ご 査収 の 程 よろしく お願い 致し ます 意味。 「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説!

ご査収くださいの意味や使い方!上司にはよくても社外にはNGなのはなぜ?

ご 査収 の 程 よろしく お願い 致し ます 意味

「ご査収」という言葉はビジネス文書やメールでよく目にする言葉ですよね。 でも、意味を理解せずに何気なく使っている方も多いのでは?ビジネスシーンで使われる「ご査収」の意味や正しい使い方について解説します。 「ご査収」の読み方と意味、類語 ビジネス文書やメールでよく使われる「ご査収」は、「ごさしゅう」と読みます。 「ご」は尊敬語、「査」は「よくみて調べる、検査する」、「収」は「おさめる、取り入れる」といった言葉の意味があります。 つまり 「ご査収」とは、「内容をよく確認してお受け取り下さい」といった表現になります。 また、「ご査収」の類語として「ご検収」という言葉があります。 「検」にも「よく確認する、調べる」といった意味があります。 ただし、 「ご検収」は「納品されたものが、注文した通り間違いなくあるかをよく確かめた上で受け取る」ことなので、相手が受け取るものが異なってきます。 使い分けをする場合は下記を参考にしてください。 「確認」は「確かにそうであると認めること」という意味であり「受け取る」という内容は含まれていません。 相手が受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使いません。 「ご査収」の正しい使い方 「ご査収」の言葉の意味について説明してきましたが、ビジネスシーンではどのように使うべきなのでしょうか。 正しい使い方について解説します。 「ご査収」はどのような時に使うか 「ご査収」は、ビジネスシーンで下記のような場合に使用します。 ・内容をよく確認して欲しい 添付ファイルをつけたメールを送信する時 ・内容をよく確認して欲しい 書類や資料を郵送する時 前述している通り、あくまでも 「内容をよく確認して受け取るもの」がある時にしか使えません。 確認するものがないのに「ご査収」を使ってしまうと受け取った相手は何を確認すればいいのか分からず困惑してしまいますので注意しましょう。 入れ替えた後の表現に違和感がある場合は、「ご査収」の使い方に問題があると判断しましょう。 例として、「どうぞご査収ください」が正しい使い方なのかをチェックしてみます。 「査収」を「指導」に置き換えると、「どうぞご指導ください」と少し違和感がある表現になります。 そのため、この場合は正しい使い方ができていないと判断することができます。 目上の人や取引先にも使えるのか 「ご査収ください」は「よく確認してお受け取りください」という意味なので、 目上の人や取引先にも使用することができます。 ただし、使い方が合っているかどうかは事前にしっかり確認することが必要です。 「ご査収ください」だけでは目上の人や取引先に少しくだけた印象を与え、失礼にあたるのでは?と心配な場合は、「ご査収の程お願い致します」「ご査収くださいますようお願い申し上げます」などといった、より丁寧な言い回しをするとよいでしょう。 「ご査収」の例文 ここでは「ご査収」を使った例文を紹介していきます。 実際に仕事をしている時に使いやすいものをいくつかピックアップしていますので、是非参考にしてください。 ・明日の会議資料を添付致しましたのでご査収ください。 【郵送の場合】 ・領収書を同封致しますのでご査収ください。 ・先日の会議議事録を添付致しましたのでご査収願います。 【郵送の場合】 ・提出書類一式を同封致しましたのでご査収願います。 ・下記の書類を送付しましたのでご査収くださいますようお願い致します。 【郵送の場合】 ・請求書を同封致しましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。 目上の人や取引先に失礼にあたらないか心配な場合は、この使い方をするとよいでしょう。 【メールの場合】 ・ご依頼いただいたデータをまとめた資料を添付しております。 ご査収の程宜しくお願い致します。 ・訂正しました書類一式をお送りしますのでご査収の程宜しくお願い致します。 【郵送の場合】 ・契約書を同封しておりますのでご査収の程宜しくお願い致します。 (添付の請求書をご査収ください。 ) ・I am sending you the reference that you requested. Please check the contents. (ご依頼いただきました資料を送付致しますのでご査収ください。 ) 「ご査収ください」の返事のしかた 「ご査収ください」と記載されたメールや文書を受け取った場合、相手が自分に対し「よく確認してから受け取って欲しい」と依頼してきているものなので、 返事をする際にはしっかり確認した旨を伝えるようにしましょう。 具体的な返事のしかたをいくつか紹介します。 ・書類を確認いたしましたが、特に問題はございませんでした。 お忙しいところご対応いただきありがとうございました。 ・書類を確認いたしましたが、修正していただきたい箇所がございましたので、ご対応をお願い致します。 修正箇所につきましては下記の通りとなります。 いかがでしたか。 「ご査収ください」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、このような日常生活ではあまり使わない言葉がたくさんあります。 社会人として言葉の意味をしっかり理解し、正しい使い方をしていきましょう。

