ブラシ 洗い 方。 ヘアブラシの洗い方は?櫛や豚毛ブラシのほこりや汚れのお手入れ方法

シャンプーブラシの使い方&洗い方!メリット・デメリットを徹底解説!

ブラシ 洗い 方

「ヘアブラシの簡単な洗い方が知りたい」「ヘアブラシによって洗い方って変えた方がいいのかな」と思ってはいませんか? ある日ふと気がつくと、「に髪の毛やホコリがびっしり付いていて驚いた!」という経験をお持ちの方も多いですよね。 汚れたままのヘアブラシを使っていると、髪の毛に汚れを付けているような気がして気持ちが悪いですね。 さらに、場合によっては髪を傷めてしまうこともあり、ブラッシングすることでに気を使っているつもりでもヘアブラシが汚れていると逆効果になる可能性もあるんです! 今回はブラッシングを効果的に行えるようにするためのヘアブラシの簡単な洗い方やお手入れ方法をご紹介します。 1.ヘアブラシの洗い方手順【素材別】 ヘアブラシの洗い方は、ブラシの素材によって少し異なります。 清潔なヘアブラシで髪をとかすと頭皮のを髪の毛の表面に行き渡らせてコーティングさせることができ、ツヤ感もアップすると言われているので、ぜひご自分のヘアブラシを洗う際の参考にしてみてください。 「」「」「」の3つのタイプ別にヘアブラシの洗い方をご紹介します。 自分がどんなタイプのヘアブラシを使っているのかをしっかり把握して、ヘアケアの基本であるブラッシングの魅力を引き出せるようにしましょう! 1 ナイロン(プラスチック)ヘアブラシの簡単な洗い方 ナイロン(プラスチック)のヘアブラシにおすすめの洗い方は、水洗いです。 柄の部分もブラシ部分もナイロン(プラスチック)のヘアブラシは、水やシャンプーに長時間浸けておく、浸け置き洗いもできるものが多いので水洗いの手間を省きやすいと言われています。 さらに楽にヘアブラシを洗いたい方は、シャンプーを付けた髪をとかして、すすぐだけでもヘアブラシの汚れをある程度落とせると言われています。 それでは、ナイロンのヘアブラシのブラシ部分の洗い方をご紹介します。 シャンプーを入れたら、水とシャンプーが混ざるように軽くかき混ぜます。 水面が泡でうまるまで、バシャバシャと泡立てましょう。 汚れがふやけて浮いているので、振ると髪の毛などが自然に落ちてくると思います。 取れそうで取れない汚れは、手で取り除きながら落としきりましょう。 ここで、ヘアブラシにぬめりが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。 ブラシの毛先を下に向けて、タオルの上でポンポンとたたきながら水気を切ることがおすすめです。 毛先を下に向けることで残ってしまった水分が、根本部分に溜まってしまうことを防ぎます。 2 木製・ナイロンヘアブラシの汚れをしっかり落とす洗い方 木製やナイロンのヘアブラシの汚れが目立つときは、水洗いを行いましょう。 木製のヘアブラシは水洗いを頻繁に行うのではなく、2週間や3週間おきに行うのがおすすめです。 あまり頻繁に水洗いしてしまうと、ヘアブラシの木が傷んでしまうこともあるので注意が必要です。 また、使われている木の種類によっては水にあまり強くなかったり、カビが生えたりすることもあるので、水洗いしてもよいヘアブラシかどうか確認してから洗いましょう。 ナイロン(プラスチック)のヘアブラシは上記でご紹介した「浸け置き洗い」もできますが、汚れがひどい場合には、こちらの洗い方を試してみましょう。 それでは、木製・ナイロンのヘアブラシの汚れをしっかりと落とす洗い方をご紹介します。 ブラシ部分の根本から先端に向かって、髪の毛や汚れをスライドさせて取っていきましょう。 木製のヘアブラシでピンの部分も木でできているものは、ブラシ用クリーナーを使うとピンの部分が傷ついてしまうこともあるようです。 その場合は、ティッシュやいらなくなった柔らかい歯ブラシを使って髪の毛や汚れを取るようにしましょう。 