赤 ずきん は 眠ら ない ルール。 【ボードゲーム】赤ずきんは眠らない

『赤ずきんは眠らない』のインスト

赤 ずきん は 眠ら ない ルール

ゲームの概要 プレイ人数:3人~6人 対象年齢:6歳以上 プレイ時間:20分 作者:佐藤純一 どんなゲーム? ラウンドごとにオオカミ(襲う側)となるプレイヤー、赤ずきん・子ブタなどの守る側のプレイヤーを決める。 オオカミがどのプレイヤーを襲いに行くのか、自分が襲われると思えば「トラップを仕掛ける」を選び、自分が襲われないと思えば「おやすみなさい」の二者択一。 面白いのは誰がどの役割を担当するかは前のラウンドでポイントが減ったプレイヤーが選択すること、役割を選ぶ段階から始まる心理戦。 赤ずきん(3点)を選んで高ポイントを狙っていくのか、狙われにくい子ブタ(1点)を選ぶのか。 パッケージはグリム童話の絵本でダークなイメージですが、内容物のカードや得点トークンはハート型で可愛らしく、小さな子供から女性にも受けが良い、それでいて簡単に楽しめる、心理ゲームです。 設定・世界観 「はらぺこオオカミ」がやってくる! 「トラップ」で撃退するか 「おやすみなさい」で得点するか 手軽に心理戦が楽しめるカードゲーム! (パッケージから引用) 『赤ずきんは眠らない』は、手軽に心理戦が楽しめるゲームです。 プレイヤーは「赤ずきん」「おやぶた」「こぶた」「はらぺこ狼」のいずれかのキャラクターを担当します。 「はらぺこ狼」は、他のプレイヤーを食べることができると、食べた相手から点を奪うことができます。 しかし「トラップ 罠 」に引っかかると点を失ってしまいます。 「赤ずきん」「おやぶた」「こぶた」は、「はらぺこ狼」が来る前に、「おやすみなさい」するか「トラップ」をしかけるか選びます。 「トラップ」を選ぶと、「はらぺこ狼」が来た場合、「はらぺこ狼」から点を奪うことができます。 しかし「はらぺこ狼」が来なかった場合、得点することができません。 担当するキャラクターを変更して繰り返し、10点以上手に入れたプレイヤーが勝者となります。 オオカミはどのキャラクターを食べに行くのか選び、そのキャラクターの前にカードを置く。 指定されたキャラクターが「おやすみなさい」ならオオカミに食べられてしましまいます。 食べたキャラクターのカードに書かれていた数だけ、相手の得点を奪います。 逆に「トラップ」であった場合は、オオカミはやっつけられてしまいます。 オオカミをやっつけたプレイヤーは、カードに書かれていた数だけ、オオカミから得点を奪います。 オオカミに狙われなかったプレイヤーは、「おやすみなさい」を選択していた場合、キャラクターカードに書かれていた数だけ得点をもらいます。 「トラップ」だった場合、何も起こりません。 得点を失った人が、次に誰がどのキャラクターカードを担当するか決めます。 以上を繰り返し、誰かが 10点以上先取したらゲームは終了し、勝者となります! 準備・セッティング 得点トークンを場の中央に広げておく これが「山」 プレイヤーが 3人の場合、全員に得点トークンを 3点ずつ配る。 4人以上の場合は全員 0点からスタート。 全員におうちタイルを1枚ずつ配る。 プレイヤーの人数に合わせて、キャラクターカードを用意する。 (キャラクターカード右下にプレイ人数に応じて使用するマークが書いてあります)• プレイヤーが6人の場合 キャラクターカード6枚全て使う。 プレイヤーが5人の場合 「はらぺこ狼」「赤ずきん」「おやぶた」「こぶた」「こぶた」• プレイヤーが4人の場合 「はらぺこ狼」「赤ずきん」「おやぶた」「こぶた」• プレイヤーが3人の場合 「はらぺこ狼」「赤ずきん」「こぶた」 一番はらぺこのプレイヤーが、最初の「はらぺこ狼」となる。 すべてのキャラクターカードを受け取り、「はらぺこ狼」を自分に配る。 残りのキャラクターカードを他のプレイヤーに1枚ずつ配る。 