プレミア カレンシー 3。 銀行の方から「プレミアカレンシーM」と言う商品を勧められています。私自身全...

外貨建て保険「やさしさ、つなぐ」にご注意を。

プレミア カレンシー 3

贈与契約書の作成をする手間なく暦年贈与ができる 暦年贈与というのは、 毎年110万円までお金をプレゼントしても税金はかかりませんよ、という物です。 通常人にお金をあげると、 贈与税というものがかかるのですが、年間110万円まではそれがかからないのです。 高齢者である程度の資産がある人の場合、万が一があった際には資産は相続税の対象になってしまいます。 ですので生きている間に少しでも資産を減らしておいて相続税を抑えようと考えるわけですね。 毎年一人当たり110万円ずつ減らしていけるのでかなり資産圧縮に繋がるのです。 しかしこの贈与には色々と制限があります。 贈与には贈与する側とされる側の意思確認が記録として残してある必要があります。 これは贈与契約書というものを作成して残しておくのですが、これは司法書士などに依頼して作成してもらえるのですが、数万円の手数料がかかってしまいます。 この贈与契約書の作成を保険会社が代わりに代行するというサービスなので、この点のメリットは大きいと言えます。 外貨建てにすることで高金利を享受できる 外貨建て保険の真骨頂である売り文句ですね、日本円で渡していくよりも金利が高いので、その分 増やして残せるか可能性があります。 ここ重要です、あくまで可能性です。 海外の通貨に両替するということは、為替レートによっては円に戻す時に為替差損を被って損失する可能性があります。 外貨建てでお金を渡す際、為替で110万円を超えない設定ができる。 外貨建てて運用した場合、毎年決まった外貨で受取人に渡すことになります。 その際には円に両替するので為替レートによって円換算額は変わっていきます。 為替次第では110万円を超えてしまう可能性がある場合、それ以上になった時には自動的に受取人には110万円までしか渡さないように設定することができます。 もしも為替レートが円安に傾いて多くの日本円が戻ってくる場合、110万円までを贈与して、残りは自分で受け取るか、次回に繰り越すかを決めることができます。 気をつけなくてはいけないのは自分に戻す場合、雑所得になってしまうことです。 この保険を契約する人はあくまで家族に贈与することが目的で契約することになるでしょうから、余った分を自分に戻すということはしないと思いますが、所得区分には気をつけてください。 次にデメリットをご紹介しましょう。 日本円よりは高金利だが、類似外貨建て保険よりも利率が低い。 この商品、運用年数や最終的にどれくらい贈与するかは選択することになっているのですが、いずれにせよ利回りが低いのです。 例えば2019年12月30日からの10年アメリカドルでの適用積立利回りは、同社の「しあわせ、ずっと」が 1. この保険は毎年贈与していくわけですが、最終的に全てのお金を贈与して契約を消滅させるか、ある程度は残して死亡保険に充てるかを選択することになっています。 利便性や目的を考えれば基本的には全て贈与した方が都合が良いはずですが、その契約にしようとすると利回りが大きく変消します。 5回分のお金を最後まで保険に残しておくという契約にしても利回りは 0. この利回りの低さは明らかであり、この利率では為替のリスクの方が高いのではないかと疑問を抱かざるを得ないレベルです。 受け渡し年数を20年にして、その上で10回分を保険に残す条件にしても0. あまりにも低いとしか言えないでしょう。 そもそも外貨建てで運用する意味があるのか? 外貨建て保険全てに言える根本的な疑問になってしまいますが、そもそも贈与契約をするのにいちいち手数料を払って海外の通貨に両替する必要があるのかが疑問です。 確かに日本円では金利はつきません。 そのままにしてももったいないという側面はあります。 しかしことこの契約はあくまで贈与が目的であって増やすことではありません。 わざわざ費用と支払ってまで増えるかどうかわからない仕組みにする必要性があるとは思えないのです。 もちろんそれでも良いから増やして残す期待ができる仕組みを整えたいとおっしゃる方であれば良いのですが、大半はそうではないでしょう。 別の商品でも代用できるのではないか? 例えば信託銀行には暦年贈与信託というサービスがあります。 こちらも信託銀行によっての違いはありますが日本円や海外の通貨で受け渡しは可能です。 完全ではないですが税務署からイチャモンつけられる可能性を抑えられる贈与の仕組みを整えられます。 こちらであれば円建てで手間はかかりますが大した費用なく暦年贈与を行うことも可能です。 「やさしさ、つなぐ」でも円建てでの契約ができますが、最低でも5回或いは10回分のお金を保険に残さなければいけませんし、利率は定期預金レベルです。 契約する合理性はそれこそありません。 まとめ 暦年贈与を行うための保険、というコンセプトは悪くありません。 高齢者が相対的に多い銀行ならではの金融商品とも言えると思いますが、如何せん扱い方が難しい保険です。 契約した保険金は全て家族に渡したいとなれば利率は大きく低下し、利率を上げるためにはある程度の保険金は残しておかなければいけません。 残すとなればそのお金は最終的には死亡保険金になってしまいます。 死亡保険はもう良いよという人が多いでしょうから、この選択は実に嫌らしいです。 どちらにせよ保険会社に都合の良い設定になっていると言わざるを得ません。 また、基本的に銀行員は円建てでは勧めてきません。 利率的に魅力が皆無だということもありますが何よりも手数料が全然入ってこないのです。 ターゲットとする顧客層にマッチしやすいテーマであるので、これについては良いと思いますが、細かく見ていけばこれでなくとも十分活用できる商品は他にもあります。 利率はアホみたいに低いのに為替手数料は往復で1%くらいかかる計算になります。 契約を検討している方は、今一度この保険で本当に良いのか改めて冷静に考えてみることをお勧めします。

