部屋 を 片付け たい。 部屋を片付けたい時の8つのポイント

部屋を片付けたい!服で溢れてしまう部屋を綺麗に保つ方法

部屋 を 片付け たい

汚部屋から脱出した方の経験では、特に重大な出来事がなくても「片付けよう!」という気持ちになることがあるようです。 親に泣かれても、彼氏に愛想をつかされても片付けることができなかったのに、突然閃いて片づけを始めたとのことです。 そして、1カ月後にはきれいなお部屋にすることができたと言っています。 今、汚部屋からどうすれば脱出できるのかと悩んでいても、片付けようと決めることができれば、汚部屋からの脱出はできるということですね。 汚部屋になる人は、失恋などのショックで何もする気持が起きなくなって、ふと気づくとゴミで一杯になっていたという方もいるようです。 性格的には内向的で繊細な方が多いとも言われていますから、精神的な落ち込みから汚部屋になってしまうということが多いのではないでしょうか。 このほかでは、「ちょっと散らかっているけれどもまだ大丈夫だろう」「年末にまとめてしよう」と思っている間に手が付けられなくなったという経験を持つ方がいます。 どのようなことが原因でも、お部屋は先にご紹介したように、きれいにすると決めることができれば解決できますので、諦めずにきれいなお部屋を目指しましょう。 汚部屋を1日できれいにするということは、難しいかもしれません。 そのような時、きれいにするという気持ちが折れそうになることがあります。 もしも、くじけそうになった時は、親や友人の手を借りるのもいいのではないでしょうか。 汚部屋をきれいにした方のお話では、「この汚部屋をなんとかしたら、人生が変わる」という思いで頑張ったそうです。 あなたの意気込みと、きれいになりつつある部屋を見れば、協力してくれる方も出てくるでしょう。 汚部屋から脱出できると、気持ちに余裕ができるそうです。 部屋がゴミで一杯のころは、落ち着かず、いつもイライラして、切羽詰まった気持ちになっていたともおっしゃっています。 さらに、部屋がきれいになると、自炊ができるようになって、ダイエットもできたというおまけもあったそうです。 汚部屋では細菌が繁殖しやすくなります。 この原因の多くは食べ残しといわれています。 「食べ物だけを気をつけている」という方でも、物が多いので一度見失ってしまうと食べ残しが見つけにくくなる可能性が高くなります。 食べ残しが原因の臭いは悪臭となることが多く、部屋の中だけでしたらいいのですが、近隣に臭いが漏れるようになると、苦情が寄せられる可能性があります。 臭いは、小さな粒子といわれていて、天井や室内の壁などにも付着するとされています。 臭いが気になるという程度でしたら、消臭剤で消すこともできますが、臭いが天井や壁についてしまうと消臭剤では臭いを取り除くことができなくなり、専門家の手を借りなければいけなくなるといわれています。

