低 血糖 症状。 低血糖の症状・対処法は?

糖尿病でも低血糖には注意!低血糖の症状、原因、対処法 【Welbyメディア】

低 血糖 症状

緊張動悸• 顔面蒼白など• 吐き気• 頭痛など• だるさ• 脱力感• 無気力• 傾眠など• 判断力低下• 人格変化• 神経過敏• ひどい場合には突然意識を失い、事故をひき起こす恐れがるため、注意が必要です。 血糖値の変化が穏やかな場合• 何度も繰り返し低血糖症を体験している場合• 幼児、高齢者• 糖尿病患者 低血糖症の原因• インスリン注射、経口糖尿病治療薬• インスリン自己免疫症候群(平田病)• 薬剤誘発性低血糖• 癌・巨大腫瘍• 食後低血糖 反応性低血糖• 運動過多、運動開始間もない時期• アルコール過多• 副腎障害、副腎疲労• 胃切除・胃炎• セリアック病• 高齢者• 新生児、幼児• など インスリン注射、経口糖尿病治療薬 インスリンが効きすぎて、血糖値が低下し過ぎことによる低血糖症です。 インスリンそのものの量以外に、血糖値が低い時間帯での投与などが原因となります。 インスリンの量や血糖値によっては意識がなくなったり、痙攣などの症状が出るため、 すぐに医師の診断が必要になります。 インスリン自己免疫症候群(平田病) 身体にインスリンに対する抗体ができた結果、膵臓から分泌されるインスリンが効かなくなるため、 インスリンが必要以上に分泌され、低血糖症を起こす病気です。 抗体ができるきっかけは様々なため、糖尿病と無関係の人にも発症します。 薬剤誘発性低血糖 不整脈の治療に用いる薬や、細菌を殺すキノロン系合成抗菌薬の中には、インスリン分泌を促進し、 低血糖症を引き起こすものがあります。 癌・巨大腫瘍 肝癌、間葉系腫瘍 線維肉腫、横紋筋肉腫など 、消化器癌などの巨大腫瘍が原因で起こります。 ブドウ糖消費の増大、肝障害による糖新生・放出の低下などが原因で低血糖を引き起こすと考えられています。 食後低血糖 反応性低血糖 糖尿病を患っていないにも関わらず、炭水化物を摂取した後、 概ね4時間以内に起こる低血糖症です。 炭水化物の食事をきっかけとするものの、グルコース消化後も過剰分泌されるインスリンによって起こります。 インスリンの過剰分泌の原因は、胃の手術、胃炎、、ホルモン分泌(アドレナリン、グルカゴンなど)などが原因と考えられています。 運動過多、運動開始間もない時期 運動量が多すぎたり、激しすぎたり、長らく運動していなかった人が急に運動を始めたりすると、 低血糖症が起こります。 運動時には肝臓と筋肉に蓄えたグリコーゲンを消費し、血糖値を一定に保っていますが、 これは一日の絶食でほぼ枯渇する量しかありません。 そのため、運動の条件とその時の血糖値によっては低血糖症になります。 アルコール過多 アルコール摂取は不適切に低い値まで、血糖値を低下させます。 アルコールは遅延インスリンを増強するだけんでなく、 血糖値を上げるアドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、コルチゾールの分泌を阻害します。 特に飲酒時に食事を取らない場合に低血糖症が多く見られます。 副腎障害、副腎疲労 副腎は血糖値を上げるホルモンであるアドレナリン、およびコルチゾールを分泌します。 たとえ血糖値が低くなった場合でも、すぐにこれらホルモンが分泌されるため、 自覚症状が現れるまえに低血糖症を脱することができますが、 や副腎不全などによる副腎障害を患っている場合、これらホルモンを分泌できず、低血糖症になります。 胃切除・胃炎 胃の一部を切除したり、胃炎によって胃が正しく機能しない場合、 低血糖症の症状が見られることがあります。 胃を切除したことで食べ物の一部が胃で完全に消化しきれず小腸に直接送り込まれることにより、 インシュリンが過剰に分泌され、低血糖症を引き起こします。 高齢者 高齢者は栄養の消化、吸収が若年者と比較すると悪く、 また、各種ホルモンを分泌する臓器の活動低下などにより低血糖が生じやすくなっています。 高齢者の認知症の症状と低血糖症の中枢神経症状が似ていることから、 認知症と間違われることもあります。 新生児、幼児 新生児は分娩後、母親から胎盤を介してブドウ糖の供給が一時的に途絶える時期に低血糖症を起こしやすく、 低出生体重児や双胎の新生児、糖尿病の母親から生まれた新生児などにしばしば認めらます。 また、10ヶ月頃から5歳頃までの幼児には、ケトン性低血糖症と呼ばれる疾患が発症することがあります。 これは特に痩せ型の幼児に多く、太った幼児にはほとんど見られません。 原因は心身不調、食欲不振、前日の夜に食事を抜いたり、炭水化物を摂取しない、消化不良などにより、 血糖値が下がるためにおこります。 通常ブドウ糖やグルコースが不足している場合、身体はケトンを代替燃料として利用します。 低血糖により尿中にこのケトンが高レベルで認められるため、ケトン性低血糖症とも言われます。 低血糖症による疲労の改善 慢性的低血糖症による疲労症状が出ている場合、最も効果があるのは食事療法です。 食事の回数、時間、内容の変更により血糖値が下がりにくい身体を作ります。 回数は量を少なく、数回に分けて摂取します。 時間は血糖値が低くなる朝と午後の途中での栄養補給が重要です。 食事内容は砂糖や炭水化物の摂取をなるべくさけ、同じ炭水化物でも血糖値の上がりにくい食品を取ることです。 血糖値の上がりにくい炭水化物については、をご参照下さい。 その他、定期的ななども効果があると言われています。 ただし、先天性代謝異常、ホルモン欠乏など低血糖の原因によって回復方法、予防方法は異なるため、 医師と相談して改善プランを立てるのが良いでしょう。

