カメラ ストラップ 作り方。 簡易版!デジタル一眼レフ用ストラップ接続部の作り方: カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

カメラストラップの付け方とおすすめのストラップ。

カメラ ストラップ 作り方

事の始まり 日々深まる冬の寒さのため部屋に籠もることが多くなり、以前にも増して運動不足を感じ始めた11月某日。 夕方にウォーキングを始めるためハンディライトを購入しました。 手元に届いたライトはレビューの通り良いもので 発注してから 3週間後に届いた 以外はなんの不満もない製品でした。 お店からの発送でなく 「中国の倉庫からダイレクトに船便にてお届け」といったトラップを踏んでしまったようです。 oO え?海外からの荷物って・・・ ヤダ・・・なにこれ? 中身を思い出すまでの間、開封することを恐れ、 小包の状態のまま数日放置。 そんなエピソードが追加された思い出深いLEDライト。 持ち歩き用の「ストラップ」を探しましたが手頃な物が見つからなかったので 「パラコード」で自作することにしました。 手芸店にて「700円〜1,800円」ほどで入手可能。 「芯材」の作り方 手始めにストラップに必要な寸法を決めて芯材となるパラコードを切ります。 あると便利な「ZIPPOライター」 早速切り取った部分をフォーセップで挟み、左右の先端がドロドロのガラス状に溶けるまでライターで炙ります。 「カラビナ」に芯材を写真のように巻き付けます。 「溶かしてくっつけた箇所」をカラビナの根本に近づけるように調整すると完成時の仕上がりが綺麗になります。 短いストラップに対して意外と「長ッ!! 」と思われがちですが、ここでケチると最後の編み込みで泣くハメになるので 「ギリギリより余ってしまう」くらいの気持ちでカットしてください。 手順の説明 【01】 写真のように芯材とカラビナが繋がっている部分にコードを通します。 【02】 オレンジの線が「芯材」 赤色のラインと 緑のラインで示したコードを交互に編んでください。 【03】 編んだ後は軽く結んで調整。 「ギュッッ!!」と絞るのではなく、少し 「トントン」とするくらいの強さで締めていきます。 【04】 【02】〜【03】を順番に繰り返していきます。 【05】 ある程度慣れてくれば、あとは延々と流れ作業。 頭で考えながら編むよりも、体で覚えていった方が作業効率は上がるため何度も行いたい行程です。 途中で編み目を確認して 「異なるパターン」がないかどうかをチェックしてください。 先端に必要な「輪っか」の大きさを決めて、不要になった箇所を2cmほど残してカット。 両方の先端をライターにて炙り、 フォーセップでつまんで平らにします。 写真の箇所にフォーセップの先端をねじ込んで隙間を作り、 先端(ピンク色)をつまんで隙間(黄色)に通します。 これを先端が隠れるまで続けます。 隙間に「3つ」くらい通せば抜けることはそんなにありません。 仮に解けたとしても修正が簡単に行えるのでこの気楽に行ってください。 編み作業開始から約15分ほどで完成。 ライトに取り付けてみた図。 ハードな形状よく似合っています。 手首に巻き付けるくらいの長さに変更してカラビナを根本のループに固定することで、 落下防止のブレスレットになるよう組み直してみました。 今回ご紹介した「コブラステッチ」はパラコードストラップ(ブレスレット)の基本的な編み方です。

