リーフィア 育成論。 ポケモン剣盾ブラッキー!ニンフィア!リーフィア!グレイシア!エーフィ

【ポケモン剣盾】リーフィアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

リーフィア 育成論

イーブイズの育成論と特徴まとめ【可愛い!強い!最強の一族】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はイーブイの進化系、通称イーブイズについて特徴を分類しつつまとめていきたいと思います。 可愛いは正義といいますが、それだけじゃなく実際のランクバトルでの強さもピカイチなので最強の一族といえるでしょう。 イーブイの進化系一覧と育成論 育成論について詳細は下記の個別記事で書いているので詳しくはそちらをご覧ください。 イーブイを含めてブイズ一族は現時点で9種類いるので、イーブイズだけの統一パを作ろうとしても3体はスタメンから外れてしまいます。 一説によると今後の作品ですべてのタイプのブイズが現れるのでは?と言われているので、ブイズだけでもすごいことになってきますね。 楽しみです。 同じブイズでもそれぞれアタッカー型、耐久型など得意分野が違うので、ポケモン剣盾から始めた初心者トレーナー向けにざっくり分かる特徴を解説しますね。 アタッカー型ブイズ 種族値100以上あれば持ち物や特性による火力補正とダイマックスによってアタッカーとして十分活躍できるので、種族値100をラインとして選出してみました。 物理アタッカー型ブイズ• リーフィア(攻撃110)• ブースター(攻撃130)• イーブイ(特性:適応力)• ブラッキー(技:タイプ一致イカサマ) あまり物理アタッカー型のブイズは環境では見かけませんが、リーフィアとブースターは物理アタッカーとして活躍が期待できるポケモンです。 イーブイは種族値自体は低いものの、きあいのタスキ+適応力+じたばた+でんこうせっかのコンボによって威力400+80=威力480と、先制エラがみがんじょうあごウオノラゴン並の超火力を叩き出すため、実は等倍火力だけでいうとイーブイが全ブイズ中最強だったりします。 ブラッキーは自分の攻撃力は低いんですが、相手の攻撃力が高ければ強くなるイカサマ持ちなので一応物理アタッカー対面であれば物理アタッカーとしても活躍するでしょう。 特殊アタッカー型ブイズ• シャワーズ(特攻110)• サンダース(特攻110)• エーフィ(特攻130)• グレイシア(特攻130)• ニンフィア(特攻110) ブイズ一族といえば特殊アタッカーのイメージが強いと思うんですが、半数以上が特攻種族値100超えです。 こだわりメガネをもたせると等倍なら相手のHPを7割以上削れるほどの火力を出せるのと、物理アタッカーは威嚇や鬼火で妨害されてしまいやすいのが特殊アタッカーだとそれがなく、さらに物理アタッカー対策で努力値をBに振ってるトレーナーが多い=相手のポケモンの特防が低くなりやすいので実戦での実質火力が高くなっているのが特殊アタッカーの魅力ですね。 受けの印象が強いシャワーズですが、実はニンフィアと同じレベルの火力を出せる潜在能力を持っています。 耐久型ブイズ HP実数値と防御特防実数値の積で算出される耐久指数をもとに20000超えのブイズは耐久性能が高いといえるでしょう。 耐久ブイズはHP防御特防の種族値のどれかが130になっています。 参考までに高耐久ポケモンの耐久指数を載せておきます。 (努力値無振り性格補正なしHP防御特防個体値Vの個体)• ドヒドイデ :物理耐久指数21500特殊耐久指数20250• カバルドン :物理耐久指数25254特殊耐久指数16836• カビゴン :物理耐久指数19975特殊耐久指数30550• アーマーガア:物理耐久指数21625特殊耐久指数18165• ナットレイ :物理耐久指数22499特殊耐久指数20264 耐久型は相手のダイマックスターンを枯らしたり、終盤に相手を詰めていけるのが強力です。 