俺的 投資。 【相談】俺「的中予想サイト?」→ 嫁が投資詐欺に引っかかってるかもしれない...【2/2】

40代の今から資産運用を本格的に始めても間に合うのか?遅くないかな?

俺的 投資

株で1億円!このエントリーチャンスを狙い撃て!! 著者/編集: 尾崎式史 出版社: ぱる出版 サイズ: 単行本 ページ数: 239p 尾崎式は暴落にも強い!強すぎる!! 株には、上昇相場があれば下降相場もあるし、もみ合い相場もある。 それぞれ相場の現状を踏まえて売買の方法を操るのが尾崎式1億円投資法。 各トレンドにあった「6つのエントリーチャンス」を余すことなくすべて公開。 いつも負けてばかりの人が後になって気づく「買いサイン」「売りサイン」のタイミングを伝授する。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 相場の世界で最も重要なもの? それはエントリーのタイミングだ!! 世界一シンプルなチャート分析で自由になる! 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 相場を生き抜くために意識すべき重要事項/第2章 エントリーポイントを見極めるために必要なツールはこれだ!/第3章 エントリーポイントはこれで完璧!チャンスはここにある!/第4章 10倍も狙える新興銘柄&低位株でボロ勝ちする方法/第5章 過去に起きた暴落を分析すれば爆益に変えることができる/第6章 100万円を7年後に1億円にするプロジェクト経過報告/第7章 相場で勝ち続けるための極意 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 尾崎式史(オザキノリフミ) 株式会社トレードライフコンサルティング代表取締役。 関西大学工学部卒業後に大手専門学校で会計学、日商簿記などの講師をつとめるかたわら、様々なネットビジネスの設立に参画。 同時にバブル崩壊後から始めた株式投資では数々の失敗を経験しながら独学でチャート分析力を磨く。 ネットトレードが普及しはじめた2000年頃から本格的に投資家に転進。 2005年に勝ち組投資家を育成するため、投資スクール『尾崎塾』を開講。 また、全国各地でセミナーや講演会を行う 「 株式投資情報」 株式投資の初心者からベテランまでの総合株式投資情報。 株式投資の「チャート分析」に特化した株式投資マニュアル情報です。 株価移動平均線を使い売買タイミングを判断し着実に利益を狙える株式投資手法を紹介 株デイトレードの注目・おすすめ銘柄の選び方の情報です。 株式個別銘柄シグナル配信の投資情報を集めたサイトです。 株のスイングトレード手法で初心者が稼ぐ方法の情報です。 空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法 3位 不動産・住宅ローン部門 著者/編集: サーファー薬剤師 出版社: 技術評論社 サイズ: 単行本 ページ数: 272p 「空き家問題」が注目されています。 現在の日本では住宅の7~8戸に1戸は空き家という状態。 そして無数にある空き家のうち実に7割以上が活用可能な状態にあるのをご存じでしょうか? 著者は空き家を中心に戸建て物件投資を行っており、現在は千葉県に7戸の戸建てを所有、購入価格は1戸あたり平均で318万円、平均表面利回りは24%です。 少額資金で始められて管理の手間を抑えられる戸建て賃貸投資。 不動産投資を始めてみたい方はもちろん、すでに戸建て以外の物件をお持ちの投資家さんもお楽しみいただける内容です。 「 不動産投資情報」 不動産投資初心者でも家賃収入で不労所得する為の不動産投資総合情報ブログです。 一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門 …だけど本格派 著者/編集: ザイFX!編集部, 羊飼い 発行元: ダイヤモンドフィナンシャルリサーチ 発売元: ダイヤモンド社 サイズ: 単行本 ページ数: 198p 今までココまで書いた本は正直なかったぞ~というホントに役立つFX入門書がついに出た! FX会社の選び方から、実際にお金を入れて注文を出して損切りラインを設定して…というリアルな取引まで、徹底的に具体的な解説にこだわった教科書になっています。 【目次】(「BOOK」データベースより) 巻頭特集 やっぱり恐るべしFX!/第1章 今までの入門書はウソが多いぞ!間違いだらけのFX!-基礎編/第2章 始める前に絶対知っておきたい13項目 間違いだらけのFX!-応用編/第3章 経済指標はあらかじめわかっているトレードのポイントだ!FXの秘密ーファンダメンタルズ編/第4章 テクニカル分析はこれだけ覚えればいい!FXの秘密ーテクニカル分析編/第5章 勝つために知っておきたい FXの真実/第6章 ボクたちのFX!投資生活セキララ報告 個人投資家さん大集合!/第7章 FX業者選びの超重要ポイント&取引マニュアル!FXのやり方手取り足取り大図解! 「 FX・外国為替情報」 FX情報商材を検証した比較情報ブログです。 