バンドリ ss リサ。 紗夜「空耳アワー」[バンドリSS]|エレファント速報:SSまとめブログ

日菜「おねーちゃん、ポテト!」 紗夜「はいはい」リサ「……」【バンドリss/アニメss】

バンドリ ss リサ

-スタジオ- ジャンジャガジャジャジャーン! 友希那「……ふぅ、今日はこのくらいかしら」 あこ「はぁ~、やっと終わったぁ~!あこ、もう腕が上がらないよぉ…」 燐子「お疲れ様……あこちゃん……でも、あこちゃんの今日のドラムソロ…すごく、良かった…よ?」 あこ「ありがとー!りんりん!りんりんも、こう、ババーンって感じで、超かっこよかったよ!」 紗夜「……ふぅ、まぁ、確かに、今日は皆の演奏が冴えていたように感じますが……」 リサ「お、紗夜が褒めるなんて珍し~。 集中力を養うために、たまには、違う環境、静かな場所で、自分の音楽を見つめ直す必要があると、そう思っただけよ。 それができるのなら、別に合宿という形でなくても構わない」 友希那「少なくとも、私たちRoseliaが次のステップへと進むためにはこのままただ練習をこなすだけでは駄目と、そう判断したの」 紗夜「なるほど……流石は湊さん……!確かにスタジオで練習を続けるだけでは限界が……私に異論はありません」 あこ「合宿!!うん!!あこも、賛成賛成!!大賛成!Roseliaのみんなと合宿何て本当、最高ですよ!」 燐子「し、静かな場所で、みんなとだったら……はい、私も賛成です」 リサ「……」 友希那「リサ?」 リサ「え?いや、その、うん、アタシも良いと思うよ!?」 リサ(うっそ、友希那が自分から合宿だなんて、そんなことあるんだ……なんか、感動して泣いちゃいそう……) 友希那「では、決まりね。 実は父さ……父の知り合いがちょうど施設を貸してくれると言っているの、機材も揃っているらしいし、今週末、そこで合宿にするわ。 詳しいことは、後でリサから聞いてちょうだい」 リサ(あ、でもそういうことはアタシがやるんだ……でも、ちょっと、安心したかも) あこ「はい!!うわーどうしよう、あこ、今からすっごくドキドキしてきちゃいました!」 紗夜「ちょっと、宇田川さん、落ち着いて。 まったく……遊びに行くわけではないんですから」 リサ「あはは、なーんていって、紗夜も口元にやけてるよ~?」 紗夜「わ、私は別に……」 ワイワイキャキャ 友希那「……」 -合宿当日 駅前- あこ「すみませーん!お待たせしました!」タタタ 紗夜「遅いですよ!宇田川さん。 白金さん!もう皆揃っています」 燐子「ご、ごめんなさい、あの、でも、時間まだ5分前……」ハァハァ 紗夜「え……」 リサ「あはは、紗夜ってば。 ワクワクして30分前には来てたもんねー」 紗夜「ち、ちが、時計が、ずれていたんです!時計が!……すみません、宇田川さん、白金さん」 燐子「いえ、だって私も……すごく楽しみで……」 友希那「……皆、そろったわね…………」 リサ「あこ~、ちゃんと歯ブラシ持ってきた~?」 あこ「うん!この、闇の力を宿した、聖なる……えーっと…」 燐子「グングニル……」 あこ「そう!グングニルハブ・ラーシュで!あこの歯は今日もピカピカなのであった~!」 リサ「あははっ!すっごい強そうな歯ブラシ持ってきたんだね~あこは~」 燐子「ふふ……」 紗夜「……」 友希那「……さて、準備は万端のようね……でも、出発する前に、聞かせてちょうだい」 友希那「あなたたちは、本当にRoseliaに全てをささげる覚悟はある?」 全員「「「「っ!!」」」」 リサ「寺……あ~、うん、それは見ればわかるんだけど……」 紗夜「……なるほど、流石は湊さん」 リサ「え?」 友希那「フ、紗夜はわかってくれたみたいね」 あこ「ど、どういうことですか、紗夜さん!」 