気 の おけ ない 意味。 「気の置けない」の意味と正しい使い方!類語や例文も解説

「気の置けない」の正しい意味と使い方、由来、類語・対義語、由来、「気が置けない」との違い

気 の おけ ない 意味

雑学クイズ問題 「気が置けない」の本来の意味とは? A. 遠慮をしてしまう B. 遠慮をしない C. 油断できない D. 気持ちが伝わらない 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 「気が置けない」の本当の意味と語源とは!? 「気が置けない」の誤用について 皆さんは「気が置けない」という言葉を普段使うことはあるでしょうか? 「あの人とは気が置けないんだよね。 」というような使い方をしますよね! しかしこの「気が置けない」という言葉ですが、誤用されやすい言葉だとご存じでしょうか? そもそも皆さんは「気が置けない人」というと、どういう意味を想像するでしょうか? おそらく 「気が置けない人=油断できない人、気を使う人」などと想像された方が多いのではないでしょうか? しかし、 それは全く違う意味で間違いなのです! 今回の雑学では、よく間違われがちな「気が置けない」という言葉の意味と語源について解説します。 この雑学を読んで、人前で間違いをしないようにしましょう! 「気が置けない」の本当の意味 まずは、「気が置けない」という言葉の意味についてです。 「気が置けない」という言葉の意味について調べると、以下のような意味であることがわかります。 ・遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。 本来の意味である 「相手に対して気配りや遠慮をしなくてよい」と答えた人は42. 7パーセントだったのに対して、間違えの意味である 「相手に対して気配りや遠慮をしなくてはならない」と答えた人は、なんと47. 6パーセントもいたのです! 意味を逆に覚えている人に対して「あなたとは気が置けない仲です!」と言ってしまうと、逆の意味でとらえかねないので、注意が必要です。 素直に「遠慮せずに接することができる」と伝えた方が無難なのかもしれません。 「気が置けない」の語源について 続いては、「気が置けない」の語源について触れていきます。 そもそも、 相手に気を使ったり遠慮をすることを「気を置く」という表現をします。 「気を置く=遠慮する」となるので、逆に「気が置けない=遠慮しない」という意味になるわけですね! 「置けない」という表現は「置こうとしてもついつい置けない」という意味合いが強いので、気が置けない人は「遠慮しようと思いつつも、ついつい遠慮しないで接してしまう人」というのが正しいですね! 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「B. 遠慮をしない」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 「気が置けない」という言葉について、ご理解いただけたでしょうか!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ 「気が置けない」とは「遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。 」という意味である。 文化庁による世論調査によると「遠慮する」と答えた人が47. 6パーセントおり、「遠慮しない」と答えた人よりも多い。 そもそも「気を置く」という言葉が「遠慮する」という意味になる。 そのため、「気が置けない」とは逆の意味になり「遠慮しなくてもよい」という意味となる。