その際、手でヘアブラシに残っている髪の毛などを取り除きながら、ブラシ部分の根本から先端に向けて汚れを移動させるイメージで洗っていきましょう。 汚れがひどい場合は、洗面器にシャンプーとぬるま湯を入れて少し浸けておき、いらなくなった歯ブラシでこすります。 シャンプーのぬめりなどが残らないように、しっかりとシャワーで洗い流すことが大切です。 ヘアブラシにシャンプーが残ってしまうと、汚れが付いていることと変わらず、髪の毛にとって良くありません。 シャンプーを洗い流しきれたか不安なときは、洗面器にお湯を張って左右に振って泡立たないか確認しながら、しっかりとシャンプーを落としましょう。 水気が残っていると、時期によってはカビなどが発生してしまうことも考えられます。 できる限り水気を切ったあとは、毛先(ブラシ部分先端)を下に向けて自然させましょう。 3 獣毛ヘアブラシの洗い方 豚毛やイノシシ毛などでできた獣毛のヘアブラシは、基本的に水洗いは良くないと言われています。 獣毛のヘアブラシは水洗いしてしまうと毛が抜けたり、ニオイが強くなったりすることがあるためです。 ただ、「あまり高価な(獣毛の)ヘアブラシじゃないし、1度きれいに洗ってしまいたい!」という方もいらっしゃいますよね。 どうしても水洗いしたい場合は、水かぬるま湯ですすぎ洗いを行ってみてもよいでしょう。 それでは、獣毛ヘアブラシの洗い方をご紹介します。 水洗いする場合は自己責任で行いましょう。 あらかじめ汚れを取っておくことで、傷みやすい獣毛のブラシが水につかっている時間を短くできるため、不必要にヘアブラシを傷めなくてすむと言われています。 ブラシ部分が浸せるくらいの水かさが必要です。 水中でヘアブラシを振っても汚れがあまり落とせないときは、ブラシクリーナーを使って優しい力でこすりましょう。 ヘアブラシの細かい汚れを落としたいときは、ようじなどを使用するとピンポイントで汚れを落としやすくなりますよ。 左右や下に向かってヘアブラシを勢いよく振ります。 水気が残ってしまうと獣毛が傷んでしまうことがあるので、取り除ける水分はここでできるだけ取っておきましょう。 タオルなどで水分を拭き取ってしまうと、細かい獣毛の毛先にタオルの繊維が入ってしまうことがあると言われています。 タオルを使いたい場合は、柄の部分などを拭く程度にしましょう。 ただ、メーカーによって、タオルでヘアブラシの水分を拭き取ることをおすすめしていることもあるので、メーカーの指示を先に確認しておきましょう。 その際、洗面所などは避けて湿気のない場所に置いておきましょう。 生乾きだとカビなどが生えてしまう原因になることもあるので、しっかりと乾かしてください。 2.ヘアブラシのお手入れ方法 ヘアブラシの洗い方をさらに簡単にするためには、日頃のお手入れで髪の毛や汚れが溜まらないようにしておくことが大切です。 クシ通りのよいさらツヤ髪のためのヘアケアは、きれいなヘアブラシで行いたいですよね?こまめにヘアブラシのお手入れを行い、いつでも清潔な状態のヘアブラシを保ちましょう。 それでは、洗う以外のヘアブラシのお手入れ方法を3つご紹介します。 ヘアブラシの洗い方でも、手順をご紹介しましたが、ヘアブラシクリーナーでのお手入れは毎日行うこともおすすめです。 こまめにヘアブラシのお手入れを行っていれば、水洗いの頻度を少なくできるでしょう。 2:ブラシクリーナーを毛先に向かって引き上げる 毛先に向かってブラシ部分をとかすように、髪の毛やホコリを取っていきましょう。 皮脂やホコリは1度の使用でもヘアブラシに付くため、ヘアブラシに汚れを溜めないためにこまめに拭き取ることが大切です。 髪の毛などが溜まってきたと思ったタイミングで、ネット(ガーゼ)を引き上げて剥がすだけで、ヘアブラシのお手入れ完了です。 汚れたネット(ガーゼ)を外した後は、使用する前にまた新しいネット(ガーゼ)を付けておきましょう。 最近では、100円ショップなどでヘアブラシ用のネットが販売されているので、購入して付けるだけでお手入れ準備完了です!.