紗夜「ふ、簡単なロジックですよ、ここでRoseliaの今後を祈願してから、合宿場へ移動する、そういうことですね?湊さん」 友希那「いえ、全然違うわ。 ここがその合宿所そのものよ」 紗夜「え?」 友希那「静かに自分を見つめ直す……私には、寺しか、思いつかなかったわ」ファサ 紗夜・あこ「……」ポカン リサ「え~っと、ま、まぁ!こういう所で、練習っていうのも、たまには悪くない、かも、だよ!?」 あこ「……」 燐子「……」 リサ(う、うわ~、みんな見るからにテンション下がっちゃってるじゃん!) 住職「カッ!」バシン! あこ「うわぁ!ご、ごめんなさーい!」 友希那「……」 リサ(うわぁ、あこ、これで何回目?) 紗夜(座禅……テレビで見たことはありますが、実際に体験するのは初めてですね……少しでも余計な雑念が入ると……) 住職「カッ!」バシン! 紗夜「っく」 紗夜(このように、住職に警策で肩を叩かれるというわけですか……) 紗夜(……集中……集中……いえ、無にするという意味では、今は音楽の事だけを考えましょう……) 紗夜(ギター……音楽……練習……) ------- ---- --- - 紗夜「練習……練習……」 紗夜(そう、私は今日もギターの練習、それ以外、何もいらない、そう、何も……!)ギュイーン 日菜「……お姉ちゃん!あそぼ! 」ポン! -寝室- 友希那「……はぁ、何だかどっと疲れたわ……」 紗夜「えぇ……野菜を否定するつもりはありませんが、にんじんを入れるセンスはいただけませんね」 あこ「ん~……」 紗夜「宇田川さん、キチンと寝る前に歯を磨かなければいけませんよ」 リサ(あ、正気に戻ったんだ) あこ「ん~……は~い、おね~ちゃん……」フラフラ 紗夜「!!……ま、全く……ほら、こっちですよ、宇田川さん」ッス トコトコ… リサ(へぇ、紗夜ってば、ちょっと丸くなった?今度、アタシもやってみようかな。 おねーちゃんって言って……あれ?) 燐子「」カタカタカタカタ リサ「燐子~?どうかした?」 燐子「い、今井さん、私、私、もうだめです!」 リサ「ちょ、どうしたのさ、燐子」 燐子「携帯が圏外で、落ち着かなくて!!…え、駅まで行ってきます!」ッバ リサ「うわ!ちょ、落ち着いて燐子!もう夜だし、危ないよ?それに、明日になれば下山できるんだし……」 燐子「でも、でも、思い出したんです。 今日で、連続ログインボーナス600日目……早く、早くインしないと……」ジタバタ リサ(う、燐子ってば、すごい力。 やるって決めたときの燐子ってば、本当行動力高いんだよね……) -10分後- あこ「すぅ……すぅ……」 紗夜「すぅ……」 友希那「な、中々やるわね!燐子」 燐子「ゆ、友希那さんも!」 リサ「残り1枚をかけて、白熱の展開が続いてるけど……そろそろあたし暇なんだけどなぁ~」 友希那(……右、左、どっちなの?わからない、読めない、燐子の顔……) 友希那(……さっきは左を引いたから、ここは、右で攻めてみようかしら……) 燐子「……」ススス 友希那「!!!??」 友希那(ひ、左側が、わずかに突き出してきたわ……!?) 燐子「……」 友希那(試しているの燐子?私にそのカードを引けるかどうかを……その、ジョーカーを!?) 友希那(でも、控えめな燐子の性格を考えると……私に勝たせようとして、わざと、少し突き出してきたのかもしれないわ……でもやっぱりジョーカーは突き出した……) 燐子「……」チラ 友希那「……!!!!!?????」 友希那(わ、わずかに、左側に目配せしたわ!!?どうなっているの、そちらに、まさかジョーカーが……!?危うく、騙されるところだった…!) リサ「え~っと、もう、先には歯、磨いているよ~」 燐子「……」ッス 友希那(燐子が鼻を触った!!).

