神戸市 給付金 遅い。 神戸市:神戸市の『特別定額給付金』の給付スケジュールについてお知らせします!~オンライン申請は5月1日から受け付け開始します~

「10万円給付」はなぜこんなに遅いのか? 韓国は1分で手続き完了

神戸市 給付金 遅い

同署によると、男は逮捕直前、新型コロナウイルスを巡る「1人10万円」の特別定額給付金が まだ支給されていないことに腹を立て、申請書を代筆した同区のいとこの男性(80)宅を訪問。 「お前の用紙の書き方が悪くて(給付金が)届かない」などと言い、さやに入った切り出しナイフ (刃体の長さ約8・9センチメートル)を見せつけたという。 いとこが110番通報し、駆けつけた署員が逮捕した。 逮捕容疑は13日午後4時40分ごろ、同区の市営住宅敷地内でナイフを所持した疑い。 容疑を認めているという。 15 ID:CyiHrWo90 ちゃんと判別可能な文字で書いたかが気になる。 相容れないのに何故か直接対決しない方々。 身分証明書とか必要書類もっていけばいいだけだね。 46 ID:qGWtyHKo0 定額給付金は電通関係ない、電通が担当の持続化給付金は対応が早かったぞ。 61 ID:qGWtyHKo0 どうせパチンコ屋に巻き上げられる金だけどね。 61 ID:qGWtyHKo0 世帯主にのみ振り込まれるから。 59 ID:qGWtyHKo0 持続化給付金の電通の方が有能だったという、不都合な真実。 32 ID:jLNDd3R80 神戸の市職員が無能なだけだろ.

次の

10万円給付金神戸市の振込はいつ?入金連絡は来るか併せて調査

神戸市 給付金 遅い

未成年の子供を含む世帯です。 全員大人の世帯です。 4%)。 1日約1万件の給付予定でしたが、明日から毎日約4万件の給付を行い(土日など除く)、申請後約1か月での給付を目指します。 — 神戸市広報課 kobekoho 政府による家計支援である特別定額給付金の申請受付が、全国各地でスタートしています。 特別定額給付金の金額が一律10万円なので、10万円給付金とも言われています。 10万円給付金は国の施策ですが、実際に手続きや給付を行うのは全国の市区町村です。 なぜなら「早くにオンライン申請をしても振込は郵送より遅い」とか、「振込はずっと先」といったちょっと不安になるような情報が飛び交っているからです。 そこで、10万円給付金神戸市の振込はいつ?連絡は来るかを調査してみることにしました。 10万円給付金の神戸市の振込はいつ? すごい! 神戸市は給付金の書類発送が全て終わったんだ! — かさたなはまやらわ nA2hznl140jbwPB 神戸市から特別定額給付金申請書が届きました。 ちなみにアベノマスクはまだ。 どうでもいいけど。 ただこれは、申請書を送った人全員が、この日またはこの日以降すぐにということではないようです。 というのは、まず、当たり前のことになりますが、振込に至るまでには申請書を提出しなければなりません。 提出方法が• オンライン(マイナンバーカード)で申請• 郵送で申請 の2通りの申請方法があるのは、既に周知されています。 オンライン申請も郵送での申請も、市区町村によって開始日が違い、神戸市の場合は• というスケジュールになっています。 郵送に関しては一斉ではなく• 中学生以下の子供を含む子育て世帯(約11万世帯)• その他の世帯(約65万世帯) と、発送の順番が決まっています。 「うちは届いたよ!」「うちまだ届かない!」という会話があちこちで出たのはこういう理由だったんですね。 申請書が届き、返送する日にちが各世帯違いが有り、オンライン申請も5/1~行われているのであれば申請時期がバラバラなはずですから受付と内容確認にも時期の差が出るということになります。 6月上旬からは振り込み件数を拡大させ、1日につき数千件~1万件以上の給付を行っていく予定です。 と公式案内をしています。 オンライン申請で郵送の人より早くに申請受領されていたとしても、振込(給付)時期に大した差は無いようです。 申請書の内容に不備があれば、更に振込が遅くなるという点も、郵送申請と変わらないですね。 最速で申請書が到着した人は5/15(金)です。 そこから内容確認。 これがどれくらいかかるかで、郵送申請した人の振込日が決まると思います。 内容確認、結果OKだった場合の振込処理、これがスムーズに行く人は5月内に振込があるのかなと思われます。 神戸市の窓口給付はいつから? 神戸市の窓口給付は、 7月以降に対象者に案内を送るということです。 ということは、 神戸市の窓口給付は早くて7月以降ということになります。 給付場所は、市役所(三宮)近くに設置する給付窓口で行う予定となっています。 給付金の受け取りは基本、銀行口座となっていますが、すべての人が銀行口座を持っているとは限りません。 口座を持っていない場合、同じ世帯の人など代理人の口座で受け取りもできるそうですが、それもかなわない場合は窓口で受け取りができるので、申請書を郵送する際に「窓口給付希望の旨を記入」して郵送します。 10万円給付金は神戸市からの振込連絡が来る? 10万円給付金の振込の際、神戸市から振込完了、または振込の前後に振込予告といったメールなり通知の連絡がくるのかどうか、調べてみました。 神戸市の給付金に関する公式案内、SNS上の個人の体験談などを調べてみた結果 特に振込の連絡は無い ということがわかりました。 いつか?いつか?と毎日不安な思いでチェックをしていたので、振込があったのを見た時には心底ホッとしました。 振込完了通知ぐらい欲しいなというのが本音ですが、それによってもうひと手間が増えて遅れが生じるということであれば要らないか…と思います。 ちなみに他の市区町村も、振り込みに関する連絡は行っていないところが多いようです。 10万円給付を神戸市オンライン申請してみた実体験 以下、私の神戸市オンライン申請で10万円給付の申請をしてみた実体験です。 受付開始時刻直後は、サーバーがダウンするほどの混雑ぶりだったようですが、私が申請を行った18時頃はスムーズに繋がりました。 申請に際し、ぴったりサービスより電子申請送信完了のお知らせメールが着たので、ちゃんと申請はできたんだなとそれで確認はできました。 約1ヶ月かかりました…。 でもこれ多分、早いほうなんじゃないかと思います。 まとめ 10万円給付金神戸市の振込はいつになるのか、振込連絡は来るかを調査してみました。 10万円給付金のような国による特別な施策はそうそうあることではないので、今後も自分の実体験を忘備録的に追記していこうと思います。 10万円給付金神戸市の振込はいつ?連絡は来るかを調査と題し、お送りしました。