次の

「気が置けない人」意味と語源!「気の置ける仲間」や類語・反対語

気 の おけ ない 意味

「気を遣わなくてよい」、「気を遣う必要がない」といった説明は適切ではありません。 この言葉が誤解されがちなのは、二つの理由によると考えられます。 1.「気を置く」という表現がほとんど使われなくなった。 次に、「置けない」は「置ける」の打ち消しですが、この「置ける」は自発動詞です。 「世話が焼けない」は「世話を焼くことができない」ではありませんね。 「世話の焼けない子」と「気の置けない友人」を比べてみてください。 「気の置けない友人」もこれと同じです。 昔の人の用例を引いておきます。 【 】は私が附けました。 いくら親しくしても、【気が置かれて】、帰ったあとでほっと息を衝く。 あの奥さんは始めて顔を見た時から【気が置けない】。 この部屋へでもずっと這入って来て、どんなにか自然らしく振舞うだろう。 何を話そうかと気苦労をするような事はあるまい。 話なんぞはしなくても分かっているというような風をするだろう。 そこらの国語辞典よりよほど参考になります。 繰り返します。 気遣いする必要がない。 」 という説明はちょっと残念です。 気遣いする必要がない。 打ち解けられる。 遠慮される。 遠慮する。 この言葉は,その時と相手によって意味が変わる日本語独特の表現です。 実際「気が置けない」とは油断できない,油断すれば命取りというのが本当の使い方だと思います。 それが「気を使わなくても良い」という意味に変わったのは,辛い仕事を一緒にやり抜いた仲間だから,お互いのいいところも悪いところも知り尽くした仲,よほどの信頼関係があるという表現から逆の言い回しが使われるのだと思います。 つまり「気の置けない仲間」とは,何もかも解り合っている仲間,絶対信頼出来る仲間,一緒に死んでもいい仲間という事です。 (例) 昔アポロ宇宙船が初めて月面着陸を成功させた時,アームストロング船長の奥さんがテレビを見ていて「内の人,足の骨を折ればいいのに」と言いました。 それは,その当時アメリカで流行っていた表現で「うまくやってほしい」という願いが込められていたそうです。 私も昔気になったことがあり、調べたことがあります。 正しくは「気の置けない」ではなくて、「気が置けない」です。 ですので、気の置けないで検索したのではどんな辞書でも正確な意味を調べることができませんでした^^; 気が置けない間柄とは本来の意味で解釈するのならば「相手に気配りや遠慮をしなくて良い間柄」のことですが、間違った解釈をしている人が42. 逆に、正しい意味で解釈している人が42. 4%という結果が出ています(同調査より)。 さて、なぜ気が置けない仲間という表現なのに、そこには 「遠慮や気づかいがいらない、気軽に付き合える仲。 遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる仲」 という意味が込められているのでしょうか。 まずは「気」と「置く」という単語をバラバラにして考えてみると、そこに込められた意味がよく理解できます。 置くとは、間を隔てるという意味があります。 (置くといってもいろいろな意味がありますが、距離を置くといったような表現でも「置く」という言葉を使いますね) ですから、よく間違った解釈がされている気が置けない仲=相手に遠慮や気配りをしなくてはいけない仲ということではないのです。 簡単に考えると、距離を置かなくて良い仲と考えるとわかりやすいと思います。 国語辞書で、「置く」という単語を一度検索してみてください。 複数ある意味の解説と例文の中で、間を隔てるという解説が見つかるはずです。 字面や言葉の響きだけをとらえると、相手のことを油断ならないと思って警戒している・変に気を遣っているような情景が思い浮かぶという方が多いかもしれませんが、正しい意味はその逆です。 気が置けない仲という意味については国語辞典の説明に私なりの解釈を加えると、遠慮や気づかいで相手と自分の間を隔てることのない、変な距離感を保つ必要のない砕けた間柄のことを気が置けない仲だと言えるのではないでしょうか。 (国語辞書の解説通りに意味を解釈すると、遠慮がいらないとか気づかいが不要だとか少し変なニュアンスになってしまいますね^^;) 遠慮がいらないとか気づかいがいらないと言うと少し誤解を与える表現だなと思いますが、遠慮や気づかいというキーワードはそのままのストレートな意味でとられるのではなくて… 言うなれば 「お互いに腹を探り合う必要のない・お互いに自然体でいられる仲」 といった意味での遠慮や気づかいがいらない・気楽に付き合える仲という表現をするために用いられる表現であり、日本語に多く見られる曖昧で抽象的な表現だからこそ誤解を招きやすいのでしょう。 近年は気が置けない仲という言葉が示す真の意味を誤解している人が非常に多いと言われていますが、日本語に限らず言葉は日々変化していきます。 それを進化と取るか退化と取るかは別にして、有名な「お前」「貴様」がかつては相手への尊称あった時期もあるように、年数を経たいつの日にか気が置けない仲と言えば、お互いに油断のならない・変に気づかいや遠慮をしてしまう間柄のことを指すようになっているのかもしれません。 抜粋しますと、気が置けないというのはやはり 「気がね(遠慮)がない」 と解説されています。 参考までに。

