二ノ国 ジブリ。 二ノ国

二ノ国(にのくに)映画の評判まとめ!面白いかつまらないか感想を調査

二ノ国 ジブリ

二ノ国の映画公開日は、 2019年8月23日(金)を予定されています。 本作品は、製作総指揮・原案・脚本をレベルファイブの社長である日野晃博さんが担当。 監督は、ゲームでもアニメーション監督を務めていた百瀬義行さんが担当し、音楽もまた、ゲームと同じ久石譲さんが手掛けます。 映画は、ゲームとは異なる完全オリジナルストーリー。 高校生のユウと親友ハルは、幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに、2つの世界を行き来することに・・・・。 ただ、映画では主人公が一ノ国では日本人で、設定が現代の日本という点がゲームとは異なっています。 映画『二ノ国』の声優キャストは? ゲームでは多部未華子さんや長澤まさみさんが声優を務めてきた二ノ国。 映画化するにあたって、声優は誰が務めるのかということが話題になっていました。 本作品の豪華なキャストをまとめてみました! 映画『二ノ国』の声優キャストまとめ 出典:• ユウ:山﨑賢人• ハル:新田真剣佑• ヨキ:宮野真守• ガバラス:津田健次郎• ダンパ:梶裕貴• バルトン:山寺宏一• フランダー王:伊武雅刀• 不思議なお爺さん:ムロツヨシ 主人公の高校生・ユウの役を担当する山崎賢人さんは、声優初挑戦。 ワーナー・ブラザース ジャパンのエグゼクティブプロデューサー・小岩井宏悦さんは、これまで山崎賢人さんが演じてきた役柄を見て、その演技の幅広さに注目し、是非にとオファーしたのだそうです。 脇を固める声優陣も、声優の他に俳優業やアーティストなど、幅広く活躍する宮野真守さんや、「七色の声を持つ男」としてアニメだけでなく、ナレーションや吹替えなど幅広い役柄をこなす山寺宏一さんなど、他にも主役級の豪華な顔ぶれです。 LINE LIVEとのコラボ企画・声優オーディション 映画「二ノ国」の制作発表が行われた2月、LINE LIVEとのコラボレーション企画として「映画『二ノ国』声優オーディション」が開催されました。 豪華声優陣の一員となって、本作品へ出演できるという夢の企画。 もちろん、エンドロールにも名前が掲載されます。 多数の応募があった中で、オーディションを勝ち抜いたのは中高生から人気のTikToker・水瀬遥さん。 もともと、オーディション情報サイト「デビュー」に応募し、芸能界入りしたばかりの17歳、現役女子高生なのだそうです。 小さいころからアニメが好きで、声優になりたいと考えていたという水無遥さん。 彼女の演技にもぜひ注目したいですね。 映画『二ノ国』の主題歌は? 製作陣、声優陣の豪華な顔ぶれから考えて、主題歌はどんなアーティストが担当するのかというところも当然気になります! 映画「二ノ国」の主題歌について調べました。 ボカロPと須田景凪が主題歌を担当 シンガーソングライターであり、ボカロPの須田景凪さんが主題歌を担当することが発表されました。 須田景凪さんが映画「二ノ国」のために書き下ろした新曲「MOIL」。 映画の脚本を読み、その世界観を落とし込んだ楽曲ということで、ますます映画が楽しみになること間違いありません。 須田景凪とボカロPの経歴 須田景凪さんは、ニコニコ動画などに自身が作曲した楽曲を提供。 ボカロPは、「バルーン」として活動しており、遊び心あるキャッチーなサウンドで人気を集めています。 中でも、代表曲である『シャルル』は数々の歌い手からカバーされています。 『二ノ国』とジブリの関係は? RPGゲーム「二ノ国」が人気となった理由の一つは、スタジオジブリがアニメーション作画を手掛けたことではないでしょうか? そして、今回の映画でもスタジオジブリ出身の百瀬義行さんや、ジブリ作品おなじみの作曲家・久石譲さんが関わっているということで、二ノ国とスタジオジブリの関係について調べみました。 スタジオジブリの世界観に浸れる「二ノ国」 もともと、「二ノ国」はスタジオジブリが製作協力しており、スタジオジブリの世界観にどっぷりはまれるということが特徴。 登場するキャラクターや映し出される景色が、「天空の城ラピュタ」や「となりのトトロ」を彷彿とさせ、ジブリ作品が好きな人にはたまらない作品なのです。 声優キャストや主題歌、予告動画など、少しずつ情報解禁となるたびにネット上でも大きな話題を呼んでいます。 これまでゲームをプレイしたことがない人も、思わず注目してしまう本作品。 劇場公開が待ち遠しいです! 親しみやすい絵柄から、子どもから大人まで遊びやすい全年齢対象のゲームとなったことも、のちにシリーズ化・映画化されるまでの人気作品となった理由の一つでしょう。 映画『二ノ国』の劇場公開が待ち遠し 映画『二ノ国』について調べてみると、かなり力の入ったアニメーション映画だということが分かりました。