FX・外国為替証拠金取引の情報ブログです。 FX・外国為替証拠金取引のスキャルピング手法の検証レビューブログです。 それぞれ相場の現状を踏まえて売買の方法を操るのが尾崎式1億円投資法。 各トレンドにあった「6つのエントリーチャンス」を余すことなくすべて公開。 いつも負けてばかりの人が後になって気づく「買いサイン」「売りサイン」のタイミングを伝授する。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 相場の世界で最も重要なもの? それはエントリーのタイミングだ!! 世界一シンプルなチャート分析で自由になる! 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 相場を生き抜くために意識すべき重要事項/第2章 エントリーポイントを見極めるために必要なツールはこれだ!/第3章 エントリーポイントはこれで完璧!チャンスはここにある!/第4章 10倍も狙える新興銘柄&低位株でボロ勝ちする方法/第5章 過去に起きた暴落を分析すれば爆益に変えることができる/第6章 100万円を7年後に1億円にするプロジェクト経過報告/第7章 相場で勝ち続けるための極意 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 尾崎式史(オザキノリフミ) 株式会社トレードライフコンサルティング代表取締役。 関西大学工学部卒業後に大手専門学校で会計学、日商簿記などの講師をつとめるかたわら、様々なネットビジネスの設立に参画。 同時にバブル崩壊後から始めた株式投資では数々の失敗を経験しながら独学でチャート分析力を磨く。 ネットトレードが普及しはじめた2000年頃から本格的に投資家に転進。 2005年に勝ち組投資家を育成するため、投資スクール『尾崎塾』を開講。 また、全国各地でセミナーや講演会を行う 「 株式投資情報」 株式投資の初心者からベテランまでの総合株式投資情報。 株式投資の「チャート分析」に特化した株式投資マニュアル情報です。 株デイトレードの注目・おすすめ銘柄の選び方の情報です。 株式個別銘柄シグナル配信の投資情報を集めたサイトです。 株のスイングトレード手法で初心者が稼ぐ方法の情報です。 「これから株を始めてみたい方」「株を始めて間もない方」にオススメの一冊です。 すべてのページがオールカラーで、やわらかいタッチのイラストや図版をふんだんに使っているため、大切な事柄をスムーズに理解できます。 具体的には、「株ってなに?」「株はいくらから買えるの?」のようなベーシックなことから、「株の口座の作り方」「株の買い方・売り方」「儲けたときの税金」「NISAの仕組み」など、株を取引するための流れを一通り解説しています。 もちろん、みんなが気になる「企業の業績の見方」や「株価チャートの見方」といった、【儲かる株を見つけるためのポイント】はていねいに解説しています。 さらに、【自分に合った投資スタイルの見つけ方】にも触れています。 貯蓄ではなく、「株に投資していきたい!」という方にピッタリの一冊です。 「 株式投資情報」 株式投資の初心者からベテランまでの総合株式投資情報。 株式投資の「チャート分析」に特化した株式投資マニュアル情報です。 株デイトレードの注目・おすすめ銘柄の選び方の情報です。 株式個別銘柄シグナル配信の投資情報を集めたサイトです。 株のスイングトレード手法で初心者が稼ぐ方法の情報です。 オールカラー、豊富な図解、どこよりもやさしい解説…なのに本格派。 株って何? どうやったら買えるの? 何を買えばいいの? といった素朴な疑問から丁寧に答えます。 PER、PBR、チャートも解説。 「 株式投資情報」 株式投資の初心者からベテランまでの総合株式投資情報。 株式投資の「チャート分析」に特化した株式投資マニュアル情報です。 株デイトレードの注目・おすすめ銘柄の選び方の情報です。 株式個別銘柄シグナル配信の投資情報を集めたサイトです。 株のスイングトレード手法で初心者が稼ぐ方法の情報です。 今、期待の相場テーマと人気銘柄をズバリ紹介。 高配当株、10万円台株も満載 カラー特別増ページで内容充実! 2017年相場はズバリこうなる! 株式投資の「チャート分析」に特化した株式投資マニュアル情報です。 株デイトレードの注目・おすすめ銘柄の選び方の情報です。 株式個別銘柄シグナル配信の投資情報を集めたサイトです。 株のスイングトレード手法で初心者が稼ぐ方法の情報です。 この4年で6つの法則10倍株をヒットさせ、投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰 「 株式投資情報」 株式投資の初心者からベテランまでの総合株式投資情報。 株式投資の「チャート分析」に特化した株式投資マニュアル情報です。 株デイトレードの注目・おすすめ銘柄の選び方の情報です。 株式個別銘柄シグナル配信の投資情報を集めたサイトです。 株のスイングトレード手法で初心者が稼ぐ方法の情報です。

