雑記ブログ アフィ。 アフィブログ|アフィリエイトで月収30万円稼ぐまでの実践記

【雑記ブログ】収益化を目的としたテーマの選び方(初心者必見)

雑記ブログ アフィ

一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすい 2. 価値が提供できていれば、雑記サイトでも稼げる 大事なのは、価値の提供です。 一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすいといわれていますが、価値が提供できていれば雑記サイトでも稼げます。 この点について、解説していきます。 一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすい カテゴリーに特化して情報を発信している特化サイトの方が、アフィリエイトで稼ぎやすい傾向にあります。 理由としては、何に関するサイトなのかがユーザーに分かりやすいことと、カテゴリーに特化しているためSEOに有利になることなどがあげられます。 また、記事同士の関連性が強いのでユーザーの離脱が防げる(他のサイトへ情報を探しに行くのを防げる)のも強みです。 価値が提供できていれば、雑記サイトでも稼げる 特化サイトの方が稼ぎやすい傾向にあるとお伝えしました。 そうは言っても、特化サイトで「おすすめコスメまとめ」「お得なクレカ」などの大きなキーワードで検索上位を狙うのは難しいことがあります。 理由は、大手の競合サイトが多いからです。 自分のアフィリエイトサイトが、どんなサイトと戦わないといけないのかという競合調査は非常に重要です。 競合調査では、狙っているキーワードで検索し、上位1位~10位のサイトを見てみましょう。 一方、雑記サイトはどうでしょうか。 雑記サイトでしっかりと価値の提供ができれば、特化サイトよりも稼げることがあります。 価値を提供するためには、そのサイトでどんな情報が得られるのかを、サイト名や記事で示す必要があります。 雑記サイトに、特価サイトの要素を少しプラスしてみると、イメージがつくのではないかと思います。 自分が、自分のサイトで提供できる価値とはなにか…ということを、いま一度考え、整理してみましょう。 アフィリエイトの手法比較するなら、本質の理解から 「特化サイトと雑記サイトどっちがいいの?」といったアフィリエイトの手法比較をするなら、本質の理解をしましょう。 アフィリエイトサイトの本質は、「問題解決」です。 簡単な例をだすと、「節約 おすすめ」と検索する人に対して、おすすめの節約方法について記事を書くとよく読まれます。 理由は、検索者の「おすすめの節約方法を知りたい」という問題を解決しているからです。 あなたの記事は、だれかの問題を解決する内容ですか? もしそうなら、価値の提供ができています。 まとめ 記事のポイントをまとめます。 「特化サイトと雑記サイト、どちらが稼ぎやすい?」の回答としては、以下です。 特化サイトと雑記サイト、どちらが稼ぎやすい? 1. 一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすい 2. 価値が提供できていれば、雑記サイトでも稼げる どちらであろうと大切なのは、「自分のサイトで価値が提供できているかどうか」です。 特化サイト、雑記サイトというのはあくまで手法で、それぞれにメリット、デメリットがあるため、ぜひあった方法をとってみてください。

次の

雑記ブログから特化ブログへと移行したい!おすすめの方法とは?