次の

二ノ国 : 作品情報

二ノ国 ジブリ

概要 が製作したRPG。 2010年にDS版、2011年にPS3版が発売。 『』や『』などのアニメーション製作で知られるが製作協力している。 音楽はが担当。 版『二ノ国 漆黒の魔導士』と版『二ノ国 白き聖灰の女王』の2バージョンがある。 システムや見た目は全く違うが大筋基本のストーリーは同じである。 なお、最初から2つのハード別に製作は並行して行われており、移植ではない。 『白き聖灰の女王』の方が後から発売されたので、追加されたキャラクターもいる。 続編として 『』がで発売予定になっている。 2019年8月にアニメ映画が公開された他、同年9月に『白き聖灰の女王』がNintendo Switchで発売予定。 他にも、媒体を変えて、『二ノ国』シリーズは展開されている。 二ノ国 ホットロイトストーリーズ ストーリー オリバーはある事故で最愛の母を亡くしてしまう。 悲しみに暮れるオリバーだったが、彼の涙が人形に触れると、突然人形が動き出した。 人形の正体は、涙の妖精『シズク』だった。 シズクは現実世界とは違うもう一つの世界『二ノ国』からやってきたのだ。 二ノ国は、『ジャボー』という魔道士によって危機にさらされており、オリバーに二ノ国を救ってほしいと頼む。 無理だとためらうオリバーだったが、『二ノ国へ行けば母親が助かるかもしれない』というシズクの言葉を聞き、オリバーは二ノ国へ旅立つことを決意する。 登場人物 オリバー 声 - 多部未華子 透き通った心を持った主人公の少年。 母のアリーを亡くしてしまうが、シズクと出会ったことで二ノ国へ旅立つことになる。 マル 声 - 長澤まさみ 二ノ国でオリバーが出会った少女。 歌うことが好きで元気な女の子。 一ノ国(現実世界)では『シェリー』という病弱な女の子。 シズク 声 - 古田新太 二ノ国の涙の妖精。 ジャボーの魔法で人形の姿に変えられ、人形はアリーからオリバーにプレゼントされたが、オリバーの涙に触れたことで魔法が解かれた。 オリバーの透き通った心を見出し、彼を二ノ国へと導く。 ジャイロ 声 - 大泉洋 元詐欺師で、オリバーの仲間。 華奢で弱そうな容姿をしている。 スリを繰り返して生計を立てている。 オリバーのある物を盗んだことで彼と知り合う。 二ャンダール14世 声 - 八嶋智人 ゴロネール王国の王様で、王国を統括しているが、ゴロゴロしており、やる気をなくしている。 一ノ国ではオリバーの隣の家で飼われている猫の『フランク』。 カウラ 声 - 渡辺えり ババナシア王国の女王。 食欲が止まらなくなっており、腹が大きくなっている。 一ノ国では『レイラ』という牛乳屋のおばさん。 ブヒーデン 声 - 溝端淳平 民を1000の法で縛り付ける皇帝。 何故か美しいものを『醜い』と言って毛嫌っている。 豚のような鎧を付けているが、その正体は美しい容姿を持っている青年。 アリー 声 - 黒田知永子 オリバーの母親。 ある事故で亡くなってしまう。 マジックマスター DS版のパッケージには「マジックマスター」と呼ばれる本(B6サイズ,352ページ,約500グラム)が同梱されている。 この本にはストーリーの進行に必要な図形(本作中では"ルーン"と呼ばれる)などが記載されており、プレイヤーはストーリーの進行に応じてタッチパネルにルーンを描く必要がある。 