次の

【外貨建年金(一時払)】第一生命「プレミア・カレンシープラス2」6つ特徴と注意点

プレミア カレンシー 3

第一フロンティア生命が2019年10月にプレミアカレンシー・プラス2の後継として販売開始した外貨建て保険商品、それがこのプレミアカレンシー3です。 満期重視プランという新しいプランを導入して運用方法に幅を持たせていますが、相変わらず契約する価値はほとんどないと考えます。 基本プランと満期重視プランに分けられており、基本プランは従来通り積立利率で地道に外貨ベースで増やしていくもの。 資産を確実に増やすなどとパンフレットには表記されていますが、あくまで増えるのは『 外貨で』あって日本円ではないので注意してください。 満期重視プランは中途解約すると十中八九損失をするん可能性が非常に高いが、満期まで我慢すれば結構お金は増えますよ、というもの。 増えるのは勿論海外のお金なので、日本円に両替した際には為替レート次第ではさらに増えることもあれば損失を被る可能性もあります。 基本プランは従来のよくある外貨でゆっくり増やして行きましょうというオーソドックスなタイプです。 個人年金保険なので、死亡保証型のように万が一の場合は増えて戻ってくるというようなシステムもありません。 全ては為替に左右されます。 途中で解約する際には大きな解約控除が引かれかねない点で見れば、流動性なんてものはありません。 早期に解約すればするだけ損になります。 為替手数料も基本的にはどの通貨でも50銭は持っていかれ、契約費用もとり、食いっぱぐれがないようになっています。 個人的にはまだ証券会社で外貨MMFなり銀行で外貨定期預金でもしていた方がマシではないかと思ってしまいます。 それくらいこの商品には魅力を感じません。 外貨運用がしたいのであれば、選択肢は実は結構多いのです。 なのでこの商品のデメリットをまとめさせていただきます。 手数料がえげつない。 期間3年の場合・・・2. 期間3年や5年の場合は銀行や証券会社の投資信託ではこれくらい取るものもあります(そちらも業界で批判されているのではっきりって暴利ですけど)、6%の手数料にさらに為替手数料まで取るというのはえげつないですね。 この商品はあくまで積立利率という利回りで増やしていく商品なので、運用の上手い下手で結果が変わるような投資信託とは違います。 なので、どれくらいの利益が得られるかは為替次第になります。 その方が余程健全です。 しかし残念ながら銀行員は長期間での運用を提案してくるでしょう。 なぜならそちらの方がバックされる手数料は大きいでしょうから。 年金原資はいずれも外貨ベースです。 当然ですが、満期重視プランの満期時に大きく増えるお金はあくまで外貨ベースです。 ですので数年後の為替レート次第ではさらに増える可能性もあれば減る可能性もあります。 このあたりは気をつけなければいけません。 もちろん年金を外貨で受け取ることも可能ではありますが、その際には受け皿となる外貨普通預金講座などを用意する必要があります。 外国送金の形になると思いますの着金に時間がかかったり、余計な手数料がかかる可能性もありますのでご注意ください。 満期重視プラン死亡給付割合50%は超ハイリスクです。 いくつかのプランがありますが、最もえげつないと思えるのはこのプランでしょう。 何しろ契約時にまず手数料をとります。 さらに契約期間は絶対解約させないオーラを解き放っています。 もしも中途で解約しようものなら問答無用で半値を回収されてしまうという恐ろしいプランです。 その上であくまで年金原資は外貨建てですから、円換算額が減少するリスクを抱えてします。 特にべらぼうに利率が高いというわけでもないと思うのですが。 これを10年間で運用するなんてとても危なくて私にはできないですね。 よくあるタイプの保険は経過年数が増えるほど解約控除も逓減していくものですが、これは予め手数料をとっているので解約控除の概念がありません。 9年後にどうしてもお金が必要になって解約しても戻ってくるのは半分だけです。 まとめ この商品は契約するに値しない保険と断じて良いと思われます。 理由は受け取る利益に対してリスクや制限が強すぎると感じるからです。 この保険を申し込むということは、基本的には将来の資産形成が目的と思われます。 しかし、例えば基本プランの6年契約ものに関して見れば、アメリカドルでは実質利回りは1. これに対し、外貨預金に強いソニー銀行の3年ものアメリカドルの外貨定期預金は1. しかも為替手数料は15銭と圧倒的に少ない手数料です。 この条件を比べた時、それでも果たしてこの保険に入る価値はあると思えるでしょうか。 この世界は知らないことで損をすることが多いです。 銀行員の安易な説明を鵜呑みにせず、しっかりとお考えの上契約するかは判断いただければと思います。

