シンフォギア2 スペック 比較。 PF戦姫絶唱シンフォギア2 |パチンコ 新台 保留・演出・信頼度・ボーダー・スペック・導入日

PF戦姫絶唱シンフォギア2|スペック・攻略情報

シンフォギア2 スペック 比較

ゲーム性は前作同様の突破型で、初当り後の「最終決戦」で勝利できれば「シンフォギアチャンス」へ突入。 シンフォギアチャンスの時短回転数は7回転、11回転、99回転の3種類あり、99回転なら実質連チャン濃厚だ。 演出面ではおなじみの聖詠、絶唱に加えて、今作は抜剣がカギ。 「絶唱演出」 絶唱演出 信頼度 トータル信頼度 45. ] パターンを問わずに高信頼度。 暗転後に全員で絶唱すれば、激アツの繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!リーチ発展が濃厚だ。 響1人でも、完唱して即当りするパターンが存在! 「聖詠演出」 聖詠演出 信頼度 トータル信頼度 40. リーチ濃厚レベルの赤は、ガセがある高信頼度の変動中予告との複合に期待だ。 前作同様、青保留はそのまま消化すれば鉄板! 保留にデュランダルが刺されば激アツで、専用の背景に移行する。 [てがみ保留] てがみ保留変化予告 信頼度 パターン 信頼度 トータル 7. 醤油のビン パトランプ 保留がてがみに変わった場合は、枠の右側にあるてがみランプがフラッシュ。 ランプの高速点灯や絶唱ランプ点灯は高信頼度。 中身でとくにアツいパターンは抜剣や絶唱、デュランダルだ。 開くタイミングにも注目で、変動開始から早いほどチャンス。 白や赤のように響ランプのフラッシュではなく、枠上の絶唱響ギミックが動いて画面の両端に、待っていたのは、この瞬間ッ! 文字のみ 白 16. 筆文字風の文字のみタイトルは出現した時点でチャンス、赤なら高信頼度。 ヘソ入賞時に画面が白黒になれば期待大。 全体が金色になれば超激アツ!? 未来のセリフで信頼度が変化。 画面のフチにキャラたちの名言が出現。 うっすらとしたアイコンが完全に浮きでれば絶唱ゾーン突入。 ステップアップをふくめて、色がある予告は金になれば信頼度が大幅にアップ。 突響や新・撃槍ガングニールだッ!など、発生した時点でチャンスとなる予告も複数ある。 RADIANT FORCEチャンス目あおり時 57. ガングニールデバイスはどこで震えてもアツい! RADIANT FORCEリーチや聖詠ボーナスチャンス発展をあおるタイミングで発生すれば、発展濃厚かつ高信頼度。 変動開始時にアームドギアが動き、画面の周囲にエフェクトが発生。 ギアペンダントが下に動くステップ3や赤エフェクトはチャンス。 変動開始時に左右のキャラパネルが回転。 回転している時間が長いほど信頼度アップ。 アイキャッチの色は赤ならチャンス。 移行先が不死鳥のフランメなら期待大。 変動開始時のチャンス予告。 キャラと人数が重要で、1人の場合は再び突響予告発生or抜剣モード突入のいずれかに分岐。 6人集合は大チャンス、エクスドライブなら激アツだ。 「可能性にゼロはないッ!予告」 可能性にゼロはないッ!予告 信頼度 トータル信頼度 68. セリフのあとにアームドギア役物が突き上がる激アツ演出。 キャロルが出現するステップ3のセリフの色に注目。 赤文字はセリフの内容でも信頼度が変化。 響が登場する高信頼度演出。 ステップ2(最短でッ!) 76. ボタン押し時 カットイン 藤尭 8. マリアのセリフ後に画面がフリーズ。 文字色は赤でも大チャンス! フリーズしている時間が長いほど期待でき、絶唱演出に直行で超激アツ!? フリーズ中のボタンPUSHから発生するカットインのキャラにも注目だ。 ステップ1 0. ステップ2 0. ステップ3のセリフの色に注目。 フォニックゲインを使って…ッ!の部分でテンパイすれば1段階目。 エクスドライブ発動後のテンパイは2段階目となる。 楽曲 キャラリーチ示唆 12. 全リーチ示唆 楽曲変化 抜剣 54. 基本的に最後の楽曲と発展先が対応しており、抜剣(IGNITED arrangement)の楽曲へ変われば抜剣リーチの期待大。 連続回数にくわえて継続時のセリフも重要で、生きるのを諦めないでッ!