和歌山 ホタル。 和歌山・紀の川市でホタル観賞 ピーク時は360度「光の乱舞」

和歌山でホタル鑑賞スポットはかつらぎ町ほたるの里だ!

和歌山 ホタル

和歌山県の南部にある由良町と日高町の境にある古いトンネルです。 すぐ近くをほぼ同じルートで国道42号線が通っていますので、通る車は殆どありません。 こちらのトンネルでは首なしライダーや幽霊車の目撃情報があります。 境内には沢山の人形やぬいぐるみが祀られていおり、境内だけでなく、神社の周りにもたくさん人形が置かれています。 その中の人形で髪の毛が伸びるとい言われる人形もあるとのこと…。 実際に、お寺でしっかり保管されていて、一般公開はされていないそうです…。 blogspot. html 汀 みぎわ 公園はアメリカ軍の空襲で多くの人が亡くなった場所です。 空襲で旧和歌山県庁舎跡(今の汀公園)に人々が避難したのですが、そこを火災の熱風が襲い、何百人も亡くなったそうです。 公園には大きな供養塔があります。 現在は取り壊されましたが、隣にあったビルの地下駐車場には「子供を抱いた女性の形をしたシミ」があったり、幽霊の目撃情報もありました。 都会の真ん中にある公園ですが、今でも1日中寂しい雰囲気が漂う公園です。

次の

和歌山ほたるネット

和歌山 ホタル

曽爾村(そにむら)にある 「蛍公園」は、秋には 黄金色に輝くススキで有名な曽爾高原の近くにある公園で、その名の通りホタル観賞ができるスポットとしても知られています。 そして、蛍公園で見れるホタルは、 6月中旬頃から ゲンジボタルが飛び交う姿が見れて、 6月下旬には ヘイケボタルの幻想的な光を楽しむ事が出来ます。 ちなみに、ゲンジボタルとヘイケボタルの違いは、ヘイケボタルの方が 点滅回数が多い(1分間に30回~40回)ので、ホタル観賞としてはヘイケボタルの方がより楽しめます。 また、ホタル観賞スポットとしては、公園の前にある 「かずら橋」から見ると、 ゆれるスリルも味わえておすすめです! ちょっぴり怖い思いもするので、デートや家族で出かけると、めちゃくちゃ楽しい思い出が作れるのではないでしょうか。 そして、時間帯は 20:30頃が一番盛んにホタルが飛び交うのでベストです。 近くにはトイレもあるので、ゆっくりと幻想的なホタルを鑑賞するには最高のスポットと言えます。 なので、何か 特別な変わったホタルという訳ではありません。 また、奈良公園内の 「東大寺」で見られるホタルと言う事なので、 奈良市内からは最短で見に行けるホタルと言う事になります。 そして、ホタル観賞ポイントは何カ所かあるのですが、一番分かりやすいのは 二月堂裏参道の途中にある 「大湯屋」の前です。 (下の地図参照) ただ、シーズン中は川には下りられないように柵が張られているので、柵の前から小川の上を幽玄に飛ぶホタルを楽しむことができます。 また、ホタルが一番多く飛ぶのは、風の弱い 20:00~21:00時頃となっているので、奈良市内で気軽にホタル観賞するなら 20:00頃に東大寺へ出かけてみて下さい。 そして、ホタル観賞は夜と言う事もあり、遠方から見に行く方は宿泊で行かれると時間を気にせずゆっくりホタル観賞が楽しめますよ。 特にJR奈良駅に直結している 「スーパーホテルLohasJR奈良駅」は、天然温泉なのにも関わらず 4,000円台からと、リーズナブルで清潔感のあるホテルとして大人気です。 是非、デートなどで東大寺の 「大仏蛍」をゆっくり楽しむなら、リーズナブルで最高のサービスのホテルに宿泊して、より楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。 そして、お寺のサイドにある神水が流れ出る池のほとりには、毎年 6月下旬頃~7月上旬にかけて見事な ゲンジボタルが飛び交う姿を楽しむ事ができます。 また、暗闇にポツポツ光るホタルはとても美しく、風情あるお寺で幻想的なホタルを眺めながら過ごすひとときは、年に一度の贅沢な時間とも言えます。 ただ、価格は10,000円を超えますが、有名な温泉街と言う事もあり他も同じような価格帯なので、せっかく洞川温泉に行くなら 最高の宿で宿泊してみてはいかがでしょうか。 また、こちらはホタル観賞スポットから近いと言う事もあり、シーズンは予約ですぐに埋まるので、行かれるなら 早目の予約をおすすめします。 時期としては ゲンジボタルは5月下旬から見られ、 ヘイケボタルは6月中旬頃から見る事が出来ます。 そして、最初は室生口大野駅前の 「室生大野寺」辺りからホタルが出始め、だんだん川を遡るようにホタルの見どころが移動していきます。 なので、6月に入ったら大野寺付近の川から28号線沿いに見ていくと、だんだんホタルの光がたくさん見れるポイントが出てくるので探してみて下さい。 また、ホタルは 月の出ていない風の弱い蒸し暑い夜に多く発生する事が分かっているので、そういう日を選んで見に行くのもホタル観賞のコツです。 是非、幻想的な室生川のホタルをデートや家族で楽しんでみて下さい。 そして、ホタルの種類は ゲンジボタルと ヘイケボタルが生息しているので、早ければ ゲンジボタルが5月下旬から見られ、 ヘイケボタルは7月上旬頃まで見られます。 (その年によって異なります) ただ、菟田野ほたる公園は 有名なホタル観賞スポットと言う事もあり、シーズン中はたくさんの人が訪れます。 なので、混んでる日はあまり落ち着いて見れない場合もありますが、それだけキレイなホタルが 毎年安定して見れると言う事なので、行ってみる価値は十分あります。 また、「菟田野ほたる公園」も奈良市内からは遠い事もあり、遠方から行かれる方はほたる観賞は夜と言う事もあり、宿泊で行かれると時間を気にせず楽しめます。 そして、「菟田野ほたる公園」の近くには 「保養センター美榛苑」と言った 温泉施設があるので、デートで行かれるならホタル観賞と温泉も楽しんでみてはいかがでしょう。 こちらは部屋も広く料理も美味しいと評判で、価格も環境やサービスが良いのにも関わらず 8,000円台からとリーズナブルなのでおすすめですよ。 ただ、シーズン中は人気宿と言う事もあり予約ですぐに埋まるので、行かれる場合は 早目の予約が必須です。 こちらでは 6月上旬頃から毎年きれいな ゲンジボタルが見られ、一番ホタルが多く見られる6月中旬頃には 「白砂川ゲンジボタル観賞会」と言ったイベントが開催される事もあります。 また、大柳生一帯は 「のどかな田舎の風景」が広がり、一面田んぼと山の風景は 「日本の原風景」を思わせ、都会の景色に慣れてる方は新鮮な気持ちになれますよ。 さらに、夜は周りに明るい施設が無い事から、晴れてる日は上には 満天の星空と下には ゲンジボタルの幻想的な光を楽しむ事ができます。 なので、大切な人とデートで出かけるとロマンチックな夜を過ごせて、とても良い思い出が作れるのではないでしょうか。 そして、こちらは比較的奈良市内から近い事もあり、もし宿泊で行かれるなら奈良駅と直通で価格もリーズナブルな 温泉施設 「 スーパーホテルLohasJR奈良駅」がおすすめですよ。 ただ、ホタル観賞のシーズンは予約ですぐに埋まるので、行かれるなら 早目の予約が必須です。 また、近くに温泉施設があるスポットも多いので、宿泊で行かれるとよりホタル観賞を楽しめるのではないでしょうか。 是非、奈良でホタル観賞する際の参考にしてみて下さい!.