次の

片付けアプリで部屋をキレイにしたい!使えるアプリおすすめは?|クセになる お片付けのコツ

部屋 を 片付け たい

部屋中服だらけ…服を片付けられない原因 人の事は批判できない。 私も部屋の片付けが下手で、服が自分の部屋に散らかったまま。 家族と同居している方は、「お部屋、さっさと片付けなさい」なんて、日々の生活の中で言われているかもしれませんね。 服が片付けられない原因は、人によって違うと思います。 ある方は、一人暮らしをしている時、どうしても服の整理整頓ができなかった原因は、節約しすぎて、服を収納する道具が無かった事が原因だと感じていました。 コートはやはりハンガーラックなどがあった方が楽によりお部屋を綺麗に魅せれる収納道具になります。 それも無いと、服をどうやって収納すれば良いのか、手段がありません。 あなたも同じ事を感じますか? もしくは、服がありすぎるのも原因です。 これはいつか着る、これは友達から貰ったお洋服。 どんどん増えると、綺麗に整理整頓は不可能になります。 服の数のバランスを取るのも、部屋にどれだけ一体感をもたせ、綺麗に見せるのか、コツになります。 もしかしたら、あなたが持っている服の数が多すぎるのかもしれません。 服で溢れた部屋を片付けるためにまずしたいこと 服を大切にしている方にとっては、厳しい決断を迫られる事になります。 お部屋が服で溢れている状態から脱出したいのなら、まずしなくてはいけない一歩は、「着ない服は捨てる」ことです。 きっと、あなたの手元には、若い頃はよく着たけど、今は着ない服、お友達から貰った服、お友達があなたの為に作ってくれた服など、「これ実は着てないんだよね」という服があると思います。 中でも、今着てない服は捨てても全く問題ありません。 とにかく、お部屋を綺麗にするには、服の量を減らす必要があります。 捨てるという決断をして、実際、捨てましょう。 そうやって、あなたが今持っている服の中でも、捨てれる服は必ずあります。 どんどん捨てて、収納すべき服だけを手元に残します これで、あなたのお部屋を綺麗にする準備、使いようによっては、お部屋のインテリアにもなる服の量のバランスを取ることができます。 一旦捨ててみたら、案外心もスッキリすると思います。 部屋を片付けしやすくする服の数と服を捨てるタイミング お部屋の服の数を調整するのに、どれくらいの量の服を部屋に置き、服がどんな状態になったら捨てるべきなのか、目安が知りたいですよね? 服の数は、あなたが決めても問題ないと思います。 ただ、多いとお部屋を整理整頓するのは難しくなるので、全て、5着以下にする事をお薦めします。 それ以上あると、どんなにお洋服を整理整頓する努力をしても、元の量が多いので、お部屋は綺麗にはなりません。 セーターも最高5枚まで、ジャケットも最高5枚までと最高の数はそれを超えないことです。 また、靴下も日常的によく使用します。 よっぽど気に入った物でもない限り、「もう少しで穴が空きそう」というくらいで捨てるのがベストです。 靴下の素材が薄くなってきたらサインです。 あっさり捨てて、新しい靴下を買うべきです。 部屋に服の置き場所を作ってあげることで片付けやすい部屋になる お部屋が服で散らかったいる方の問題点は、服を置く場所が無い事も考えられます。 