誰にどのキャラクターカードを配っても良い。 以上で準備は終了。 ゲームの流れ 【おうちタイルの配置】 「はらぺこ狼」でないプレイヤーは「おうちタイル」を、「おやすみなさい」か「トラップ」か、どちらかを表に決めて、 他プレイヤーに見られないように自分のキャラクターカードの下に隠して置く。 「はらぺこ狼」が自分を食べに来ないと思ったら「おやすみなさい」 食べに来ると思ったら「トラップ」。 【はらぺこ狼の行動】 全員が「おうちタイル」を置いたら、「はらぺこ狼」のプレイヤーはどのキャラクターを食べに行くか1人決め、そのキャラクターカードをめくり、「おやすみなさい」か「トラップ」かを明らかにします。 「おやすみなさい」だった場合 「はらぺこ狼」はそのキャラクターを食べてしまいました。 「はらぺこ狼」のプレイヤーは、相手のキャラクターカードに書かれた数だけ、山から得点トークンを取る。 食べられたキャラクターのプレイヤーは、自分のキャラクターカードに書かれた数だけ、得点トークンを山に返す このとき、 ゼロより小さくなる事はない。 「トラップ」だった場合 「はらぺこ狼」は「トラップ」でひどい目に遭い、食事にはありつけません。 「はらぺこ狼」を「トラップ」に引っ掛けたプレイヤーは、自分のキャラクターカードに書かれた数だけ、山から得点トークンを取る。 「はらぺこ狼」のプレイヤーは相手のキャラクターカードに描かれた数だけ、得点トークンを山に返す このとき、 ゼロより小さくなる事はない。 【はらぺこ狼に狙われなかったキャラクター】 「はらぺこ狼」に狙われなかったプレイヤーは、自分のキャラクターカードをめくり、「おうちタイル」を公開する。 「おやすみなさい」だった場合 キャラクターカードに書かれた数だけ、山から得点トークンを取る。 「トラップ」だった場合 得点トークンをもらうことができない。 失うこともない。 【次ラウンド:新しいキャラクターの選択】 10点以上を獲得しているプレイヤーがいない場合、ゲームは続行。 誰にどのキャラクターカードを配っても良い。 (自分がオオカミでも、赤ずきんでも、他キャラクターでも良い) 配り終わったら新しいキャラクターカードで上記を続ける。 上記を繰り返し、誰かの得点トークンが 10点以上になった時点でゲーム終了 ゲームの終了 誰かの得点トークンが 10点以上になると、ゲームは終了し、そのプレイヤーが勝者。 10点以上になったプレイヤーが同時に複数出た場合、以下の優先順位で勝者を決める。 10点以上になった回に、「はらぺこ狼」で得点したプレイヤー、または「トラップ」で得点したプレイヤーが最優先• 「おやすみなさい」で10点以上になったプレイヤーが複数出た場合、時計回りで「はらぺこ狼」のプレイヤーに1番近いプレイヤーが勝利 選択ルール 練習、初心者にもオススメ プレイヤーが4人以上の場合でも、3人プレイ同様に、 全員に3点ずつ配ってゲーム開始。 これにより、プレイ時間が短くなる。 プレイのヒントについて 説明書にはプレイのヒントが掲載されていますが、このブログではゲームの攻略やコツなどには触れないようにしているため、省略します。 自分で攻略方法を考えるのが楽しいですよね。 コメント 可愛いコンポーネント、子供でも分かる世界観で女性や子供にも楽しめる作品です。 ただ、心理戦が苦手な方、やってて苦しくなる方には向きません。 (実際にいらっしゃいました…) 必ず誰かがポイントを得るか失うため、勝利となる10点が近づいてくるとキャラクター選択からじりじりと悩み始めます。 「おやぶた」が加わる4人以上~6人がおすすめなゲームです。 豊田市ボードゲームオープン会 豊田市でボードゲームオープン会を不定期開催しています。 告知はTwitter、Facebookにて行っています。 【Twitter】 【Facebook】.