雑記ブログ アフィ

収益性の低い雑記型ブログを収益性の高い特化型ブログに生まれ変わらせましょう。 特化型ブログのジャンルを決める まずは、現在の雑記型ブログをどのような特化型ブログに転身させるのか決めていきましょう。 決め方としては、 既にアクセスを集めている記事のジャンルを展開させる方法がおすすすめです。 今現在アクセスが集められているということは、そのジャンルを横展開させることで更に大きなアクセスを集められる可能性も高いということです。 特化型記事を増やす 運営するブログジャンルが決まったら、そのジャンルの記事ラインナップを増やしていきます。 既にアクセスを集めている記事と関連性の高い記事から書いていき、それぞれの記事を内部リンクで繋ぐことで早期アクセスアップが望めます。 雑記記事を下書き状態にする 特化型記事の継続投稿と並行して、今後の特化型ブログには不要な雑記記事を下書き状態に戻していきましょう。 記事自体を削除してしまっても同じことですが、せっかく書いた記事を消してしまうのは勇気がいる人も多いかと思うので下書き状態に戻すだけでも問題ありません。 記事を下書き状態に戻していくペースとしては、特化型記事を10記事公開したら雑記記事を3記事下書き状態に戻す。 と言ったように、徐々に徐々に雑記記事の割合を減らしていくのがおすすめです。 一気に記事を下書き状態に戻してしまうとブログ全体の内部リンク構造が大きく変化しますので、SEO的に少々不安です。 そのため、新規公開記事の3割程度の割合で雑記記事を下書き状態に戻していくといいでしょう。 公開記事を下書き状態に戻すには、該当の記事の 編集をクリックします。 ステータスを 下書きに変更の上、 OKをクリックし、 更新をクリックします。 これで記事が下書き状態に戻ります。

次の

【8ヶ月目】底辺アフィカスの現実!アフィリエイト収入報告【2017年12月】

雑記ブログ アフィ

一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすい 2. 価値が提供できていれば、雑記サイトでも稼げる 大事なのは、価値の提供です。 一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすいといわれていますが、価値が提供できていれば雑記サイトでも稼げます。 この点について、解説していきます。 一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすい カテゴリーに特化して情報を発信している特化サイトの方が、アフィリエイトで稼ぎやすい傾向にあります。 理由としては、何に関するサイトなのかがユーザーに分かりやすいことと、カテゴリーに特化しているためSEOに有利になることなどがあげられます。 また、記事同士の関連性が強いのでユーザーの離脱が防げる(他のサイトへ情報を探しに行くのを防げる)のも強みです。 価値が提供できていれば、雑記サイトでも稼げる 特化サイトの方が稼ぎやすい傾向にあるとお伝えしました。 そうは言っても、特化サイトで「おすすめコスメまとめ」「お得なクレカ」などの大きなキーワードで検索上位を狙うのは難しいことがあります。 理由は、大手の競合サイトが多いからです。 自分のアフィリエイトサイトが、どんなサイトと戦わないといけないのかという競合調査は非常に重要です。 競合調査では、狙っているキーワードで検索し、上位1位~10位のサイトを見てみましょう。 一方、雑記サイトはどうでしょうか。 雑記サイトでしっかりと価値の提供ができれば、特化サイトよりも稼げることがあります。 価値を提供するためには、そのサイトでどんな情報が得られるのかを、サイト名や記事で示す必要があります。 雑記サイトに、特価サイトの要素を少しプラスしてみると、イメージがつくのではないかと思います。 自分が、自分のサイトで提供できる価値とはなにか…ということを、いま一度考え、整理してみましょう。 アフィリエイトの手法比較するなら、本質の理解から 「特化サイトと雑記サイトどっちがいいの?」といったアフィリエイトの手法比較をするなら、本質の理解をしましょう。 アフィリエイトサイトの本質は、「問題解決」です。 簡単な例をだすと、「節約 おすすめ」と検索する人に対して、おすすめの節約方法について記事を書くとよく読まれます。 理由は、検索者の「おすすめの節約方法を知りたい」という問題を解決しているからです。 あなたの記事は、だれかの問題を解決する内容ですか? もしそうなら、価値の提供ができています。 まとめ 記事のポイントをまとめます。 「特化サイトと雑記サイト、どちらが稼ぎやすい?」の回答としては、以下です。 特化サイトと雑記サイト、どちらが稼ぎやすい? 1. 一般論としては、特化サイトの方が稼ぎやすい 2. 価値が提供できていれば、雑記サイトでも稼げる どちらであろうと大切なのは、「自分のサイトで価値が提供できているかどうか」です。 特化サイト、雑記サイトというのはあくまで手法で、それぞれにメリット、デメリットがあるため、ぜひあった方法をとってみてください。

次の