次の

ことわざ・気が置けない

気 の おけ ない 意味

「気の置けない」の意味と由来(語源) 「気の置けない」の意味は「気を使わない」「遠慮する必要がなく心から打ち解けることができる」 「気のおけない」は、「 気を使わない」という意味で使用される慣用句です。 逆に「気を使う」とは、相手の顔色を伺ってしまい一緒にいるとなんだか疲れてしまうというようなことをいいます。 つまり「気の置けない」は、「遠慮をする必要がない」といった「 気を使うことなく、気楽に付き合える」というニュアンスで使用される言葉です。 「気の置けない」の語源は「気の置ける」の否定表現 「気の置けない」という言葉の 語源は「気の置ける」という言葉にあります。 「気の置ける」は、 「気を使う」という意味の慣用句で、この場合の「置ける」とは「使う」という意味で使用されています。 つまり、「気の置けない」は「気の置ける」の否定形であるため「気を使わない」という反対の意味になります。 「置けない」には「 気を置きたくても置けない」というニュアンがあり、それほど遠慮のいらない自然な関係であるということを表現しています。 「気の置けない」の誤用に注意 「気を許せない、油断ならない」の意味で解釈するのは間違い 「気の置けない」を 「気を許せない・油断ならない」という意味で解釈するのは間違いです。 これは、「置けない」を「気をゆるすことができない」という解釈をしてしまっているよくある間違いで、「〜ない」という否定の言葉を使用していることからおこりやすい誤用であると考えられます。 本来は「気の許せる」という意味で使用される言葉になるため誤用に注意してください。 「気を置かない」と表現するのも誤り 「気の置けない」は、「気の置けない」で「気を使わない」という慣用句になるため、同じ意味で 「気を置かない」と表現してしまうのは誤用です。 「置かない」というのは、自分の意志となりますが、上述したように 「置けない」と表現することにより「置きたくても置けない」という様子を表現しているため、「気を置かない」と表現してしまうと微妙なニュアンスの違いが出てきてしまいます。 「気を置かない」という言葉として使用されることはありませんので「気を置かない」で慣用句であることを頭に入れておきましょう。 「気の置けない」の使い方 「気の置けない友人」「気の置けない仲」は「気を使わない親しい友人」「気を使わない関係」 「 気の置けない友人」は、「 気を使わない親しい友人」という意味で使用される言い回しです。 「 心から打ち解けることができる友人」というニュアンスで使用されます。 「気を使う必要がない」というようりは、「自然と気を使うことのない関係でいることができる」というような意味合いになります。 また、「 気の置けない仲」は、そういった「 遠慮のいらない人との親しい間柄」を言い表す言葉です。 「気の置けない人」は「遠慮や気兼ねがいらないい人」 「気の置けない人」は、「 遠慮や気兼ねがいらないいい人」という意味で使用される言い回しです。 その人の心穏やかな性格から、誰もが気を許し、気兼ねなく接することができるような、そんな人を「気の置けない人」といいます。 つまり、 誰とでも親しくできる穏やかな性格の人を表現しています。 「気の置けない」間柄とは 価値観が合う 例文 「週末に気の置けない友人をお茶をしてあれこれ話すことが私の楽しみである」 「彼は転校して初めてできた気の置けない友人だった」 「困ったときに頼れるのは気の置けない仲の友人だけである」 「気が付けば、彼らとは気の置けない仲として何年も付き合っている」 「彼女はどこに行っても気の置けない人だねと言われる」 「気の置けない人を一緒にいると心から楽しいと思える」 「気の置けない人と会話をすることでストレスを発散することができる」 「価値感」とは、 その人にとって何が重要であるか・何が楽しくてつまらないのかという感覚のことで、この「価値観」がお互いに合わないと、会話をしていても話の食い違いがおきてしまったり、お互いにわかり合えない場面が訪れてしまいます。 「価値観が合う人」とは、 同じ感覚を持っているので気を使うことなく、共感し合うことができるのです。 したがって、「価値観が合う人」とは「気の置けない間柄」になれると言えるでしょう。 素の自分でいられる 例えば、昔からの知り合いで自分のことをなんでも知ってくれているような相手に対して 素の自分を見せられるといった安心感なども「気の置けない間柄」であると言えるでしょう。 気の許せない人には、自分を良く見せようと自分自身を作ったり、見えを張ってしまったり、話す時に相手に嫌われないように言葉を選んだり、といったことをしてしまいますよね。 そういったことをしないで素の自分でいられる相手は「気の置けない間柄」と言うことができるといえます。 なんでも話すことができる 人は誰かを会話をするときに、だいたいの人は相手に不愉快な思いをさせないよう気を遣い会話をするものだと思います。 特に親しい人以外では相手が何を話したら楽しいのか、また会話が続くように話をふるなど、気を使って会話をし、こんなことを言ってしまったら嫌われるなというようなことは、自分が話したいと思っても控えてしまうものです。 