次の

意外にシビアな心理戦!「赤ずきんは眠らない」レビュー

赤 ずきん は 眠ら ない ルール

さて、今回紹介する作品は 「赤ずきんは眠らない」です。 ゲームの概要 「赤ずきん」という名前の通り、モトになったお話は有名な童話です。 しかしながら、ゲーム内容は全プレイヤーがオオカミになったり、赤ずきんになったり、さらにはブタになったりしながらトラップを仕掛けあうという、「やるかやられるか」のなかなかカオスな世界観となっております。 度胸の試される「ブラフゲーム」の要素が強く、ドキドキの心理戦が楽しめる作品です。 ゲームの準備 まず配役は「オオカミ」「赤ずきん」「親ブタ」「子ブタ」の4種類があります。 まず「オオカミ」の役をじゃんけん等で決めます。 オオカミは他のプレイヤーの配役を自由に決めることができます。 ちなみに「赤ずきん=3点」「親ブタ=2点」「子ブタ=1点」という配点になっており、点数が多いほどハイリスクハイリターンな配役となります。 勝利の条件 先に10点を先取したプレイヤーの1人勝ちとなります。 ゲームの進め方 オオカミ以外のプレイヤーは、オオカミにバレないように「おやすみなさい」か「トラップ」のどちらかを表にして、「配役カード」の下に隠します。 これでプレイヤーの準備は完了です。 オオカミはどのプレイヤーを襲撃するか決めます。 この時は自由に会話しても構いません。 むしろ、この会話の中に駆け引きが生まれてきます。 めくったカードの中が「おやすみなさい」であればオオカミの襲撃成功となり、相手から配役分の点数を奪います。 逆に「トラップ」だった場合は配役分の点数を失います。 これがオオカミのポイント増減となります。 その他のプレイヤーは「おやすみなさい」が成功、もしくは「トラップ」を仕掛けてオオカミが食べにきた場合は配役の点数がもらえます。 「トラップ」を仕掛けても、オオカミが食べにこなかった場合は無得点となります。 オオカミに食べられたプレイヤー、または襲撃に失敗したオオカミが次のオオカミ役をやります。 この流れを繰り返して先に10点先取したプレイヤーが勝利となります。 おすすめポイント かわいい絵柄や世界観とは裏腹に、シビアな心理戦が展開されます。 特に「オオカミ」と「赤ずきん」を引いたプレイヤーはリスクが大きいので、ドキドキしながらカードを選ぶことになります。 逆に、リスクが少ないからといって安心しきっている子ブタを襲撃するといった戦略もありえますので、駆け引きの要素が満載です。 さらに、性格も出やすいゲームなので、一緒にプレイするメンバーによっても展開は大きく変わってきます。