なら高信頼度だ。 抜剣MODE突入を契機に擬似連が発生することもある。 信頼度だけでなく、抜剣演出発生を示唆するセリフも存在。 成功後はガングニールデバイスを押し込み続けて、最終的に表示されたパネルの演出が発生。 導入キャラ 翼&クリスから開始 1. 戦姫絶唱の文字完成後にギアペンダントギミックが落下すれば抜剣リーチに対応した激アツのGXパターン! キャロルが乱入してくるパターンは超激アツだ! 「背景スライド予告」 背景スライド予告 信頼度 テンパイ時信頼度 2. 前段MV(ミュージックビデオ)からの発展がもっとも信頼度が高い。 テンパイ時に発生するラインが赤ならチャンス系、紫なら激アツ系だ。 セリフの色によって信頼度が大きく変化。 リーチ後のボタンPUSHから発生する激アツ演出。 通常以外のパターンなら大当り濃厚!? テンパイ後に全画面のクリスが出現。 山に刻まれた文字やアイコンに注目だ。 ノーマル中の背景にキャラ登場で大チャンス。 人数が6人ならさらに高信頼度。 白 2. 分析結果に反応もしくは響と弦十郎の掛け合いが展開するお馴染みの演出。 発生する演出や発展先を示唆する文字が出現。 赤背景でも激アツ、金は超激アツ! 「聖詠演出」 聖詠演出 信頼度 トータル信頼度 40. 発生した時点で信頼度が高い。 ほかの演出を経由するパターンを含めて、最終的な絶唱リーチ発展期待度は激高! 基本的にはステージ名と回転数が表示されている右下のミニウィンドウで展開する演出にも多彩な高信頼度&大当り濃厚パターンが存在。 「回転数カウンター」 回転数カウンター 信頼度 赤文字発生時信頼度 81. 赤くなれば激アツ! 【特訓モード中は通常の演出に加えて専用演出が展開】 特訓モードは、特訓でも始めるかッ!予告などから移行する特殊背景だ。 ステップ2 0. 画面上側にある電光掲示板に流れてくる文字の色に注目。 翼とマリアがテンパイをあおれば大チャンス。 【もっとも絡むのは絶唱リーチ!! 】 [リーチ別・大当り占有率] リーチ別 大当り占有率 リーチ 大当り占有率 絶唱リーチ 35. 響以外のキャラはトータル信頼度こそ高くないが、発展前の予告やリーチ中のチャンスアップ次第では十分に大当りを狙えるぞ! また、新搭載の抜剣リーチの大当り占有率は、前作のエピソードリーチとほぼ同等の約15%だ。 キャラは響の信頼度がダントツで高く、前半止まりなら超激アツだ。 今作ではキャロルが、前作の未来にあたる大当り濃厚キャラとして登場。 そのほかのキャラも、チャンスアップ次第で信頼度は大きく変わる。 [前半] 装者リーチ(前半)信頼度 パターン 信頼度 キャラ 切歌or調 1. タイトル 白 0. 導入カットイン デフォルト 6. 絶唱発展あおり なし 大当り濃厚!? 小 9. タイトル(前半) 白 14. 最終あおり ガングニールデバイス 70. [抜剣演出] 抜剣演出 信頼度 トータル信頼度 35. 逆にあおりが発生しなかった場合は大当り濃厚!? ・ゴールド図柄変化 図柄が金に変われば期待大! ・エフェクト(ボタン連打で発生) ボタン連打をして赤エフェクトに変われば大チャンス。 虹到達でもちろん大当り濃厚!? テロップ 白 32. 響以外のキャラは信頼度の差がなく、響なら大当り濃厚!? [キャラ一覧] ・切歌&調(向き合う勇気) ・翼(夢の途中) ・クリス(こんなにも、残酷だけど) ・マリア(輝きを継ぐ、君らしく) ・響(正義を信じて、握り締めて) [チャンスアップ] ・テロップ テロップは赤なら信頼度アップ。 ・ウェハースビジョン 画面が奥に引っ込み、何重にも重なってみえるウェハースビジョン発生は激アツ! ・ゴールド図柄変化 図柄が金色に変化で大チャンス。 ・エフェクト(ボタン連打で発生) ボタン連打でエフェクトが赤までいけば期待大。 ボタンバイブ RADIANT FORCEチャンス目予告のあおり成功から発展。 ・エフェクト(ボタン連打で発生) RADIANT FORCEリーチ中も裏ボタンは有効! ・押して参るボタン 押して参るボタン発生で大チャンス。 ボタンバイブは大当り濃厚!? 経由なら繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!