次の

現在の投資金額、保有株のレビュー

俺的 投資

楽天証券で積立NISAするメリットは実質+1%で運用できる点 楽天証券で積立NISAをするメリットは実質+1%で投資が可能な点です 楽天証券では積立の投資信託(投信)を楽天カード決済で積み立てできます。 加えて楽天証券では楽天ポイントで投資信託を購入可能で、積み立て投資信託にも自動的にポイントを充当可能です。 これは他の証券会社にないメリットです。 運用会社は三菱UFJ国際投信株式会社です。 アメリカにもS&P500に連動した成績を目指すETFがありますが、それの日本版といった所です。 他にも良さそうな投資信託もありましたが、最も手堅そうなものにしています。 お金があるならETFに分散投資の方が良いかも 楽天カードで積立NISAが非常に有効ですが、積立NISAの非課税枠には限界があります。 積立NISAでは年間40万円までが非課税枠で、それ以上に関しては通常通りに儲けに対して課税されます。 また、楽天証券で楽天カード決済で可能な積立投信は毎月5万円までです。 どちらにしろ年間数十万円の投資までにしか適用できません。 私の場合は、まとまった投資資金があまりなく、お給料から一部の資金を回すということで積立NISAがお得と考えました。 ですが、比較的投資資金に余裕のある方は手堅くアメリカや日本のETFに分散投資した方が結果的にリターンが大きくなる可能性は高いです。 (少額の積立投資だと、大半の資金を長期間投資に回せなくなるため) この辺りは投資金額や投資方針によって変わってきますが、非課税枠があるNISAや積立NISAは少額投資では有利です。 まとめ 積立NISAは比較的少額でも毎月積み立てることで、節税しながら確実に投資することができます。 楽天証券での積立NISAは楽天カード決済とポイント投資を活用することで少しお得に投資でき、少額から投資を始めたい方にはオススメです。

