レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー。 Bigben Interactive Limited BB

SOCCERTH อัพเดทข่าวสารวงการกีฬาฟุตบอล

レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は8月22日、Bigben Interactiveが製造する、PlayStation4オフィシャルライセンス商品『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』を、9月6日より希望小売価格17,980円+税にて国内販売することを発表した。 以下、同製品の詳細を確認していく。 本商品『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』は、 昨年7月に発売し好評を博したNaconプロコントローラー『レボリューション プロ コントローラー2』をベースに、更なる機能追加・グレードアップを図った最新モデルです。 ヨーロッパでは今年3月に発売されて以降、好評を博しており、ついに日本でも2019年9月6日(金)に発売を決定いたしました。 ヘッド部は、ヘッド形状を凹型・凸型から選択が可能となり、さらに操作性や自由度がアップしました。 グリップ部は滑り止め加工を施したエルゴノミックラバーグリップを採用し、安定性を向上いたしました。 設定した内容は、カスタムプロファイルとして最大4つまでコントローラーに保存することができます。 背面のボタンを操作することで、瞬時にプロファイルを切り替えることができるので、多様なゲームのニーズに対応可能です。 さらに、『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』では、設定の幅を更に広げると共に、設定内容をリアルタイムで確認出来るテストエリアをアプリ内に実装いたしました。 カスタムプロファイルでのプレイをワイヤレス接続でもお楽しみいただけます。 マイク付きヘッドセットを接続すれば、音声チャットもワイヤレスでお楽しみいただける他、コントローラーで音量調整やマイクのミュート操作も可能です。 しかしながら、ゲームがeスポーツという新たな時代へ突入したことにより、ゲーム性と同じく、コントローラーに対する要求も、よりシビアなものへと変わっていった。 本製品とPS4純正コントローラーの違いは、カスタマイズ性など多岐にわたるが、最大の違いは、左スティックの位置にある。 純正コントローラーで言うところの、十字ボタンと左スティックの位置が反対に配置されている。 この配置により、左スティック操作性が飛躍的に向上する。 特に、サッカーゲームにおいて、選手挙動・パスの方向・シュートの方向など、左スティックの担う役割はあまりに大きい。 eスポーツ時代を行くサッカーゲームプレイヤーのシビアな要求にも、十分応えられるコントローラーになることであろう。 , , , , , , ,• 関連記事一覧.

次の

Nacon最新モデル『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』 9月6日(金)より国内販売開始

レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー

概要 まずは外観から見て行きましょう。 外観 黒くて高級感のある箱に入っています。 観音開きですが、ここちゃんとマグネットで止まっているんですね。 開くと中からコントローラの形が! 蓋を取ってみると、、あれ、ない。 まさかの蓋に付いていました。 付属品はこんな感じになっています。 コントローラ本体の左上にあるのは重りです。 あとはキャリーケースなんかも付属しています。 なかなかにかっこいい外観です。 PS4というよりはXBox寄りのデザインですね。 表面、裏面共にマットな仕上がりになっています。 実は写真撮影時は少し使用した後なので手の油がついてしまっています。 マットでクールなイメージがある反面。 こういう汚れは目立ちやすいですね。 スティックもスタイリッシュ。 背面にはM1、M2、M3、M4と4つのパドルを搭載します。 あとはモード切替スイッチと、プロファイル切り替えボタンがあります。 スティックの芯の部分は金属でできています。 これにより磨耗を防ぎ、スティックの寿命を保ちます。 白い粉が飛ぶこともなくなるので、いいですね。 本体上部にはUSB Type-Cの穴が。 一緒に付属していたケーブルを差し込んで使用します。 ちなみに差し込むと結構カツカツです。 試しに他の種類のUSBを挿そうとトライしましたが、形状が太すぎてさせませんでした。。 持ち手部分の底側には重りを入れることができます。 専用の器具でひねって引っ張ると出てきます。 重りを自分好みに乗せることで、操作性の向上をはかります。 背面ボタンの再配置もできないので、パソコンをお持ちでない方はよく考えてから購入してください。 必ずPCでの設定が必要だと思っていただいたほうが固いです。 4つのプロファイル(設定ファイル)をコントローラーに記憶させる事ができます。 それぞれのデッドゾーン、レスポンスカーブを調整可能です。 もちろんボタンのマッピングも可能。 R2、L2の反応ポイントも指定できます。 これほど細かくソフトウェア側で操作できるのですね。 最後に「プロファイルの有効化」をクリックしてコントローラに記憶させましょう。 Scufコントローラ(Infinity4PS)と比較してみると Scufが純正形状に近いサイズをしているのに対して、Naconプロコンは少し大ぶりですね。 あとは左スティックの位置が入れ替わっています。 ナコンはXboxの配置ですね。 (スカフの経年劣化が汚くてすみません。 ) 背面パドルもそれぞれの機種に大きな違いがあります。 Naconプロコンは、こう見えても背面ボタンを4つ搭載しています。 Scufはボタンの上にパドルが乗っかっているのでパドルならどこを触っても入力できるような構造ですね。 ボタンらしいクリック感があります。 おもて面から見てもパドルの張り出し具合が違います。 ここまで比べてみるとわかりますが、背面パドルの押し易さの違いは顕著です。 個人的にはここの押しやすさはスカフに軍配があがると感じています。 二日使用した上で。 メリット・デメリット 昨日、使用したファースト・セカンドインプレッションを交えて、メリット・デメリットを上げていきたいと思います。 Naconプロコンのデメリット• 有線である• 優先接続していても、コントローラからPS4の起動ができない• 背面パドル4つの内、センター寄りの2つが非常に押しにくい• LRキーが斜めに配置されているため、人によっては手に馴染まない• スティックが柔らかいため、エイムが定まりにくい可能性も• パソコンでの設定が必須 有線である 普段皆さんも無線なのが普通だと思うので、有線であることってこんなに面倒なのか、と感じたのが第一印象です。 無線ってすごいですね。 を図らずも再確認することができました。 接続していても、PS4本体の起動ができない 地味に不便なんですよね。 コントローラから起動するのが定石ですので、わざわざ本体まで手を伸ばす必要があると。 私のように、本体が見えない場所に隠れていると、やはりそれは面倒なものです。 背面パドル4つの内、2つが非常に押しにくい この写真でいうと背面にはM2ボタンとM4ボタンがありますが、M4はまだ入力は難なくできます。 ただしM2ボタンには何かよくわからない出っ張りが存在し、クリックが非常にしにくいと感じました。 ここは改善して欲しいです。 人間の指の構造上、「他の人は大丈夫なの!?押せるの!?!?」ってレベルで押しにくいです。 LRキーが斜めに配置されているため、手に馴染まない ご覧の通り、LRキーが純正コントローラは平行なのに対して、ナコンはかなり斜めに配置されています。 私もそうですが、これが手のなじみ易さを妨害している印象です。 正直、押しにくく、ホールドしにくくなっているような印象です。 XBoxタイプとは言いつつもLR形状はかなり改良されているおつもりのようですが、、 スティックが柔らかいため、エイムが定まりにくい場合も もちろん指への負担が減るのはいいことなんですよ。 ただ、私が感じたのは、「柔らかすぎて制御が難しい」という事です。 これは先日紹介した「エイムリング」で解消できるので、なんとかなりそうですが、そのまま使う分には、純正コントローラよりかなり柔らかいので、慣れが必要です。 