本書に描かれているルーンがないとストーリーの進行は不可能である。 そのため、プレイヤーは常に本書を携帯していなければならない 携帯ゲームなのに。 製作者側は「ゲーム業界初の本とゲームの新しい連動」を特徴に挙げているが、プレイヤーの一部からは違法コピー(マジコン)対策の一環という見方もある。 ゲームシステム 漆黒の魔導士 このゲームでは、ソフトに付いてくる本(魔法指南書「マジックマスター」)に描かれている『ルーン』と呼ばれる紋章を、DSのタッチペンで描くことで様々な力を発揮する。 白き聖灰の女王 魔法をタッチパネル操作で使っていたDS版とは違い、コマンド選択によって魔法を使う。 DS版は斜め見下ろし視点の2Dタイプだったが、PS3版は視点の3Dタイプになっている。 そういうこともあって、PS3で当時出ていた多くのRPG(テイルズとかFFとか)とパッと見は同じような感じで、あまり変わらない感覚でプレイできる。 また、作中のすべてをCGとして構築してリアルタイム処理でシームレスに動かされている。 それ自体はPS3世代ならば珍しくもないが、それを ジブリ調の絵柄にして、アニメっぽい動き(=非現実の動き)を再現することを大きな目標として掲げられて、それを実現している。 いうまでもないことだが、アニメっぽい絵柄と動きをCGで再現するのは未だ発展途上の領域である。 CGにおいては写実的な現実とリアルな物理現象を再現することを目指す方が様々な業界分野での長年のノウハウが溜まっているため開発はしやすい。 2010年時点の試作品に対しては、監修者の百瀬ヨシユキから生活感の無さ、カメラアングルの悪さなどの要改善点を指摘されていた。 そういうこともあり開発中に何度も大規模な作り直しをしているようで、発表のたびに別物のようになったゲームでもある。 用語 二ノ国 もう一つの世界。 この世界はモンスターが多数存在する。 一ノ国 二ノ国とは違う、いわゆる現実世界のこと。 ホットロイト オリバーの故郷。 ルーン 様々な力を持った紋章。 それを杖で描くことでその力を発揮する。 マジックマスター ルーンの描き方などが書かれた魔法指南書。 また、魔物図鑑や二ノ国の世界の地図なども登載されている。 心のかけら 様々な心を持ったかけら。 これを抜き取られるとヌケガラビトになってしまう。 全部で八つあり… 、 、 、 、 、 、 、 がある。 トレビン 心のかけらを入れるビン。 ヌケガラビト 心のかけらを奪われ、廃人のようになってしまった人を表す。 心のかけらを与えると正気に戻れる。 人の心から生み出される心の戦士。 命令もテレパシーのように心の中で行える。 関連情報 スタッフ 企画・制作 - レベルファイブ アニメーション制作 - スタジオジブリ シナリオ・総監督 - 日野晃博 アニメーションディレクター - 百瀬ヨシユキ 音楽 - 久石譲 演奏 - 東京フィルハーモニー交響楽団 ゲーム作品に関するデータ 漆黒の魔導士 白き聖灰の女王 機種 ジャンル ファンタジーRPG 同左 発売日 2010年12月9日 木 2011年11月17日 木 価格 6,800円(税込) 8,800円(税込) 開発・発売元 レベルファイブ 同左 CERO A(全年齢対象) 同左 関連リンク 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