次の

ご査収くださいの意味と使い方(上司、メール)や例文!ご査収の程とは?まで解説!

ご 査収 の 程 よろしく お願い 致し ます 意味

「ご査収」の意味とは? 「ご査収」の読み方は「ごさしゅう」です。 ビジネスメールで実によく見かける表現ですが、どういった意味があるのでしょう。 「ご査収」の意味は「よく確認し、受け取る」 「ご査収」には、よく確認し、理解した上で受け取ってください、という意味があります。 かみ砕いてみると、「ご査収」の「査」は調べる・理解するという意味、「収」は受け取る・収めるという意味です。 それに、丁寧の接頭辞「ご(御)」がついているので、敬語としてビジネスシーンでも問題なく使える表現になっています。 「ご査収」は添付資料が前提 「受け取ってください」という意味の「ご査収」は、何か資料を添付していることが前提の表現です。 メールの場合は添付ファイルが、郵送の場合は何かしらの添付書類が必要です。 中には、添付ファイルのない状態でも、「ご査収ください」というメールを送る人がいますが、これは誤りです。 先方に受け取ってもらうもの(添付ファイルや文書)がない場合には使用することはできません。 詳しく調べる必要がない時は「ご確認」 「ご査収」は、調べたり確認したりした上で受け取るという意味ですので、よく調べる必要がない場合にも、厳密にいうと使用できません。 たとえば、資料を添付している場合でも、以前の資料を微修正しただけという場合には、不向きです。 よく調べる必要がない場合には、「ご確認ください」を使うのが適切です。 情報共有程度という場合には使わないほうがベターです。 「ご査収」はどう使う?使用例文 実際に「ご査収」をビジネスシーンで使う場合には、どういった文章にすればよいのでしょう。 よくある使用例をもとに紹介していきます。 「ご査収ください」が一般的 「ご査収」は、「ご査収ください」という表現が最もよく使用されています。 敬語表現として目上の人にも使うことができますが、どちらかというと社内の目上の人など、比較的近い間柄で使われる表現です。 「ご査収くださいませ」とすると、やや丁寧なニュアンスが加わります。 「資料を添付しておりますので、ご査収くださいませ」という言い回しが可能です。 「ご査収の程よろしくお願い致します」もよく使う 「ご査収」を使った表現には、「ご査収の程よろしくお願いいたします」という言い方もあります。 こちらもよく目にする表現で、取引先の人にも使える表現です。 「~の程(のほど)」という言葉が、文章を和らげる役割を担っているのがポイントです。 同様の表現では、「ご査収くださいますようお願い申し上げます」もよく使用されます。 「ご査収いただければ幸いです」は非常に丁寧 先に紹介した言い回しも丁寧な表現ではありますが、より一層丁寧な表現にしたい場合には、「ご査収いただければ幸いです」という言い方をします。 たとえば、「御見積書を添付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」という風に使うことができます。 取引先の部長やこれから取引をスタートする相手など、より配慮が必要な相手におすすめの表現です。 依頼では「ご査収の上、よろしく~」 確認して受け取った上で、何か対応を依頼したい場合には、「ご査収の上、よろしく~の程お願いいたします」という表現を使用します。 たとえば、「ご査収の上、よろしくご連絡の程お願いいたします」とすると、折り返し連絡が欲しいという意味です。 「ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます」は、何か手配をお願いしたい場合に使います。 「ご査収ください」に対する返事の書き方 「ご査収ください」とされたメールを受け取った場合には、まず添付資料の確認をしますが、返事はどう書けばよいのでしょう。 返事の書き方は次の通りです。 中身を確認したことが分かるようにする 「ご査収ください」とされたメールには、添付された資料を確認したことが分かるような返信をするのがポイントです。 まずは、「確かに頂きました」と受け取った旨を記載します。 その上で、「特に問題ございませんでした。 ご送付いただき、ありがとうございました」や「大変丁寧にまとめていただき感謝申し上げます」と内容もチェック済みであることを書きましょう。 「受け取った」という意味では、「拝受しました」「拝見しました」という表現も便利です。 訂正箇所は返信メールに書いてOK 送られた資料に不備があった場合には、返信メールで修正を依頼しても問題ありません。 たとえば、「資料の送付ありがとうございました。 内容を確認させていただきましたが、1点修正のお願いがございます」などと切り出した上で、修正内容を明記しましょう。 「ご査収」の類語・英語表現は? 「ご査収」という言葉はビジネスシーンではよく見かけますが、言い換えたい場合や英文メールではどういった表現が適切なのでしょう。 類語・英語表現を紹介します。 類語は「お受け取りください」 「ご査収」の類語は、受け取るという意味の「お受け取りください」です。 メールで使うのであれば、「ご確認の上、お受け取りください」という風にします。 また、「内容をご確認いただけますと幸いです」や「ご検討の程、よろしくお願いいたします」という表現が使えることもあります。 目上の人には「御高覧ください」も使える 目上の人に「目を通してください」「確認してください」と言いたい場合には、「御高覧ください」という表現が使えます。 たとえば、「弊社の新しいコーポレートサイトが完成しました。 ぜひ御高覧ください」や「新しいご提案書を作成いたしましたので、御高覧ください」という使い方が可能です。 丁寧な表現では「ご笑納ください」 より丁寧な表現を使用するのであれば、「ご笑納ください」という言い方もあります。 「ご笑納」は「ごしょうのう」と読み、「つまらないものですが、笑って納めてください」という意味です。 「受け取ってください」の丁寧な表現ではありますが、ビジネスではあまり使えるようなシーンがないかもしれません。 たとえば、手土産を渡す際などに、「ささやかですがご笑納いただければ幸いです」などという風に使います。 英語では「refer to」を使う 英語で「ご査収」という場合には、「参照する」という意味の「refer to~」を使用します。 「Please kindly refer to the attachment s. (添付ファイルをご参照ください)」は、英文メールではよく見られる表現です。 この場合、「the attachment s 」が添付ファイルという意味になります。 また、「see」という単語を使い、「Please see the attached file 」という言い方をすることもあります。 まとめ 「ご査収ください」という言い方は、ビジネスメールでよく使用する表現ですが、一方で誤用もちらほら見受けられます。 添付ファイル(添付資料)があることが前提となりますので、注意してください。