物理耐久型ブイズ• リーフィア(HP65防御130物理耐久指数21000) 結構意外だったんですが、リーフィアは物理耐久指数が20000を超える=カビゴンを超えるほどのポケモンでした。 やどりぎのタネやこうごうせいといった回復技も覚えるため、物理アタッカーに対しては十分耐久していけるポケモンだと言えるでしょう。 特殊耐久型ブイズ• ニンフィア(HP95特防130特殊耐久指数25500)• シャワーズ(HP130特防95特殊耐久指数23575) ニンフィア・シャワーズはとつげきチョッキをもたせる型が存在しますが、ここまで特殊耐久指数が高いと特防に努力値無振りでも特殊アタッカーに強く出られます。 ニンフィアは特殊耐久指数最強のカビゴンに迫るほどの特殊耐久を持っていますね。 全方面耐久型ブイズ• ブラッキー(HP95防御110特防130物理耐久指数22100特殊耐久指数25500) ブラッキーはブイズの中でも唯一の物理・特殊全方面に対して強い耐久特化のポケモンだといえます。 ドヒドイデのような交代で回復できる再生力、アーマーガアのような優秀なタイプ受け性能は持たないものの、数値だけでいったらこれらのポケモン以上の耐久を誇る全ポケモン中でもトップレベルの耐久ポケモンだといえるでしょう。 物理耐久指数が高く厄介なポケモンの一体にカバルドンがいますが、特殊耐久指数についてはブラッキーが同じくらいの25000超えとなっていて、非常に硬いことがわかりますね。 ブイズが共通して得意とする戦法【サポート型】 ブイズ一族が共通して得意とする戦法は、サポート型です。 主にあくびバトン型と守る願い事型があります。 あくびバトン型 全員が• あくび• バトンタッチ の2つの技を覚えるため、通称あくびバトンという有利対面作りの対面操作ができます。 あくびバトン: あくびで相手に交代圧力をかけ、相手が交代してきたらバトンタッチの方が相手の交代先のポケモンがわかるより後に発動するため、確実に後続2体のうちどちらか有利ポケモンを出すことができる。 有利対面を作ると、相手は交代するかこちらに対して意味のない技をうつか、ダイマックスを消費するかの択を迫られることが多く、こちらのペースで展開しやすい。 もちろん相手があくびしたブイズを倒してきても、後続のエースの全抜きの起点になるのでどちらにしても有利。 ただしラムのみや火炎玉持ちに非常に弱い戦法 あくびバトンの他残り2枠は、各ブイズが得意とするサポート技1つとタイプ一致のメインウェポン1つという技構成になることが多いでしょう。 例えばシャワーズなら溶ける+熱湯、リーフィアなら剣の舞+リーフブレード、サンダースならボルトチェンジ+10万ボルトといった感じです。 全員みがわりを覚えるので、みがわりあくびバトン+攻撃技という構成にすることもできます。 守る願い事型 ブラッキーの十八番といっても過言ではない戦法で、• まもる• ねがいごと• あくび の3つによって対面操作を行います。 耐久が非常に高いブラッキーで使われることが多い戦法ですが、一応他のブイズもこれらの技を覚えるので、同じような立ち回りは可能です。 まとめ:イーブイズの育成論と特徴まとめ【可愛い!強い!最強の一族】 いかがでしたでしょうか。 強くて可愛いブイズをパーティに入れているトレーナーは上位勢でもチラホラみかけます。 まだ育てたことがないトレーナーはぜひパーティに合う1体を育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ポケモン剣盾ブラッキー!ニンフィア!リーフィア!グレイシア!エーフィ