二ノ国 漆黒の魔導士 攻略

二ノ国 ジブリ

ある日、突然何者かに襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へと引き込まれる。 次第にユウはコトナにそっくりな二ノ国の姫、アーシャに惹かれていく。 コトナを救いたいハル。 アーシャを守りたいユウ。 大切な人の命をかけた<究極の選択>が迫るとき、2人が下した決断とは—? 引用:「TOHOシネマズ」公式サイト 制作総指揮を「 妖怪ウォッチ」や「 イナズマイレブン」でお馴染みの レベルファイブのCEO・ 日野晃博さんが担当し、監督をスタジオジブリの「 火垂るの墓」の原画や「 平成狸合戦ぽんぽこ」の絵コンテ作画、「 もののけ姫」のCG制作を担当した 百瀬義行さんが務め、 音楽をスタジオジブリでお馴染みの 久石譲さんが担当しています。 スタジオジブリにずっと関わってきた 百瀬義行さんが監督を務めているということで、綺麗な背景の描写やジブリっぽい雰囲気の絵に期待できそうですね^^ また、スタジオジブリの 宮崎駿監督作品の全ての音楽を担当した 久石譲さんの曲は間違いないと思います。 エンディングの主題歌「 MOIL」を歌うのは 須田景凪さん、ニコニコ動画の歌い手としてデビューし、ボカロP「 バルーン」として活動されていて、2017年10月からは「 須田景凪」名義でシンガーソングライターとして活動されているそうです。 映画に合ったステキな曲なのでぜひ聴いてみてください^^ 二ノ国【映画】主なキャストは? ユウ ============== 豪華本人解説付き!! いつも一緒にいるハルとコトナとは幼馴染だが、実はコトナに密かな思いを抱いている。 主人公・ ユウの声を人気俳優の 山崎賢人さんが、主人公の親友・ ハルを映画「 ちはやふる」で第40回日本アカデミー賞・新人賞を受賞した 新田真剣佑さんが担当し、ヒロイン・ コトナと アーシャ姫を人気女優の 永野芽郁さんが担当していることもあり、声優陣がかなり豪華です。 意外にも 山崎賢人さんや 新田真剣佑さんは声優初挑戦で、 永野芽郁さんは日本語吹き替え声優の経験はあるもののアニメ声優は初挑戦だそうですよ。 「二ノ国」に転送された ユウと ハルでしたが、 ユウは歩けるようになり、想いを寄せる コトナにそっくりな アーシャ姫に出会います。 「二ノ国」で不自由なく生きていくのか、「一ノ国」という現実で目を背けながら生きていくのかという葛藤に悩まされる主人公・ ユウと、一ノ国で恋人・ コトナと一緒にいたい ハルが対立していきます。 予告では、 コトナと魂の繋がる アーシャ姫が助かると、 コトナは代わりに亡くなってしまうというようなことを言っています。 今まで発売された「二ノ国」のゲームではそのような設定は無く、 「一ノ国」と「二ノ国」の住人は魂が繋がっていて、片方の世界で苦しむと、もう片方の魂の繋がった人物も苦しんだり不幸になるという設定でした。 予告だけですが、今回、あくまで ハルは、悪役の ガバラスから アーシャ姫が助かると コトナが助からないと聞きます。 そのため、実は ハルは ガバラスからウソをつかれていて、 アーシャ姫が助かると コトナも助かるのではないかと思っています。 ですが、映画とは別の設定となっている可能性もあります。 ゲーム「二ノ国」では 魂のリンクを断ち切るという裏技的な行為もあるため、どちらにせよ二人とも助かるのではないでしょうか。 ハルやユウの「二ノ国」で魂の繋がった人物は? そして、気になるのが、「一ノ国」と「二ノ国」には、魂の繋がった人物がいる設定なので、主人公・ ハルと ユウの「二ノ国」での魂の繋がる人物は誰になるのか、 ガバラスや ヨキの「一ノ国」の魂の繋がった人物は誰なのかと言った点。 キャラクターから考察すると、 「一ノ国」と「二ノ国」の魂の繋がる人物の共通点は、目の色が同じなことです。 アーシャ姫と コトナ、 サキと ヴェルサは、同じ目の色をしています。 そこから考察すると、エスタバニア王国の長で、 アーシャ姫の父でもある フランダー王の頼れる右腕で怪しい人物・ ヨキと、悪役の ガバラスは同じ緑色の目をしています。 実は、 ガバラスは「一ノ国」の人物で、そして実は真の黒幕の ヨキと魂が繋がっているのではないかと思っています。 また、 フランダー王と お爺さんは同じ青色の目なので、魂が繋がっていると思います。 予告では主人公・ ハルと ユウと同じ目の色の人物が出ていないのが気になりますね。 ゲーム「 二ノ国」では、 主人公とラスボスの魂が繋がっているという衝撃の展開でした。 映画では、さすがにそんなわかりやすい展開にはしないだろうと思ったので、 ハルと ユウと魂の繋がった人物は意外なところで出てくるか、もしくは既にリンクが切れていて亡くなっているのかもしれません。 