次の

日菜「おねーちゃん、ポテト!」 紗夜「はいはい」リサ「……」【バンドリss/アニメss】

バンドリ ss リサ

-スタジオ- ジャンジャガジャジャジャーン! 友希那「……ふぅ、今日はこのくらいかしら」 あこ「はぁ~、やっと終わったぁ~!あこ、もう腕が上がらないよぉ…」 燐子「お疲れ様……あこちゃん……でも、あこちゃんの今日のドラムソロ…すごく、良かった…よ?」 あこ「ありがとー!りんりん!りんりんも、こう、ババーンって感じで、超かっこよかったよ!」 紗夜「……ふぅ、まぁ、確かに、今日は皆の演奏が冴えていたように感じますが……」 リサ「お、紗夜が褒めるなんて珍し~。 集中力を養うために、たまには、違う環境、静かな場所で、自分の音楽を見つめ直す必要があると、そう思っただけよ。 それができるのなら、別に合宿という形でなくても構わない」 友希那「少なくとも、私たちRoseliaが次のステップへと進むためにはこのままただ練習をこなすだけでは駄目と、そう判断したの」 紗夜「なるほど……流石は湊さん……!確かにスタジオで練習を続けるだけでは限界が……私に異論はありません」 あこ「合宿!!うん!!あこも、賛成賛成!!大賛成!Roseliaのみんなと合宿何て本当、最高ですよ!」 燐子「し、静かな場所で、みんなとだったら……はい、私も賛成です」 リサ「……」 友希那「リサ?」 リサ「え?いや、その、うん、アタシも良いと思うよ!?」 リサ(うっそ、友希那が自分から合宿だなんて、そんなことあるんだ……なんか、感動して泣いちゃいそう……) 友希那「では、決まりね。 実は父さ……父の知り合いがちょうど施設を貸してくれると言っているの、機材も揃っているらしいし、今週末、そこで合宿にするわ。 詳しいことは、後でリサから聞いてちょうだい」 リサ(あ、でもそういうことはアタシがやるんだ……でも、ちょっと、安心したかも) あこ「はい!!うわーどうしよう、あこ、今からすっごくドキドキしてきちゃいました!」 紗夜「ちょっと、宇田川さん、落ち着いて。 まったく……遊びに行くわけではないんですから」 リサ「あはは、なーんていって、紗夜も口元にやけてるよ~?」 紗夜「わ、私は別に……」 ワイワイキャキャ 友希那「……」 -合宿当日 駅前- あこ「すみませーん!お待たせしました!」タタタ 紗夜「遅いですよ!宇田川さん。 白金さん!もう皆揃っています」 燐子「ご、ごめんなさい、あの、でも、時間まだ5分前……」ハァハァ 紗夜「え……」 リサ「あはは、紗夜ってば。 ワクワクして30分前には来てたもんねー」 紗夜「ち、ちが、時計が、ずれていたんです!時計が!……すみません、宇田川さん、白金さん」 燐子「いえ、だって私も……すごく楽しみで……」 友希那「……皆、そろったわね…………」 リサ「あこ~、ちゃんと歯ブラシ持ってきた~?」 あこ「うん!この、闇の力を宿した、聖なる……えーっと…」 燐子「グングニル……」 あこ「そう!グングニルハブ・ラーシュで!あこの歯は今日もピカピカなのであった~!」 リサ「あははっ!すっごい強そうな歯ブラシ持ってきたんだね~あこは~」 燐子「ふふ……」 紗夜「……」 友希那「……さて、準備は万端のようね……でも、出発する前に、聞かせてちょうだい」 友希那「あなたたちは、本当にRoseliaに全てをささげる覚悟はある?」 全員「「「「っ!!」」」」 リサ「寺……あ~、うん、それは見ればわかるんだけど……」 紗夜「……なるほど、流石は湊さん」 リサ「え?」 友希那「フ、紗夜はわかってくれたみたいね」 あこ「ど、どういうことですか、紗夜さん!」 