が濃厚だ。 [チャンスアップ] ・タイトル 金ならアツい! ・テロップ 70億の絶唱リーチは赤テロップで信頼度大幅にアップ! ・ウェハースビジョン 画面が奥に引っ込み、何重にも重なってみえる激アツアクション。 ・ゴールド変化 画面全体が金に染まれば勝利間近!? 【10連達成でキャロル解放!! 「時短99回転時の特徴」 [時短告知タイミング] ・リザルト画面後にV-STOCK獲得 リザルト画面後に通常にもどったとみせかけて、V-STOCK獲得演出が発生すれば連チャン濃厚の時短99回転。 司令室予告 信頼度 パターン 信頼度 弦十郎 デフォルト 3. エルフナイン 白 49. 未来 桐生七美 セリフに注目で、色が変わった場合は赤なら信頼度が大幅にアップ。 金なら信頼度激高! キャラがエルフナインなら文字色に関わらず大チャンスだ。 ステップ2 赤 52. アイコン すべて敵キャラ 60. 結果 ハズレアイコン(白) 6. ハズレアイコン以外に停止すればチャンスで、緑の奮闘でも十分にアツい。 4パネルがすべて同じなら大チャンス。 「可能性にゼロはないッ!予告」 可能性にゼロはないッ!予告 信頼度 トータル信頼度 82. 「絶唱演出」 絶唱演出 信頼度 トータル信頼度 大当り濃厚!? 「これが私たちの絶唱だッ! 予告」 これが私たちの絶唱だッ! 予告 信頼度 トータル信頼度 14. テンパイあおり時にけだしッ!の文字出現で激アツ。 通常以外のパターンなら大チャンス。 文字色は赤や金なら信頼度が大きく上昇する。 導入部のセリフパターンが重要。 1段階 9. ステップ1 5. セリフの色は赤でも激アツだ。 緑 33. 基本的には時短が11回転だった場合の6回転目に発展するリーチで、5回転(時短6〜11回転目)をまとめて抽選&告知! 6回転目以外での発展は超激アツ!? バトル開始前の保留チャージ演出中にオーラが格上げされるほど信頼度も上昇。 オーバー入賞させ続けた場合に限り、青のままなら大当り濃厚だ。 「楽曲リーチ」 楽曲リーチ 信頼度 トータル信頼度 49. ギアペンダントミッションは、ガングニールデバイスを押し続けてギアペンダントギミックがすべて点灯すれば大当り!? 敵がガリィなら大チャンス、レイアの妹なら大当り濃厚! 攻撃は弱、中、強、超激アツの全4パターン。 攻撃 弱(図柄1個) 36. 弱攻撃時 カットイン デフォルト 47. 楽曲 限界突破G-beat 49. 攻撃のパターンは増加した図柄の数に対応し、3つなら強。 敵との競り合いに勝つと先制攻撃成功でチャンス。 攻撃 弱 (ASSAULT MAIDEN) 40. ボタン デフォルト 47. ボタンの色でも信頼度が大きく変化。 攻撃 弱(レベル2・青) 91. ボタン長押しでレベルが上昇。 最終的な攻撃は緑の中攻撃以外ならすべて高信頼度。 デバイス ボタン 26. デスフラッシュ 大好きフラッシュ 2回目の攻撃時はパターンに注目。 フィーバークイーンのBGMに変化すれば超激アツ攻撃! 1回目の攻撃で大当りした場合は、専用のムービーが発生する。 デバイス ボタン 35. ハズレ図柄を破壊して、大当り図柄が増えるほどアツい。 中盤のボタンPUSHで発生する回想チャンスアップは、キャロルが覚醒すれば大当り濃厚、さらにV-STOCKを獲得するパターンも存在する。 複数個獲得した場合は、ストックの数だけ連チャン濃厚だ。 自分で選べる演出は、前作のゲーム性を踏襲したバトルタイプとガングニールデバイスを押し続けて図柄揃いを狙う振動タイプの2つだ。 どちらも保留をためる区間の電チューオーバー入賞でパネルやオーラの色が変化することがあり、赤なら大チャンス。 タイプ共通でレバブル発生はアツい!! 全員 赤文字 チャンスアップ クリス 45. シャッフルはアツく、当該変動で響以上に変化濃厚。 抜剣or全員は大当り濃厚だ。 比較的、信頼度の低いクリスと翼は、ボタン押し直前に出現する文字が赤なら大幅に信頼度がアップ。 ハズレ画面がキャロルの焦り顔なら次変動がアツい。 緑 32. 導入カットイン 切歌 8. 