次の

オレ的ゲーム速報JINは、投資で大損するほど儲かる

俺的 投資

俺は20代半ばから投資信託、外貨預金、FXを駆使して資産運用をしてきた。 ただ、運用資金は100万円〜400万円程度。 当時、自分が保有していた金融資産(現金や有価証券)の4割以下でしかやっていなかった。 損するかもしれないリスクを犯してまで4割以上の貯金を運用する度胸は無かったのだ。 まぁ〜、預貯金好きで資産運用に消極的な日本人の中ではかなり積極的に資産運用している部類に入るんだけどね。 ちなみに、日本人が保有する金融資産の中で投資に回っている金額は2割以下って言われている。 また、その大半は金持ち達が投資額に回している金額だろう。 よって、人数ベースで見れば、資産運用している日本人の割合なんて10%を大きく割ってるんじゃないかな?実際、同僚と話ししても資産運用している人少ないし・・・。 俺の資産運用遍歴 20代の頃から資産運用に興味を持ち、日本人の中では積極的に投資をしてきた。 しかし、現在は俺の金融資産に占める投資額の割合はたったの14%しか無い。 理由は30代の時に経験した様々な金融危機だ。 2007年:サブプライムローン問題(アメリカの不動産バブル崩壊)• 2008年:リーマンショック(100年に1度と言われた世界的金融危機)• 2010年:欧州債務危機・ユーロ危機(ギリシャの債務超過・隠しを発端とした危機)• 2013年:中国のシャドーバンキング問題• 2016年:Brexit(ブリクジット:イギリスのEU離脱問題) 書き出してみると、本当に色んな金融危機があったな・・・。 一番シビレたのは、リーマンショックの時だった。 夜中に俺の携帯が次から次に新着メールを受信し始めた。 理由は当時ハマっていたFXのロスカット通知。 ロスカットとは、ある一定の損失が出た場合、それ以上の損失拡大を防ぐために保有している外貨を強制的に円に戻す制度。 保有していたロングポジションのほとんどが強制決済され、一晩にして100万円以上の損失を出した。 寝ぼけていた俺は一体何が起こっているのか理解できず、しばらく呆然としてたなぁ〜。 もちろん、FXだけではない。 投資信託も外貨預金も金融危機が多る度に大きく価値を下げた。 これらの金融危機が起こる度に、俺は利益確定や損切りで運用資産を預貯金に戻していった。 その結果、運用資産の割合は40%から14%まで減少したのだ。 資産運用経験から学んだこと 資産運用を行っている間、様々な金融危機を経験したわけだが、そこから学んだことがある。 それは、「金融危機で大きく価値が下がった金融商品はいずれ値を戻す」ということだ。 俺は、金融危機が起こる度にリスクのある金融商品を元本割れの危険が無い現金(=預貯金)に戻した。 そして、金融危機によるマーケット市場の混乱が収まり、投資信託や外貨の価値が戻り始めたのを確認して、恐る恐る少額から投資を再開してきた。 この方法が駄目だった。 金融商品が大きく価値を下げた時こそ買い時なのである。 なぜなら、いずれ価格は戻るのだから。 にも関わらず、臆病になってチマチマと小さな金額から投資を再開するから儲けを出せない。 資産運用歴10年以上というそれなりの経験を持っているにも関わらず、このことを全く理解していないし、過去の経験からなにも学んでいない・・・。 まぁ〜、100年に1度と言われるような規模の金融危機が立て続けに起こっているから、しょうがないと言えばしょうがないけど、過去の歴史を見れば金融商品の価値は下がって戻るを繰り返しているわけだからね。 「大きな下落時こそ買い時」ってのを再度理解しなきゃな。 どのような投資スタイルを確立すべきか? だからと言って、どんな時代でも積極的に投資することが正解ではない。 超円高時代においては、外貨を持つより円を持っていた方がいいわけだし、株や投資信託の価格が下がり続けている時は静観する方が正解だろう。 それぞれの金融資産の底を確認して投資を再開するのがベストだ。 なんて言っても、「底」ってのが分からないから苦労しているわけだが・・・。 