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご 査収 の 程 よろしく お願い 致し ます 意味

「ご査収の程よろしくお願いいたします」は、末尾が謙譲語になっているため取引先や上司などの目上の人に対しても使える敬語表現です。 ただし、 企業によっては「いたします」が丁寧さに欠けるとされている場合もあるので、「よろしくお願い申し上げます」とする方がいい場合も。 使う相手によって使い分けるといいでしょう。 実際の使い方としては、ビジネスメールでよく確認して受け取ってほしい書類を添付ファイルで送る際に末尾で定型句として頻繁に用いられます。 具体的には見積もり書や請求書、検収書などです。 また、送金した時に確認のメールを送る時にも使われます。 実際の使い方を例文で見ていきましょう。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」を使った例文• ご送付いただきましたお見積もり書を確認し、拝受いたしました。 (見積もり書受信への返信)• 請求書をご送付いただきありがとうございました。 早急に入金手続きを進めさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 (請求書受信への返信)• 履歴書をご送付いただきありがとうございました。 早速確認して、受領いたしました。 (履歴書受信への返信)• 内容につき拝見しましたが、少し気になる点がございました。 下記の点をご確認ください。 (返信で質問をする)• 会議資料をご送付いただきありがとうございました。 確かに受け取りました。 内容を確認後、何かございましたら追ってご連絡させていただきます。 (会議資料受信への返信).

次の