紗夜「ふ、簡単なロジックですよ、ここでRoseliaの今後を祈願してから、合宿場へ移動する、そういうことですね?湊さん」 友希那「いえ、全然違うわ。 ここがその合宿所そのものよ」 紗夜「え?」 友希那「静かに自分を見つめ直す……私には、寺しか、思いつかなかったわ」ファサ 紗夜・あこ「……」ポカン リサ「え~っと、ま、まぁ!こういう所で、練習っていうのも、たまには悪くない、かも、だよ!?」 あこ「……」 燐子「……」 リサ(う、うわ~、みんな見るからにテンション下がっちゃってるじゃん!) 住職「カッ!」バシン! あこ「うわぁ!ご、ごめんなさーい!」 友希那「……」 リサ(うわぁ、あこ、これで何回目?) 紗夜(座禅……テレビで見たことはありますが、実際に体験するのは初めてですね……少しでも余計な雑念が入ると……) 住職「カッ!」バシン! 紗夜「っく」 紗夜(このように、住職に警策で肩を叩かれるというわけですか……) 紗夜(……集中……集中……いえ、無にするという意味では、今は音楽の事だけを考えましょう……) 紗夜(ギター……音楽……練習……) ------- ---- --- - 紗夜「練習……練習……」 紗夜(そう、私は今日もギターの練習、それ以外、何もいらない、そう、何も……!)ギュイーン 日菜「……お姉ちゃん!あそぼ! 」ポン! -寝室- 友希那「……はぁ、何だかどっと疲れたわ……」 紗夜「えぇ……野菜を否定するつもりはありませんが、にんじんを入れるセンスはいただけませんね」 あこ「ん~……」 紗夜「宇田川さん、キチンと寝る前に歯を磨かなければいけませんよ」 リサ(あ、正気に戻ったんだ) あこ「ん~……は~い、おね~ちゃん……」フラフラ 紗夜「!!……ま、全く……ほら、こっちですよ、宇田川さん」ッス トコトコ… リサ(へぇ、紗夜ってば、ちょっと丸くなった?今度、アタシもやってみようかな。 おねーちゃんって言って……あれ?) 燐子「」カタカタカタカタ リサ「燐子~?どうかした?」 燐子「い、今井さん、私、私、もうだめです!」 リサ「ちょ、どうしたのさ、燐子」 燐子「携帯が圏外で、落ち着かなくて!!…え、駅まで行ってきます!」ッバ リサ「うわ!ちょ、落ち着いて燐子!もう夜だし、危ないよ?それに、明日になれば下山できるんだし……」 燐子「でも、でも、思い出したんです。 今日で、連続ログインボーナス600日目……早く、早くインしないと……」ジタバタ リサ(う、燐子ってば、すごい力。 やるって決めたときの燐子ってば、本当行動力高いんだよね……) -10分後- あこ「すぅ……すぅ……」 紗夜「すぅ……」 友希那「な、中々やるわね!燐子」 燐子「ゆ、友希那さんも!」 リサ「残り1枚をかけて、白熱の展開が続いてるけど……そろそろあたし暇なんだけどなぁ~」 友希那(……右、左、どっちなの?わからない、読めない、燐子の顔……) 友希那(……さっきは左を引いたから、ここは、右で攻めてみようかしら……) 燐子「……」ススス 友希那「!!!??」 友希那(ひ、左側が、わずかに突き出してきたわ……!?) 燐子「……」 友希那(試しているの燐子?私にそのカードを引けるかどうかを……その、ジョーカーを!?) 友希那(でも、控えめな燐子の性格を考えると……私に勝たせようとして、わざと、少し突き出してきたのかもしれないわ……でもやっぱりジョーカーは突き出した……) 燐子「……」チラ 友希那「……!!!!!?????」 友希那(わ、わずかに、左側に目配せしたわ!!?どうなっているの、そちらに、まさかジョーカーが……!?危うく、騙されるところだった…!) リサ「え~っと、もう、先には歯、磨いているよ~」 燐子「……」ッス 友希那(燐子が鼻を触った!!).