次の

第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2の評判は?メリットデメリットが知りたいです。

プレミア カレンシー 3

こんにちは、鬼塚祐一です。 第一フロンティア生命のプレミアカレンシー3についてお話をしていきたいと思います。 プレミアムカレンシー3いうのは、一括でお金を払うタイプの個人年金保険です。 外貨でも運用できます。 米ドルか豪ドルのどちらかを選べます。 おそらく、この記事を読んでいるあなたは、加入するか迷っている、あるいは、すでに加入していて継続していいのか悩んでいらっしゃるかと思います。 第一フロンティア生命のプレミアカレンシー3は、銀行の窓口で勧められませんでしたか? プレミアカレンシー3の内容を見ていきましょう。 まず通貨を選びます。 米ドルか豪ドルか円ですね。 おそらく銀行が提案するときは、円ではなく、米ドルか豪ドルを勧めていると思います。 円だと全然増えないからです。 利率ちょっと見ていきましょうか。 第一フロンティア生命のホームページを見ると書いてあります。 積立利率が保証期間別に書いてあります。 3年、5年、6年、10年とあり、10年が一番利率が高いです。 お金を増やしたくてプレミアカレンシー3に加入するのでしょうから、一番利率が高い、10年で見てみましょう。 米ドルだと1. 38%です。 豪ドルだと1.47%です。 豪ドルのほうがちょっと高いですね。 実は、少し前まで、米ドルのほうが高かったんですよ。 ところが、最近のコロナショックの影響で、アメリカが金利を大幅に下げています。 その影響で、プレミアカレンシー3の米ドルの利率も下がっているのではないかと思います。 今回は利率の高い、豪ドルで話を進めます。 1.47%という利率を見ると、払った保険料が、1.47%で増えてくえるというイメージがありませんか? ところが、そういう意味ではありません。 個人年金であったり貯蓄タイプの保険は、保険会社の経費がかかります。 第一フロンティア生命のホームページには、実質利回りという項目があります。 0.84%というふうに書いてあります。 これが経費を引いたあとの、実質の利率になります。 以前は、この実質利回りの記載はされてなかったんですよ。 保険会社は、実質利回りを言わ必要はなかったのです。 その結果、積立利率に書いてある利率でお金が増える、と誤解して契約する人がたくさんいました。 また、外貨建てなので為替の変動によって、大きく元本割れすることもあります。 でも、銀行で勧められたから、定期預金と同じ感覚で契約している人もいます。 定期預金と同じで、元本保証されていると誤解していたのです。 しかし、元本割れしたので、クレームが大量発生して、これはマズイとなり、金融庁が動きました。 銀行にきちんと実質利回りを説明しなさいと指導が入りました。 プレミアカレンシー3の豪ドル建ての実質利回りは0.84%です。 1%を切っていますいから、めちゃくちゃ低いことが分かります。 以前は、豪ドル建ての利率はもっと高かったのです。 昔に比べると、外貨建て個人年金は、お金を増やすという意味では、魅力がなくなってきたということです。 それから、第一フロンティア生命のプレミアカレンシー3は契約するときに手数料が引かれます。 契約手数料というものです。 ドル建て個人年金保険の中には、契約手数料0円の商品もあります。 ただ、第一フロンティア生命のプレミアカレンシー3は手数料が引かれます。 