戦闘準備完了の文字に出現するオーラの色は5回転分のトータル信頼度を示唆している。 オーバー入賞させ続けた結果、青止まりなら大当り濃厚だ。 あおり時の上から落ちてくる図柄は大きくなるほどアツい。 ] [キャロル演出] 「前作を踏襲した演出の大半が映像を一新」 重要演出の聖詠や絶唱が大当りに絡む割合、大まかなリーチフローなど、前作を踏襲しているポイントが多数。 これまでと同様のアツさを感じられる秀逸なバランスだ。 もちろん、抜剣や絶唱の全員ver. といった新しく追加された激アツ演出も存在する。 9割以上が新規映像or新演出となり、正統進化を遂げた! 【新キャラ・キャロル登場演出が満載!】 「最終決戦」 「シンフォギアチャンス」 キャロルを中心に展開する演出も多い。 任意で2つのタイプを選べるようになった最終決戦では、敵キャラとして登場。 シンフォギアチャンス中も、特定の条件を満たせば選択が可能だ。 キャラにあわせた専用予告やバトルが展開する。 基本的には時短の残り回転数は7回転で表示され、11回転以上の場合は終了間際に専用の演出が発生して告知される。 時短11回転告知後は予告とリーチが専用演出に変化し、時短99回転告知後の演出はほぼ即当り! 【専用枠ならではの多彩なギミックを搭載!! 】 「絶唱響ギミック」 絶唱予告発生時などに響が上昇し、羽ばたく! 「キャラパネル」 専用枠の左右についたキャラのパネルが、光りと回転でアツい演出を引き立てる!! 「タイトルロゴギミック」 予告や絶唱などさまざまなタイミングで落下! 「ギアペンダントギミック」 大当りのカギを握る抜剣発生の合図だ! 「アームドギア」 絶唱予告や大当り時に画面の下から飛び出す! 「ガングニールデバイス」 当落の瞬間など、アツい場面で活躍する新ギミック。 想いを込めて精一杯押し込め!! 「響シルエットランプ」 入賞時にフラッシュすればチャンス!! 前作からおなじみの響ランプ予告と連動している。 「てがみランプ」 てがみ、絶唱、デスなど、演出にあわせてランプが点灯! V入賞後に大当りを告知する演出が発生。 ボタンPUSHでロゴギミックが落下すればギアVアタック、アームドギアギミックがつき上がればSPECIAL FEVER!! 特定の連チャン数到達といった条件を満たしているうえでの10R獲得なら裏表2種類のエンディングなど特殊なラウンドを楽しめるぞ! [大当りの種類] 大当り別 ラウンド数&Vストック示唆 大当り ラウンド数&Vストック FEVER 4R(10R昇格期待度10. 基本的にはシンフォギアチャンスGXで選択しているキャラが登場するが、違うキャラなら10R or V-STOCKの期待大! [キャラ別・10R期待度] キャラ別 10R期待度 パターン 10R期待度 響 限界突破 G-beat 90. クリス TRUST HEART 90. キャロル 紫オーラ 80. 響とクリスは楽曲が重要で、リトルミラクル -Grip it tight-やBye-Bye LullabyならV-STOCK濃厚だ。 【より楽しめるように入賞口や電チューの配置を一新!! 】 右打ち中のこぼれ玉は1個賞球の愛ポケット(普通図柄の作動口)がほぼ拾うため、電チューのオーバー入賞で演出を楽しんでもかなり玉が減りにくい。 電チューがアタッカーの先に配置されていることもあり、V入賞を狙うタイミングで電チューに玉が拾われてパンクするといった可能性は激低。 時短99回転の場合にパンクをすると大当りを1回損するだけでなく、時短が終わってしまうだけに、パンクの可能性は低くても余裕をもって打ちはじめるのがベターだ。 「V入賞ラウンド終了後は打ち出しをヤメ」 [アタッカーの基本情報] ・賞球数…13個 ・カウント数…10個 V入賞とラウンド消化のアタッカーは共通となっており、V入賞ラウンドでもしっかりと10カウントまで入賞して130個を獲得しないと最大出玉を獲得できない点は要注意。 V入賞ラウンド終了後の大当りの種類を告知する演出中はアタッカーが閉じているため、打ち出しを止めてOK。 大当り決定後はアタッカーが開くのを確認してから打ち出せばムダ玉を最小限に抑えられる。 