パソコンでの設定が必須 専用のソフトウェアで調整することは可能ですが、パソコンでないと設定ができません。 初期設定のままではボタン配置を変えることもできませんので、メリットは半減してしまいます。 最悪、漫画喫茶なんかでPCを借りることができれば、というところですが、、ゲームをプレイしながら調整するものですので、おすすめはしません。 Naconプロコンのメリット• 背面パドルの恩恵を1万円台から受けられる• プロファイル(設定ファイル)を4つまで読み込み、即座に切り替え可能• 具体的なスティックの反応速度を細かく指定可能• スティックが柔らかいため、指への負担が少ない• スティックの芯が金属製で消耗しにくい 背面パドルの恩恵を1万円台から受けられる 何度もScufを引き合いに出してしまいますが、背面パドルが一万円ちょいで使えるのはありがたいですね。 コストパフォーマンスの面で非常に優れています。 背面パドルは欲しいけど、スカフはちょっと高いなぁ、なんて思っている人にはぴったりな製品かもしれません。 とにかく同時にできることが増える、と言うのはそれだけで強いです。 金額分のメリットはこの背面パドルだけで回収できます。 プロファイル(設定ファイル)を4つまで読み込み、即座に切り替え可能 先ほども4つまで記録が可能、と書きましたが、それを即座に切り替えられるのが、便利。 ゲーム中でもボタンをクリックするだけ。 一瞬です。 プロファイル毎に、スティックの感度、トリガーの感度、ボタンの割り当てが可能ですので、プレイするゲームによって、背面パドルのボタン配置を変える、といった使い方も可能です。 しかもコントローラ前面にランプが4つついており自分が今現在どのプロファイルを使用しているのかが即座に判別できます。 これはわかりやすくてとてもありがたい配慮です。 具体的なスティックの反応速度を細かく指定可能 コールオブデューティのエイムはしっくりくるけど、レインボーシックスのエイムはしっくりこない。 こんなことありませんか?開発している会社が違うので、エイムの加速度・デッドゾーン・最高速度など、それぞれのタイトルで感覚が違うんですよね。 一秒を争うこの世界ではこのような細かい部分でプレイスキルの差が出てきたりします。 なんていうんでしょう。 このコントローラなら、レインボーシックスをコールオブデューティのようなエイム感覚でプレイ可能になると思うんです。 調整次第では。 デッドゾーンから加速度のレスポンスカーブまで。 私もまだうまく使いこなせてはいませんが、エイムの調子が悪い時は、こういったメニューで調整するのもいいかもしれません。 スティックが柔らかいため、指への負担が少ない 流石の柔らかさなので、先ほどはデメリットとしてあげたこの「スティックの柔らかさ」ですが、逆にいうと、疲れません。 スティックの芯が金属製で消耗しにくい これ、ちょっとかっこいいですよね。 普段はかなり削れてしまう部分だと思います。 ですがナコンプロコンは金属製のため、滑りが良く、且つ摩耗に強い。 消耗しにくくなるようなとても良い配慮だと感じています。 私見:酷評です。 レビューとしてはここまでです。 以下は私の意見ですが、はっきり申し上げますと私の中でこのナコンがスカフを超えることはありませんでした。 まぁ価格が全然違いますから、それは仕方ないことだと思っています。 本体形状・持ちやすさ• スティックの固さ• 背面パドルのクリック感・押しやすさ• 無線である どれをとってもScufの方が上だと感じています。 まずは持ち易さ。 Scufは純正と同じ形状なので、持ちやすいのは間違い無いと思います。 対してナコンプロコンはLRキーが斜めについています。 私は薬指でパドルを押す人なので、薬指をパドルに合わせると、どうしても人差し指を変な方向に曲げないといけないんですね。 中指でパドルを押す人は問題ありませんので、これは私個人の問題だと思います。 あとはスティックの固さです。 確かに負担がかからないのはとても素敵なのですが、柔らかすぎてぐにゃぐにゃしてしまいます。 私としてはエイムリング必須かなと言う印象。 パドルの押し易さも圧倒的Scufの大勝利です。 スカフはスカフでパドルをかなり前にせりだすようにデザインされているので言わずもがな押しやすいのは間違いないのです。 ただしナコンの背面ボタンはかなり奥まっているので、気持ち強めに押さないと反応しないような印象でした。 また、4ボタンありますが、本体中心部の2ボタンは形状のせいなのか、とても押しにくい。 実用に耐えるレベルでなかったので、私は使用していません。 あとは有線モデルであると言うこと。 ここまで無線に慣れてしまうと、有線がこんなに面倒だったのかと、驚かされます。 とにかく取り回しが面倒。 とまぁかなりの酷評をさせていただきましたが、それほどに私の印象はよくないものであったことは事実です。 「スカフは高いけどとりあえず背面パドル使いたいな」なんて人にはこのナコンのプロコンをはコスパに優れています。 そうじゃない人はスカフを買ってください。 その方が幸せになれる事を断言させていただきます。 もともと、私の考えではナコンが出ればScufは要らない子になるんじゃ無いかなと思っていました。 Scufが輸入されなくなる日がくるんだと思いましたが、全然そんなことありませんでした。 今ではScufはこれからも生き残るんだと言うことを確信しています。