次の

【バンドリ】友希那「これも試練よ!」リサ「えぇ……」【ガルパ】 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

バンドリ ss リサ

その、紗夜、もう一回言ってほしいんだけど」 紗夜「はい? 何をですか?」 リサ「相談内容が、その……キ、キス? って聞こえたんだけど、聞き間違いだよね?」 紗夜「キスと言いましたが」 リサ「…………」 リサ(落ち着け、落ち着け今井リサ……。 これはきっとアレだよね、魚のキスを釣りに行くとか料理するとかそういうアレだよね……) 紗夜「ちなみに魚を釣るとか料理するとかそういうことではありませんので。 古い言葉で接吻と呼ばれるものです」 リサ(先回りされた……!) 紗夜「それで、どうすればいいのでしょうか?」 リサ「え、えーっと、色々言いたいことはあるんだけどさ……」 紗夜「はい」 リサ「その、なんでアタシにそれを相談するの?」 紗夜「今井さんならそういう経験が豊富だろうと思いまして」 リサ「ちょっとそのイメージがもう解せないんだけど……」 紗夜「え?」 リサ「え?」 紗夜「…………」 リサ「…………」 紗夜「……冗談ですよね?」 リサ「待って、それアタシのセリフ」 リサ「なんでアタシにそんなイメージを持ってるの……?」 紗夜「今井さん、湊さんと挨拶代わりにキスをしてますよね?」 リサ「し、してないよ!?」 紗夜「え……?」 リサ「いやいや、なんでそんな不思議そうな顔してるの!? 幼馴染とする訳ないじゃん!」 紗夜「今井さんと湊さんは恋人同士だともっぱらの噂ですが……」 リサ「その噂の発信源どこ!?」 紗夜「日菜が言っていました。 『リサちーと話すと友希那ちゃんのことばっか喋るし、絶対付き合ってるよねー! 2人っきりの時とかちゅーしてそうっ!』と」 紗夜「私の可愛い日菜がそう言うのであれば間違いないだろうと思っていたのですが」 リサ「ヒナ……なんてことを……!」 紗夜「それにライブ中もやたらとお二人の距離が近いですし、宇田川さんと白金さんもなんとなく察しています」 リサ「ロゼリアの中にそんな誤解が生まれてたの!?」 紗夜「ですからスタジオ練習の時も、湊さんと今井さんが2人っきりの時間を過ごせるようにと、しっかり空気を読んで3人でしばらく時間を潰していましたし」 リサ「最近やたらみんな遅いなって思ってたらそれが原因!?」 紗夜「はい。 実話にフィクションを付け足した作り話と言ってましたから」 リサ「それつぐみが原案なの!?」 紗夜「はい。 この前嬉しそうに私に話してくれました」 リサ「う、嬉しそうにって……」 紗夜「つぐみさんが嬉しそうで私も嬉しかったです」 リサ「えぇ……」 リサ(なんかつぐみに対する見方が変わりそう……) リサ(ていうか幼馴染って……まさかモカが蘭に……いや、考えるのは止めとこ……) 紗夜「では、今井さんは湊さんとは一切そういう関係ではないんですね?」 リサ「そ、そうだよ。 友希那とそんな爛れた関係なんて持ってないよ」 リサ(手を繋いで一緒に帰るとかお弁当作ってあげるくらいの普通の関係だよ……) 紗夜「そうでしたか。 憶測でモノを言ってしまってすみません」 リサ「あ、意外とあっさり引いてくれるんだね……」 紗夜「張本人の今井さんがそう言うのであれば信じざるを得ませんからね」 紗夜「私は親友の言うことを疑うほど狭量な人間ではありませんよ」 リサ「……色々言いたいことはあるけど、紗夜ってなんていうか、最近すごく丸くなったよね」 紗夜「そうでしょうか?」 リサ「うん。 