傷になる恐れがある」と警告されている。 対処法としては素直に逃げる、被害を受ける前に姿を見つける、松明の火など熱くて触れられない物を持つ等。 彼女の住処の湖は「他の妖怪も出やすく危険」だという。 なお、道中の妖精は一撃で倒され、は『紅魔郷』2面中ボスであったのに対し、チルノは『紅魔郷』の2面ボス、『妖々夢』の1面中ボスであり、『花映塚』以降は主人公になっている。 ちなみに相手によっては勝負で勝っても逃げている。 大抵は敗れた相手の衣服は何処かしら破けているが、この勝負では全く損傷が無い。 ただ大戦争EXTRAでは勝ったはずのチルノがボロボロになっている。 花映塚• チルノ「今の内に逃げよー!次はもっと静かな所に行きたいわー」• 「結果として逃げてくれれば何でも良いわ。 まだ、向日葵は咲き続けそうね」(『花映塚』EPISODE 8 太陽の畑)• 非想天則• 「異物発見!融合炉の温度低下に要注意。 即座に異物を排除せよ!」• チルノ「わわわわわ!」• チルノ「今がチャンスだ!今すぐに逃げだそう!」(『非想天則』STAGE 4 業火絢爛)• 大戦争• チルノ「どうだ!」• 「な、中々やるじゃないか」• 魔理沙「ま、手加減してやったんだがな 死なない程度のレーザーで」• チルノ「あいたたた、今日はこの位にしてやる!」(『大戦争』EXTRA 夜桜怪道)• からは「妖精なのに強い力を持っています。 でも、そのお陰で自分のテリトリーを外れる事が多い」「そのままでは、貴方は自然の力で元に戻れないダメージを負うかも知れない。 すなわちそれは死、という意味です」と説教されている。 周囲との関係 『求聞史紀』では「湖の妖精のリーダー格」とあるが『三月精』では湖の妖精と一緒にかくれんぼをしていた。 「」と呼ばれている緑髪をサイドポニーにまとめている妖精とはかくれんぼの相手になっている。 レティ「(略)私は寒さを操るの。 冷気を操るどこぞの妖精なんかと一緒にされても困るわ」• 文「似たような物かと思うんですが」• レティ「あの妖精は、自然の中の小さな歪み。 私の場合は、自然に生きる妖怪様。 寒いときに、より寒くするのが一番楽しいのよ」(『文花帖』第百十九季 皐月の一)• 「リグルは少々頭が弱い感じがする。 というか、今回の主人公達相手じゃちょっと可哀想。 チルノ辺りと遊ぶのが丁度良い位だ」(『永夜抄』SpellPlactis Last Word 季節外れのバタフライストーム)。 「なんだ妖精はお呼びでないわ」(『花映塚』Episode 1)• 「上空は最初から寒いんだから、あんたの出る所ではない」(『花映塚』Episode 2)• 「妖精なんて、帰れなくても困らないじゃん?迷い放題迷えば~?」(『花映塚』Episode 3-4-5)• 霊夢「あ、バカ発見。 何か悪さでもしようと考えているんでしょう?」• チルノ「勿論!」• 霊夢「冷気を好む動植物は居ないわ。 何処に行ってもあんたは嫌われ者」(『花映塚』Episode 4-5)• 花映塚• 魔理沙「楽しいか?一人で遊んで」• チルノ「何よ、邪魔しないでよ」• 魔理沙「楽しそうだな。 混ぜて貰おうか」• 魔理沙「一緒に遊ぶのに、何故それを混ぜるって言うのか判るか?それは、正体無くなるまで叩き潰す事になるからだ」(『花映塚』Episode 3-4-5)• 大戦争• 魔理沙「なんと……こんなに強かったなんてこれはやばいな」• 魔理沙(それにしても妖精も馬鹿に出来ないな)• 魔理沙(妖精 バカ を馬鹿にしないってのも変な話だが)• 魔理沙(レーザーを最大出力にしても危なかったかも……)(『大戦争』EXTRA 夜桜怪道)• 霧の湖に住む妖精。 雑魚と大差無い扱いだ。 (『輝針城』おまけ. txt) 二次創作 チルノは、の項にもあるようにネタの宝庫であることもあり、 待遇は様々であるが、二次創作において愛されるキャラクターの一人でもある。 多岐に渡るため、カップリングや二次キャラは二次創作タグの各記事を参照。 古参キャラである上、上記の様にネタだらけで扱いやすいため、創作での人気は非常に高い。 においては、東方キャラでのタグ数は霊夢を抜いてなんと 1位。 しかも東方のみならず、pixiv上で使用されている全てのタグに範囲を広げても、単身のキャラクターとしては「」「」に次ぐ 全体3位となる。 なお検索方法を「 or 」で調べると東方での1位は霊夢へ譲ることとなり、霊夢は全体でも鏡音リンを抜き2位となる ,,,など魅力的な創作キャラが豊富である。 のwebマニュアルに掲載されていた画面解説が由来。 自機」等に混じってチルノのことを「9. のブックレットマニュアルにも同じようなネタがある そこから転じて、「馬鹿」の意味合いで使われ始めた。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 18:45:06• 2020-07-17 18:45:05• 2020-07-17 18:42:44• 2020-07-17 18:42:41• 2020-07-17 18:41:03 新しく作成された記事• 2020-07-17 18:37:00• 2020-07-17 17:45:32• 2020-07-17 17:54:13• 2020-07-17 17:52:52• 2020-07-17 17:55:42•