次の

【医師監修】低血糖の原因は?糖尿病じゃなくても低血糖になるって本当?

低 血糖 症状

低血糖ってどんな状態? 低血糖とは、以下のような要因から血中の血糖コントロールがうまくいかなくなり、 血糖値が低くなりすぎる状態のことをいいます。 低血糖の原因• 血糖をコントロールするインスリンの分泌、働きの異常• 糖尿病治療のための血糖値を下げる薬が効きすぎてしまう• 食事の量が少なすぎる、または食事の間隔が空きすぎる• 激しい運動で血糖のコントロールがうまくいかなくなる 低血糖状態に陥ると、 手指の震えと冷え、めまい、ふらつき、目のかすみや顔面蒼白などの症状が出るほか、放っておくと 意識を失い昏睡状態に陥ることもあります。 症状がクセになり、何度も発症を繰り返すようになると、日常生活にも支障が出てきます。 発症のタイミングは本人にも予測がつかないため、体質や疾病から低血糖になるリスクの高い人は、日常生活で危険な状態にならないよう十分に注意する必要があります。 低血糖の初期症状は?どんな症状に注意すればいい? 前項で述べたような手指の震えや冷え、冷や汗、めまい、ふらつき、顔面蒼白などの症状は、低血糖のなかでも中等度の状態で出てくる症状です。 ここからは、本格的な低血糖症状が出る前に現れる低血糖の初期症状・前兆について、ご紹介していきます。 本格的な低血糖状態に先駆けて、 前兆として現れやすいのは強い空腹感と眠気、あくび、胃のむかつきや吐き気などが挙げられます。 これらの初期症状は、1つ1つが単体で現れるのではなく、複合的に現れるのが特徴です。 空腹感が強くなっていき、あくびが何度も出て眠気が耐えられないほど強くなってきたら、どんどん血糖値が下がってきている証拠です。 中等度の症状が出て身動きが取れなくなる前に、何らかの対処をしましょう。 低血糖の症状に気づいたら、どうやって対処すればいいの? 低血糖の前兆や初期症状に気づいたら、糖分を口にして安静にし、正常な範囲内まで血糖値を上げてコントロールすれば、大抵は症状を改善できます。 口にする糖分は 身体への吸収が早いブドウ糖(5~10g)が望ましいですが、無ければ砂糖(10~20g)の砂糖や、150~200mL程度の清涼飲料水でも構いません。 糖分を摂取した後は、座るか横になって15分ほど安静にして、血糖量の回復を待ちます。 血糖量が回復してくると低血糖の症状も自然と治まってきますが、15分以上安静にしていても症状が良くならないときは、もう一度糖分を摂取してみましょう。 なお、 人工甘味料では血糖コントロールができないため、摂取しても効果はありません。 低血糖の回復には、ブドウ糖または砂糖(ショ糖)が必要だと覚えておきましょう。 低血糖で救急車を呼んだほうがいいのはどんなとき? 重症の低血糖の場合には、 ブドウ糖や清涼飲料水などを口にすることすらできないケースもあります。 次のような症状が現れたときは、救急車を要請しましょう。 意識を失う• けいれんがある• 錯乱状態である• 糖分を口にしても症状が改善しない 低血糖になるのを防ぐ方法はある? 低血糖の発症を防ぐには、 日ごろから低血糖になりやすい状況に注意して避けるようにし、 前兆を感じたときに対処できるよう備えておくようにしましょう。 具体的な予防策は以下にご紹介していますので、確認してください。 治療による低血糖の場合は、薬の種類や食事・治療内容について医師と相談する• 運動時に低血糖になった経験があるなら、空腹時または長時間の運動は避けるようにする• 運動、運転、仕事や勉強の前や合間には、少量の糖分を摂る習慣をつける• 安静時でも低血糖になるなら、食事の内容や間隔に問題がないか見直してみる• 前兆を感じたときにすぐ対処できるよう、固形ブドウ糖や飴玉、クッキー、小さなおにぎりなど、少量の糖質をいつも持ち歩いておく 繰り返し低血糖の症状に見舞われる場合や、状況を問わず何度も症状が出る場合は、糖尿病を発症している可能性もあります。 症状が出て危険な目に合う前に、一度病院に行って詳しい検査を受けましょう。 おわりに:低血糖の初期症状は冷や汗や手指の震え!兆候が出たらすぐ対処を 低血糖は糖尿病のほか、食事の内容や習慣、その人の体質によっても起こり得ます。 前兆として強い空腹感と眠気があり、さらに進行すると冷や汗やめまい、手指の冷えと震えの症状、そして重症化すると意識障害が出るのが特徴です。 発症するシーンによっては命の危機に陥る可能性もある危険な疾患ですので、日ごろから症状が出ないよう備えておく必要があります。 この記事を参考に生活と食事の習慣を見直し、予防に努めてくださいね。