クローゼットなど、服専用の収納場所があり、そのスペースに収納できる分だけの服の量があれば、お部屋はそれ程、服は散らかりません。 部屋が服で散らかったいる方は、その収納スペースも無いと思います。 まずは収納スペースを作り、その服を収納するスペースに入る量の服に調節しましょう。 それで、あなたのお部屋の服の収納の問題は解決されます。 服に関していえば、服を洗って、畳むだけではお部屋は片付きません。 クローゼットやハンガーラックの様な家具、道具はやはり必要です。 お部屋を綺麗にする際は、その家具を置くスペースを確保しましょう。 そして、その収納に入れる量の服に調節する事です。 クローゼットの様な、収納アイテムなしで部屋にある服を片付けるのも難しいです。 インテリアにもなりますし、服の置き場にもなります。 収納アイテムと服の量のバランスを保って、片付けやすいお部屋にしましょう。 服を収納する時はたたみ方にも一工夫を 好きな男性がいて、あなたのお部屋に招く時、服も綺麗に畳まれた、しっかりと片付けがされているお部屋に整えたいです。 ここぞというばかりに、意中の男性から「毎日しっかりと家事をこなしているんだね」と好評価を得る為に、服のたたみ方に少し工夫をしましょう。 女性の方でオシャレの為にストッキングを何足も持っている方、いますよね?ストッキングも袋から出したら、収納するのがなかなか難しい服のアイテムです。 でも、まず、縦に折り、それから腰から足の先の部分に向けて丸く折っていくと、可愛らしいサイズになります。 見た目もクルクルしていて可愛らしい物になりますから、ストッキングに関してはその様にクローゼットなどに収納しましょう。 工夫次第で、服の片付けも楽しくなります。 あなたの女性らしさを上手に表現しましょう。 服が散らかっているお部屋をどう片付けるか、いくつかの提案を紹介しました。 あなたの参考にはなりましたか?まずは、服の量を調整する事、そして収納アイテムなしでお部屋を整理整頓するのは困難なので、適切な収納アイテムをお部屋に置きましょう。 服の色が薄くなったり、もう少しで穴が空きそうになったりその服を捨てるサインです。 古い服に固着する事なく、「これはもう古くなったから」と潔く捨てて、新しい服を買いましょう。 古い物がお部屋にずっとあると、お部屋は片付きません。 関連する記事• 2019. 05 部屋の中にカビ臭い臭いが充満していたら、毎日嫌な気分で生活をしなくてはなりません。 お部屋に消臭剤を置いて臭いを取り除きたいと考える人もいるのではないで[…]• 2018. 20 流行りの洋服や帽子、かわいい小物やお気に入りのアクセサリーなどで女子の部屋は物がいっぱいでしょう。 物が多くてもキチンと整理整頓されている部屋な[…]• 2019. 18 家で焼肉をする時にはホットプレートを使って楽しむ方が多いと思います。 しかし、室内で焼肉をする時に困るのが煙や臭いです。 そこで、室内で焼肉をする時の[…]• 2018. 31 畳の掃除の仕方については、絨毯やフローリングの掃除をするときよりも慎重に行う必要があります。 畳をいつも清潔に保つためにも、日頃からお手入れや掃除の[…].