次の

【トイレブラシの掃除方法】汚いブラシの洗い方やお手入れ方法【漂白・除菌で清潔に!】

ブラシ 洗い 方

歯ブラシのお手入れやっていますか?きれいにする方法知っていますか? 毎日口の中を磨き上げている歯ブラシ・・・実はお手入れが不足すると 口の中の細菌が歯ブラシにうつって、夜な夜なものすごいことになっている・・・というのをご存知ですか? ちょっと考えたくないですよね。 でもこれは 逃れられない自然の摂理で、細菌の無い歯ブラシを使いたければ毎回新品を使うしかありません。 なかなかそうはいきませんよね。 そこで毎日しっかりと歯ブラシをお手入れする事で細菌の繁殖をおさえ、衛生的な状態で歯ブラシを使用する事が大切になってきます。 「お手入れってただ流水でゴシゴシするだけなのでは・・・?」と思っている方にこそチェックして欲しい歯ブラシケア。 歯ブラシのお手入れの基本は 複数本の歯ブラシの用意と 毎日の歯ブラシのケアで行います! 歯ブラシの正しい洗い方・お手入れ法1「2本の歯ブラシを交互に使う」 まずは大前提から覆していきます。 歯ブラシを複数本用意する。 これが衛生的に歯ブラシを使う基本です。 もちろん人によって朝と夜は家で歯磨きするけど昼は職場とか、そういう方もいると思いますが、一日3回歯磨きするとして、その間の時間がおおよそ5~6時間程度だとしましょう。 ここで問題となるのは、そもそも 歯ブラシ自体次に使われるまでに完全に乾いている状態がほとんどないということです。 これは衛生的には限りなくアウトな状態です。 梅雨時の生乾きの洗濯ものを考えてみましょう。 梅雨時はどうしても嫌な臭いがしますよね。 あれは湿度が高いせいで完全に乾燥することができず、雑菌が繁殖するためにおこります。 歯ブラシも同じことで、完全に乾いている時間が少ない状態でヘビーローテーションされればすぐ痛みますし雑菌も繁殖します。 濡れている状況が続けばカビが生えてくることもありえるわけです。 歯ブラシの正しい洗い方・お手入れ法2「使い終わったら乾燥せる」 さて、複数本の歯ブラシを用意したら、次に意識させることは 歯ブラシの乾燥です。 皆さん使い終わった歯ブラシ、水ですすいだあとどうやって保存してますか? パッパッと水を着て逆さにして立てておいたりしていませんか? ハイ、その時点でもう雑菌の餌食です。 塗れたままの歯ブラシのブラシ部で雑菌が繁殖するだけでなく、したたった水が持ち手まで雑菌まみれにして歯磨きのたびに手を汚染しています。 これで手ですくった水で口内をゆすいだりしたらもうホント最悪です。 ちなみに筆者は以前空き缶の容器を改造して歯ブラシ立てにしていたのですが、気づいたら空き缶内で雑菌が繁殖し、空き缶が腐食していました。 アレは今思い出してもオゾマシイです。 歯ブラシは 使い終わったらしっかりとゆすいで、そのあと清潔なタオルやキッチンペーパーで水気をふき取りましょう。 もし可能であればドライヤーなどで完全に乾燥させてしまうのもアリ。 お風呂上がりなら髪の乾燥と同時にやるのも良いですね。 ドライヤーまで出来なければ風通しのいい場所に置いて休ませます。 日光を当てられればなおベター。 ようは洗濯物干しと同じです。 乾燥させて休ませることを考えても歯ブラシはやはり2本使いがベストですね。 歯ブラシの交換頻度はどれくらいが目安? 気になる歯ブラシの交換頻度。 極端に言えば早ければ早いほど良いと言えるでしょう。 一般的には一か月程度が目安と言われていますが、これはどれくらいの頻度で歯ブラシを使うのか、ケアはどの程度しているのかなどにもよるので一概には言えません。 ひとつの目安としては 「毛先が傷んできたな、広がってきたな」と感じるまでには交換しておきたいというところでしょうか。 同じ歯ブラシを使い続けると、 雑菌の繁殖が進んで歯磨きの意味がなくなり、虫歯になりやすくなったり、傷んだ歯ブラシの毛先が口内を傷つけるリスクも・・・。 さまざまな観点から見ても歯ブラシは定期的にとり変えた方が良いと言えます。 そのためにも、歯ブラシを買う時はある程度まとめ買いした方が効率的だと言えますね。 Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の