リーフィア 育成論

ページ:• 投稿者:半熟卵• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:gettaban• コメント 37 みんなの評価 :• 投稿者:白紙• コメント 43 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ランボ• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:びるどん• コメント 29 みんなの評価 :• 投稿者:ローズ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:まっちぃ• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:フルト• コメント 8 みんなの評価 :.

次の

ポケモン剣盾ブラッキー!ニンフィア!リーフィア!グレイシア!エーフィ

リーフィア 育成論

考察あれこれ いままでいそうでいなかった陽気リーフィアをやっと育成しました。 ちょっと遅すぎる気もしますな。 わんぱくゴツメ型がほんと見事で、というかゴツメが優秀すぎてなかなかこの型を育成できなかったというのが本音。 仕方ないのさ。 さて、ここに書くことがそれほど見当たらないのが最近のわたし。 使用感のところでいろいろ言ってくれると信じてる。 リフブレのダメージ計算だけちょっとだけ。 使用感・改良点 育成してみて思ったこと。 『やっぱりアタッカーもかっこええんや!!111』 注意点1つだけ。 ゴツメ型だと物理相手への後出しから流すところまできっちり役割を果たしてくれます。 ローブシンとか完封してくれますからね。 ハチマキ型はS振る分技にもよりますが相手できるポケモンが変わってきます。 物理でガシガシ殴ることができるようになった代わりに受け切って倒すことができなくなってますからそこら辺の兼ね合いが難しい。 役割対象間違えないでねということ。 これはもう種族値525の宿命かなと。 H振らずとも訳分からん耐久持つクレセとかガブは知ったこっちゃないね。 努力値について いじっぱりS特化すると最速81属抜きです。 また、カイリューのげきりん耐えとか調整してますけど、こちらからの有効打って言っても大したものがないため素直にASぶっぱのがいいのかもしれませんよ。 技構成について 砂ガブやノイクン意識でタネマシンガンを搭載させてみました。 非接触という点も評価。 どうせ技スぺの余りやすい子なのでリフブレとの両立は全く問題ないと思います。 つばめがえしはヘラや流行りのキノガッサ対策。 ゴツメ型の流行でつばめの存在忘れられてますから入れてみたら案外ヒットしますね。 いい感じ。 実は一番打つ機会がないのがシザクロ。 恩返しやすてみタックル辺りに変えてもいいかもしれません。 ガッサ後出しもするので寝言搭載すら考えてしまいます。 持ち物を珠にして、電光石火搭載もいいですね。 範囲狭いとかそんなの知らない。 持ち物について この個体は全く意図せず珠効率最小になっておるため、さっきもいいましたが命の珠でもいいですね。 基本は火力増強アイテムを持たせることになるのでこの2択となります。 なお今回タネマシ搭載させたため特性がリーフガードとなっていますが、タネマシ入れないのなら葉緑素1択でいいと思います。 考察あれこれ この内容も何番煎じになるんでしょうね ゴツメリーフィアです。 ようりょくそです。 日本晴れという天候塗り替え兼擬似高速移動技を用います。 そしてスカガブやすなかきドリュの上をついてあまえたり殴ったりします。 物理防御の高いリーフィアに相性がいいです。 リフブレで殴るダメージよりゴツメダメのが大きくなるなんてよくある話です。 特にカイリューなんか相手にすると。 似たようなことがモジャンボでもできますが、あいつ足遅いですからそれだけで差別化は十分です。 で、実際どれくらい耐えるのかと。 そこが一番気になるでしょうからある程度まとめてみました。 目安としてご覧ください。 いくらまぁメガネかけて補正かけてぶっぱさせたからって、半減技をここまで食らってしまうというのはさすがリーフィアさん特殊耐久イーブイズで一番低い子… ただ、物理防御はさすがの一言。 ローブシンなぞ後出しからでも狩れます。 使用感、改良点 とは言っても間違いなくレートではこの子がいないと格闘受けが成立せず、ガブリアスに後出しできるイーブイズはグレイシアだけになりますからね。 物理相手にはかなり強いです。 マニューラやカイリューなど、本来不利なはずのポケモンに勝てるというびっくりなことが起こったりします。 何度かハッサムヘラクロスをリーフィア1匹で完封するという訳分からんことをしたこともあったり。 頼もしい限りです。 しかし、特殊には何もできず落ちてしまうことも多々… ガブリアスとかに大文字が仕込まれてないこと、バンギラスが物理であること、ウルガモスやラティオスが誰のPTにもいないことを期待するしか… 特殊だけはどうしようもない。 どうにかしてみようかと考えてみましたが、もともとしゃーないと割り切りました。 そのおかげで雨パに出したいのに出せないというのもしばしばありますが… 努力値について S調整しましたが、実戦でここまでS振る必要はあったのかなーって。 そこまでSに振る必要はなかったように感じました。 