次の

雑記・更新: Nice cheat.

妖精大戦争 バグ

東方のZUNってやる気あるんですか? これらのバグがあるんですが、いつ修正パッチはだすんでしょうか。 オキャクサマはカミサマだからバグすべてさっさと直せ」って言いたいわけだろ? 同人バリアは甘え、と言ってるけど、俺からしたらお客様感覚の方がよっぽど甘えだと思うがね 一般企業が出してるゲームだったら、まぁ、そういった要望が多ければお客様気分のカンチガイヤロウ相手でも甘えさせてくれるだろうね 企業ってのは利潤を求める集団だからね、カンチガイヤロウでもなんでも、お金くれるなら何でもやってくれるだろうよ だが、相手は同人ゲーだぞ? 個人の趣味の世界だぞ? 共感してくれる人だけついてきてくれればいい、ていう世界だぞ? 製作者のバグに対する態度に共感できないならいつでも去ればいい、という世界だぞ? そういう世界で「俺はお客様だからZUNはさっさとバグを直せ!」と主張するのがいかにずれた主張であるがマジでわかんないかな お前らがコミケとか来てるかは知らんが、そういうお客様気分でコミケは来ないでくれよ 迷惑だから まぁ最近は、同人からでも這い上がって一山当ててやるっていうヤツが昔に比べて増えてるように思うけど、態度から言ってZUN氏はそういう人じゃないから、多分 お客様気分で偉そうな主張を通して自己満足に浸りたいなら他所へ行けよって事だよ 所詮バグまとめとか見て東方キメェになってるやつの戯言 はいおしまい。 これ以上書き込まんでよし と、思ったがやはり書くww 本当にやったの?まぁそこは知らんけど、同人ってものを理解してないなら向いてないからやらなくていいかと。 イラつくなら、やる気あるの?とか怒るぐらいなら、貴方が出せばいいじゃないですか。 もしくはやらなければいいじゃないですか。 昨今の同人業界の敷居が低くなりすぎてる。 嘆かわしいね。 バグなんて挙げて行ったらもっと酷いのもあるし、むしろバグだから。 と言う方が良い。 ジャンル違うから分からなかったらあれだけど、星をみるひととかバグらしきものが二つしかないがRPGであってはならないバグだぞ 同社のゲームで仕様で武器消えるとかww それと下の人、TAITOだ。 天下のTAITO様だよ。 ZUNさんの所属は.