まっすぐ自分の気持ちを口にするようになったと思うよ」 紗夜「まぁ……そうですね。 人間、素直が一番だと思うようになりました」 紗夜「幼い強がりなんてかなぐり捨てて、素直になる」 紗夜「この前のいざこざもありますし、そうしないと大切なものを失ってしまうような気がしたんですよ」 紗夜「たらればの話ですが、強がって意地を張ってばかりいては、きっと今も日菜とすれ違ったままだったと思います」 紗夜「……私はもう知りました。 相手を認め、自分を認めること。 それだけで、世界はずっと素晴らしいものになるんだと」 紗夜「だから、今では大切な居場所になっているロゼリアにも、こんな私を認めてくれた人たちにも、素直な気持ちでいるのが一番大事なんだ、と。 そう思うようになったんです」 紗夜「でないと、全部を失くしてから『あの時ああしていたら、こうしていれば』と、後悔ばかりを重ねそうですからね」 紗夜「それに……私の大切な人たちが、数十年後に最期を迎えた時。 それで経験豊富な今井さんにアドバイスを頂ければ、と思っていましたが私の早とちりでした。 誤解をしていてすみませんでした」 リサ「う、ううん。 誤解が解けたならいい……のかなぁ……?」 リサ「ていうか、それならアタシが相談相手じゃなくてもよくない?」 紗夜「いえ、経験がないというのは少し思い違いでしたが、それでも今井さんが頼りになるというのに間違いはありません」 紗夜「きっと今井さんであれば素晴らしいアイデアを出してくれると信じています」 リサ「いや……その期待には応えられないと思うなー……」 紗夜「大丈夫です。 私はあなたを信頼していますから」 リサ「その無垢な信頼がプレッシャーだって……」 リサ(そこまで頼りにしてくれるなら報いたい……けど、内容が『つぐみとキスがしたい』じゃね……) リサ「えーっとさ、紗夜は何か考えがあるの? その、つぐみと……キ、キスする考えが」 紗夜「あるにはありますけど……」 リサ「じゃあそれ、まずは聞かせてよ」 紗夜「分かりました」 紗夜「まず、火曜日に閉店間際の羽沢珈琲店へ向かいます」 リサ「うん」 紗夜「毎週火曜日はつぐみさんが閉店までいる日で、その時間帯は他の従業員もいません」 紗夜「ただ、第二、第四火曜日は大学生のアルバイトの方、もしくはお義母さまがいらっしゃるのでこの日は避けます」 リサ「うん……?」 紗夜「夜の帳が降りる商店街。 お客さんのいない喫茶店につぐみさんが1人」 紗夜「普段とは違うシンとした空気に『ちょっと寂しいなぁ』と思うつぐみさん」 紗夜「そこへ私が入店します」 紗夜「きっとつぐみさんはパッと輝いた笑顔で出迎えてくれるでしょう」 紗夜「少し他愛のない話をしてから、さりげなく『今日は1人なんですか?』と尋ねます」 紗夜「まぁ1人だと事前調査のおかげで知っているんですけどね」 紗夜「ともあれ、つぐみさんは少し照れたように笑いながら、『はい。 だからちょっと寂しくて……』と言うでしょう」 紗夜「もう辛抱が出来ないのでその場でキスします」 リサ「…………」 紗夜「…………」 リサ「……え、終わり?」 紗夜「これ以上なにか言うことがありますか?」 リサ「あー、いや……うーんと……」 紗夜「ああ、その後のことですか? そればっかりはつぐみさん次第としか言いようがないので……まぁお泊りくらいまで持っていければと」 リサ「そーいうことじゃないんだけどなぁ……」 紗夜「あっ、なるほど」 リサ「ん? 分かってくれた?」 紗夜「すみません、今井さん。 今井さんは今井さんです。 技術は足りなくても、あなたはロゼリアにとって大切な、かけがえのないベーシストです」 リサ「うん、それはこの前聞いたね? 