次の

eスポーツ用『レボリューションアンリミテッドプロコントローラー』

レボリューション アンリミテッド プロ コントローラー

評価: 4 今回はNACONの最上位モデルである「 」のレビューを書いていきます。 以降「」と記載していきます。 先にこのコントローラーの感想を一言で書くと、 「 高品質でカスタマイズ性の高い、操作性に優れたFPS向けコントローラー!」 と感じました。 特に 操作性と品質の高さについては予想以上に良く、下位機種の「」とは大きな差が感じられます。 と言うのも「 NACON2」では純正に慣れていると操作しにくい部分が多く、設定などを細かく調整しないと使いにくい物でした。 しかし「 NACONアンリミテッド」は「 」よりも操作性に優れている部分があるので、個人的にとても使いやすかったです。 この記事では詳しいレビューや解説、おすすめ設定についても書いていくので、是非参考にして下さい。 背面では• 左右の持ち手に自由にボタンを割り当てられる背面ボタン• コントローラーに保存されている4つの設定を切り替えられるプロファイルボタン• ワイヤレスモードと有線モードを切り替えるスイッチ• PS4モードとPCモードを切り替えるスイッチ• ヘッドセット音量の調整ボタン• マイクのミュートボタン これらの操作類が付いています。 ちなみに一番右に付いている「 PS4モードとPCモードを切り替えるスイッチ」については• 1 から3種類あります。 そして1番と2番がPS4モードとなっていて以下の様な違いがあります。 1番…背面ボタンの割り当てしか変更出来ないデフォルト設定で使うモード• 2番…全てのボタンの割り当てやスティックの加速度、トリガーの設定が行えるフルカスタマイズモード この様な違いとなっているので基本的に2番で使う事が多くなると思います。 マイクミュートと音量調整 「 重りやスティックパーツが入ったケース」の中身は上の様になっています。 上側には重りが6個入っていて左から、• この重りはコントローラーの持ち手部分に入れる事が可能で、スライドする様にずらすだけで蓋を開けられます。 ちなみに一度に入れられる重りの数は左右1つずつです。 重りの下にはスティックの幅を変更できるアタッチメントが入っています。 種類は上の3種類となっていてそれぞれ2つずつです。 これについては1番太い物にすると、 金属製のエイムリングを付けている様な感覚になって、安定したエイムが寄りしやすく感じました。 ちなみに「 」と言うのは以下の様な物で、スティックにはめ込んでエイム操作の安定性を高めるアタッチメントとなっています。 良かった点! 金属製スティックで耐久性に優れる! スティックが金属製になっているので、「 」の様に削れて白い粉だらけになるという事がありません。 この白い粉は故障の原因になりやすいので、この点は耐久性に優れた作りになっていて良かったです。 太いスティックパーツは劣化しないエイムリングとして使える! 上でも書いたように 「」はスティックの太さを変える事が出来ますが、これが予想以上に優れていると感じました。 と言うのも、「 」などの様に販売されているエイムリングはゴム製になっているので、数週間使っていると劣化してきてどうしても固さが変わってしまいます。 なので定期的に買い替えなければならず買い替え直後はまた新品の固さに戻るので、 どうしても普段通りの感覚でエイムが出来ない期間が出来てしまいます。 一方このコントローラーの場合は金属製なので劣化する事も無く、コントローラーが壊れない限りずっと同じ感覚で使い続ける事が出来ます。 またエイムリングを買い続けている方は、長期的なコストを考えると 「」の方が低コストで済ませられると思います。 