しかし、「気の知れない間柄」であれば、 自分の思ったことをなんでも話すことができます。 また、 信頼もあるため他の人には話せないような内容の話もすることができます。 「気の置けない」は男女の関係でも使用することができる 「気の置けない」は、 男女の関係でも使用することができます。 女性同士だから・男性同士だから「気が置けない」と感じることもありますが、基本的には男女の関係であっても「一緒にいて気が楽である・気を使わない関係である」といった場合には「気の置けない間柄である」と表現することができます。 「気の置けない」と「気が置けない」の違い 「気の置けない」と「気が置けない」は同じ意味 「気の置けない」と 「気が置けない」は同じ意味で使用されます。 つまり、「気の置けない」という言葉を 「気が置けない」と言い換えることが可能であるということです。 「気の置けない」が慣用句であるため。 「気の置けない」と表現されることが多いですが、「気が置けない」と言い表す人もいますので、頭に入れておくといいでしょう。 ただし、上述したように「気を置かない」は誤用ですので注意してください。 「気が置けない」の例文 例文 「いつしか彼女とは気が置けない仲になっていた」 「出会ったばかりですが、彼女とは気が合うので気が置けない仲になれる気がします」 「結婚相手の条件は、気が置けない関係になれるかどうかです」 「結婚式に気が置けない友人にスピーチを頼んだ」 「彼女は人柄がよく、周りの人から気が置けない人を言われている」 「気の置けない」の類語 気の張らない 「気の張らない」は、「 余計な気を使わなくてもいい様子」を言い表した言葉です。 例えば、「一緒にて心が落ち着くような関係や間柄」を「気の張らない関係」というように表現します。 例文 ・彼女は学生の頃からの知り合いなので一緒にいて気の張らない関係です ・気を使わなくて全然大丈夫なので、そんなに気を張らないでくださいね ・こんなに気の張らない会議は初めてというくらい皆さんフレンドリーでした 気兼ねない 「気兼ねない」は、「 きがねない」と読みます。 「気兼ねない」は、 他人に気遣いして遠慮をすることがないことを言い表しています。 余計な気を使うことなく、遠慮せずに本心を述べる様子を表現している言葉です。 例文 ・彼には悩みを相談したりお願いすることができるので、気兼ねない関係と言えるだろう ・何かわからないことがあれば気兼ねなく何でも聞いてくださいね ・一人暮らしをするようになってから気兼ねなく好きなことができるようになった 気心の知れた(「気の知れた」は誤用なので注意) 「気心の知れた」は、「 親しい、仲の良い」という親しい間柄を表現する言葉です。 「気心」には「その人が本来持っている性質や考え方」という意味があります。 たまに「気の知れた仲」という表現を見かけますが、この表現は誤用ですので注意してください。 正しい表現は「気心の知れた」になります。 例文 ・彼とは幼い頃からの付き合いで気心のしれた仲である ・彼女とは気心の知れた仲であるため、なんでも話すことができました ビジネスならば「懇意」「昵懇」など ビジネスであれば、「懇意」や「昵懇」といった言葉で表現されます。 ・「 懇意」 「懇意」は、「 こんい」と読みます。 「懇意」の意味は、「 親しくしていること・遠慮のいらない間柄であること」です。 ビジネスシーンでは、「親しくしている」というニュアンスで「懇意にしている」というように表現します。 ・「 昵懇」 「昵懇」は「 じっこん」と読みます。 「昵懇」の意味は「 親しく打ち解けて付き合うこと」をいいます。 「親しく付き合って遠慮がない様子」を表現した言葉が「昵懇」です。 「気が抜けない」という言葉事態には、「失敗をおそれて油断することができない」といった意味があります。 例文 ・彼は怒りっぽい性格であるため、会話をするときは気がぬけない ・社長との会食はどうしても緊張してしまい気がぬけない ・自分の性格上人の顔色を伺い誰に対しても気をぬくことができない 気を許さない 「気を許さない」とは、 「気を許す」という言葉に打ち消しの「ない」をつけた言葉です。 「気を許さない」が「警戒心を解く」という意味で使用される言葉であるため、「気を許さない」は「 警戒心を解くことができない」という意味になります。 例文 ・彼は気難しく、学校を卒業するまで誰に対しても気を許さなかった ・一度裏切られてから簡単には気を許さなくなった ・世の中はいい人ばかりじゃないのでそう簡単に気を許さないほうがいいですよ 信用の置けない 「信用の置けない」は、「 信用できない」という意味の言葉です。 他人に対して信用する気持ちを持つことができないことを「信用のおけない」と言い表すことができます。 ・信頼のおけない ・信用がおけない という表現をすることもあります。 例文 ・彼は昔から嘘つきで信用の置けない人だと感じていた。 ・信用の置けない企業に投資する人が少ないのは当たり前の話だ。 ・まだまだ世間から信用の置けない中小企業を成長させたのは今の社長だ 「気の置けない」の英語 close 「気の置けない」の英語は「 close」が一番近いでしょう。 「 have known each other for a long time(長い間お互いを知っている)」と表現することも可能です。

次の