「トイレ休憩のタイミング」 ・時短回転数が残り0以外は保留がなければ休憩OK 時短の最終変動で残り保留をまとめて抽選することで最大継続率を得られるスペックとなっているため、時短7回転目に席を離れるのはNG。 もちろん、7回転目まで到達する数の保留が残っている場合も要注意! [時短11回転or時短99回転時の補足] ・時短11回転 6回転目の抜剣演出時にチャージしなかった場合(大当りもしてない)は演出だけ失敗となる。 残り秒数のカウントダウンがおこなわれているが、あくまで演出となるため、失敗後に玉を入れれば抽選(時短10回転目まで)がおこなわれ、当たったときは救済のような演出が発生。 11回転目(時短最終変動)でしっかりと保留をためれば損はない。 ・時短99回転 7回転目の抽選がハズれたあとのリザルト画面でV-STOCKが発生すると時短99回転。 告知発生後は、保留がないうえに変動が止まっていることを確認できれば席を離れてもOK! ユーザー口コミ・評価詳細 Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2• 右打ちのロス玉がなくなったので、最強だなと思います。 演出は、こいつは当たる!と思うやつしか当たらない感じ。 しかし、良すぎる台なので、どの店も釘を締めてて、打ちたいのに打てないってのが、現状ですね。

次の

P逆シャアのスペックはほぼシンフォギア!?SANKYOの新旧ライトミドル比較

シンフォギア2 スペック 比較

絶唱予告発生時などに可動。 当落時に可動すれば大チャンス。 電チュー当たり時は10R時のみ電サポ振り分けが複数あり。 00円 18. 4 19. 3 3. 57円 19 20 3. 33円 20 21 3. 03円 20 21 2. 50円 21. 7 22. 00円 14. 7 15. 5 0. 92円 15 16 0. 89円 15 16 0. 75円 16 17 0. 60円 17. 8 18. 電チューの下にスルーポケットがあるので、 こぼれ球が出にくい設計になってますが、 ・アタッカーの右上のOUT穴 ・愛ポケットの右上のOUT穴 の二つのこぼしがあるため、 打ち出す球は最小限度に抑えた方がいいでしょう。 特にアタッカー右上のOUT穴は 広げている店もありそうなので注意が必要です。 今作はアタッカーが電チューより上にあるので、 電サポ作動中の小当たり当選時も、 パンクしづらい設計になっています。 アタッカーからこぼれた玉のほとんどは、 賞球1個のスルーポケットに入賞するため、 玉減りしにくくなってます。 V入賞してから2R目以降が始まるまで ラウンド告知演出が発生し、 その間はアタッカーが開かないので打ち出しを止めましょう。 アタッカーが開くときに、 「フルオープンだー!」みたいなことを言ってくれます。 V入賞時と同じ場所。 デュランダル保留に変化すれば激アツ! 今作は手紙保留出現時は、 台枠右側の手紙ランプがフラッシュ。 全手紙保留なら高速点滅する。 赤くフラッシュすれば大チャンス。 エクスドライブなら激アツ。 連続予告は3回発生するとチャンス。 金文字なら期待大。 赤・金文字なら期待。 左・右に3・9が停止すると発生。 パネルを破壊して発展先を決定。 ルーレットでSPリーチを決定。 GXパターンなら抜剣リーチに発展。 金セリフなら大チャンス。 約15回転ほど滞在。 前回と同じキャラに発展すると上位リーチ発展濃厚。 響・キャロルならチャンス。 前半に抜剣演出発生で抜剣or絶唱リーチ発展。 絶唱煽り後に役物落下で後半or絶唱リーチ発展。 タイトル・当落デバイスなどにチャンスアップあり。 6話verと11話verの2パターンあり。 11話verなら大チャンス。 ライン数が増えるほどチャンス。 ロングリーチ・装者前半中の抜剣演出や、 抜剣 イグナイト モードから発展。 絶唱演出から発展する激アツリーチ。 Vのオーラは緑以外なら10Rに期待。 今作は突入時に2種類のタイプの中から演出タイプを選択。 バトルタイプは前作同様バトル演出が発生。 振動タイプはデバイスを押し続けて図柄揃いを狙うゲーム性。 パネルの色で期待度示唆。 キャラ登場時の文字やハズレ後の画面にも注目。 大当たり獲得ごとに演出タイプは変更できる。 内部的に時短11回・99回の場合は告知が発生する。 6回転目~10回転目は抜剣演出がメイン。 11回転目以降はバトル演出が発生。 告知発生後は変動速度が速くなり 即当たりメインの演出が展開。 赤文字ならチャンス。 G指令室予告 S. 対戦相手・技に注目。 対戦相手は5種類。 技は4種類。 大当たり図柄の数に注目。 回想チャンスアップ発生でチャンス。 SPリーチ中にボタンを連打するとイルミ色が変化。 赤になればチャンス。 絶唱リーチ・装者後半・抜剣リーチが多い。