次の

低血糖の症状の見極めが重要!低血糖状態の対応と観察ポイント

低 血糖 症状

1、低血糖とは 低血糖とは、血糖値が正常範囲内よりも低くなり、それに伴って身体症状が現れた状態のことです。 そのため、血糖値がどのくらいまで下がると低血糖であると定義づけることは難しいのです。 低血糖の原因は、内因性と外因性の2つの分けることができます。 例えば、糖尿病治療薬を多く飲んでしまったり、インスリンの投与単位を間違ってしまったりなどです。 また、体調が悪くて食事を食べれないのに、いつもどおりに血糖降下剤を飲んでしまったり、いつも以上に激しい運動をしたという場合も、低血糖を起こすことがあります。 糖尿病の治療をしている患者は、低血糖を起こしやすいので注意が必要なのです。 またリスモダンやシベノールなどの抗不整脈を服薬している場合も、低血糖を起こしやすくなります。 このほか、アルコールの代謝に伴って、糖新生が抑制されるため、アルコールの過剰摂取でも低血糖を起こすことがあります。 ダンピング症候群は、胃を切除したことで胃に食べ物を溜めておくことができないため、一度に小腸に食べ物が流れ込みます。 そうすると、一気に血糖値が上がり、それに伴って、インスリンが多量に分泌されるため、低血糖になりやすいのです。 また、インスリノーマやインスリン自己免疫症候群の患者も、インスリンが過剰分泌されますので、低血糖を起こすことがあります。 2、低血糖の症状 低血糖の症状は、低血糖の程度によって、どのような症状が現れるかは異なります。 最初は異常な空腹感などの症状が現れますが、低血糖が進むと、昏睡状態になり、死に至ることもあるのです。 3、低血糖のリスクがある患者の看護観察ポイント 低血糖を起こしたら、すぐに発見して適切な対処ができるように、低血糖のリスクがある患者に対して、看護師は日常的に観察を行っておく必要があります。 低血糖を起こすリスクがある患者は、次のような患者です。 ・糖尿病患者 ・胃切除後の患者 ・抗不整脈薬を服用している患者 特に、糖尿病患者の中でも、血糖降下剤やインスリン投与をしている患者は、低血糖を起こすリスクが高いので注意が必要です。 低血糖のリスクがある患者の観察ポイントは、次のようなものです。 ・食前・食後の血糖値 ・内服薬の種類や量 ・血糖降下剤やインスリンの使用状況 ・いつもの食事摂取量 ・意識レベル ・病識(低血糖を起こすリスクの把握や低血糖症状) 低血糖を起こすリスクがある患者は、日ごろからこのようなことを観察しておくと、万が一低血糖を起こした時でも、すぐに気づくことができますし、適切な対処をすることができるのです。 4、低血糖の看護計画・対処法 低血糖を起こすリスクがある患者には、「血糖不安定リスク状態」で看護計画を立てて、看護介入をしていきましょう。 糖尿病患者の血糖不安定リスク状態の看護計画の一例をご紹介します。 