勿論、ゴム製エイムリングとは使い心地が異なりますが、それでも スティックの調整幅が少なくなる事によってアバウトな操作でも合わせやすくなります。 また誤って倒し過ぎると言う事も無くなるので、安定感に大きな違いが出ます。 その為、個人的にこのスティックの幅に関しては一番太い物が操作しやすく感じました。 このエイムの合わせやすさは予想以上に良かったので、実際に購入したら是非試してみて下さい。 4つの背面ボタン全てが押しやすく、誤操作もしにくい! 背面ボタンについては個人的に設置場所も良く、押し心地も良かったと感じました。 特に場所についてはコントローラーを持つと自然に指が乗る位置にあるので、直感的に素早く押しやすくなっています。 加えて押し心地も少し固めになっているので、誤操作する事もありませんでした。 なので、4つの背面ボタン全てが実用的に使いやすいコントローラーだと思います。 R2L2トリガーの反発力が強めで連射しやすい! R2L2トリガーについても操作しやすくなっており、個人的に純正よりも押しやすく感じました。 特に一番の特徴として 反発力が強い事が挙げられ、押した後に指を離せば素早く元の位置に戻ってくれます。 これのおかげで連打がかなりしやすいので、右スティックのエイム操作に集中しながらセミオート武器が連射しやすいです。 ちなみに「 」はその形状的に• R2で射撃• L2でサイト覗き込み と言う操作が前提になっています。 なので私自身は「 」の場合はR1L1操作に慣れていますが、このコントローラーにおいてはR2L2操作がしっくりきます。 なのでこのトリガーの操作性の良さは大きなメリットに感じました。 R1L1ボタンのクリック感が強く、押しやすい! R2L2トリガーだけで無くR1L1ボタンについても押しやすくなっていて、個人的に 今まで使ったコントローラーの中で最も押しやすいと感じました。 一番の特徴としてカチッとしたクリック感が強めで、しっかり押した感覚が強く指に伝わってきます。 それでいて押し心地が固く無く素早く押しやすいので、R1L1を多用しやすいFPSに特化されていると感じました。 特に 建築などで多用しやすいフォートナイトと相性が良いと思います。 人によっては気になる点! サイズが大きめ! ここまで操作性の良さを絶賛してきましたが、この点には気を付ける必要があります。 「 」と比べるとかなり大きめになっており、 他のFPS向けコントローラーと比べても大きめな部類に入ります。 特に持ち手の厚さが大きめで、これはXBOX ONEコントローラーよりも少し大きいです。 なので大きめなコントローラーが苦手な方は気を付けて下さい。 しかし私自身は手が大きい方なので「 」よりもフィット感が良く、とても使いやすく感じています。 なので 手が大きめな方にとってはとても使いやすいコントローラーになると思います。 ちなみに自分の手の大きさは以下の写真の通りです。 スポンサードリンク まとめ!• 質感がとても良い!• 4つの背面ボタン全てが使いやすい!• R2L2トリガーが連射しやすく使いやすい!• R1L1ボタンも使いやすい!• スティックが金属製で耐久性に優れる!• スティックの幅調整でエイムのしやすさが大きく変わる!• サイズが大きめなので注意が必要! この様に「 」は質感から機能面、そして操作性の全てにおいてハイレベルなFPS向けコントローラーとなっています。 特に下位機種の「」を使ったことがある人ほど、レベルの違いが強く実感できると思います。 その為、2万円前後で高品質で使いやすいコントローラーを探している人のおすすめです。 ただしサイズが大きめなので、その点には気を付けて下さい。 それでは読んで頂きありがとうございました!.

次の