次の

カメラストラップの作り方!真似したいオシャレ&かわいいDIYアイデア集

カメラ ストラップ 作り方

完成写真 完成形はこんな感じです。 最初に細いストラップを作ってみたのですがちょっと味気なかったので、持ち手を太くしてタグのような形にしてみました。 使う革の量は少量なので、上手くすれば端切れで出来ます。 写真のストラップも、背景の手帳カバーの余りで作りました。 作り方ダイジェスト 作り方が長くなるので、まずは簡単にパーツ構成と構造を説明します。 ストラップは5つの革パーツと金属製アジャスター、補強用のカシメ 上下 の7パーツで出来ています。 まず太い革に補強用の革をはさみ、そこに空いているスリットに細い革を通します。 細い革を重ねてカシメで外れないように補強し、細い帯状の革でカシメを隠しています。 構造はこんな感じだよ。 それじゃあ、実際に作ってみよう! 革パーツ作り。 まずは5つの革パーツをそれぞれ作っていきます。 革のカット 定規をあてて、銀面 表側 からカッターで切ります。 幅はお好み 私のは細い方は1. 1cm、太い方は2. 5cmくらい で、長さも手のサイズに合わせて調整します 2枚とも35cm前後。 サイズの決め方は最後にご紹介します。 なるべく端から端まで一気にカッターの刃をすべらせて、何度かに分けて少しずつ深く切っていくと綺麗に仕上がります。 無ければカッターでも切れます。 穴あけ 最後の方でカシメをはめるのですが、先にその部分の穴を空けていきます。 穴を空けるのにはポンチとトンカチを使います。 カシメをはめるのは細い方の革。 穴の位置を調整し、2箇所空けます。 カシメ用の穴は、カシメの2つのパーツのうち足の長い方 細い方 がぴったり入るサイズを選んでください。 大きすぎるとカシメを留めた時にゆるくなってしまうので要注意です! スリット穴空け スリットは、太い革の左右の2箇所と、補強用の革の計3箇所に空けます。 まず、ポンチでスリットの両端に穴を空けます。 その穴同士を繋げるように、カッターで直線部分を切ります。 こんな感じで、端っこが銀面 革の表側 だけになるくらい薄くなればgood! 2枚とも鋤けたかな? これで革パーツが全部揃ったよ! 革の床・コバ磨き パーツ同士を組み立てる前に、平面の状態の方が磨きやすい部分を磨いていきます。 磨くのは、革の床面 裏側 とコバ 側面 の毛羽立っている部分です。 トコノールなど革用の磨き剤を使います。 床面磨き まず床面にトコノールを塗って、半乾きのうちにガラス板などの固い平らな面で磨きます。 私は木製のへり磨きの底面で磨きました。 コバ 側面 磨き 綿棒や指先で、トコノールを塗ります。 銀面 表側 につくと染みになるので、なるべく付かないように注意してください。 トコノールが半乾きになったら、帆布などの布を綺麗に折りたたんで面を作って磨きます。 摩擦熱でトコノールを定着させるイメージで、素早く優しく磨くことがコツ。 表が済んだら今度は裏を向けてから再度側面を磨きます。 裏返して磨くことで、床面の角の毛羽立ちも綺麗になります。 穴の中を磨く 布で磨けない小さな隙間は爪楊枝など細い棒で磨くと磨きやすいです。 革同士が重なる部分は、後で接着してから磨いた方が綺麗に仕上がるよ! 後で合図するね。 一般的なノリと違って両面タイプなので、貼り合わせる素材の両方に塗ります。 はみ出しがシミになりやすいので気をつけて下さい。 まず、太い革の一方と、補強用の革にゴムボンドを塗ります。 ヘラで伸ばす時に爪楊枝があると、ノリが手に付かず便利です。 両方の接着面に塗るのをお忘れなく。 ボンドが手にベトベト着かなくなったら、パーツ同士を貼り合わせて圧着します。 同じように太い革のもう片方と、補強パーツ同士も接着。 接着する際はカシメ用の穴が重なるようにしてくださいね。 