次の

不具合/大戦争

妖精大戦争 バグ

今回は女帝飛来のボスだった森の蜜子が 大古の蜜江となってパワーアップ。 動きを遅くする妨害が、約2分持続する古代の呪いに変わっています。 大古の蜜江自体は攻撃力も低めで、女帝飛来同様、懐に潜り込めば殴り放題です。 ただ、今回は取り巻きが攻撃頻度の遅いヨキカナから 常に攻撃してくる200%強化の教授(全2体)に変わりました。 さらに定期的に赤にょろと2000%強化の一角くん(全3体)が出てきます。 いずれも強化されているので、古代の呪いが当たると「めっぽう強い」などの特性が発揮できませんが一角くんの方は弱いので良いお金稼ぎになりました 笑 目次• 敵の進軍がそこまでキツくないので、壁を抜いてWネコ島にしています。 教授は動きを遅くしてくる&強化倍率が上がっているので1発の攻撃力が高く、通常のキャラだと近づく前に倒されがち。 そのため、赤い敵への耐久が変わるキャラがおすすめです。 スニャイパーはなくてもいけそうですが、大古の蜜江の古代の呪いは持続時間が長くて攻撃されると終わりなので、すり抜けやすくするように使った方が楽です。 後ほど紹介するガチャキャラありの編成はノーアイテムでクリアしています。 ガチャキャラの攻略は上記編成をベースにマキシマムファイターと真田幸村を使っています。 両方のキャラを持っている場合はそちらの方が簡単にクリアできるので下記から移動できます。 赤にょろが1回ノックバックしたあとにネコ超特急をぶつけるとお金が2倍もらえて効率的です。 一角くんが出てくるまでは同じ要領で生産していき、まずは一角くんを撃破してお金を増やします。 一角くんを倒すと大量のお金がもらえるので、倒す前にお金を使い切って問題ありません。 覚醒ムートを生産して削っていきます。 その後は、3体まで一角くんが出てくるので、Wネコ島と大狂乱ゴムを生産。 ネコ超特急も適当なタイミングで出します。 あとは同じことの繰り返しですね。 一角くんの3体目を倒すともう出てきませんが、お金はそこまでキツくないです。 ある程度時間が立つと教授がもう1体でてきます。 2体重なると、なかなか懐に入っていけないので覚醒ムート&かみなり砲で削っていかないといけません。 ちなみに、この位置で生産すると教授じゃなくて太古の蜜江に攻撃を吸われるので、教授を前に出してから生産した方がよかったですね。 こんな感じの位置の方がいいです。 とりあえず覚醒ムートが再生産できるまではWネコ島で削っていきます。 次に覚醒ムートを生産する時は、2体の教授の位置がズレないようにスニャイパーは切っておきましょう。 最初に出てきていた方の教授は結構削れていたので倒せました。 この状態になれば最初と同じでWネコ島で十分入っていけます。 全ての敵を倒せました。 そのまま城を破壊してクリアです。 続いて、ガチャキャラありバージョンの解説です。 こちらの方が時間的には半分くらいで済みました。 真田幸村:50 無課金攻略を試してみて、大狂乱ゴムはそんなにいらない気がしたのでマキシマムファイターを入れています。 赤い敵にめっぽう強いので壁役&ダメージソースです。 ネコ島も真田幸村に変えています。 まずは大狂乱ネコ島とマキシマムファイターを生産。 足止めしつつ真田幸村を生産するお金を貯めます。 貯まったら太古の蜜江の攻撃を合間に生産。 その後はマキシマムファイター&大狂乱ネコ島、ネコ超特急を適当に生産です。 一角くんを倒すとお金がたくさんもらえるので、一角くんが出てきたら倒す前までにお財布レベルを上げておきましょう。 お財布レベルを上げる方を優先したので微妙に押されますが大丈夫です。 真田と覚醒ムートを生産します。 かみなり砲はタイミングを見て補助的に使用。 1体目の教授が倒せました。 無課金編成に比べて真田幸村の火力があるので、2体目の前に倒せましたね。 あとは太古の蜜江を殴って削ります。 遠方範囲攻撃なので2体目の教授が出るまでは殴り放題。 2体目の教授が出てきた時には城まで到達していたので、教授に攻撃が届きません。 特に問題ないので、そのまま城を削っていきます。 太古の蜜江を撃破。 教授の攻撃だけなら前線が押されることはないので、そのまま城を削りきりました。 クリアすると30%の確率でネコスライムが手に入ります。 ネコスライムは無課金キャラとしては嬉しい波動持ちですね。 手持ちキャラが制限されるレジェンドステージ星4で活躍するかもしれません。 1つ目が無課金編成、2つ目がガチャキャラありになります。 createElement 'script' ; ad. dataset. googlesyndication. getElementsByTagName 'script' [0]; sc. parentNode. removeEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. addEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'keydown', onLazyLoad ; window.

次の