次の

関西 / ホタルの名所・見頃2020 〜 大阪・京府・兵庫・滋賀・奈良・和歌山

和歌山 ホタル

なので、デートで行かれるととてもロマンチックな夜を過ごせて、思い出に残る良い時間を過ごせますよ~。 そして、貴志川は鮎やドジョウが住むほどの清流で、 毎年6月上旬から下旬にかけてきれいなゲンジボタルの飛翔が見られます。 また、毎年シーズンになると川の側にある 「ホタルの館」が開館し、ホタルに関しての様々な資料を見る事もできるので、それを見てからホタルを見ると面白いですよ。 特に 「きしべの里」は比較的和歌山市内からも近いと言う事で、阪和自動車道沿いにある 「花山温泉」が距離的にも近く、安くて料理も美味しいと評判です。 また、 「花山温泉」は 温泉成分が非常に濃い事でも有名で、湯船の縁に温泉成分が つもり固まるなど、 他では味わえない温泉が楽しめる穴場としての魅力もあります。 — 2017年 1月月10日午前4時27分PST 是非、和歌山の有名なホタルスポットで、きれいなホタルを楽しみつつ 「他には無い濃い温泉」を満喫してみてはいかがでしょうか。 また、毎年開催される 「ホタル観賞の夕べ」では、日高川町玄子地内に特設会場が設けられて、 尺八、琴、三味線の生演奏のイベントも行われてます。 さらに夜店なども出店するので、ちょっとした お祭り気分でほたる観賞が楽しめる穴場スポットでもあります。 そして、こちらも宿泊で行かれるなら、最寄り駅の 「御坊駅」近くにある 「グリーンヒル美浜」が、サービスが良くて価格も 4,000円台からと格安なのでおすすめですよ。 特に周りの景色も良く、手作りの朝食が 無料で付いてくるのでホタル観賞で宿泊されるなら、お得な 「グリーンヒル美浜」が近くて便利です。 こちらも格安で人気宿となっているので、行かれるなら 早目の予約をおすすめします。 そして、この地域は農業用水路を作る際もセメントなどを使っておらず、車の侵入も禁止にするなど ホタルが生息する環境を守る為に最大限の配慮がなされいています。 お陰で、こちらの地域では毎年たくさんのきれいなホタルの飛翔が見れるスポットとして人気があり、シーズンはカップルや家族連れの目を楽しませてくれます。 そして、鞆渕地区もそこそこ山奥にあるので、遠方から行かれる場合は宿泊で行かれると、ゆっくりホタル観賞できますよ。 また、こちらも安くて星空が見れる露天風呂のある 「かつらぎ温泉八風の湯」が比較的近くにあるので、宿泊で行かれるなら 「かつらぎ温泉」が断然おすすめです。 また、すぐ目の前には 「金剛緑地オートキャンプ場」があり、30組の利用が可能で目の前の 「金剛の滝」を中心に 川遊びや魚釣りなどが存分に楽しめます。 なので、アウトドアを楽しみつつホタルの飛翔も楽しめる穴場として、毎年アウトドア好きなカップルや家族に大人気のスポットでもあります。 「金剛の滝」の詳細 ホタル観賞期間 6月上旬~6月下旬 時間帯 20:00~21:00 アクセス 阪和自動車道吉備ICから車で約80分 キャンプ場についてはこちらのまで。 ここで紹介したスポットは、その中でも特にキレイにホタルが見れる事で知られているので、その年によって多少の差はあると思いますが、行けば確実に見れるスポットとなっています。 是非、和歌山でホタルを観賞する際の参考にしてみて下さい。

次の