カシメ打ち ゴムボンドだけでは心許ないので、念の為カシメで固定します。 カシメは足の長い方を下、短い方を上にして、革を挟んでとめます。 カシメを固定するには、カシメ打ちと打ち台、トンカチを使います。 こんな風にそれぞれの凹みにカシメをあわせて、トンカチで叩きます。 カシメが回らなくなるまでたたいたらOKです。 カシメを隠す カシメを隠すのとタグっぽさを更に出すために、細い帯状の革でカシメの周りを覆います。 金属にはゴムボンドは付かないので革の部分にだけ付けて固定します。 アジャスターの取り付け カメラ側の革にアジャスターを取り付けます。 カメラに取り付けた後、革の端が遊ぶようだったら、余っているもう1枚の細くて短い革を使って固定します。 お疲れさま!これで完成だよ。 材料 今回使った材料のおさらいです。 全て一箇所で済ませたい場合、新宿オカダヤなど大型手芸店で揃えられます。 革 長さ40cm、幅は5cm位あるとgood. 私は以前、浅草橋ので購入した「栃木レザー」1. 6mm厚の余りを使いました。 カシメ 固定に使う金属パーツです。 20セット入り100円くらいで、100均で売ってたりもします。 大抵レザークラフト用品店や手芸用品店で買えます。 アジャスター 10〜12mm幅用 こちらは固定&長さ調節に使います。 このくらい小さな規格は手に入りづらいようなので、元々カメラに付属しているストラップのパーツを流用するのが早そうです。 ちなみに今回使ったシルバーのアジャスター 12mm幅用 は新宿オカダヤで買いました。 カッターマット 革を切るのと、カシメを叩く時に敷いて使います。 トンカチ カシメをはめるのに使います。 叩ければOKです。 ポンチ こちらもカシメをはめる時に使う、穴をあける道具。 スリットを空けるのにも使いましたね。 それぞれ適したサイズを使ってください。 トコノール 又はCMC 革の床面 裏側 や切れ端をツルツルにする磨き剤です。 各社から異なる名前の商品が出ていて、それぞれ仕上がりが少し違います。 今回はトコノールを使いました。 ウッドスリッカー へり磨き 革の床面 裏側 を磨くのに使いました。 平たいもの、棒状のもの、幾つか形があります。 コバ 側面 磨きも出来ますが、個人的に帆布を使った仕上りが好きなので今回はコバには使っていません。 帆布 コバ磨きに使いました。 布の厚みにもよりますが、5cm四方くらいあれば十分です。 革包丁 別たち 革の角を切ったり鋤くのに便利です。 カッターで有名なオルファの「別たち」は革包丁よりも安くて気軽に使えます。 カシメ打ちと打ち台 カシメをはめる時にこの2つを使うと綺麗に簡単に出来ます。 今時100均でも売っているそう。 でも無くてもなんとかなります。 ゴムボンド 革同士をくっつけるのに使いました。 ヘラと爪楊枝があると塗りやすいです。 長さの決め方 自分の手に丁度良い長さを決めるために、革を購入する前に紙で試作を作るのがオススメです。 革の色や種類は勿論ですが、太さや形を変えるだけでも結構雰囲気が変わりますよね。 強度について 強度は市販品の素材を調べて参考にして、 怪しい部分だけサンプルを作って実験してみました。 今回は太い革にスリットを空けて細い革を通す部分の強度が心配だったので、写真はその部分の試作です。 カメラなんて落としたらシャレになりませんよね・・今回の作り方も、素材やカメラの重さなどによって強度がもっと必要な場合もあると思うのでご注意を。 まとめ 縫わずに作れるので、手間がかかるレザークラフトとしてはお手軽に、でもしっかりした作りのストラップが出来ました!レザークラフトが初めての場合は、最初から製品のように綺麗に仕上げるのは難しいです。 ただ経年変化を楽しめる素材なので、それを味として捉えることも出来ます。