どれくらいかかるのか? なんと6%です! たとえば、1000万円の契約をするとしましょう。 1000万円のうちの6%ですから、最初に、60万円も手数料が引かれてしまうのです。 さぁ、60万円あったらどうしますか? 海外旅行に行って、良いホテルに宿泊できます。 ただ、コロナの影響で、今すぐ、海外旅行には行けないでしょうが、家電なんかも買えますよね。 たとえば、最近、私は洗濯機を買いました。 結婚してずっと使って、16年ぐらい使ってたやつだったんですけど、買い替えました。 16年ぶりだったので、ちょっと奮発して、最新の一番いいやつを買ったんです。 パナソニックの最上位機種です。 私のイメージでは、洗濯機は5万円くらい、高くても10万円くらいかと思っていました。 ところが、全然そんなんじゃないですね。 40万円近くしてビックリしました。 プレミアカレンシー3は、最新洗濯機よりも、高い手数料がかかるわけです。 契約手数料だけではなく、さらに、もうひとつ手数料が引かれます。 為替手数料というものです。 あなたは、常日頃から、米ドルや豪ドルを持っていますか? まあ普通は持っていませんよね。 ということは、まずは円をドルに両替うするという作業が必要です。 その両替する時の手数料がかかるのです。 どれくらいかかるのか? 1ドル当たり50銭かかります。 たとえば、1000万円の契約だと、ざっくり計算ですけど、約5万円です。 さらに、10年後に、ドルを円に戻して受け取りますね。 そのときも、当然、手数料が引かれます。 また、5万円です。 契約手数料の60万円も合わせると、トータルで70万円も引かれてしまいます。 ただ、プレミアカレンシー3のパンフレットを見ると、良いことも書いてあります。 分散投資の効果について書いてあります。 私たちは普段、円を持ってるわけです。 専門家のなかでは、ちょっと極端な話ですど、円が大暴落するという話をしている方もいらっしゃいます。 円が大暴落すると何が起きるか? 輸入品がすごく値上がりします。 食べ物だったりお洋服がものすごく値上がりするわけです。 そういうときに、米ドルや豪ドルを持っとけば、円が暴落したときに、逆に利益が出ます。 その利益があれば、服や食べ物が値上がりしても、お買い物が出来ます。 だから、円だけじゃなくて、外貨にも分散させておくといいよ、と金融の世界では一般的に言われております。 外貨を持っておくというのは非常に良いわけです。 ただ、その方法が、第一フロンティア生命のプレミアカレンシー3である必要があるのか? というのが一つのポイントになります。 他にも何か方法はないのかと考えてみたいと思います。 というのも、プレミアカレンシーだと、手数料がすごくかかりますよね。 たとえば、ひとつの選択肢として、投資信託というものがあります。 投資信託のなかでも、ノーロード投信というものであれば、契約手数料は0円です。 1円もかかりません。 また、プレミアカレンシーの中身は、アメリカとオーストラリアの債券で運用しています。 投資信託にも外国の債券で運用する商品があります。 これ1本で、アメリカもオーストラリアもどちらも入っています。 アメリカやオーストラリアだけじゃなく、イギリスだったりドイツなど、いろんな国が入っています。 分散するにあたり、より多くの国に分散したほうがリスクが抑えられるます。 ということで、ノーロードタイプの投資信託を選んどけば、契約手数料0円です。 1本でいろんな国の通貨に手軽に分散できるというメリットがあります。

次の