ネイバー フット。 滝沢伸介

ネイバーフッド : NEIGHBORHOOD

ネイバー フット

ネイバーフッドは日本のストリートブランド。 ブランドコンセプトは「モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッド等の要素を独自の解釈で昇華したベーシックな服作り、またそのライフスタイルの提案」。 これがネイバーフッドが提案するアイテム、参加プロジェクトのベースになっている。 創業者の滝沢は設立当初、モーターサイクルなどをはじめとしたカウンターカルチャーに傾倒していたという。 ダメージ加工を施したデニムアイテム、モーターサイクルの雰囲気に溢れたレザージャケット、ブランド設立当初より続く吉田カバン製のバッグ等がシグニチャーアイテム。 「STUSSY 」、「A BATHING APE 」、「ADIDAS 」、「FRAGMENT デザイン 」、「VISVIM 」等、数々のブランドとのコラボレーションや映画作品等と連動したアイテムも展開し、活動範囲は広い。 キッズライン「ネイバーフッド ワンサード NEIGHBORHOOD ONE THIRD 」を展開するなど、ライフスタイルを幅広い分野に渡って提案している。 取り扱いショップは直営店「ネイバーフッド」、オンリーショップ「HOODS」、その他日本国内のセレクトショップや海外のセレクトショップ。 今後も海外での展開も含め、様々なプロジェクトの進行を予定している。 1994年、東京・原宿にて「ネイバーフッド NEIGHBORHOOD 」を設立。 2008年、海外初のオンリーショップ「HOODS Hong Kong」を香港セントラル地区にてオープン。 HOODSはその後、北京とソウルにも店舗を広げた。 2009年、UKカルチャーよりインスパイアされたライン「ルーカー バイ ネイバーフッド LUKER BY NEIGHBORHOOD 」をスタート。 2013年、アメリカン・ワークウェアブランド「エム ブイ ピー M. 」とコラボアイテムを発表。 2014年、とのコラボで「adidas Originals by NEIGHBORHOOD」を発表。 ジャケット、パンツ、シャツなどトータルウェアからシューズまでフルラインで展開した。 このコラボは2015年まで続いた。 2017年、 Teva とのコラボでサンダルを発表。 2018年、ラーメン専門店「一風堂」オーストラリアの店舗ユニフォームをデザイン。 2020年、様々な分野で活動するスタイリストの熊谷隆志が手がけるとのコラボウェアを発表。 ネイバーフッドのデザイナープロフィール.

次の

ネイバーフッドデザイン ~「ご近所づきあい」で都市の課題を解決する~

ネイバー フット

ネイバーフッドの生みの親である滝沢伸介は長野県千曲市出身です。 彼のファッションへの興味は高校生の時から芽生えており、男性向けファッション雑誌の「ポパイ」を見て感化される日々でした。 長野より上京し、ファッションデザイナーとしてネイバーフッドを立ち上げる前は日本で初めてのクラブ・ミュージックレーベルを扱うレコード会社(ファイルレコード)に入社しクラブミュージックの担当をしていました。 レコード会社を退職後、1994年にネイバーフッドを設立し、ファッション業界に進出します。 当時は裏原ファッションが一大ブームとなっていて、多くのファッションブランドが誕生しました。 ブームが去った後もネイバーフッドが生き残ったのは、滝沢が流行に左右されることなく独自のマーケティングを行ってきたからだと言います。 彼がクリエイティブな仕事をしながら経営を行う上で大事にしていることは、ワンマン社長になるのではなく、社員一人一人が会社を主導するような意識で仕事を行うことです。 こうすることによって、社員と共に企業も成長していくと考えています。 滝沢はハーレーダビットソンのヴィンテージを専門にコレクションするほどに車やバイクに精通しています。 彼のモーターサイクルに関する知識や今までに受けた影響がネイバーフッドの商品にも反映されています。 また、若い頃よりロンドンや古着のエッセンスを自分のファッションに取り入れ、ネイバーフッドの基盤にもなりました。 アパレルブランドの経営の傍らでは、ネイバーフッドと別の企画で「JURASSIC PAINT」という名義でペインターとして活動しています。 ネイバーフッドのアイテムとのコラボレーションもしています。 ネイバーフットが主催するイベントではTOKIOの長瀬智也とバイカーロックバンドを組みベーシストを担当します。 私生活では既婚で三人の子の父親でもあります。 滝沢の妻はファッションモデルでありタレントの滝沢眞規子です。 バイクや車以外にも、動物のペットや爬虫類にも興味があるため、「爬虫類しんちゃん」とあだ名を付けられていた時代もありました。

次の

滝沢伸介

ネイバー フット

滝沢 伸介(たきざわ しんすけ、 - )は、の。 来歴・人物 [ ] 出身。 上京後、DJやスタイリストなどをしながらぶらぶらしていたが、、日本初の・レーベル、の立ち上げに際してスタッフを探していた、から森俊二を通して声をかけられ、森と共にへ入社。 の担当となる。 妻はモデルの滝沢眞規子。 一男二女の父。 レコード会社時代は一人しかいない部署のため、部長の役職を得る。 そのため古い友人達からは社長になった今でも部長のあだ名で呼ばれている。 退社後の、自身のブランドNEIGHBORHOODをスタート。 愛称はタキシン。 ペットや爬虫類に詳しかった滝沢は「ペットしんちゃん」「爬虫類シンちゃん」と呼ばれていたがその後、らの身近な仲間にシンちゃんと呼ばれる人物が他にもいたため( )、が「シンちゃんって呼んだ時に二人とも振り返るから、それを区別しよう」と提案しタキシンと呼ばれるようになっていった。 車やオートバイに造詣が深く、特にのにおいてはとして有名であり、プライベートではハーレーでレースにも参加している。 また、NEIGHBORHOODとは別のプライベートプロジェクトとしてJURASSIC PAINT名義でペインターとしても活躍。 プロジェクト内の彫金部門4 DIMENSION STUDIOではデザインを担当。 デビューライブを行う。 脚注 [ ]• EYESCREAM 2012年5月号 株式会社 音楽と人 雑誌コード 11515-05 外部リンク [ ]• この項目は、関係の人物に関連した です。 などしてくださる()。

次の