次の

「赤ずきんは眠らない」─罠にかける?食べられちゃう?簡単ルールの心理戦─

赤 ずきん は 眠ら ない ルール

可愛げなイラストで、気軽にできるボードゲーム「赤ずきんは眠らない」をレビューします。 心理戦を手軽に遊べるボードゲームとなっており、簡単ながらもシビアな心理戦が体験できます。 基本情報 プレイ人数:3人~6人 プレイ時間:約20分 対象年齢:6歳以上 ゲームデザイナー:佐藤純一 「赤ずきんは眠らないは」どんなゲーム? 有名な童話、赤ずきんを元にしたゲームです。 プレイヤーの中からオオカミ役となり、赤ずきんやこぶたを襲っていきます。 赤ずきんやこぶたの役のプレイヤーはうまくトラップを張ったり、隙を見て眠ることで得点を獲得するのが目的です。 ゲームの進行について ゲームの準備 まずは中央に得点トークン(画像左)を中央に集めます。 そして、プレイヤー全員に進行早見表とおうちタイル(右画像)を1枚ずつ配布します。 次に、プレイヤーの参加人数に合わせた、決められたキャラクターカードを用意して、ゲームに使う道具の準備は終了です。 最後に、ゲームにおけるキャラクターの割り振りを決めます。 説明書には最もはらぺこなプレイヤーがオオカミ役となる、と記載されています。 (もちろんじゃんけんでも何でも大丈夫です) オオカミ役を決めたら、残りのキャラクターカードを他のプレイヤーに1枚ずつくばります。 これはどのキャラクターでも構いません。 ゲームの流れ まずはオオカミ役以外のプレイヤーはおうちタイルを手に取り、「おやすみなさい」か「トラップ」をどちらかを選択し、選択したほうを表にします。 この時に、他のプレイヤーには見られないようにキャラクターカードでおうちタイルを隠すようにしてください。 次にオオカミ役のプレイヤーがどのキャラクターを食べるかを1人選択します。 食べられたプレイヤーはおうちタイルをプレイヤー全員に公開し、どちらを選択したのかを明らかにします。 食べられたプレイヤーの選択が「おやすみなさい」だった場合 オオカミに食べられたプレイヤーが「おやすみなさい」を選択していた場合は、オオカミの勝利となります。 オオカミ役のプレイヤーは、食べた相手のキャラクターカードに記載されている数字の数だけ、得点トークンを獲得することができます。 赤ずきんなら3点、おやぶたなら2点、こぶたなら1点です。 一方、オオカミに食べられたプレイヤーは、自分のキャラクターカードに書かれている数字の数だけ、得点トークンを中央に返します。 手持ちの得点トークンはゼロより下になることはありません。 食べられたプレイヤーの選択がトラップだった場合 食べられたプレイヤーの選択肢がトラップだった場合は、オオカミの敗北です。 オオカミ役のプレイヤーは、食べたプレイヤーのキャラクターカードの数字の数だけ得点トークンを失います。 一方、オオカミにトラップを引っ掛けたプレイヤーは自分のキャラクターカードに書かれた数字の数だけ得点トークンを得ることができます。 オオカミに狙われなかったプレイヤーについて オオカミに狙われなかったほかのプレイヤーは、自分のおうちタイルをプレイヤー全員に幸公開します。 「おやすみなさい」を選択していた場合は、キャラクターカードに書かれた数だけ、得点トークンを得る事ができます。 「トラップ」を選択したプレイヤーは、得点トークンを得ることができす、失うこともありません。 次のゲームの準備 各プレイヤーが得点トークンを一連の処理を終えたら、次のゲームの準備をします。 今回のゲームで得点トークンを失ったプレイヤーは、全員のキャラクターカードを回収し、自分を含むプレイヤー全員に任意のキャラクターカードを1枚ずつ配布します。 誰にどのキャラクターを配っても問題ありません。 配られたキャラクターカードが次のゲームの役割となります。 配り終わったら、おうちタイルを手に取り、「おやすみなさい」か「トラップ」を選択し、ゲームを続けます。 ゲームの勝敗 ゲームは誰かが最初に10点以上の得点トークンを手にした時点で、ゲーム終了となります。 最初に10点以上の得点トークンを獲得したプレイヤーの勝利です。 もし、10点以上のプレイヤーが複数人でた場合は、オオカミ役で得点トークンを獲得したプレイヤー、あるいは「トラップ」で獲得したプレイヤーが優先されます。 感想:イラストは可愛げだけどシビアな心理戦! 一見可愛らしい絵柄で和みますが、ゲーム内容は結構シビアな心理戦となっています。 ルールも簡単かつ、ここまで手軽に心理戦を楽しめるのはすごいと思います。 このゲームの面白いところはキャラクターによって、勝利した時に得られる得点が違うところです。 ゲームはじめにキャラクターを任意に分配できるので、得点の高い赤ずきんがきたりすると、とても緊張します。 それがゲーム終盤になると緊張感が序盤の比ではありません。 序盤は運要素が強い感がありますが、終盤は緊迫した心理戦が楽しめます。 ただ黙々とゲームをするより、ハッタリや言葉を使っていくのも面白いです。 一見単純なゲームに見えますが、実際に遊んでみると熱中しやすく、何度も遊びたくなってしまうようなゲームです。 まとめ 「赤ずきんは眠らない」は簡単で手軽に遊べながら、シビアな心理戦を体験できるゲームです。 初心者にも手をつけやすく、子供にとっても楽めるゲームとなっていると思います。 もちろん大人がやっても白熱するゲームですので、ぜひ遊んでみてください。

次の