次の

神戸市、一律給付スケジュール前倒しへ「政令市の中で極めて早く」

神戸市 給付金 遅い

それなのに、いつまで経っても入金されない。 アベノマスクだっていまだに届いていない人もいる。 給付金はいま必要なのに、日本はどうなっているのか」(都内に住む50代主婦) 1人10万円が支給される「特別定額給付金」を巡り、日本の現状に憤りを覚える人が急増している。 それもそのはず、韓国ではわずか1分のオンライン申請で手続きは完了。 最短で30分後に、世帯に応じた支援金がクレジットカード会社のインフラを活用して支給され、わずか2週間で97%の世帯への支給を終えたと報じられている。 片や日本は、「簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う」との目的のもと、4月20日に給付金の支給が決定。 すでに給付金が支給されている地域もあるが、支給開始時期は自治体によって異なる。 各自治体は各世帯の申請書を準備して郵送し、返送されてきた書類に誤りがないかをチェック。 その後、金融機関に振り込みを依頼するのだが、データ入力や本人確認など手間のかかる作業が多く、大都市ほど遅れが出ている。 当初、安倍晋三首相は「5月中」の支給を目指す考えを示していたが、蓋を開けてみれば、人口100万人以上の11都市のうち、札幌市と神戸市を除く9都市が「6月中」の支給にずれ込んでいる。 だがこれはあくまでも予定。 さらに遅れる可能性もあるという。 経済ジャーナリストの荻原博子さんが言う。 「東京23区に住む私のもとには、現時点(6月1日)で、まだ申請書すら届いていません。 返送した書類が受理されて、給付金が振り込まれるまで1か月近くはかかるとみています。 振り込みは早くて6月下旬、多くの人は7月にずれ込むことを覚悟しておいた方がいいでしょう」 韓国同様、日本でもマイナンバーカードを用いればオンライン申請が可能ではあるが、まったくといっていいほど機能していない。 「マイナンバーカードの普及率は約16%に過ぎません。 それに加え、オンライン申請でも、最終的には役所の担当者が目で確認せざるを得ない。 慣れない作業で事務処理の負担が大きくなるため、自主的にオンライン申請を中止した自治体も43以上出ています」(前出・荻原さん) 実際、早いとされたオンライン申請での支給が、郵送申請よりも1~2週間ほど遅れた自治体もある。 ミスも出始めた。 大阪・寝屋川市では約2200人の住民に対して、総額2億円超の二重払いが発生してしまった。 今回の「10万円給付」は、国の新型コロナ対策で突如現れた業務。 そのため役所内に担当課は存在せず、各自治体の職員たちは四苦八苦。 東京・品川区では、職員がローテーションを組み、24時間体制の作業を強いられている。 「政府はマイナンバーカードの普及率などを考えれば、現場に混乱が生じることは予想できたはずです。 無理を押し付けられた役所の人たちには同情します」(前出・荻原さん) 支給が遅くなればなるほど、苦境に立たされる人は増えていく。 政府には迅速な対応が求められる。

次の