「底」を正確に判断できれば誰でも大金持ちになれちゃうもんね。 そもそも、経済の専門家でさえ金融商品の今後の価値を予測することは出来ないわけなんだから無理だよね。 (正しくは、予測しているけど多くの専門家が予測を外している訳で、誰も未来を当てることは出来ないってことだね) ここまでの話の要点を簡単にまとめると・・・• 金融危機は度々やってくる。 その度に金融マーケットは大きく混乱し、株・債権・投資信託等は大暴落する。 大暴落した時こそ金融商品の絶好の買い時。 但し、大暴落はいつまで続くか分からない。 専門家の予測・予想・見通しも当てにならない。 さて、この要点からなにを導き出し、今後の投資に役立てれば良いのか? って、このことについて昔ブログで書いた気がするな・・・。 ポイントは、金融商品の価値変動を予測できないなら、ドルコスト平均法を使って長期投資をすべきということ。 このドルコスト平均法に加えて、大暴落時に追加購入するってのが理想の投資スタイルかな。 40代の今から資産運用を本格的に開始しても間にあう?遅くない? 今回、ブログを書く切っ掛けとなった自分の悩みはズバリこれ。 損しない投資方法とか、理想の投資スタイルとかではない。 詳細に書くと以下2つが俺の悩み。 40代を目前とした今から本格的に投資を再開し、保有する金融資産における投資額の割合を大きく増やしてもいいのか?• アベノミクス&トランポノミクス相場で大きく回復した世界経済の中、今は投資を本格的に再開する時期なのだろうか? 1つ目の悩み:適正な投資額の割合は? まず、1つ目に対する回答は投資は早く始めた方が良いということと、もう老後を見据えた資産運用をすべき年齢なんだから20代程リスクをとった資産運用は避けるべきということだろう。 ざっくりだが、60歳までに最低3,000万円は貯め込みたいから、3,000万円分は預貯金にするか、リスクが低い金融資産で運用する。 それ以上の余剰資金は俺の投資スタンス次第。 大きくリスクをとっても人生一発逆転を狙いたければそれなりのハイリスク・ハイリターン投資にチャレンジしてもいいだろう。 ざっくりと試算してみる。 【前提】• 60歳(約20年後)に3000万円は安全資産の預貯金で持っていたい。 毎月の余剰資金は20万円とする。 【適正な投資割合の試算】• 毎月の余剰資金20万円を全額預貯金したとすると、年間の貯金額は240万なので、60歳時点では4800万円となる。 この場合の投資に割り当てな可能な金額は1800万円(=4800万円ー3000万円)• これを月間に戻すと7. 5万円が適正となる。 割合で言うと、37. 5%(7. 現在保有している預貯金を考えると、50%(金額で言うと10万円)以上を投資に使っても問題ないことになる。 2つ目の悩み:景気が良くなっている今からでも間に合う?遅くない? これは、上記で紹介したブログ記事を見てもらえば詳細は分かってもらえると思うが、今のマーケット相場が上限なのか下限なのか?は誰にも分からない。 だから、今から資産運用を本格的に開始しても間に合うし、遅いことはない。 1つ目の悩み解決で導き出した投資額の割合さえ守れば、今からでも投資を開始すべきだ。 但し、あくまでもドルコスト平均法で投資すること。 今保有している預貯金を使って大きな金額を一気に投資しないことだ。 つまり、現在の投資割合の14%を一気に増やさないこと。 時間をかけて50%位を目指すのが俺にとって最善の投資戦略ということになる。 後は、何年後に50%を目指すのか?という事が新たな悩みとなるわけだ。 それは今後の年収の推移や生活スタイルの変化も大きく関係してくるんだよね。 再婚するか?子供を持つか?転職するか?家賃が高いけど便利な場所に引っ越すか?etc・・・・。 なので、この新たな悩みに対する解決方針は今決められないな。 取り敢えず、「今からで遅くない!間にあう!毎月10万円を積立投資に回すべき!」が回答という事にしよう。 10万円を何に投資するか考えなきゃな。

次の