次の

インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト

シンフォギア2 スペック 比較

・スペックは基本的に前作とほぼ同じ ・継続率が若干アップして出玉性能は若干ダウン ・演出面は前作を踏襲しつつ強化 実戦した感想としては前作を打ったことがある人ならすんなり入っていける感じで、 良くも悪くも冒険せずに手堅くきたな、という印象です。 詳細は攻略サイトなどに出てますので、前作を知ってる前提で比較を中心にお伝えします。 シンフォギア2の基本スペック まずは基本スペックを前作との比較でお伝えします。 シンフォギアチャンスGXの突入率は約50%と前作とほぼ同じですが、継続率が若干アップしています。 ラウンド振り分け ラウンド振り分けは以下のとおりで、MAXが新基準対応の10Rとなっていますが、振り分けは優遇されています。 前作 シンフォギア2 15R 40% 50% 10R 10R 3% 2% 7R 8R 7% 3% 6R 4R 50% 45% 4R 右打ち時のラウンド振り分けは図の方がイメージしやすいと思うので公式HPより引用します。 前作と同じく4Rの比率が結構高いので、勝てるかどうかは 振り分け次第という感じですね。 継続率は4%アップ 上のとおり、シンフォギアチャンスの継続率は若干アップしています。 右打ち中の大当たり確率はほぼ同じですので、この理由は時短回数の振り分けによるものです。 時短99回転は実質次回大当たり確定ですし、時短11回転も残保留4回転を足して継続率は88%となります。 逆襲のシャアのシステムを取り入れてますね。 これらが混じっているので トータル継続率が82%と前作よりも高くなっています。 出玉性能 続いて出玉性能の比較です。 新基準の対応ということでMAXが10Rになっています。 前作 シンフォギア2 15R 1,470個 1,300個 10R 10R 1,176個 780個 7R 8R 784個 520個 6R 4R 392個 390個 4R 1回あたりの出玉は前作より少なくなっていますが、継続率とのバランスで 獲得出玉の期待値はほぼ同じです。 戦姫絶唱シンフォギア2の演出の変化 シンフォギア2の演出パターンは前作とほぼ同じという印象ですが、アニメーションは一新されています。 原作ファンは一度は打ってみる価値があるでしょう。 最終決戦 大当たり後は最初の 保留+時短4回転の最終決戦に突入するのは前作と同じですね。 敵がフィーネからキャロルに変わっています。 今作はバトル演出に振動演出が加わりました。 バトルタイプはキャラが充填されてからも右打ちし続けることで昇格するチャンスがあります。 内部的には既に勝敗は決まってますので、あえて止め打ちして昇格演出をキャンセルするのもありですね。 バトル中は「勝機を逃すな!掴み取れ!」の 赤文字や、バトル敗北後の敵キャラのカラーで次回チャンスアップです。 今作から追加された振動タイプ演出はレバー押し続けて震えたら確定の 一発告知タイプです。 普段は切歌と調の2人ですが、マリアのカットインが入ると激アツです。 振動タイプはバトルのキャラと違い変動開始前に期待度は分からないのですが、充填完了後のチャンスアップで、 「戦闘準備完了」の文字が赤色までいくとシンフォギアチャンスGXへの突入率は50%以上を示唆します。 シンフォギアチャンスGX中の演出 なんとか50%の壁を突破すればシンフォギアチャンスGXに突入です。 前作と同じく基本はバトル演出から大当たりを目指します。 