ぶっちゃけHBほぼぶっぱ、端数ADS4振り、って感じでもいいと思います。 もしくはもう少しS低めのポケに調整するのもありなのかな。 そこら辺がよくわからぬ… 技構成は日本晴れ型だとこれ以上いじれないです。 ほんっとに、ラティ意識のシザクロやガッサ意識のつばめ、ナットムドー意識のめざ炎が欲しくなる時がありますが、こればっかりはどうしようもありませぬ。 でないとガブやドリュなんかの身代わりがたまに壊せなかったり、ズキンのビルドに急所当てる確率ががくーんと減りますから… でも、日本晴れと光合成、裏のHDブースターとの相性はよさげです。 もともとイーブイズって種族値みたらわかる通り、相性の良しあしがかんっぜんにばらけてますからね、リフィは物理耐久攻撃力が素敵って以外はどうにも。 だから物理耐久を上げるだけ上げて、他は完全に裏任せ。 いいように言えばいいとこどり、悪く言えばアンバランス。 それでも物理竜を見れるってのは大きいです。 仮想敵一覧 ウルガモス しぜんのめぐみ岩70 を筆頭。 考察あれこれ 注意として、この子はイーブイズPTで回すことを前提にしていません。 主に晴れパで活躍させるため育成してみた子です。 Aぶっぱしてる時点ですでにアタッカー運用としか考えられませんよね。 晴れパ+葉緑素の組み合わせで意識したい差別化ポケは、ハハコモリ、メブキジカ、ドレディア、ワタッコ、モジャンボあたりでしょうか。 ハハコモリ、メブキとワタッコはタイプの違いからそこまで気にしなくていいでしょう。 一致格闘120技を平気で耐えるメブキも、一致岩120技を平気で耐えるハハコモリやワタッコもいませんからね。 ドレディアとは物理特殊ですでに違いますし、モジャンボはSに補正かけてぶっぱしても実数値が112までで、圧倒的な素早さの差ができます。 ついでにモジャンボとは見た目で差別化できてると思うの ちなみにハハコモリ、モジャンボ、メブキジカは3匹ともリフィのABS種族値を越していません。 ただ、技のレパートリーが圧倒的に乏しいというのもあり、この3匹は完全劣化であると言えないのも事実。 もともとS95という種族値ゆえにそこまで振らずとも葉緑素発動でだいぶ早くなる、かつなるべく火力が欲しいために性格はいじっぱりにしてみました。 一応陽気も候補には挙がりますが、いじっぱりで十分かなと思います。 技構成ですが、リフブレは確定にします。 リーフィアにこれがないと始まりませんからね。 問題は残り3スロット。 有力な技候補としては、 攻撃技:シザークロス、おんがえし、つばめがえし、でんこうせっか 補助技:つるぎのまい、あくび、あまえる、くすぐる、こうごうせい、にほんばれ …といったところでしょうか。 リストに挙げて改めて感じる攻撃技のレパートリーの少なさ しかし、今回あえてこのリーフィアには候補にすら挙げなかった「しぜんのめぐみ」を搭載させてみました。 物理技で、一度使用すると木の実は消費され、リサイクルや収穫をしない限りもう使えないというもの。 守られても使えなくなります。 ゴスのみで岩威力70になります。 なぜに搭載したか。 当時相当なまでに流行ってたウルガモスをメタるため。 これにつきます。 晴れパ運用前提で動いているのにどういう訳かガモスが出てきました。 お世話になりましたね。 それ以外でも、剣舞1積前提でH振りシャンデラをめぐみで確定1発にしたり、クレセリアをシザクロで確定2発 食べ残しだと乱数2発 になり、無振りラティオスも確定で持っていっちゃいます。 でもこれ、裏を返すと、剣舞積まないと理想的な火力が出ないんですよね。 その辺りが使いどころの難しさを感じるかもしれませんね。 使用感、改良点 当時パルシェンに対して「殻破って無双するんだからSに補正かけないだろww」とか思い込んでS60振りしたはいいものの、最速パルがふっつーに蔓延っていて泣きを見たことが何度かありました。 S調整先一覧例を挙げていきますと 以下いじっぱり個体値V前提で 、 S60振り…準速パルシェン抜き S92振り…葉緑素込みで最速スカーフガブリアス抜き S156振り…最速パルシェン抜き こんなところでしょうか。 もし振りなおすとしたらS156振りですね。 2回加速したバシャも抜けます。 抜いてどうするって感じでもありますが… 考察あれこれのところでも書きましたが、1回剣舞積まないとちょっと火力が足りない、でも1回積んじゃうと抜き性能は格段に上がります。 まぁ実数値178の2倍だからそりゃそうだってなるんですけどね。 技構成も悩みどころ。 上の理由も相まって剣舞は入れたい、でも持ち前の耐久を生かして光合成やくすぐるってのもおおいにあり。 天候塗り替えように日本晴れも入れたいし、ヘラクロスやキノガッサ、バシャなんかにも刺さるつばめだって入れたいところ。 ラティに対する有効打でもあるシザクロだって捨てがたい。 恩返しの等倍の広さも魅力的。 先制技でんこうせっかも何かと便利ですもんね。 そんなわけで構成はコロコロ変えています。 しぜんのめぐみは遺伝技ですから、これは変えるに変えられない。 遺伝技が絡むと自由に技変更できないのがつらいですね もししぜんのめぐみを入れないのなら、持ち物は命の球が最有力候補ですかね。 最後に、しぜんのめぐみの木の実と有力タイプ一覧 BWで現在使えるもののみ オッカのみ:炎60 純粋に半減実としても使える ブリーのみ:炎70 ゴスのみ:岩70 ヤチェのみ:氷60 純粋に半減実としても使える ザロクのみ:氷70.

次の