次の

部屋の片付けにはコツがある!100%キレイにするポイントと注意点|関東家電リサイクル問屋 公式BLOG

部屋 を 片付け たい

思春期を迎えた中高生にとって散らかった部屋は男女共通、長年の悩みです。 その原因として、小学生から中学生、中学生から高校生と、行動範囲や勉学、学校や友人との関わりなど色々な変化起こり、それに伴って部屋の中が変化することがあげられます。 具体的には、勉強の変化、興味の対象が増える、心理的甘えや精神面の不安定さなどです。 教科が増え、教科書が増えると同時に付随する副教本や資料などが増えます。 興味の対象が増えれば、興味を持った事に関するものが増えます。 必然的に物が増え、片付ける場所が不足してしまう事態に陥ります。 また、思春期特有の自立心や反抗期から、「したくないこと」を後回しにしたり、「片付けなさい」と注意されたことに反抗してしまったり、精神的な面から片付けに至らないことが少なくありません。 このように、普段生活の中に片付けられない理由が潜んでいます。 年代別おすすめの部屋の片付け方 では、いざ部屋を片付けようと動いた時どこから手をつければ良いのか、今まで片づけを避けてきた人間にはなかなか難しい課題です。 そもそも、部屋の片付け方がわからないと困惑する人も少なくはないでしょう。 また、年代によって部屋の片付け方へのアプローチや意味合いが少しずつ違ってきます。 次に、中学生、高校生のおすすめの部屋の片付け方を紹介しましょう。 中学生にお勧めの部屋の片付け方 中学生になると、自室は成長と共によりプライベート要素の強い場所、だからこそ自分のものは自分で管理する力が必要になってきます。 それも踏まえ、部屋の片付け方の第一としてまず捨てるもの、取っておくものを自分基準で設定し取捨選択ができるようにしましょう。 具体的には、「今」自分にとって必要か、どちらか迷う、必要ではないか。 3つの基準を元に持ち物を分類してみましょう。 すると、今の生活で自分が本当に必要なものが目に見えてわかります。 片付けられないのは、自分の管理能力を超えた物量であることが考えられます。 まずはそれを適正量にすることからはじめましょう。 またそれを行うことに対して、期限を設けてみましょう。 何かをするのに期限はつきまといます。 中学生なら宿題を期限までに提出するのは当たり前です。 そうする事によって、期限を守るために「計画」を立てられるようになります。 高校生にお勧めの部屋の片付け方 高校生になると、よりやることも興味も増え、持ち物の種類も多義に渡るようになります。 学校生活で必要なものも中学生に比べて増え、靴、バック、洋服、アクセサリー、化粧品、雑誌など、お小遣いやアルバイト収入で欲しいものが買えるようになり、所持品自体が急激に増える時期です。 こうなると、物の所持品目が増えることによって物を減らすことも難しくなります。 では、どのような部屋の片付け方をすれば良いか。 散らかるのは物の置き場所が決まっていないからです。 まだ置き場所が決まっていないものの置き場所を決めましょう。 ただ単純に置く場所を決めるのではなく、「自分にとって使いやすい場所、片付けやすい場所」を考え決めることが大切です。 自分が部屋でいつもどのように過ごしているかを考え、その動きに当てはめて物の置き場所を決めれば、取り出しやすく、また片付けやすい部屋を作ることが可能です。 部屋の片付け方の順番ってあるの? いざ部屋を片付けるとなると、どこから手をつけて良いのか、部屋の片付け方が分からない。 そういう人も少なくはないのではないでしょうか。 また、一言で片付けると言っても、物を減らしたいのか、収納したいのか、見た目を美しくしたいのか、片付けの目的によって手法が全く異なってきます。 そもそも片付けに方法というものはあるのでしょうか。 部屋の片付け方にはロジカルな方法があります。 それにのっとれば、無秩序に片付けをするよりも格段に早く、気持ちの良い部屋作りができるでしょう。 下記で、部屋の片付け方の一方法についてご紹介します。 散らかる理由を考えよう 部屋が片付かないのには必ず理由があります。 物が多すぎて収納場所がない、出したものを片付けない、物が捨てられないなど、その理由を考えてみると必ず自分部屋がなぜ散らかったかが分かります。 また片付かない部屋の状態は「自分の心の鏡」とも言えます。 勉学、人間関係、部活動、親子関係、恋愛、将来など何かに悩んでいる心の状態が、散乱した部屋に現れています。 多くの人が無意識ではありますが、心と環境は非常に密接に繫がっており、部屋が散らかっている状態だと自分の心も整理できないままになってしまいます。 部屋を整え、心のバランスも整えましょう。 上手な片付け方の手順 上手な片付け方の手順をご紹介します。 3つの箱の準備と大体の予定を立てよう 上手な部屋の片付け方として、片づけを始める前に、まず3つの箱を準備してください。 部屋のものを片付ける上で、ゴミはゴミ袋にすてれば良いですが、物に関してはまず自分にとって必要か、必要ではないか、どちらか考えたい、のいずれかに選別する必要があります。 それを行うための箱を準備しておきましょう。 また、片付けはだらだらとやっていてはいつまでも片付かない傾向にあります。 