ブラジャーの洗濯~正しい洗い方でブラ長持ち~|下着の基礎知識

ブラシ 洗い 方

自宅でお手入れできるメイクブラシの洗い方をご紹介。 洗う頻度や乾かし方、専用クリーナーが必要?などの疑問にお答えします。 また、化粧ブラシの収納ケースでおすすめのアイテムもあわせてお届け。 無印良品のアイテムや立てて収納するスタンド型が便利だそう。 持ち運び用のバニティケース、メイクポーチのこともあわせてお届けします。 編集スタッフ 田中 メイクブラシのお手入れ方法が気になる 日々、メイクブラシを使っていると汚れが目立ってくるもの。 けれど、どのくらいの頻度で洗うといいの?また専用の洗剤は必要なの?と、洗い方の疑問もわいてきます。 前編でおすすめのメイクブラシの種類や使い方について教わった、メイクアップアーティストのレイナさんに、お家でできるお手入れ方法について聞きました。 洗う頻度はどのくらい?専用クリーナーは必要なの? メイクブラシはお手入れも肝心です。 その洗う頻度や目安、また洗剤について聞きました。 レイナさん: 「毛を傷めてしまう原因にもなるので、洗いすぎもよくありません。 普段メイクが終わったら、ティッシュの上で軽くササッと払うようにしてお手入れすればキレイに保てます。 それでも汚れが目立ってきたり、粉の付きが悪くなってきたりしたら、洗ったほうがいい目安です。 1ヶ月に一度くらいの頻度がいいでしょう。 洗剤も専用クリーナーではなくても、洗顔石鹸など肌に優しい洗剤を使えば家にあるもので大丈夫です」 次は、レイナさんに教わった、洗い方から乾かし方までの手順をお届けします。 洗い方から乾かし方まで。 家では「立てて」収納、持ち運びは「専用ケース」がおすすめ メイクブラシは毛先がつぶれてしまわないように「立てて収納」できるアイテムを選ぶのがおすすめです。 レイナさん: 「家では、無印良品のアクリルケースや、綿棒のケースの空いたものを使うのが便利です。 持ち運ぶときは、ブラシ専用の収納がついているバニティケースというメイクポーチや、蓋つきのブラシを選ぶのもいいでしょう。 わたしのおすすめは『アルティザンアーティスト』のポーチ。 かわいい柄で、かつ機能的なアイテムが揃っていますよ」 レイナさんもおすすめしてくれた無印良品には、コスメグッズも揃っておりメイクブラシには持ち運びに便利な蓋つきのアイテムもあります(上の写真参照)。 また、100円ショップなどで販売しているアクリルペンケースなどにいれるのもいいでしょう。 けれど、今回のメイクブラシを自宅で手軽に洗える方法で、長く使い続けられるコツが分かりました。 コスメグッズを変えなくても、ほんのひと手間で、お化粧がきれいに仕上がるメイクブラシ。 毎朝のメイクが気持ちを一段引き上げてくれそうです。 reina-make-up. 建築家・みきさんのモーニングルーティン• テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の