紗夜はどうしたのかな? 頭のネジ、どこかに落としてきちゃった?」 紗夜「あなたはいつも周りのことを心配してくれますね。 そんなあなただからこそ、私は……」 リサ「待って、タイムタイム。 ごめん、なんかホントごめん。 アタシが悪かったからさ、その、なんか、異様な熱が込められた目はやめよ?」 リサ「まっすぐ見つめてくれるのは嬉しいけどさ、色々と身の危険感じるからさ」 リサ「その目で迫ってくるのはホントやめて欲しいかな、アタシは」 紗夜「あ、すみません……。 ですが、もう今井さんから太鼓判を押していただきましたから、先ほどの作戦を早速今夜決行しようと思います」 リサ「ちょ、ちょっと待って、今日は日曜日だよ!? 火曜じゃないとつぐみは1人じゃないんじゃないっけ!?」 紗夜「今井さんから頂いた天啓がありますから。 むしろ見せつける勢いでやってきます」 リサ「だ、ダメだよそれは!!」 紗夜「何故ですか?」 リサ「そ、それはほら、やっぱり……その、ファ、ファーストキス、だよね?」 紗夜「つぐみさんは分かりませんけど、私はそうですね」 リサ「そ、それなら、こう、ね? 雰囲気とかさ、やっぱ大事にしたい……じゃん?」 リサ(友達相手に何言ってんだろアタシ……すごく恥ずかしい……) 紗夜「……言われてみれば」 リサ「ね? だからほら、やっぱり2人っきりの時がいいと思うな、アタシは」 紗夜「確かにその通りでした。 やはり今井さんは頼りになりますね。 いつも私に大切なことを気付かせてくれます」 リサ「あ、アハハ……紗夜の役に立てたなら何より……だよ。 ……はぁ」 リサ(どうにか思いとどまってくれた……でもこれ、絶対時間の問題だよね……) 紗夜「つきましては、今井さん」 リサ「……うん?」 紗夜「今井さんが望むファーストキスのシチュエーションを教えてください。 参考にしたいので」 リサ「え!? い、いや、ちょっとそれは……」 紗夜「大丈夫です。 つぐ、絶対あれ、紗夜さんのこと待ち構えてるし……」 ひまり「やっぱそうだよね……いっつも何か期待する目で紗夜さんのこと見てるよね……」 巴「ああ……つぐも結構、アレだしな……」 ひまり「どうしてこう……私たちの周りってアレな人ばっかりなんだろーね……」 巴「アタシが知りたいよ……ホント……」 ひまり「彩さんと花音さんも大概アレだし……」 巴「……この前、お客さんから見えないレジカウンターの死角で手ぇ繋いでたな……」 ひまり「繋いでたね……」 巴「仲……良いんだな……」 ひまり「……ね。 今日は2人で水族館だっけ……」 巴「ああ……2人とも楽しそうに話してたな……」 ひまり「…………」 巴「…………」 ひまり「はぁ~……私もどこかにいい人いないかなぁ……」 巴「この場でそれ言うのはやめとけって……半分アタシに言ってるようなもんだぞ……」 ひまり「だよねぇ……」 巴「まぁ……あれだ、帰り、ラーメンでも食って帰るか……」 ひまり「そうだね……こうなったらやけ食いだよ……」 巴「…………」 ひまり「今、『太るぞひまり』って思ったでしょ?」 巴「聞くなって、言わぬが華だぞ……」 ひまり「ふーんだ、いいもーん……私は太ったって見せる相手もいないしー……」 ひまり「どーせ今年もみーんな一緒に海行ってくれないもーん……」 巴「んな悲しいこと言うなよ……そしたらアタシが一緒に行ってやるから……」 ひまり「…………」 巴「…………」 ひまり「あーあ……ホント巴が男の子だったらなぁ……」 巴「だからそういうことこの場で言うなって……」 おわり.

次の