手順や部屋の状況を考えて、いつまでに何をする、いつまでに終わらせると、自分の中である程度の予定を立ててから取り組みましょう。 床や机などにはみ出している物をなくす 散らかった部屋は、床、机の上、ベッドの上、下など、本来あるべきではないところに物が散乱しており、非常に汚く見えます。 部屋の片付け方として最初に、まずそれらを回収し振り分けましょう。 ゴミはゴミ袋に、物は準備した箱に、必要なもの、いらないもの、迷うものの3つに分類していきます。 散らかっている物がなくなって初めて、収納してある物を取り出し作業ができます。 そして何よりも、物がない部屋を目にすることで片づけへの意欲が向上します。 モチベーションが上がればスムーズに片付けも終わらせることができるでしょう。 収納されているものを出して、減らす 次に、チェスト、本棚、クローゼット、棚など、収納されているものを全部出し、必要なもの、必要でないものに分別しましょう。 片づけができない理由のほとんどが、物が多すぎるという問題です。 1年以上使っていない、古くなった、複数同じものがあるなど、自分の中に基準を作り、当てはまるものは潔く処分しましょう。 収納は収納量の7割が適正と言われています。 また、箱に入った「必要なもの」も収納していかなければなりません。 自分が物の存在を把握、管理できる程度まで物は減らしていきましょう。 使いやすく収納しよう 最後に、残った必要なものを全て収納していきます。 まずは、自分の部屋での動向からそれぞれが使いやすい場所を考え、定位置を決めていきましょう。 収納もただどこかに入れたら良いというわけではなく、使いやすい収納、デットスペースを作らない収納など考えながら収納しなければなりません。 押入れやクローゼットの中に棚やラック、収納ボックスを入れて機能的な収納を考えたり、引き出しの中に仕切りを作って細かいものを収納するなど、工夫もしてみましょう。 ここまでが上手な部屋の片付け方の基本です。 綺麗な自室をしっかりと記憶し、もしこれが崩れそうになったら、習得した部屋の片付け方をまた一から実践すれば再び綺麗な部屋を取り戻すことができます。 また、一旦収納したものも、趣味や生活スタイルが変われば物量や種類も変化していきます、それに合わせて自分なりの部屋の片付け方のルールを作り管理をしていきましょう。 収納のコツとは 片付け方にも手順やコツがあるように、収納にもあります。 より上手い収納であると、使うのも片付けもスムーズで、綺麗な部屋をキープできます。 ここでは、部屋の片付け方の中でもよくあがる悩みについて、コツを紹介して行きましょう。 服の収納のコツとは 服は種類や目的がハッキリしているため片付けがしやすいものでありながら、すぐに溢れてしまう物でもあります。 溢れてしまう原因としてはやはり増えすぎが考えられ、また収納の仕方にも問題がでやすい場所でもあります。 まずは、部屋の片付け方と同じように全部取り出し、必要なもの、いらないものに分けます。 その後、制服、ジャージ、ニット、Tシャツ、パンツ、スカートなど、自分の決めたカテゴリー別に服を分別してみましょう。 制服やジャケット、ニットなど、畳めない物や型崩れが気になるものはハンガーにかけて収納しましょう。 また、ハンガーは同じ種類の滑らないハンガーなど薄型のものを利用すると収納しやすく、スペースが有効に使えます。 棚や引き出しへの収納は、使いやすい高さのところによく使うもの、引き出しなら下段、棚であれば上段にあまり使わないものを入れていくなど、物の使用頻度によって収納場所考えると良いでしょう。 物があふれる部屋を片付けるコツとは 最近は「断捨離」という言葉がよく聞かれますが、「不要なものを減らし、生活に調和をもたらそう」という思想が原点です。 この言葉、物を捨てる事というイメージがあるのですが、実は自分にとって大切なものを選ぶというもので、これは物が多い人が部屋の片付け方をイメージする際に取り入れてほしい思想です。 物を減らす際には、今自分に必要なもの、今要らないものをまず選択しますが、そのあとさらに必要なものの中からこれからも自分に必要なものを選び抜くことが一番重要なポイントです。 ただ単に物を減らす事だけを考えて取り組むのではなく、今とこれからの自分を考えて物を選ぶ素養を付けることによって、物事を選び抜く力がつき、物をコントロールすることと共に、物を何通りにも生かす方法を考えられるようになります。 生活力の向上は精神の安定にもなり、無駄買いもなくなります。 片付けは部屋を美しくし心も整えてくれるものである 以上、部屋の片付け方について方法やコツを紹介しました。 部屋の片付け方はこれ以外にも方法はありますが、どの方法も基本は「自分が管理できる物量をキープすること」です。 一旦片づけて綺麗になった部屋でも、どんどん物が増えていけばまた同じ事を繰り返すでしょう。 1つ物が増えたら、必ず1つ物を減らすこと。 また、購入前にそれはどこに収納できるか、はたまた本当に今必要なものなのか、今一度考えてみましょう。 そうすることで、購買欲の抑制と共に、無駄遣いも減っていきます。 物の管理はお金の管理にも繫がります。 部屋の美しさは、気持ちの良い毎日をもたらしてくれます。 心の健康、豊かさのためにも、ぜひこの部屋の片付け方を読んだ後片付けに取り組んでみましょう。

次の