看護目標 ・低血糖を起こさない ・血糖値が変動しない ・低血糖のリスクや症状を理解できる OP(観察項目) ・倦怠感や冷や汗、震え、動悸等の低血糖症状の有無 ・バイタルサイン ・食前・食後の血糖値 ・血液検査のデータ ・食事摂取量 ・間食の有無 ・病識 ・体重の増減 ・ストレスの有無 ・運動量 TP(ケア項目) ・指示通りの血糖値測定 ・確実な内服薬、インスリンの投与 ・低血糖時の医師の指示の施行 EP(教育項目) ・シックデイの時の対処の説明 ・インスリン自己注射の指導 ・低血糖のリスクの説明 ・低血糖の症状の説明 ・低血糖の症状が出たら、すぐに伝えてもらうように指導する ・食事量や運動量と血糖値の関係の説明 低血糖を起こしている患者がいたら、まずはドクターへ報告しましょう。 低血糖を起こすリスクが高い患者には、すでに指示が出ていることもあります。 報告後は指示に従って、指示通りにケアを行うのですが、入院中に低血糖を起こした患者には、基本的にブドウ糖を10gを摂取してもらいます。 ブドウ糖は飴やチョコレートに比べて、すぐに血糖値を上げる作用があるので、臨床現場ではよく用いられます。 低血糖を起こした場合、意識がある患者はブドウ糖を経口摂取できますが、意識がない患者は経口摂取ができませんので、50%ブドウ糖液20ml静注します。 50%ブドウ糖液20mlは、ブドウ糖が10g含まれていますので、経口摂取するのと同じだけのブドウ糖を摂取できるのです。 ブドウ糖を投与した後は、症状の変化を観察し、10分後に血糖値を測定しましょう。 ブドウ糖を投与しても、症状の改善・血糖値上昇が見られない場合は、再度医師に報告して、指示を仰いでください。 5、低血糖の予防方法 低血糖を予防するためには、低血糖を起こすリスクがある患者に、次のことを指導しましょう。 ・血糖降下剤の正しい内服方法 ・インスリンの自己注射の正しいやり方 ・シックデイに関する約束を守る ・食前や空腹時に運動をしない ・空腹時の入浴を避ける ・糖尿病連携手帳を持ち歩く ・ブドウ糖や飴などを持ち歩く 退院指導の際は、これらのことを指導することで、退院後の低血糖を予防することができます。 低血糖を起こす人は、血糖降下剤やインスリンの量を自分で調整したり、血糖値を見て、食事量を調節したりしますので、自己判断での調節は絶対に止めるように指導してください。 また、体調不良時の血糖降下剤やインスリン注射の対処法も、退院前にはもう一度確認して、必ず守るように指導して下さい。 まとめ 低血糖の基礎知識や症状、看護観察のポイント、看護計画・対処法、予防法をまとめました。 低血糖を起こした患者を発見したら、看護師は慌てずに、医師に報告すると同時に、ブドウ糖を用意して投与するようにしましょう。 また、患者が退院する時には、退院後に低血糖を起こさないように、低血糖の予防法を指導してください。 この時には、患者だけでなく家族にも一緒に指導すると良いでしょう。 jdepo.

次の