エーデルガルト 支援。 エーデルガルト=フォン=フレスベルグ (えーでるがるとふぉんふれすべるぐ)とは【ピクシブ百科事典】

エーデルガルト

エーデルガルト 支援

支援値・支援レベルは2キャラクター間で共有するパラメータ。 支援レベルが上がると戦闘で様々な効果が発動する。 支援レベルが上がるごとに支援会話(イベント)を見ることができる。 支援値の獲得手段• 会話の選択肢• 散策中の「食事」• 散策中の「料理」• 散策中の「合唱練習」• 散策中の「教員研修」• 散策中の「お茶会」• 散策中の「贈り物」• 散策中の「落とし物」• 散策中の「入浴」• 誕生日のプレゼント(お花)• 支援会話• 個別指導• 戦闘中の各種行動 相性補正• 主人公を含まない各キャラ間の支援値は獲得時に補正が掛かる。 後述の「相性表」の補正を最後に掛ける。 75倍• 90倍• 05倍 支援レベルと必要支援値 会話の選択肢• ハートが出なかった場合は0 投書• 基礎値:300• 得意補正:得意なら「2」不得意なら「0. 特別な条件:日付で固定されているもの。 教員研修• 食事で獲得できる支援値には複数の要素が影響します。 参加しているキャラクターの得意・不得意。 日付(イベント)に固定された特別な補正。 不得意:0• 普通:1• 得意:2• イベント:1• 評価値は食事に参加したキャラクターの合計 評価値 0-1 2 3 4-5 6 今日のメニュー 0 50 100 150 300 オーダーメニュー 0 100 200 300 600• 評価値に応じた支援値を主人公を含む3人が獲得• オーダーメニューは今日のメニューの2倍 お茶会で獲得できる支援値• お茶会に誘うには支援レベルC以上になる必要がある。 誘った時に断られることもある。 判定はコマンド選択時でセーブロードでやり直せる。 お茶会で獲得できる支援値は盛り上がりで変化する。 お茶選び• 選択肢1回目• 選択肢2回目• 選択肢3回目• 選択肢4回目• これら5回の内に4回キャラクターが喜ぶ選択肢を選ぶとPERFECTになる。 選択肢については「」のページに正解をまとめています。 お茶会中の贈り物• お茶会でPERFECTを出すと贈り物を渡すことができる。 戦闘中に獲得できる支援値• 戦闘中もハートが出た場合は支援値を獲得できる。 散策中に獲得できる経験値と比べて少ないのが特徴。 副官に設定したキャラクターはあまり支援値を獲得できないので、課題協力で選んだキャラクターはユニットとして配置するのが良い。 基礎値:50• キル補正:敵を倒した場合は「2」それ以外は「1」• 連携補正:? 副官補正は「いつハートが出るのか?」がはっきりしていないのでもう少し上がるかもしれません。 主人公が7回攻撃を仕掛けて200未満だったのを確認したので、効率が悪いのは確かです。

次の

【紅花の章】特定ユニットでの「戦闘会話」を集めました【FE風花雪月】

エーデルガルト 支援

ここの選択肢で、離脱するキャラとストーリーが変化するため、慎重に行動しよう。 また、話しかけないと強制的に教団ルートとなる。 行動を消費してから話しかけるのがおすすめ 選択肢を選んだ後は、 強制で週が進行する。 あらかじめやっておきたいことを済ませた上でエーデルガルトに話しかけよう。 強制的に教団ルートとなってしまうため、帝国ルートへ進む場合はエーデルガルトの支援値をこまめに確認しておくこと。 課題出撃後に選択肢発生 エーデルガルトとの会話で「付き合う」を選択していると、2月課題出撃後の選択肢が増える。 選択しだいで、 帝国ルートと教団ルートにそれぞれ分岐する仕様だ。 これで全てとは限りません。 持ち物と職も消える キャラが離脱する際、所持しているアイテムや職も消えてしまう。 踊り子なども例外ではないため、注意すること。 ファイアーエムブレム風花雪月のその他攻略記事 FE風花雪月の初心者向け記事.

次の

フェルディナント=フォン=エーギル

エーデルガルト 支援

支援C [ハンネマン] さて、午後の予定は……。 今日はただ貴方の話が聞きたくて。 特に面白い話はないと思うがね。 だが我輩は、より良い環境を求めたのだ。 一長一短であろうな。 いつか機会があれば、君に伝えよう。 この部屋に入るのは初めてではないかね。 生徒だった頃は、避けていましたから。 少し気になることはありますが。 今の貴族を貴族たらしめているのは、 紋章をその血脈に繋いでいるという事実。 我輩もすでに貴族ではない。 そう考えているのだね、君は。 我輩は君の思想に強く共感している。 そう簡単には紋章の影響は消えない。 先に謝っておきます。 どうしても納得できなくて。 君は、かろうじて生まれていたな。 だが、我輩は紋章こそが元凶と考えた。 その貴族には焦りもあったのでしょう。 犠牲者は妹一人ではない。 そのようなことを繰り返す貴族が嫌だった。 そして妹は救われる。 残念ながらそれは果たされていないがね。 それ以上は、口にしないで。 ただ前のみを見て、私たちは戦うのです。 だが、これだけは言わせてほしい。 それに、若かった頃の自分自身をも。 我輩は、君のために戦うのだと。 きっと歌劇を見に来てくれたのね。 伯父に連れられて行きました。 マヌエラ殿の歌が。 それは年齢と共に衰え、いつか失われる。 主の存在は、あたくしの心の支えよ。 片づけましょう。 まあいいわ。 きっと。 お気遣い、ありがとうございます。 実は、 貴方の言葉が心に引っ掛かっているのです。 そして同時に、あなたが思うほど弱くない。 未来へ。 あなたらしいと言えばあなたらしいけれど。 あなたよりちょっと長生きしているだけ。 あなただって、あたくしの心の支えよ。 ほら、中に入りましょ、エーデルガルト。

次の