なぜガバラスはエスタバニア王国を支配したいのか? では、 ガバラスは何のためにエスタバニア王国を支配したいのか、 アーシャ姫を亡き者にしたいのでしょうか。 「二ノ国」のラスボスの目的は、人々から感情や心を奪い、争いのない世界を作ることでした。 実は、 映画「 二ノ国」の悪役・ガバラスも、悲しい事実があり、そんなに悪い人物では無いという展開だと思っています。 二ノ国で愛する人ができたがエスタバニア王国のせいで亡くなってしまったとか、エスタバニア国王の女王は登場していないので、実はガバラスと女王は恋仲だったのに、フランダー王に奪われたとか、そう言った理由なのではないでしょうか。 もし、「二ノ国」の人物が助かると「一ノ国」では助からないというのが真実なのだとすると、実は ガバラスは コトナに関係する人物で、 アーシャ姫を亡き者にすることで コトナを助けたいといった理由なのかもしれません。 映画の核となるであろうガバラスの目的に注目ですね^^ 映画「二ノ国」の結末は? もし、スタジオジブリのような話題を狙っているとすると、ハーピーエンドな結末になると考察しています。 ユウと ハルは助けたい人物が違うので、お互いぶつかり合いますが、最終的には仲直りして、 アーシャ姫も コトナも助かるのではないでしょうか。 また、悪役・ ガバラスも実はそんなに悪い人物ではなく救われるのではないかなとも思っています。 ユウは「二ノ国」に行くことで足が不自由だったのが治っています。 その心中から察すると、 アーシャ姫と一緒に「二ノ国」に残るのが幸せなのかなと思いますが、「一ノ国」にも親などの家族がいるわけで…。 最後には好きに世界を行き来できなくなる展開になると思うので、 ユウは現実を受け入れて「一ノ国」で生きていくことを選択するのではないかなと思います。 果たしてこの考察はあっているのでしょうか、ぜひ劇場で確かめてみてくださいね。 ある日、 コトナが通り魔に刺され、命を落としかけることに。 コトナを病院に運ぼうとしてる時に、 ユウと ハルは「二ノ国」へ。 「二ノ国」に迷い込んだ ユウと ハルは、呪いにかかっていた アーシャ姫を助けることに。 ユウは、 アーシャ姫の呪いを解き、恋に落ちます。 そして、 ユウと ハルは再び「一ノ国」へ。 すると、 コトナの怪我は治っていたものの、病気で亡くなりかけていました。 ユウは、 「一ノ国」と「二ノ国」には魂の繋がっている人物がいて、片方が亡くなると、もう片方も亡くなってしまうことを昔、謎の お爺さんに言われた事を思い出します。 そのため、 ユウは、 アーシャ姫を助ければを コトナも助かると ハルを説得します。 しかし、 ハルは、 アーシャ姫を助けたから コトナが亡くなりそうなのだと勘違いしてしまうのです。 そして、 ハルは アーシャ姫を亡き者にしようとしてしまうのです。 こうして、 アーシャ姫と コトナを救おうとする ユウと、 アーシャ姫を亡き者にして コトナを救おうとする ハルが、命をかけて戦うことに。 そんな中、 ユウは、裏切り者がエスタバニア王国にいることを突き止めます。 その 裏切り者は、フランダー王の右腕: ヨキでした。 真相が明らかになり、 ユウと ハルは協力することに。 また、 謎の お爺さんは、昔「二ノ国」を救った元勇者であり、 ユウにも勇者の力が眠っていることを教えてくれました。 そして、怪物に変形した ヨキを、 ユウが油断させ、 ハルが止めを刺すことに成功します。 それにより、 アーシャ姫と コトナも助かりました。 ユウは「二ノ国」に残り アーシャ姫と、 ハルは「一ノ国」で コトナと幸せに暮らすことになりました。 ちなみに、 ユウは元々「ニノ国」出身で、「一の国」の ハルと魂が繋がっていたことが判明します。 ハルは、 ユウに関する記憶が コトナたちから消えていくことに寂しさを覚えますが、自分の中に ユウの存在を強く感じるのでした。 更新:映画「二ノ国」の結末ネタバレの感想 当初の予想通り、ゲームと同じく、 アーシャ姫が助かれば コトナも助かるという展開でした。 「一ノ国」の ハルや ユウと魂の繋がった人物は誰だろうと思っていましたが、まさか 「一ノ国」の ハルと「二ノ国」の ユウ(「一ノ国」にいた ユウ)が繋がっているとは思いませんでした。 ヨキが黒幕なのも予想通りでしたね^^ ジブリのような雰囲気もあり、ストーリーや展開もわかりやすくて音楽が良いので、 小・中学生を中心に幅広い世代が楽しめる作品だなと思いました。 ただし、 新海誠監督の「 天気の子」や 細田守監督の「 サマーウォーズ」、 宮崎駿の ジブリ映画、 ディズニーのアニメ映画と比べると、かなり見劣りするのは事実です。 映画「 二ノ国」はどんな予想のつかない結末が待っているのか、とても楽しみですね^^ 声優初挑戦の 山崎賢人さんや 新田真剣佑さん、アニメ声優は初挑戦の 永野芽郁さんに注目してみてください。 映画「 二ノ国」は、 2019年8月23日(金)から公開中です。

次の