次の

登山ロープでカメラストラップを自作!

カメラ ストラップ 作り方

新着情報 Twitterで最新情報をお届け — 一眼レフ対応のレザーストラップ オリジナルのカメラストラップで大きめの一眼レフカメラに対応出来て長めの斜めがけにも出来るストラップを作る事にしました。 市販の斜めがけ出来るレザーストラップも試したものの調整用の金具などが多かったので、シンプルに革を切りっぱなしで長さを固定して軽量なカメラストラップにする事にしました。 型紙から実際のカメラストラップの作り方を含めて書いていきます。 斜めがけ出来るようにするには身長にもよりますが、ストラップの長さは110cm以上は欲しいとことです。 最近は女性向けやおしゃれな幅広ストラップなどで斜めがけも出来る長めの物が増えましたが、やはり調整用の金具などで見た目より重さを感じてしまいます。 ここでは一眼レフカメラにも対応が出来るように幅は太めでありながら調整用の金具類のない軽量なストラップを目指して作っていきます。 — ストラップリングガード 以前作ったコンパクトカメラ用ストラップは端のリングだけのシンプルな作りでしたが、貴重なカメラを使用する事も考えてストラップリングガード付きにする事にしました。 これは市販の物であるように別体でつけてもよいのですが、ストラップリングガード一体型として設計する事にします。 前回作ったコンパクトカメラ用レザーストラップ — 型紙を用意する コンピュータ書いた型紙をプリントして使用します。 手書きでもよいですが、データ化しておいた方が修正がしやすいです。 今回はストラップリングガードも必要なので忘れずにデザインします。 自作ストラップでは作るたびに小修正をしますし、そのまま革を切っても問題ないレベルに出来上がりかつ短時間で完成するので、型紙には厚紙をせずプリントした紙をそのまま型紙として使用します。 用意した型紙 ストラップリングガードです — 仮組みをする 型紙をプリントした紙をデザインナイフなどで切り抜きます。 この仮組みはデザインと長さなどの確認用で革を切り取る次の工程では使わないので、それほど綺麗に切り抜かなくても大丈夫です。 組み立てたら実際に使用するカメラに取り付けて長さなどが適当かを確認します。 この時に実際に使用するリングも取り付けるとより確実に確認が出来ます。 ストラップリングガードも組み立てます — 型紙を切り抜く 実際に革を切り抜くための型紙を作成します。 革に型紙を貼り型紙と共に直接革を切り取るので、ここでは少し余白を余らせて紙を切り抜きます。 余白を取って切り抜きます ストラップ部分は長いので糊で繋げ1本にします — 革を用意する 革はアウトレットで手に入れた物を使用する事にしました。 切れ端ですがカメラやギターのストラップにするのに十分な長さです。 レザークラフト用語で革の表面を 銀面、裏面を 床面(トコ)、切断面を コバと言いますので覚えておきましょう。 用意した革は表面(銀面)がグレー、裏面(トコ)が赤っぽく革自体も軟や書く見た目も格好よいです。 用意したレザー — 革に貼り付ける 革の表面(銀面)に先程組み立てた型紙を直接貼り付けます。 貼り付けるにはのりテープを使用すると後で汚れも付きづらく剥がしやすいので便利です。 この時に革が曲がらないように真っ直ぐにしておきましょう。 のりテープで型紙を貼り付けていきます 型紙を革の表面(銀面)に貼り付けました — 革を切る用意 革を切り取るには別たち(たちナイフ)と呼ばれる革を切る専用のナイフを使用します。 長い直線部分を切るために金属定規も用意します。 たちナイフと金属定規を使用します — 革を切り抜く ストラップの直線部分は金属定規をあてて一気に切り抜きます。 カーブ部分は丁寧に線からズレないように切り抜きましょう。 切断面(コバ)の仕上げの段階でかなりの修正が可能なので切り直したりせず一気に切ってしまいましょう。 少し曲がったところなどをナイフなどで切り直すとより目立つようになってしまうので、細かい事は気にしないくらいの感覚で進めましょう。 もし完全に同じ物をきっちりと切り抜きたい場合は通常通り厚紙で型紙を作るとよいでしょう。 これはハトメ(カシメ)を打つための穴をあけるための道具ですが、革のくびれ部分や横に長い穴をあけるためにも使用出来ます。 サイズ別にハトメ抜きを用意します — くびれ部分を切り抜く ストラップのリングを取り付ける部分はリングの動きがよくなるようにくびれさせます。 これを綺麗に切り抜くにはハトメ抜きで半円を開けて角の部分をたちナイフやデザインナイフなどで切り落とします。 ここは折り返してリングとストラップリングガードが付くので完成後はそれほど見えません。 ハトメ抜きで半円の穴をあけました くびれ部分を切り抜きました — ストラップリングガードを切り抜く ストラップリングガードは小さいので直線部分をたちナイフで切っておいてカーブの部分だけを後から切り抜きます。 角の部分が若干尖っていても仕上げで丸められますので、時間を掛けすぎずにどんどんすすめましょう。 ストラップリングガードになる部分です — 横長の穴をあける ストラップリングガードには各2つの横長の穴を開ける必要があります。 まず横長の穴の両端をハトメ抜きで丸い穴をあけ、その2つの穴をナイフなどで切り抜いて繋げます。 この横長の穴も後ほど仕上げの処理をするので毛羽立った状態でも大丈夫です。 2種類のハトメ抜きを使用します まず両端に穴をあけます — 穴を繋げる ストラップリングガードにあけた穴をデザインナイフなどで繋げて横長の穴にします。 これで両端は綺麗な半円になり見た目もよくなります。 この横長の穴も実際にはストラップが通り、カメラのストラップ取り付けの金具が通るので使用時にはほとんど見えなくなります。 穴を繋げて横長の穴にしました 型紙を剥がしました — 縫う部分に印をつける 目打ちや千枚通しで縫う部分をけがいて痕をつけます。 これで型紙をはがしても菱目打ちで穴をあけて糸を縫う場所がわかります。 千枚通しで縫う部分に印をつけます 縫う部分が革の表面(銀面)につきました — 仕上げの準備 ストラップ本体とストラップリングガードを切り抜いたらナイフなどを使用する工程は終了です。 ここから革の仕上げ処理をしていきます。 全ての革のパーツの切り抜きが終わりました.

次の