キャラによって演出が違うのはご存知のとおりで、その時の気分で選びましょう。 アニメーションは一新されてますね。 チャンスアップが分かりやすくなっているのは高評価です。 例えば響だと、対戦相手が ミカ<レイア<ファラ<ガリィの順で期待値が上がります。 ファラ以上を期待したいところですね。 リーチライン数に応じて攻撃が変わります。 4ラインなら確定です。 途中確定演出が入ったりと演出はかなり面白いと思います。 LAST演出が熱い 見た目上の確変が終了するのが7回転目ですが、ここで当たるケースが多いです。 シンフォギア2のSTの大半は11回転ですので、この LASTの演出には残保留4回転分の当たりが集約されているからです。 4回転分の大当たり確率は40%くらいありますので、引き戻しで助けられた感も相まってうれしさ倍増です。 上のおっさんは外れ濃厚ですが、ここで未来が出て来れば確定ですし、終了画面で流星が出現すればLAST1回転での引き戻しです。 引けなかったんで画像はありませんが、この辺の期待値の作り方とかが本当に上手だと思います。 通常時の演出 通常時の演出はパターンはほぼ前作と一緒で、前作知ってる方なら違和感なく打てるでしょう。 主な変更点として 抜剣演出の追加くらいでしょうか。 結構当たりに絡む演出で、ギアペンダント役物落下から、抜剣リーチや装者リーチ(強)、70億の絶唱リーチに発展します。 抜剣リーチか絶唱リーチへの発展に期待で、装者リーチにはいってほしくない印象ですね。 絶唱演出の出現頻度が減った シンフォギアといえば絶唱リーチですが、前作より出現頻度が減ってますね。 リーチ後半の装者リーチと絶唱リーチの分岐は同じですが、 バランスが見直されています。 絶唱リーチは本機最強リーチで前作は半分以上これ経由だったのですが、装者リーチ(後半)でも結構当たるようになった印象です。 聖詠演出と新たに追加された episode予告などが絡めば期待して良しです。 その他の激アツ演出 本機の王道ルートは上記のとおり絶唱リーチか装者リーチ後半発展ですが、それ以外の激アツポイントをいくつかお伝えします。 デュランダル保留は激アツ 先読み保留演出で群を抜いて期待度が高いのが デュランダル保留です。 ガロの剣に似てますね。 4保留目にコイツが刺さった時は安心して打つ手を止めれます(確定ではない)。 これ以外に 青保留は確定です。 だいたいは途中で 赤保留に変化して期待値50%くらいになります。 青から緑への変化はないですね。 全手紙保留は期待しすぎない これも前作踏襲ですね。 50%は期待値ありますが、最後手紙が開いて「歌女」などの装者リーチ系示唆だと、まぁ外れますね。 聖詠ボーナスチャンスは赤文字以上じゃないと無理 リーチ外れ後に聖詠ボーナスチャンスに行くことがありますが、上のように 白文字は期待できません。 赤文字で約40%、デバイスバイブで大当たり濃厚ですが、まぁでないですね。 相変わらずレバブルが強い SANKYOの台はほんと レバブル強いですね。 白レバブルでちょっとチャンスかな、と思うかもしれませんがが、 それ激アツです。 白でも70%以上らしく、僕は実戦上外れたことがありません。 金文字や虹も出るようになった シンフォギアの前作はあまり金文字や確定演出は無かった気がしますが、今作では結構出る印象です。 装者リーチの重要度がアップしたので、 金文字のチャンスアップは重要なポイントです。 短い実戦でしたが、初当たりの2回が擬似連してる間にレインボーになってました。 隣も出てたので、結構出現頻度高いのかなという感想です。 RADIANT FORCEリーチと戦姫絶唱チャンスはチャンスアップ次第 RADIANT FORCEリーチはおなじみの多数ラインリーチですが、 5ラインと6ラインで期待値に雲泥の差があり、5ラインは10%程度、6ラインなら50%オーバーです。 戦姫絶唱チャンスは 全員選択以外はノーチャンスと思っていていいでしょう。 特訓モードが追加 今作ステージチェンジで特訓モードが追加され、チャンスゾーンかと思ったのですが違うようです。 僕は原作見たことないですが、雪音クリスとマリアが人気な気がします。 どうでもいいですが。

次の